世界の豚 図鑑 Vol.14

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Belgian Landrace
(ベルギー・ランドレース)

原産国:ベルギー

別名:

Improved Belgian
Belgian Improved Landrace(ベルギーの改良ランドレース)
Belgian Lop-eared(ベルギーロップ - イヤー)
Landrace beige (French)(ランドレース・ベージュ(フランス))
Indigene ameliore (French(フランス))
Poppel (French)(ポディペル(フランス))
Belgisch Landvarken (Flemish)(ベルギーLandvarken(フラマン語))
Veredeld Landvarken(Flemish(フラマン語))
Belgijska zwisloucha(Polish(ポーランド))
Landrasse B (German(ドイツ))

 

ベルギー・ランドレースは、Improved Belgian(改良ベルギー)、Belgian Improved Landrace(ベルギーの改良ランドレース)、そしてBelgian Lop-eared(ベルギーのロップイヤー)とも呼ばれ、ベルギー北部出身の飼育豚です。
1930年から1945年にかけてGerman Improved Landrace(ドイツの改良ランドレース)に「グレードアップ」され、その後1945年にDutch Landrace(オランダのランドレース)と交配されるまで、イギリスの品種を輸入して改良したものです。
1955年にルクセンブルグ、1971年にドイツ、そして1974年にチェコ共和国からのもののように、それを強化するために他の種類も血統に組み入れられました。
多くの異なる国で使用されている、ベルギー・ランドレースはまたフランスの「4つの主要な商業品種」の1つです。
ベルギー・ランドレース種はその豚肉生産でよく知られているので、豚肉の全体的な品質を高めるために他の品種と交配されることがよくあります。
それは他の品種よりも激しく筋肉質であること、そして結果として「低脂肪含有量」を有することと共にかなり大きいことで知られている。
質の高い赤身の量を最大限にし、品種の脂肪の量を最小限に抑えるために、過去数十年間にかなりの量の継続的なテストが行われてきました。
「さらに改善が可能な系統を分離するために、年間5,000頭以上の豚を検査する8施設」があります。
その品種がベルギーで販売されるためには、ベルギー・ランドレース種豚がしばしばPiétrainイノシシと交配され、それによってベルギーの品種の品質が向上します。
その後、子孫はベルギー・ランドレースのメインラインに戻り、豚肉の品質が向上します。
それが作り出す肉は細身で柔らかいです。
ベルギー・ランドレースは、「鋭い耳を持つ筋肉質の白い種」と表現されています。

 

Breitovo
(ブライトヴォ)


原産国:ロシア

Breitovo種は世界最大の品種の一つであり、ロシア原産のものです。
彼らはもともとロシアのヤロスラブリ地域で開発されました。
デンマークのランドレース種や他の中型から大型の白い豚種と、地元の豚種の交配から生まれました。
サイズが大きいことが、ロシアでこの品種が非常に人気になった理由の一部であり、それが国の北西部、特にその国のウラル山脈とヴォルガ地域で広まっていることにつながっています。
非常に大きな品種であるBreitovo品種は、主に肉目的で飼育されています。
実際、成熟した雄豚の体重は310~330kgまでで、雌豚は220~240kgまでさまざまです。
彼らの肉は名高い霜降りと高いタンパク質品質指数で有名です。
それはまた良好な色強度を有すると報告されている。
いくつかの暗いバリエーションも報告されているが、彼らは主に白色の品種です。
彼らの首はまた、中位の広さで、見た目は非常に筋肉質です。
彼らは非常に多種多様なボディ、一般的には非常に筋肉質です。
主に食肉生産のために飼育されている品種は、その大きさのため、非常に繁殖力があり、1年に2回の子豚を産むことで知られています。
それらの子豚の数は平均11〜12頭で、5〜6年まで雌豚の繁殖が続きます。

 

British Landrace
(ブリティッシュ・ランドレース)

原産国:イギリス


イギリスの国内品種で、イギリスで最も人気のあるものの1つです。
それは顔の大部分を覆う重い垂れ耳を持つ白で、豚肉とベーコンのために飼育されています。
この品種は、スカンジナビアからの12匹の在来種ブタ - 4匹のイノシシと8匹の雌ブタ(未熟な雌) - の1949年の輸入によって生まれました。
1955年の豚生産開発諮問委員会によるHowittの報告は、3種類の豚 - イギリスランドレース、ラージホワイト、ウェールズ - に焦点を当てることで、収益性を高めるよう農民に勧めました。
多くの農家がこの報告に基づいて行動し、その結果、より希少な品種の多くが減少した。
他の品種の改良にも使用されます。
これらの豚はイギリス全土、特に東域とヨークシャーで見られます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ