世界の豚 図鑑 Vol.9

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Mulefoot
(ミュールフット)

原産国:スペイン

ミュールフットは、ロバの足をを思い起こさせる蹄に由来して命名された豚の品種です。

これらのブタは、普通はは黒色であり、まれに白いマーキングを有する。

彼らは細長い鼻、直立しだらりとした耳と、短い光沢のある髪を持っています。

彼らの顔はイノシシの顔に似ています。

彼らは通常、雄豚の体重が250㎏、雌豚が200㎏で、成長すると体重が180〜270㎏に達します。

雌豚は平均5〜6頭の子豚を産みます。

2006年現在、純粋なミュールフットは200頭未満と推定されています。

2013年現在では、ミュールフットは重大な危機に瀕していると見なされている。

 

Mukota
(ムコタ)

原産国:ジンバブ

ムコタは、主にジンバブエで発見された先住民族の豚の品種である。

それは、Rhodesian IndigenousまたはZimbabwe Indigenous pigとも呼ばれます。

ムコタは熱帯地方では黒く、病気や栄養不足に強く、水をほとんど必要としません(毎週6リットル)。

彼らは2つの広いクラスに分類されます。

1つは短く脂肪が多く、短い鼻は中国のラードブタの鼻に似ています。

もうひとつは長い鼻のWindsnyer Pigに似ています。

Mukotasは、主にジンバブエで推定7万頭いるが、モザンビークとザンビアでも見つかっています。

彼らは17世紀のヨーロッパと中国の貿易の時に導入されたと信じられており、ジンバブエ北東部のMukota地方にちなんで命名された。

 

Large Black
(ラージ ブラック)

原産国:イギリス


重量

雄豚:320~360㎏
雌豚:270~320㎏

Devon、Cornwall BlackまたはBogguと呼ばれることもあるラージブラックは、イギリス、特にデヴォン州、コーンウォール州、エセックス州の豚の品種です。
ラージブラックは、その名前のとおり大きな豚の品種であり、完全に黒い唯一の英国の豚です。
それは丈夫で従順な豚であり、多産で知られている大きな黒い豚です。
ラージブラックはイングランドの西部と東部の地元の黒豚の品種を組み合わせたものです。
ラージブラックは1900年代初めに普及し、世界の多くの地域に輸出されました。
数は第2次世界大戦後、集中的な養豚業に適した品種に変わり、1960年代にはほとんど絶滅した。
飼育数はゆっくりと上昇しましたが、レア・ブリデス・サバイバル・トラスト、アメリカ家畜繁殖保護団体、レア・ブリーデス・カナダによっても脆弱であると考えられています。
ラージブラックは、イングランドの南西にあるデボン州とコーンウォール州と、東にあるエセックス州、サフォーク州、ケント州の2つの地理的に離れた地域の黒ブタが交配したことに起因しています。
エセックス州を中心としたイギリス東部の豚は、18世紀後半の中国からの輸入の影響を受けたが、デボンとコーンウォールの豚は、おそらくヨーロッパ本土、特にフランスの豚と密接に関連していた。
しかし、1920年代にピークを迎えた品種の人気は、第二次世界大戦後、農家が集中的な屋内飼育でうまくいく豚品種を好むようになったため、人口は減少しました。
ラージ・ブラックはトラストの絶滅危惧種リストに掲載されました。
今日では、1985年と1990年に輸出された豚の子孫がカナダ、オーストラリア、南アフリカにいます。
雌豚は8~10頭を産むが、若干の雌豚には最大13頭を産むことが知られていた。
また、1940年から1952年の間に26匹を産んだため、ギネスブックに掲載されている。
ラージブラックは、イギリスで最も希少な歴史的なブタの品種ですが、伝統的なブタの品種からの肉の需要が増加しているため、頭数は徐々に上昇しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ