世界のにわとり図鑑 Vol.16

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Brakel
(ブラケル)

 

重量

標準

雄鶏:2.0~2.5㎏

雌鶏:1.8~2.2㎏

バンタム

雄鶏:約800g

雌鶏:約700g

卵の色:白

 

ブラケルは、古いヨーロッパの鶏の品種の一つです。

その歴史は1416年にさかのぼり、ベルギーのブラケル地方の家禽類として普及しました。

Braekelのバンタムバージョンもあります。

肥沃なフランダースに生息する大型タイプと、肥沃度の低い地域であるケンペンの軽量タイプの2つの異なるタイプのブラケルが過去に認識されました。

異なるタイプ間の交雑により、この区別は消滅し、単一のタイプとなった。

ブラケルの数は第二次世界大戦中および後に減少し、希少品種です。

ブラケルは軽い品種です。

羽毛のまっすぐバンディングパターンと均一な首のカラーは、ブラケルの特徴です。

いくつかの色のバリエーションが存在し、金色と銀色の変種が最も一般的です。

 

Brabanter
(ブラバンター)

 

ブラハンターは、ベルギーとオランダにまたがるブラバントの歴史的地域に由来するオランダの鶏の品種です。

それは非常に古い品種で1676年の絵に描かれています。

この品種は急速に人気を博しましたが、1900年代初めにはほとんどいなくなりましたが、異なるドイツの品種から再現されました。

ブラハンターのさまざまな品種は、標準サイズのブラバンターとポーランドの品種の交配によって1934年ごろに作られました。

ブラハンターは白い卵を生産するために飼育されている。

ブラハンターの卵は、白やわずかに着色されている可能性があります。

バンタム・ブラバンターは1934年頃に作られた。

ブラバンターは、鶏の品種の中でも最も軽いものです。

雄鶏は1.9~2.5㎏ 、雌鶏は1.6~2.0㎏ 。

ブラバンターにはV字型のトサカがあります。

オランダでは、7色の品種が認められています:黒、シャモア、カッコウ、ゴールドスパンデッド、レースドブルー、シルバースパンコール、ホワイト; ドイツでは13色の品種がある 。

 

Brahma
(ブラーマ)

 

 

 

ブラーマは、 上海の中国港から輸入された非常に大きな鶏から米国で開発された鶏の大型品種です。

ブラーマは、1850年代から1930年頃までの米国における主要な肉の品種であった。

ブラーマの起源に関してかなりの論争があった。

これは上海の中国港から輸入された鶏類から米国で開発されたようで、上海の鶏類として知られています。

ブラーマは、1865年に英国の家禽クラブが最初に出版した最初の英国家禽規格に含まれていた。

1874年にアメリカ家禽協会の最初の基準に含まれていました。

非常に大きかった:雄鶏の場合約8㎏、雌鶏の場合は6㎏の体重が記録されました。

重量は、雄鶏の場合は平均5.5㎏、雌鶏の場合は4.5㎏です。

アメリカでは 、3種類のブラーマ品種を認識しています。

オーストラリア産家禽協会(Australian Poultry Association)は、標準的なライト、ダーク、およびバフに加えて、ブラーマの黒、青、パートリッジ、クレー、および縞模様のある品種を受け入れている。

 

Bresse
(ブレッセ)

 

ブレッセ鶏は、フランス中東部の3県にまたがるブレッセ地方で飼育されている。
第三紀に湖であったこの地域の地質は、粘土質で、水はけが悪い。
さらに、霧が多く、湿度が高いため、鶏が容易に、ミミズや虫などを掘り起こして食すことができる。
この地域で飼育されてきたブレッセ鶏は、明らかにほかの地域とは異なった味や特徴を持つため、1957年にフランスの公的な食品品質保証制度の一つである統制原産地呼称(AOC)に登録された。
現在でも、フランスに数多く飼育されている食用鶏の中でも唯一AOCに登録されている鶏である。
ブレッセ地方で生産された鶏すべてがブレッセ鶏ではない。
ブレッセ鶏と名乗るためには、ブレッセ鶏の生産に関する規則に定められた特徴を持ち、また、伝統と経験により確立された飼育管理方法に基づいて生産された鶏でなければならない。
品種は、ゴロワーズ・ドゥ・ブレッセ・ブランシュ種。
赤いとさか、白い羽、青い脚が特徴のブレス鶏は、フランス国旗をほうふつさせる。
アン(Ain)県、ソーヌ・エ・ロワール(Sao ne et Loire)県、ジュラ(Jura)県にまたがる南北約100キロメートル、東西約40キロメートルの3,536平方キロメートルの地域で飼育された鶏でなければならない。

 

Booted Bantam
(ブーテッドバンタム)

 

ブーテッドバンタムまたはダッジブーテッドバンタム(オランダ語:Sabelpoot)は、オランダの鶏の品種です。

その名前は、オランダ語では、独身のひざまたは「サベル」と呼ばれる、足とひざの関節に贅沢な羽根に由来します。

ブーテッドバンタムは標準サイズがなく、真のバンタムの一つです。

雄鶏の体重は通常約850グラム、雌鶏の体重は750グラムです。

アメリカの基準では、雄鶏の場合は740g、雌鶏の場合は625gの標準サイズより小さく指定されています。

ブーテッドバンタムは、ホーン色のくちばし、赤い肉垂、赤い耳たぶ、単一の直立したトサカを持っています。

ほとんどが愛好家によって飼育された展示用の鶏ですが、20種類以上の色の品種があります。

ブラック、ブルー、バフ、カッコウ、コロンビアン、グレー、ゴールデンネック、ミレフレ(最も一般的なもの)、斑入り、パートリッジ、ラベンダー、レモンミレフール、ポーセレン、セルフブルー、シルバーミレフレとホワイトがあります。

何百年もの間、ヨーロッパ全土で人気があるBooted Bantamは、19世紀後半にドイツから北米に輸出されました。

それは1879年にAmerican Poultry Associationによって正式に認められました。

アメリカン・バンタム協会にも認められ、フェザー・レッグド・グループに分類されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ