三重県の銘柄豚 種類と血統

目安時間:約 7分

全国には銘柄豚が数多くいます。

それぞれに特徴のある豚肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが三重県にどんな銘柄豚・ブランド豚があるのか調べてみました。

伊勢美稲豚(いせうまいねぶた)

臭みがなく、あっさりとした味わいのなかに、甘さ際立つ脂の旨味が口中に広がります。

 

所在地:三重県津市

 

TOPIGS(合成豚)

 

*TOPIGS(トピックス)とは、オランダのTOPIGS社が遺伝改良した豚の系統です。

 

伊勢うまし豚(いせうましぶた)

エサにこだわっているからこそ、赤身に臭みがなくて柔らかく、脂身には甘みがあります。

 

所在地:三重県熊野市

 

伊勢うまし豚

 

伊勢うまし豚

 

伊勢の国 健康豚(いせのくに けんこうぶた)

漢方の力を生かした食物。

おおばこの種子末、ずいがらの花末、べに花の花末、南瓜の種皮末を 配合した専用飼料を与えています。
健康豚の美味しさの秘密は肉に含まれている脂質や脂肪酸のバランスにあります。
オレイン酸を増やし、リノール酸を減らす事により美味しくなります。

 

所在地:三重県津市

 

伊勢の国 健康豚

 

頑固おやじのぶた

豚肉が持っている本来の美味しさと、やわらかさを引き出しています。焼肉では、塩こしょう。しゃぶしゃぶでは、ポン酢の味付けで、豚肉の美味しさを十分味わっていただけます。

 

所在地:三重県津市

 

頑固おやじのぶた

 

頑固おやじのぶた

 

紀州岩清水豚(きしゅういわしみずぶた)

乳酸菌等の有効な微生物を利用して、豚を体の中から健康にしすくすく健康に育つ豚作りを行っています。

 

所在地:三重県南牟婁郡御浜町

 

紀州岩清水豚

 

幻泉 山﨑豚(げんせん やまさきぶた)

鈴鹿ロックの湯の天然温泉を飲ませて健康に育てた豚肉は、疲労回復や、
人を美しく元気にしてくれる栄養素が豊富です。
肉質は、柔らかく、パサパサ感がなくなり、臭みもなく豚肉本来の味を楽しむことができます。

 

所在地:三重県鈴鹿市

 

菰錦豚(こもきんとん)

たくさんの頭数を飼育している中で、とくに優秀なメス豚のみを選別、
赤身はキメが細かく艶のある濃いピンク色、そしてドリップの少なさ。
脂身は白く甘味が強く、サラリと溶け食味にジューシーさを付与します。
豚肉の理想を追求し、塩だけで食べても美味しさ実感の旨味を約束します。

 

所在地:三重県三重郡菰野町

 

 菰錦豚

 

さくらポーク

原料を専用の加熱処理プラントにて110度の温度をかけて熱処理することによって飼料の殺菌を行い同時に栄養性をあげる事ができ、健康に育つ事ができます。
飼料を食べやすい形状にすることや、トウモロコシの他、マイロや小麦、キャッサバなど良質な穀物原料を使用することで嗜好性を高めています。

 

所在地:三重県四日市市 三重県鈴鹿市 三重県いなべ市

 

さくらポーク

 

玉城豚(たまきぶた)

新鮮で臭みがなく、脂身に甘みがあるのが特徴とされる。

 

所在地:三重県玉城町

 

忍茶豚(にんちゃぶた)

乳酸菌とカテキンをたくさん含んだ餌を食べて育った豚は、腸が丈夫になり、健康に育ちます。
そして臭みがなく、脂がほんのり甘く、やわらかい肉に仕上がります。

 

所在地:三重県伊賀市

 

 忍茶豚

 

はなまるポーク

品種にもこだわり、3つの品種をかけ合わす事により、それぞれの特性を生かし、
キメと締りをよくし、さらにコクと旨みを生み出しました。

 

所在地:三重県津市

 

 はなまるポーク

 

パールポーク

伊勢志摩の真珠を育てるアコヤ貝の微粉末を加えたオリジナル飼料を与えています。(貝殻と真珠の成分はほぼ同じ)
適度な“さし”が入り、柔らかく臭みがないのが特長です。さっぱりとした脂肪には、ほのかな甘みがありしつこくないので、女性や年配の方にもお喜びいただけます。

 

所在地:三重県志摩市

 

パールポーク

 

松阪ポーク

中国北東部原産種の黒毛豚を改良したチャイナジャパン種だ。
独自の交配方法と厳しい品質管理を施し、赤身と白身がほどよく調和したおいしい豚肉作りに成功した。

 

所在地:三重県伊賀市

 

雑種(中国系)

 

三重クリーンポーク

特有の臭いがなく色はピンクでまろやか。
脂肪は適量にしてきめ細かい。

 

所在地:三重県三重郡菰野町

 

三重クリーンポーク

 

みえ豚

肉のキメが細かく、やわらかい。
豚肉特有の臭いが少ない。

 

所在地:三重県松阪市 三重県四日市市 三重県鈴鹿市

 

  みえ豚

 

  みえ豚

 

ヤマギシの豚肉

赤身・白身ともそれ自体が美味しく十分に肉味を保持しているので、しゃぶしゃぶ等、味付けしない料理には最適です。

 

所在地:三重県津市

 

中国種を原種豚とした雑種

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ