世界の馬肉事情 アメリカ大陸編

目安時間:約 6分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
馬は北米大陸で進化し、約12000年前までに世界の他の地域に移動し、アメリカ大陸では絶滅しました。
15世紀と16世紀に、スペイン人、続いて他のヨーロッパ人入植者が、馬をアメリカ大陸に再紹介しました。
何頭かの馬が野生になり、現在チリとアルゼンチンであることの先住民族のPehuencheの人々によって狩猟されました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
イスラム法では、馬肉を食べることは禁じられている。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

アメリカ大陸各国の馬肉事情

Canada(カナダ)

面積:998.5万平方キロメートル(ロシアに次ぐ世界第2位,日本の約27倍

人口:約3,650万人(日本の約4分の1)

首都:オタワ

馬肉生産量:世界第6位

 

飼育している馬肉事業はケベック州にあります。
肉はそこでほとんどのスーパーマーケットチェーンで利用可能です。
トロントの高級肉屋やスーパーマーケットでも購入できます。
国の一端にあるフランス系の人々は別として、カナダの大部分は他の英語圏の世界と馬肉のタブーを共有しています。

 

United States(アメリカ)

面積:962.8万平方キロメートル(50州・日本の約25倍)

人口:3億2775万人

首都:ワシントンD.C.

馬肉生産量:世界第5位

 

馬肉は一般にアメリカでは食べられず、アメリカの文化の中でイギリスで見られるものと非常によく似たタブーを保持しています。
米国で生産されているすべての馬肉(2007年の最後の四半期まで)は、主に欧州連合(EU)への輸出のみを目的としていました。
飼育する馬輸出事業は、主にカナダまたはメキシコに馬を輸出する、テキサス州を含むいくつかの州で行われています。
米国における馬肉の消費の制限は、一般に地方、州、および連邦レベルでの法律に含んでいます。
いくつかの州では、馬肉の販売を禁止するか、または馬の屠殺を完全に禁止する法律を制定しました。

 

Mexico(メキシコ)

面積:196万平方キロメートル(日本の約5倍)

人口:約1億2,920万人

首都:メキシコシティ

馬肉生産量:世界第2位

 

メキシコでは使用されていないため、輸出されているだけです。

 

Chile(チリ)

面積:756,000平方キロメートル(日本の約2倍)

人口:1,791万人

首都:サンティアゴ

 

チリでは、馬肉はcharquiで使用されています。
チリでも、馬肉が遊牧民の先住民族の主要な栄養源となり、スペイン人が持ってきた馬が自然に繁殖して野生になった後、グアナコを基盤とする経済から馬を基盤とする経済へと速やかに切り替わりました。
牛肉ほど一般的ではありませんが、馬肉は全国の一部の肉屋ですぐに入手できます。

*グアナコ(Guanaco、ケチュア語: wuanaku、学名: Lama guanicoe)は、足がすらりとして気品のある野生偶蹄哺乳動物である。身長は1.6mほどで体重は48-96kg。
主に南アメリカの高地に生息している。

 

Argentina(アルゼンチン)

面積:278万平方キロメートル(日本の約7.5倍)

人口:4,427万人

首都:ブエノスアイレス

馬肉生産量:世界第8位

 

アルゼンチンは馬肉の生産国および輸出国ですが、地元の消費には使用されておらず、タブーと見なされています。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ