馬肉はヘルシーな食材なのか?

目安時間:約 4分

馬肉は「低カロリーで高たんぱく」であるというが、本当にヘルシーな食材なのか具体的に他の食肉と比べながら、馬肉のもつ栄養価の高さを調べてみよう。

 

馬肉はヘルシーな食材なのか?

赤身部分の豊富なタンパク質には、ペプチドという成分が含まれており、血圧降下や毒消し作用があります。

脂成分には、人の体内では作ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

 

・馬肉は、牛肉の約1/3・豚肉の約1/2と、カロリーがとても低いです。
・馬肉の脂肪分には、人の体内では造ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

 

その上、体内に留まらず血管にも付着しません。

不飽和脂肪酸ですので、融点も低く、食べた時に口の中で溶けてしまいます。

いくら食べても胸焼けがしません。

 

・馬肉の豊富なタンパク質にはペプチドが多く含まれ、ペプチドには保温効果があり血管を拡げる為、血圧を下げたり毒消しの効果があります。

 

・馬肉はミネラル類も豊富で、カルシウムは牛肉・豚肉の3倍、鉄分はほうれん草・ひじきより多く含まれています。

 

・馬肉に含まれている鉄分の種類はヘム鉄と呼ばれ、身体に吸収されやすい特徴があります。

 

・馬肉は、グリコーゲン(容易にブドウ糖に変化する人間のエネルギー源で甘味の元)が牛肉の約3 倍も多く含まれており、即効性のエネルギー源ですので、運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。

 

・特に馬肉を昔から食べる文化のあるフランスでは、アスリートやモデルが好んで馬肉を食べたり、お医者様が患者さんに馬肉を薦めたりしています。

日本でも、昔から薬膳料理として親しまれている文化があります。

 

 「馬肉」の知られざる健康効果とは

 

私たちが普段よく食べている牛肉と異なり、馬肉の場合は油脂の融点が低いため、人の口内の温度でも、口に含んだ瞬間にとろけるような食感と、独特の甘みを楽しむことができるため、いまや馬肉ファンはとても多いですね。

 

実は馬肉のカロリーも牛肉の5分の1程度の脂肪分しかないのです。
さらに、最近ではアスリートやモデルが好んで摂取しているのは、美肌作りや筋力UPに不可欠なタンパク質が豊富な点にあります。

加えて、低カロリー + 豊富なタンパク質に限らず、馬肉のタンパク質には血管を広げ、血流を促進する働きがあるペプチドが多く含まれているため、血圧を下げる効果も期待できるそう。

これは、高血圧の方にもおススメですね。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ