世界のにわとり図鑑 Vol.7

目安時間:約 12分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Croad Langshan
(クロードランシャン)

クロードランシャンは、おそらく中国を起源とする古い鶏の品種です。
最初に記録された輸入は、1872年に中国からその品種を輸入した。
ランシャンはまた、1878年に北米に輸入され、1883年に規格に合格した。
白いランシャンは、1893年に規格に合格した。
ランシャンの黒、白、青の3つの品種が米国標準規格である。
その品種は1879年にドイツに持ち込まれました。
ドイツのランシャンはこれらから派生しました。
第二次世界大戦後、クロードランシャンはアメリカからドイツに再導入されました。
元のクロードランシャンは、鮮やかな緑色の光沢を持つ黒であり、それは依然として今日も維持されている主な色です。
クロードランシャンは体が大きく、背はかなり高く、尾が鋭く後ろから立ち上がり、特徴的な「U」の形をしています。
頭は体の大きさに比べて小さく、くちばしは明るい色から暗い色です。
トサカは中規模の単冠であり、オスメス両方で直立している。
元の鳥では、雄鶏は4.5kgを上回りました。
現在の雄鶏は体重が3.25~4.25kg、雌鶏は3~3.5kgです。

雌鶏は年に140~150個の暗褐色の卵を産みます。
クロードランシャンは容易に飼育され、閉じ込めと平飼いの両方にうまく適応します。
彼らの肉は質感がよく、品質は良いです。

アメリカ家禽協会 ( American Poultry Association)は、1883年には白、 黒、1987年には青色の3種類の品種を認めました。

ランシャンは現在も中国にはまだ存在しています。

彼らは1880年代初めにオーストラリアに輸出されました。
イングランドやアメリカから様々な形や外観の鶏が輸入されました。
クロードランシャンは、オーストラリアのラングシャン、オーストラップ、オルピントンなどの作成に使用されました。
他の国と同様に、彼らは急速に人気を得ましたが、1950年代と60年代には数が減少し、絶滅の危機に迫っていました。

現在のクロードランシャンは非常に大きく、エレガントで好奇心旺盛で活動的な鳥です。
尻尾を高くした誇りのある姿勢は非常に特徴的です。
雄鶏は90cmの高さに立つことができます。
彼らは一般的にフレンドリーで穏やかです。
彼らは厚く、光沢のある非常に柔らかい羽毛を持ちます。
最も一般的な色は黒で、甲虫の緑色の光がありますが、白のクロードランシャンもあります。
ブルーとスプラッシュの鶏は、他の品種と交配することによって得られた、バンタムもあります。
最近ではクロードランシャンがオーストラリアで復活しています。
品種には多くの関心があり、需要は供給を上回っています。
最近は多く展示されており、注目を集めています。

 

Green-legged Partridge
(グリーン-レッグド パートリッジ)

 

原産国:ポーランド

他の名前 ポーランド語 : zielononóżkakuropatwiana

重量

 雄鶏: 2.55 kg
 雌鶏: 1.7 kg

 

グリーンレッグドパートリッジは、ポーランドの古い品種です。

それは脚足が珍しいreseda greenの色が特徴です。

グリーンレッグドパートリッジは、1879年に最初に記述された。

1930年から、ポーランドの約70%で飼育されました。

しかし、卵の生産量は変動しており、彼らは集中管理に適応していないので減少しました。

1961年から1973年の間にポーランドでの割合は11.4%から1〜2%に減少した。

1970年代に保全努力が始まった。

2014年の終わりに1170羽の数が確認されました。

グリーンレッグドパートリッジは、 幅広い管理に適しています。

それはよく飼育され、病気に抵抗性があります。

卵産卵能力は一般的に悪い。

卵の卵黄は、他の品種に見られるものと比較してコレステロール含量が低い。

肉と卵はともに味が良い。

現在は、この品種は保全のためにのみ飼育されています。

 

Cochin
(コーチン)

 

コーチン(Cochin)はニワトリの品種の一つである。
コーチンという名前は元々は中国語の「九斤黄( Jiǔjīn huáng)」という名前から来ていて、これが誤ってベトナム南部に対する当時の呼称コーチシナ(交趾支那)やインド南部のコーチンと混同された。
「斤」とは重さの単位であり、現地中国では大型のニワトリ全般や、あるいはそれを使った料理ですら「九斤黄」と呼ばれている。

1845年前後にアメリカ東海岸に持ち込まれた中国産のニワトリがコーチンの最初の祖先になる。
中国産ニワトリの高密度に生えそろった羽毛は当時の愛好家の間で評判を呼んだ。
コーチンの特徴ともなる脚毛は、この時期にはまだ生えている個体とそうでないものが混在していたようである。
しかし上海の愛好家たちがふわふわの羽毛、脚毛の多い個体を中心に交配を繰り返すと今日のコーチンの特徴として定着した。
上海で完成されて後イギリス、アメリカへと輸出されると以降、ヘン・クレイズ(hen craze)などと呼ばれる19世紀の中ごろから20世紀初頭にかけてのブームを巻き起こした。
世界中の愛好家たちがニワトリの外見を愛でるためだけに飼育を行い、今日知られる家禽類愛好家(poultry fancy)の源流となった。

特にアメリカで盛んに交配が行われ現在の状態まで発展した。
小型種(bantam)が存在し、しばしばペキン・バンタム(Pekin bantam)などと呼ばれるが、ペキン・バンタムとは別種である。

実際に大きいだけでなく、高密度に生えそろったふわふわの羽毛がコーチンを実際以上に大きく見せる。
脚、お尻を覆うふわふわの羽毛、短くて湾曲した背中、短い尾が特徴。
頑丈で、開けた場所にも限られた空間にも適応する。
羽毛の下の肌は黄色、卵は薄茶色。

雌鳥は産卵能力に優れるが、産卵期間は長くはない。

性格はニワトリの中でも特に人懐っこく、比較的静かでよいペットとなる。
雌鳥は雛をふ化する能力に優れていてハヤブサのふ化に用いられることもある。
しかし成長が遅いという好ましくない性質もある。
APA(英語版)には1874年に登録され、バーチ(birchen), ブルー(blue), バフ(buff、黄褐色), バード(barred、縞)など18種類の色のバリエーションがあり、フリズルド(frizzled、ちぢれ毛)と呼ばれるバリエーションが含まれる。

通常種の雄鶏は約5㎏、雌鳥は4㎏。
小型種(バンタム)は雄鶏が900g、雌鳥で800gとなる。

 

Cornish
(コーニッシュ)

 

1950年代後半、ブロイラー産業の発展により脱羽の機械化が進むにつれて、白色羽装の品種への要望が大きくなりました。
これは、白色羽装品種は有色羽装品種よりも脱羽の手間がかからないうえ、と体の仕上がりも美しいという加工上の理由からの要望でした。
当時、白色プリマスロック種という白色羽装の品種が既に存在していましたが、劣性白(c)という特性だったため、赤色コーニッシュ種等の有色羽装品種と交配すると様々な色が出てしまうという大きな欠点がありました。

この欠点を克服するため、赤色コーニッシュ種を優勢白につくりかえた鶏が白色コーニッシュ種です。
この改良過程の詳細は不明ですが、赤色コーニッシュ種に白色レグホーン種を交配して作出したと言われています。
以降、一般のブロイラーには白色コーニッシュ種♂と白色プリマスロック種♀との交雑種を用いることが主流になっています。
当初の赤色コーニッシュ種は、成立に関わった品種全てが闘鶏用でもあり、三枚冠で羽毛が密着したシャモに似た外観をしていました。

第二次世界大戦中のブロイラーには、赤色コーニッシュ種♂と横斑プリマスロック種やニューハンプシャー種♀との交雑種が利用されました。
その後1950年代中頃にかけて、赤色コーニッシュ種♂とニューハンプシャー種♀の交雑種がアメリカのブロイラーの主流となりましたが、1958年の白色コーニッシュ種の出現により、赤色コーニッシュ種の利用は減少しています。

現在、赤色コーニッシュ種は差別化したブロイラーの雄系として一部利用されています。
現在の赤色コーニッシュ種は増体性の改良が加わり、トサカも単冠、羽毛も密着していないなど外観が成立当初と異なる鶏となっています。

 

Sussex
(サセックス)

 

イギリス原産で,おもにサセックス地方で多く飼われたことからこの名がある。
羽色は白色で頸部に黒斑のあるものと赤褐色のものとがある。
産卵数は年に130~140個。
雄鶏の体重は約 4kg,雌鶏は約 3kgで,卵肉兼用種である。

サセックスは英国の肉用とその卵のために飼育された卵肉兼用目的の鶏種です。
標準サイズとバンタムの両方の鶏について8色が認識されています。

サセックスはイングランド南東部のサセックスの歴史的な郡に由来しています。
それは英国の鶏の品種の最も古いものの1つです。
1845年にロンドン動物園の最初の家禽ショーで「Old Sussex or Kent Fowl」と記載された。
サセックスの品種基準は、1902年にライト、赤色、斑点の3色の品種が登録されました。
これらのうち、斑点は最も古いものでした。
軽い品種の開発は、おそらくブラマやコーチンのような東洋の品種によって、またシルバーグレーのドーキングの影響を受けていると思われます。
赤はもともと黒胸であった。
それと茶色はインディアンゲームの影響を受けているかもしれません。
最新の品種はシルバーです。
サセックスは長くて広く、平らな背中で優雅です。
長くてまっすぐな胸骨。
尾は体から45度の角度で保持されています。
目は濃い品種では赤、軽い品種ではオレンジ色です。
トサカは単冠です。
耳たぶは赤色で、足と肌はすべての品種で白です。
雄鶏の体重は約4.1kg、雌鶏の体重は約3.2kgです。
ブラウン、バフ、コロネーション、ライト、レッド、シルバー、斑点、ホワイトの8種類のカラーバリエーションが、英国の家禽クラブによって認められています。
首のハックルは白く黒いストライピングをしています。
アメリカ家禽協会 ( American Poultry Association)は、ライト、赤、斑点の3色を認識しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ