世界の豚 図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Chato Murciano
(チャト ムルシアーノ)

原産国:スペイン

 

スペインのムルシアに由来する豚の品種です。
これはムルシアで生産された豚の唯一の生存品種であり、絶滅の危機に瀕しています。

絶滅の危機にもかかわらず、ベーコンや豚肉の生産で知られているよく管理された豚です。

農業に特化したいくつかのスペイン当局は、交配と人工授精によって品種を確保することを目指すプログラムに取り組んでいます。

ムルシアでは、現在のムルシアンタイプが基準を満たしていないため、スペイン人は改善されたブタの種を必要としていました。

この問題を解決するために、彼らはムルシアーノをVictoria、Tamworth、大ヨークシャーとBerkshire、チャト・ムルシアーノと交配して飼育していますが、現在はその肉とベーコンのために飼育されています。

1865年に約50,000頭、1929年には100,000頭以上が飼育されていました。

スペイン南東部の地域であるムルシアで生まれて飼育されていました。

チャト・ムルシアーノは短い鼻からその名前を受けました。

「短い鼻」を意味する「チャト」と「ムルシアの」を意味する「ムルシアーノ」。

その短い鼻に加えて、その品種は通常黒または白の色をしており、頭が小さいです。

黒い肌はチャト・ムルシアーノの一般的な特徴ですが、一部は尾や脚などの身体の一部に白い斑点を持つ傾向があります。

これらはバークシャーから受け継がれていると考えられています。
バークシャーは、スペインの豚がムルシアの原種と交配してできた豚です。

体毛は、雌豚の体のいたるところにあります。(乳房を除く)
雌豚には最大14の乳房があります。

ベーコンと赤身の豚肉は、主に豚が飼育されている理由ですが、品種はスペイン南部の乾燥した暖かい気候によく適応しているので、農家にとって有利です。

現地で集められた原材料を与えられているため、体重が約180kg(18ヶ月)の時に大部分が出荷されます。

豊富なレベルのオレイン酸および相当量の脂肪のために、過去に行われたいくつかの研究によれば、高品質のソーセージを製造することができます。

1980年代には絶滅の危機に瀕していたが、農業労働者や政府の努力によって徐々に増加している。

 

Choctaw Hog
(チョクトー ホッグ)

原産国:アメリカ

 

チョクトーホッグは、1500年代にアメリカにもたらされたスペイン原産の豚に由来するアメリカの品種です。

現代の品種の名前はチョクトー部族から来ており、チョクトー族は長い間チョクトーホッグを飼育していました。

チョクトー部族と他の先住アメリカ人が1800年代初めに南部からオクラホマ州に最初に移住したとき、彼らは動物を連れて行った。

これは、オクラホマ・チョクトーホッグの集団の始まりでした。
1830年代、米国政府はミシシッピーとアラバマから、オクラホマ州に移住させました。

彼らの豚はまた、この移住先で採用されました。

チョクトーホッグは、過去150年間に外観がほとんど変化していません。

彼らはサイズが小さく、約120ポンド(54㎏)の重さで、時折白い跡がついて黒くなっています。

耳はやや垂れ下がっている。

つま先は融合して、ロバのような単一の蹄をしています。

彼らは長い足を持ち、後部よりも前部が重いので、速くて運動的です。

今日、オクラホマ州のチョクトーホッグは、伝統的に管理されています。

豚はほとんどケアを必要とせず、根、植物、ココナッツ、ベリーなど自分で食べ物を見つけることができる。

定期的に、豚は捕獲され、通常は犬で追跡され、捕獲されます。

一度捕獲されると、若い者は耳にタグを付けられ、分類されます。

市場に出す予定のものは、重量を増やすためにトウモロコシを与えて飼育されます。

市場に出す予定のないものは解放されます。

養豚に精通している人々は、チョクトーホッグのスピードと敏捷性に驚かされる。

チョクトーホッグは希少品種で、その数は数百頭と推定されています。

それらのほとんどは、以前は南東オクラホマ州のいくつかの郡で発見されています。

品種の使用には商業機会がほとんどなく、保護活動を支援する経済的利益がないため、チョクトーは生存の大きな危機に直面しています。

 

Cinta Senese
(チンタ セネーゼ)

原産国:イタリア

 

チンタ・セネーゼ(イタリア語: cinta senese)は、イタリアトスカーナ州シエーナ地方で食用に飼育される古代品種の豚である。
前足から背中にかけて、バンド(=cinta)状の白縞が入った特徴を持つ黒毛種。
豚の原種に限りなく近く猪に近い特徴を持つ。
チンタ・セネーゼを直訳すると「シエナ地方のバンド(縞)豚」となりその外観から命名されている。
生産数が少ない事もあり、しばしば高級豚として有名なイベリコ豚よりも高額で取り引きされる。
その起源は、古代ローマ人がより優れた肉質の豚を得るために、北の白豚(マレンマ種)と地中海沿岸に生息する黒豚(イベリコ豚も同系統)を交配させたのがこの豚だと言われている。
そして交配させた豚を各地に広めた結果、現在のシエナ地方で最も良く育ち、チンタセネーゼが生まれた。
20年数年前までは絶滅の危機に瀕していたが地元の人々の尽力により復活、現在に至る。
白豚種の太って軟らかい肉質と黒豚種の筋肉質で深い味わいの両方を兼ね備えている。
通常食用豚は1年程で出荷されるが、チンタ・セネーゼは3年の期間を掛けて飼育・出荷される。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ