世界の馬肉事情 中央ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

中央ヨーロッパ各国の馬肉について

Germany(ドイツ)

面積:35.7万平方キロメートル(日本の約94%)

(ベルギー,オランダ,ルクセンブルク,フランス,オーストリア,スイス,チェコ,ポーランド,デンマークの9か国と国境を接する)

人口:約8,289万人

首都:ベルリン

 

英語圏の世界に匹敵するタブーはありませんが、ドイツの法律では、馬肉は専門の肉屋によってのみ販売されると規定されていました(Pferdemetzgereien)。
この法律は1993年に廃止されましたが、その後、ごく少数の肉屋だけが馬肉の販売を始めました。
ほとんどの馬肉は依然として専門家によって販売されており、そのうちの何人かは通信販売によって販売しています。
ドイツの多くの地域では、馬肉を含む伝統的なレシピがあります。
ケルンとデュッセルドルフ周辺のラインランドでは、レストランでは伝統的なザウアーブラーテンを馬肉で提供しています。
ドイツの当局が冷凍ラザニアを含む調理済み食品から馬肉を検出したときに2013年の食肉偽造スキャンダルが始まり、そこで不正に牛肉として宣言されました。
表示が誤っているため、EU当局はすべての加工食肉の原産地表示に関する欧州委員会の勧告の公表を迅速化することを余儀なくされました。

 

*ザウアーブラーテン(独: Sauerbraten、sauer: 酸味の=漬けた Braten: ロースト肉)は、ドイツの肉の蒸し煮であり、通常牛肉(または鹿肉、ラム、マトン、豚肉、馬肉の場合もある)を用い、酢、水、香辛料および調味料を混ぜた漬け汁でマリネしてから調理する。ザウアーブラーテンは伝統的に赤キャベツ、ジャガイモのダンプリング(カルトッフェルクレーセ、Kartoffelklöße)、シュペッツレ、茹でたジャガイモ、または麺を添えて供される。

 

Hungary(ハンガリー)

面積:約9.3万平方キロメートル(日本の約4分の1)

人口:約980万人

首都:ブダペスト

 

ハンガリーでは、馬肉は主にサラミやソーセージに使用され、通常は豚肉と混ぜ合わされますが、グヤーシュや他のシチューにも使用されます。
馬肉の加工品は、ほとんどのスーパーマーケットや多くの精肉店で販売されています。

 

*グヤーシュ(ハンガリー語: gulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ], ドイツ語: Gulasch、ドイツ中部・南部およびオーストリア(スイスも含む)ではグーラッシュ [ˈɡuːlaʃ]、ドイツ北部ではグラッシュ[ˈɡʊlaʃ] )は、ハンガリー起源の料理である。

 

Poland(ポーランド)

面積:32.2万平方キロメートル(日本の約5分の4,日本から九州,四国を引いた程度)

人口:約3,842万人

首都:ワルシャワ

馬肉生産量:世界第13位

 

古い馬はしばしばイタリアに輸出されます。
このやり方も論争を巻き起こしています。
ポーランドでは、馬は主に仲間として扱われ、社会の大多数はイタリアへの直接輸出に反対している。
馬肉の消費は、他の肉が不足していた時代(20世紀:第二次世界大戦と共産主義時代)に最も多かった。

 

Slovenia(スロベニア)

面積:2万273平方キロメートル(四国とほぼ同じ)

人口:約207万人

首都:リュブリャナ

 

馬肉は一般的にスロベニアで利用可能であり、伝統的な料理、特にカルニオラの中央地域とカルスト地域で非常に人気があります。
コルトステーキ(žrebičkovzrezek)も、特に街の伝統的な郷土料理の一部であるスロベニアの首都リュブリャナで非常に人気があります。
リュブリャナでは、ホットホースと呼ばれるファーストフードチェーンを含む、多くのレストランがハンバーガーや大量の馬肉を含む肉を販売しています。

 

Switzerland(スイス連邦)

面積:4.1万平方キロメートル(九州と同じくらい)

人口:842万人

首都:ベルン

 

スイスの動物起源の食料に関する条例は、食料の生産を許可された動物種として馬を明確に挙げています。
Mostbröckliとして知られている加工食品は牛肉または馬肉で作られています。
スイス北部のドイツ語圏ではソーセージにも使用されています。
イタリア北部のように、イタリア語を話す南部では、地元のサラメティ(ソーセージ)が馬肉で作られることがあります。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ