世界の豚 図鑑 Vol.19

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Italian Landrace
(イタリアン・ランドレース)

原産国:イタリア

Italian Landrace(イタリア語:Landrace italiana)は、イタリア国内の豚の品種です。
それは19世紀の終わりにデンマークで開発されたDanish Landrace(デンマーク・ランドレース)の品種に由来します。
この品種は、主に生ハムの生産に適していることで選択されています。
Large White Italiana(ラージ・ホワイト・イタリアーナ)に次いで、イタリアで2番目に多い豚の品種です。
品種規格は、農林水産省の政策、イタリアの農林省によって発行されています。
この規格は、全国の豚飼育者協会である全国豚飼育者協会によって管理されています。
イタリア系統は生ハムや他のサルミを作るのに使用される「Italian heavy pig(イタリアの重い豚)」を作り出すため特に大きいサイズが飼育された。
2007年には11,749頭の豚が登録されました。
2012年末の合計は5959頭でした。
総頭数の大部分は、大きい豚が飼育されているポー渓谷に集中しています。
イタリアン・ランドレースは大型の豚で、2〜3本の余分な椎骨があるため体長が非常に長い、通常の13本ではなく15本または16本です。
垂れ耳で、体毛は白色、皮膚が無着色です。
イタリアン・ランドレースからの食肉生産は通常、160〜170kgの体重でラージ・ホワイト・イタリアーナまたはデュロック・イタリアーナのいずれかとの初代交配からです。
そのほとんどすべてが加工食肉製品の製造に使用されています。

 

Jeju Black pig
(済州黒豚)


原産国:韓国

Jeju Black Pig(ハングル:제주흑돼지; RR:済州heuk-doe-ji)は、韓国の済州島(チェジュド)で発見された豚の品種です。
済州島は、韓国最大の島で、対馬海峡における国の南に位置しています。
それは黒い肌と滑らかな体毛の毛皮を持つ小さめの豚です。
済州黒豚は他の種類の豚とは全く異なる独特の味わいを持っていると言われており、有名な郷土料理となっています。
豚肉は乾いた干し草の上で燻製され、煙が肉汁を透過することを可能にし、通常の豚肉とは全く違った風味をもたらし、肉はやや噛み応えがあります。

 

Kemerovo
(ケメロヴォ)

原産国:ロシア

ケメロヴォ豚はロシアのケメロヴォ地方から生まれた汎用豚です。
それらは、large white、white long-eared、Berkshire、Great BlackおよびSiberian northern breedsと地元の豚との交配によって開発された。
1960年に彼らは独立した品種として承認されました。
その結果、寒さへの適応性が高く、早熟性が高く、そして大くの子豚が生まれます。
それらは主に黒ですが時々黒と白です。
彼らは密な剛毛の良い層を持っていて、過酷な気候条件によく適応しています。
今日、ケメロヴォ豚は主にシベリア、極東、そしてカザフスタンの北部地域で繁殖しています。
彼らはlarge white、Siberian northern、在来種そして他の種の豚との交配に使われています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ