世界の牛 図鑑 Vol.27

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hybridmaster
(ハイブリッドマスター)

原産国:アメリカ

 

Hybridmasterは牛の新しい品種です。
遺伝的構成は、アンガス牛の約50%、ブラウンスイス牛の25%、ブラフマン牛の6.25%、シンメンタール牛の6.25%、東南アジアの野生牛の6.25%、北米の野生のバイソンの6.25%である。
オクラホマ州で開発されたHybridmastersは、牛乳、繁殖力、寿命、成長の4つの特性で35年間選択されています。
この品種は牛乳だけでなく大量の牛肉も生産するように設計されました。

 

Highland
(ハイランド)

原産国:イギリス

体重

雄牛:平均 800㎏
雌牛:平均 500㎏

体高

雄牛:106~120㎝
雌牛: 90~106㎝

 

ハイランド牛(スコットランドのゲール語:BòGhàidhealach、スコットランドの:Heilan coo)はスコットランドの牛です。
丈夫な品種で、スコットランド高地の状況に耐えてきました。
牛乳は一般的に非常に高いバター脂肪含有量を持っています、そして他の種類の牛肉よりもコレステロールが低いので最高品質のものと見なされています。
彼らは珍しい二重の体毛をしています。
外側には油性の毛で覆われています。
年間降水量が多く、時には非常に強い風が吹くハイランド地方の気候に最適です。
ヨーロッパのすべての牛は比較的低温にうまく対処できますが、ハイランド牛は「北極圏に住むカリブーやトナカイと同じくらい耐寒性がある」と言われています。
ノルウェーやカナダなど、冬がスコットランドよりもはるかに寒い国でうまく飼育されています。
彼らが食料を探し求める能力は、他の多くの牛が避けている植物を放牧して食べるので急な山岳地帯で生き残ることを可能にします。
他のほとんどの種類の牛よりも寿命が長く、最大20年です。
20世紀初頭以来、世界の多くの地域、特にオーストラリアと北アメリカに輸出されてきました。
1988年にオーストラリアのハイランド牛協会が設立されました。
ハイランド牛の繁殖と飼育の促進するため、デンマークへの品種の導入、1987年にデンマークのハイランド牛協会が設立されました。
1997年にフィンランドのハイランド牛協会が設立され、2016年にフィンランドには13,000頭のハイランド牛がいたと述べています。
アメリカハイランド牛協会は1948年に設立され、現在8つの地域ハイランド牛協会があります。

 

Hinterwald
(ヒンターヴァルト)


原産国:ドイツ

体重:380〜480㎏
体高:115〜125㎝

 

Hinterwald(ドイツ語:Hinterwälder-Rind)は、Black Forestの地元の種類の牛です。
ドイツとスイスには品種協会があります。
頭はほとんど白く、残りの部分は薄黄色から濃い赤褐色に塗られています。
寒い冬、急な牧草地、質素な食事などの極端な条件に対処するために飼育されてきたため、アルプスの気候に順応しています。
彼らは牛肉と牛乳の生産の両方に使用され、その倹約、長寿および分娩のしやすさのために注目されています。
絶滅の恐れのある国内種の保護を専門とする非営利団体によって開始された繁殖プログラムの導入以来、スイスアルプスのヒンターヴァルト牛の数を大幅に増加させました。

 

Holando-Argentino
(ホランド-アルゼンチン)


原産国:アルゼンチン

体重:600〜650㎏
体高:140〜150㎝

 

主にアルゼンチンで発見された牛の品種で、Holstein-Friesian(ホルスタイン)牛に由来します。
それは1880年にオランダから最初にパンパスの肥沃な地域に導入され、牛肉と牛乳の両方の生産に使用されました。
EntreRíosの各地方、およびSalta、Tucuman、Formosa、Catamarca、Mendozaの小さな河川流域で見つけることができます。
それらは近隣諸国にも輸出されています。
それを管理するためのこの品種と技術資源の促進は、1944年に設立されたAsociaciónCriadores de Holando-Argentino(ACHA、Holando-Argentino Breeders Association)の目標です。

 

Horro
(ホロ)

原産国:エチオピア

 

ホロ、ウォレガまたはウォレガの牛はエチオピア原産の牛です。
ホロは通常茶色で、後ろにこぶがあります。
それらは牛乳、肉および農耕作業に使用することができます。
エチオピアでは、彼らは富と名声のしるしと見られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ