世界の牛 図鑑 Vol.13

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Braunvieh
(ブラウンビエ)

原産国 :スイス

別名  :Schwyzer

体重

雄牛:1,000~1,300kg
雌牛:550〜750kg

体高  :138〜152cm

 

Braunvieh(ドイツ語、 "brown cattle")は、スイスに起源を持ち、アルパイン地域に分布している牛の品種またはグループです。
もともと牛乳生産、肉、農耕作業に使用されていた三重目的の品種でした。
現代は主に酪農品種です。
中央スイスのSchwyz(シュヴィーツ)のSwiss Canton(スイスのカントン)で中世から育った茶色の山岳牛に由来しています。
パリの1855年博覧会、1862年ロンドンの国際展に展示されました。
1967年から1998年の間に、ミルクの収量、身体の大きさおよび乳房の形態を改善する目的で、アメリカンブラウンスイスとの実質的な交配が行われた。
ドイツでは、改善のプログラムとして始まったものが代替プログラムになりました。
1994年にブラウンスイスのブラウンビエへの遺伝的貢献度は60%に達していた。
スイスでは、いくつかの酪農家は伝統的なタイプのブラウンビーエイを繁殖させていましたが、これは1993年にSchweizer Original Braunviehとして公式化されました。
元のブラウンビエを維持する努力は、1988年にドイツで始まりました。
イタリアでは、Bruna Italiana Vecchio Ceppoとして知られています。
牛乳の生産は、年間 7200ℓ(山地地域)~12000ℓの範囲です。
アルパイン地域、オーストリア、ドイツ、イタリア、スペイン、米国のブラウンスイスで、いくつかのヨーロッパの牛の繁殖をもたらしました。

 

Brava
(ブラバ)

原産国:フランス

別名:Race de Combat(レース・デ・コンバット)

体重

雄牛:平均 400㎏
雌牛:平均 250㎏

体高

雄牛:平均 125㎝
雌牛:平均 115㎝

 

BravaまたはRace de Combatはフランス南部のRhôneのデルタであるCamargueで飼育されたフランス産の家畜牛です。
スペインでもポルトガルでも、闘牛のために特別に飼育されています。
Bravaは、19世紀に輸入されたイベリア戦闘牛に由来し、Espagnole Bravaとしても知られています。
イベリア戦闘雄牛の繁殖用飼育品をフランスに初めて導入したのは、Arlesに1869年に輸入されたものです。
これ以来、このような輸入は1975年までありませんでした。
2004年の頭数は5950頭、2014年には3275頭と報告されました。
肌色は、ほとんどの場合、一様に黒です。
角は大きく、前方を指しています。
飼育された約10%が闘牛の目的に適していることが分かっている。
残りは肉のために使用される。

 

British White
(ブリティッシュ ホワイト)


原産国:イギリス

ブリティッシュ・ホワイトは、自然に放牧されたイギリスの牛の品種で、黒または赤の点が白く、主に牛肉に使用されます。
それは17世紀に確認された歴史を持っています。
白い毛が短く、暗い点があります(通常は黒、時には赤)。
着色された部位は、耳、足、まぶた、鼻、そしてしばしば乳首も含まれます
それは自然にポーリングされ(角なし)、中型の品種です。
身体の毛皮に色のついた斑点があり、毛皮の下の皮膚は通常は灰色または赤みを帯びています。
ピンク色の斑点があります。
ホワイト・パークのように他のイギリスの品種と遺伝的に区別されていないため、正確な起源について疑問があります。
20世紀初頭までに、イギリスの東部郡にある登録動物約130頭にまで減少しました。
20世紀末までに、イギリスで1,500頭以上の登録動物に、そしておそらくアメリカでは2,500頭にまで増加しました。
オーストラリアのような世界の他の地域でも飼育されています。

 

Brown Carpathian
(ブラウン カルパチア)


原産国:ウクライナ


体重

雄牛:600~750㎏
雌牛:425~450㎏

 

ブラウン・カンパチアンは西ウクライナの牛の品種です。
ウクライナのトランスカルパチア地方で見つかったこの品種は、ブラウンスイスと地元の牛とを交雑させた結果、乳製品と牛肉生産のための二重目的品種を生産した結果であった。
その品種は1972年に初めて認識され、1980年代以降、ブラウンスイスとジャージーの雄牛との交配がさらに進んでいます。
牛乳の収量は2,500〜3,000kgで、最大6,000kgで脂肪含量は3.6~3.8%である。
褐色カルパチアの牛は、主にトランスカルパチア州とチェルノフツー県で飼育されている。

 

Brown Swiss
(ブラウン・スイス)

原産国:スイス

ブラウン・スイスはスイスの乳牛である。
それはアルパイン・ブラウンヴィエーから派生したものです。
年産牛乳収量はホルシスタインの次に多く、年産9,000 kgを超える乳収量を誇っています。
牛乳は、平均4%のバター脂肪と3.5%のタンパク質を含み、チーズの生産に優れています。
長い妊娠期間、巨大な体格、大規模な毛皮で覆われた耳、そして非常に従順な気質で知られています。
スイスのアルプスの斜面に生息しています。
この厳しい気候の中で生活したので、熱、寒さ、および他の多くの一般的な牛の問題に対応しています。
色は、通常、灰色がかった淡黄褐色の淡褐色です。
日本にも第二次世界大戦後、アメリカから輸入されましたが、泌乳量が少ない等の理由から特徴が生かせず、当時は普及しませんでした。
しかし近年になって、チーズ等の加工用に向いていることが評価され、飼養頭数は増えてきています

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ