世界のにわとり図鑑 Vol.2

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

アメローカナ(Ameraucana)

 

アメローカナはアメリカ産の鶏の品種です。
アメローカナは、1970年代にアメリカでチリから持ち込まれたアロウカナから作成されました。

標準サイズとバンタムサイズの両方があります。

1984年にAmerican Poultry Associationの Perfection標準に加えられた。
この名前は "America"と "Araucana"に由来する。
アメローカナはアロウカナとは別の品種として米国で認められています。

アメローカナは青い卵を産む少数の鶏の品種の1つです。

耳たぶは小さくて丸く、肉垂(にくすい)は小さい。
耳たぶ、トサカ、肉垂(にくすい)はすべて赤いです。
足は灰色がかった青色で、黒い羽毛の変種では黒くなる傾向がある。
黒、青、青の小麦色、赤茶色、バフ、銀、小麦色、白の8つの色のバリエーションがアメリカの基準で認識されています。

 

重量

雄鶏  標準  : 2.5~2.9㎏

バンタム :740~850g

雌鶏  標準  : 2.0~2.5㎏

バンタム :680~740g

 

アヤムプルーン( Ayam Pelung)

 

Ayam PelungまたはPelung Chicken(Pelung long crower)はインドネシアの 鶏種である。

雄鶏は「歌う鶏」であるといわれ、最も美しい鳴き声のためにペラン地域で頻繁に行われるコンテストがあります。

完全に成長した雄鶏は体重が5〜6kg 、 体高が50cm になることがあります。

 

アロウカナ(Araucana)

 

アロウカナは世界で唯一青い鶏卵を産むニワトリとして知られています。
チリ原産と言われています。

アロウカナはかつてチリ南部に多く住んでいたインディオのアラウカナ族の名前に由来するものと推察されます。
アロウカナは産卵率が30%程度と低いため、試験研究機関では白レグホーンなどと交配して産卵率を改善した品種が飼養されています。

そのため卵殻の青色も原種よりは薄い傾向にあります。

アロウカナの初期の歴史は記録されていません。

アロウカナは20世紀初頭の南米でよく見られました。

南米の青い卵を産むニワトリは、20世紀初頭には様々な時期にイギリス諸島に導入されました。

フルサイズとバンタムサイズの両方があります。

オーストラリアでは、オーストラリア産家禽基準では尾のあるアラウカナのみが認められています。

全部で20 種類の羽毛品種がアロウカナのEntenteEuropéenned'Aviculture et de Cunicultureによってリストされています。

これらのうち、5つはアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって認められている:黒、黒胸部赤、銀ダックウィング、黄金ダックウィング、白。

バンタムの場合は、これらにバフが追加されます。

オーストラリアは、オールドイングリッシュゲームの標準である黒、鳩、ラベンダー、スプラッシュ、白、および任意の色を認識します。

英国の家禽クラブは 、黒、黒赤、青、青赤、クレイル、カッコウ、ゴールデンダックウィング、 ラベンダー 、パイル、シルバーダックウィング、スパングルリング、ホワイトの12色を認識しています。 

 

アンコナ(Ancona)

 

アンコナは、イタリアのマルケ地方に由来するが、主に19世紀イギリスの現在のタイプに繁殖した鶏の品種である。
それはマルケの首都アンコナの名前を冠したものです。
英国と米国では一般的ですが、イタリアでは珍しい鶏です。
2000年には、自国の地域で再確立し、生物多様性を保全するためのイニシアチブが開始されました。

アンコナバンタム(Ancona Bantam)もあります。

アンコナはイタリア中央部に生息しており、これは最も広く分布している鶏の品種であった。
アンコナの最初の鶏は1851年にイギリスに輸入され、羽毛の白い斑点の規則性と一貫性のために選択的に繁殖した。
いくつかの鶏は1888年に英国から米国に輸出された。
米国では、シングルコーム(トサカ)・アンコナは1898年にアメリカ家禽協会によって、そして1914年にはバラ・コーム・バード(Balculus Bird)によって認知された。

雄鶏は体重が2.5〜2.8kg、雌鶏は1.8〜2.1kgです。

 

アンダルシャン(Andalusian)

 

スペイン・アンダルシア地方の原産で、イギリスで改良を重ねられた品種。

「黒色ミノルカ」と「白色ミノルカ」との交配で生まれたという説があるという。

青灰色の羽毛が標準的だが、繁殖させると黒いものや白黒まだらのものも一定程度混じることがある。

当時は大きな卵をたくさん産むニワトリとして国内各地に広まりました。
2009年に数は10,000羽と推定された。

アンダルシアから輸入された鳥類から、選択的繁殖および他の品種の鳥との交配を通じて、アンダルシアの非常に異なる型、より強く青色の羽毛および青い羽毛の羽毛がイングランドで作成された。

アンダルシアの初期の歴史に関する情報はほとんどありません。

アンダルシアの青い鶏は、1851年までにイギリスに輸入された。

アンダルシアは約1850〜55年頃に米国に到着し、1874年にアメリカ家禽協会のスタンダード・オブ・パーフェクションの第1版に含まれていた。

バンタムは1880年代に作られた。

すべてのアンダルシアが青色であるわけではありません。

アンダルシアの耳たぶは滑らかで、白く、アーモンドの形をしています。

肌は白く、足は黒です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ