世界の牛 図鑑 Vol.4

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Anatolian Black
(アナトリアン・ブラック)

原産国 :トルコ

保存状態:絶滅危惧種
別名  :アナトリアネイティブ
主飼育地:中央トルコ
体重

雄牛:300~400kg
雌牛:200~300kg

 

Native Black Cattleとも呼ばれるアナトリアン・ブラック(トルコ語:Yerli Kara)は、現在トルコのアナトリア(Anatolia)で生まれた牛の一種です。
トルコで最も人気のある牛の品種であり、乳製品の生産、肉生産、小規模農場での農耕作業用として使用されています。
主に中央トルコで飼育されています。
アナトリアン・ブラックはトルコの品種の中で最も小さいものです。
それは東アナトリア赤と南アナトリア赤のトルコ品種と遺伝的に密接に関連しています。
これらの3つの品種は、総称して「アナトリアネイティブ」と呼ばれ、遺伝的にではなく、形態学的および地域的な理由で区別される。
この品種は絶滅の危機にあると考えられ、遺伝的に純粋な個体の数は減少している。
これは、生産性と収量、無意識の交雑繁殖と管理不足、農村地方の移住を改善するためのヨーロッパの品種との交雑によるものです。
アナトリアン・ブラックやその他の品種の繁殖を防ぐために、生産者の生産性を向上させる方法が研究されており、農業従事者にとってより現実的な選択肢になりました。
ララハンの中央畜産研究所に保全牛群がおります。
アナトリアン・ブラックは、タウリン牛の一種で、短角型の牛です。
*タウリン牛とはヨーロッパ牛とも呼ばれるは近東発祥の家畜の亜種である。
長い体幹とスリムな骨格で小柄です。
首は平均的な長さで、小さなのどぶくろが付いています。
体の後端は幅が広く、前の肩よりも高く、肩は狭く、長くて斜めであり、臀部は鋭く傾斜している。
背中はストレートで、 足は丈夫で短い。
頭部は鼻に向かって狭くなり、深い目を持つ。
雄雌共に角を持っています。
病気や寄生虫に強い牛です。
雌牛は授乳ごとに牛乳を1000〜1100kgまで生産することができます。
授乳期は240~260日間続くことができます。
ミルクは脂肪含量が4〜5%です。
アナトリアン・ブラックはトルコで最も重要な牛肉の1つです。
急速に成長することができます - 飼育場での毎日の体重増加は700~900 gです。
その適応性と低メンテナンス性は残念なことに生産性の低下を招いており、地元の農家にとって実行可能な選択肢にするためには、その生産量をヨーロッパの品種に合わせて改善する必要があります。

 

Andalusian Black
(アンダルシア ブラック)

原産国 :スペイン

保存状態:絶滅危惧種
別名  :ネグラデラスカンピニャス、ネグラ・カンピニャサ
主飼育地:アンダルシア
体重

雄牛:875~950kg
雌牛:600~650kg

体高

雄牛:140cm
雌牛:135cm

 

Negra de lasCampiñasとして現地で知られているアンダルシア・ブラック(スペイン語:Negra Andaluza)は、スペインのアンダルシア西部で生まれたタウリン系の牛です。
アンダルシア西部の2つの主要地域、すなわちコルドバからシエラ・モレナのふもとで飼育されています。
最初の品種協会は1996年にスペインで結成されました。
2007年には純粋な個体が800頭しかなかったが、その数は他の地元のスペイン品種との交雑により減少した。
頭数は2011年までに1,883頭に増加した。
今では絶滅の危機に瀕しており、1,415頭がスタッドブックに登録されています。
2005年に結成された現在の品種協会は、品種を維持するためにコルドバ大学と協力して保護プログラムを実施しています。
悪環境に適応できる強くて丈夫な品種です。
出生率は80〜95%で、双子を産む確率は1.15%です。
強い母性本能を持っています。

 

Angeln
(アングラー)

原産国 :ドイツ

体重

雄牛:平均 900㎏
雌牛:平均 550㎏

体高

雄牛:平均 143㎝
雌牛:平均 129㎝

 

最初に1600年に記載されているシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州でアンゲルン半島原産の牛の品種です。
しかし、一部の人々は、彼らが5000年以上にわたって存在している可能性があると考えます。
1830年以来、繁殖管理が実践されています。
肌色は、赤色です。
高脂肪分のミルクを生産することで知られています。
現在の育種の目的は、脂肪が4.8%、タンパク質が3.8%の牛乳9000kgです。
平均収量は授乳あたり4.6%の牛乳で5,200kgです。

 

Angus
(アンガス/アバディーン・アンガス)

原産国:イギリス

体重

雄牛:850㎏
雌牛:550㎏

 

別名はアバディーン・アンガスで、スコットランドの小さな肉牛の品種です。
それはスコットランド北東部のアバディーン州とアンガス州の牛に由来します。
本来の色は黒ですが、最近では赤の色が出現しています。
イギリスは両方とも同じ品種とみなされますが、米国では2つの別個の品種、レッドアンガスとブラックアンガスとみなされています。
北東部の少なくとも16世紀以降、スコットランドで記録されています。
20世紀半ばにイギリス諸島全域で飼育されるようになった。
日本には、1916年に導入され無角和種の造成に貢献している。
アンガスを使用した銘柄牛としては、島根県の大国牛があります。

 

Ankole-Watusi
(アンコール・ワトスティ)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:450~730㎏ 平均590㎏
雌牛:410~550㎏ 平均476㎏

 

アンコール・ワトスティは近代的なアメリカの牛の品種です。
それは中央アフリカのサンガ牛のアンコール系から派生したものです。
非常に大きな角が特徴です。
20世紀初めに動物園の標本としてドイツに輸入されたアンコール型の家畜に由来しています。
ドイツから、他のヨーロッパの動物園にも広がっています。
いくつかは米国に輸入され、1960年にはカナディアン・ブルと交配することでニューヨーク州で飼育が始まった。
品種協会であるアンコール・ワトスティ・インターナショナル・レジストリは1983年に設立され、そして1989年には品種基準が策定されました。
2016年には、その品種の総数は約1500頭となりました。
色々な色がありますが、通常赤です。
角は異常に大きく、幅広い広がりを見せています。
ギネス世界記録には、103.5cmの角円周を持つCT Woodieと95.25cmの角を持つLurchという名前の牛が記録保有者として掲載されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.3

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Albera
(アルベラ)

原産国:フランス

フランスのピレネー山脈にあるヴァレスキルの部分的に存在するアルベラ・マッシフ(Albera Massif)固有の小さな牛で絶滅のおそれのある品種です。
寒さに強いですが、熱に弱く、そしてウェル山地の急峻な地形に適応しています。
19世紀にAlbera Massifで牛の品種が確認されましたが、Alberaの最初の記述は1957年のものです。
当時、品種内で3つのサブタイプが区別されていました。
最近では、タイプは2つであると考えられている:ネグラ(Negra)、またはダークタイプ、ファジーナ(Fagina)、またはより淡いタイプ。
1999年に、ファジーナ型は、アルベラ・ネグラ型よりも、ブルナ・デ・ロス・ピリネオス型に遺伝的に近いことが判明した。
ブリーダーズ協会は2008年に設立されました。
アルベラの品種は2011年7月27日に公式の認定を受けました。
品種標準が承認され確立されました。
2014年末に全頭数は763頭と記録され、そのうち618頭が雌牛で145頭が雄牛でした。
アルベラは寒さに強いが熱に弱い、アルベラ・マッシフ(Albera Massif)の急な地形によく適応しています。
彼らは人間との接触が少なく、生産能力もほとんどありません。
牛は2年ごとに繁殖し、子牛のためにかろうじて十分なミルクを生産します。
肉の収量は非常に低く、35~40%程度である。
牛は植生管理に使用されている:下草を食べることによって、彼らは森林火災を防止するのに役立ちます。

 

Alentejana
(アレンテジャーナ)

原産国:ポルトガル

アレンテジャーナは、アレンテージョの南部ポルトガル地方、アレンテージョ高地と低アレンテージョの両方に存在します。
肉の生産と農耕作業用として使用され、それはスペインで見出されるRetintaの品種に似ています。
アレンテジャーナは長い角が特徴で金赤色の牛です。
ブラジル産のメルトレンガと南部のクリウロは、この品種から産まれました。
アレンテジャーナ種は、欧州委員会からDOC(Denominao de Origem Controlada)の地理的地位が保護されています。

 

American Milking Devon
(アメリカンミルクデボン)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:平均 726㎏
雌牛:平均 499㎏

 

アメリカンミルクデボンは、アメリカの牛の品種です。
もともとは、17世紀に北米にもたらされたイギリスのノースデボン牛に由来しています。
彼らの名前にもかかわらず、彼らは肉の生産や農耕作業用として働くことにも適しています。
1623年、デボンシャー北部からノースデボン牛を少量出荷してプリマス植民地に到着した。
ミルクデボンは、フロリダほど遠い南東の東海岸に広がり、農耕、肉、牛乳を提供する多目的能力は農民によって評価されました。
しかし、19世紀初めに、ショートホーンの品種は、二重目的の牛のために農家に好まれ始め、1900年までにミルクデボンはニューイングランド以外ではほとんど見られませんでした。
20世紀の半ばまでに、数はさらに大幅に減少し、三重目的の牛の市場は事実上消えてしまった。
この品種は、1970年代には100頭以下の低水準に達しました。
今日、ミルクデボンは世界で最も絶滅のおそれのある牛の一つです。
しかし、アメリカ家畜繁殖保全やスローフードUSAの「味覚の箱」などの組織の助けを借りて、数字はやや戻り始めています。
アメリカンミルクデボンは、肉、牛乳、農耕の価値がある、西洋に残された真の三重目的の牛の数種のうちの1つです。
皮膚は暗く光沢のある赤色であり、角は白く黒い先端を有する。

 

Amerifax
(アメリファックス)

原産国 :アメリカ


体重

雄牛:500~544㎏

 

アメリファックスは1970年代に米国で開発された肉牛の品種です。
「アメリファックス」という名前は、アメリカのフリージアンとアンガスの交配から由来しています。
それらは5/8のアンガスと、3/8のフリージアンの交配種です。
1971年、アイルランドから米国に輸出されたフリージアンは、生産力に優れていました。
フリージアンとアンガスの品種はお互いを補完し、機能的で生産的な子孫を産みます。
アメリファックスは、黒または赤のいずれかになります。
品種は優れた枝肉の特徴と優れた離乳のパフォーマンスを備えています。
彼らは約29〜38㎏の子牛を産む。
離乳時の体重は34~45㎏です。
アメリファックスの子牛は15〜18ヶ月で生育する。
1977年、アメリファックス牛協会が設立されました。

 

Amrit Mahal
(アマリマハル)

原産国:インド

従来Benne Chavadiとして知られていたAmrit Mahal(Kannada)牛は、インドのカルナタカにあるマイソールの原種から生まれた牛の一種です。
それらは、密接に関連する既存の品種であるハガラバディ(Hagalavadi)およびチトラスグ(Chithradurg)とともに飼育されたハリケール(Hallikar)の繁殖牛から生じたものである。
もともとは、戦争で装備を輸送する目的で開発されたもので、その耐久力とスピードが特長です。
対照的に、牛乳生産が乏しいため、農耕作業用の品種である。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.2

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Adaptaur
(アダプタウルス)

原産国:オーストラリア

1950年代、ヘレフォードとショートーンの牛の交配から、アダムスアール(ベルモントアダプタウルスまたはアダプタウルスとも呼ばれる)の牛がオーストラリアで開発されました。
それらは主に、熱帯低気圧、特に熱および牛のダニのストレスに対する耐性の増大のために選択された。
アダプサルス牛は早く成熟し、中程度のサイズです。
彼らは育てるのが比較的簡単です:滑らかな毛並み、ダニと内部寄生虫に強い抵抗力。

 

Afrikaner
(アフリカーナ)

原産国:南アフリカ

Africander(アフリカンダー)としても知られているAfrikaner(アフリカーナ)は、南アフリカ原産であるタウリン系統(サンガ)の牛の品種です。
アフリカーナの祖先は、約2000年前にアフリカに移住する前に、アジアの草原にいたと考えられています。
牛は、大陸を徐々に南向きに移動した。
彼らは655〜960年前に分岐した可能性が最も高い。
ポルトガルの船員からの事例証拠は、アフリカーナーのような牛は、少なくとも15世紀以来、コイコイ人によって飼われていたことを示唆しています。
この品種は、第二次ボア戦争の間に20世紀初めにほとんど絶滅した。
その数は破壊によって枯渇し、国の総牛の頭数を半分にしたリンダーペストの発生によりほとんど消滅した。
戦後、品種改良のためのプログラムが実施されました。
1912年、最初のアフリカーナー血統登録台帳は、品種の開発を制御するために、南アフリカで形成されました。
アフリカーナは通常赤い色です。
彼らには、Sanga(サンガ)の牛の典型的な胸部のこぶがあります。
アフリカーナーは長い脚と浅いボディで筋肉質品種です。
横方向の角を持っています。
脚は少し鎌形状です。
彼らは、病気を媒介するダニに対して良好な耐性を持っています
彼らは皮膚の汗腺が活発であるため、地元の暑くて乾燥した状態によく適応しています。
これにより、彼らはヨーロッパ品種よりも耐熱性に優れています。
彼らは気質が良く、扱いやすい牛です。

 

Agerolese
(アゲレ)

原産国 :イタリア

体重

雄牛:600~650㎏
雌牛:380~450㎏

体高

雄牛:130~135㎝
雌牛:120~123㎝

 

アゲレ牛は主に牛乳生産のために飼育される乳牛の品種です。
それは実際にはイタリア南部のカンパーニャのアゲロラ地区からのものです。
アゲレ牛は中程度の大きさの動物です。
雄牛は色がほぼ黒く、雌牛は通常茶色です。
雄牛と雌牛の両方に角があり、背に薄い縞模様があります。
アゲレ牛は、自国の気候によく適応しています。
彼らは牛乳生産に非常に適しており、主に乳製品として使用されています。
彼らの平均牛乳生産量は、初産の場合は約2500kgで、多産牛の場合は約3500kgです。
場合によっては、毎日約20kgの牛乳を生産することができ、脂肪含有量は3.5%以上です。
彼らのミルクは、Fior di LatteやProvolone del Monacoなどのバターやイタリアンチーズの製造に使用されています。
この品種の保全状況は、2007年にFAOによって「絶滅危惧種」として報告されました。
現在、主にモンティ・ラタリ、ソレント半島、カンパーニアに分布しています。

 

Ala Tau
(アラ タウ)

原産国 :カザフスタン

体重

雄牛:平均 700~800㎏
雌牛:平均 500~550㎏

 

アラタウ牛は、カザフスタンの牛の品種です。
カザフスタンのアラタウ(テュルク「モトリー・マウンテン」)山脈にちなんで名付けられました。
アラタウ牛は、牛肉や乳製品の生産に使用されています。
アラタウ牛は、Kirghiz SSR(キルギス)とKazakh SSR(カザフスタン)で開発された乳牛の品種で、先住民族の牛とSchwyzおよびKostromaの品種を交配しています。
この品種は、1950年に正式に認められました。
牛は、頑丈であり、コンパクトでしなやかな骨組みを有し、色が淡褐色です。
牛乳の搾取量は4,000~5,000kgであり、記録は10,222kgである。
乳脂肪含有量は3.8〜3.9%で、最高は5%に達します。
肉質は良いです。
肥育後の牛肉の収量は54〜62%である。
アラタウ牛は高い山地に適応しています。

 

Alambadi
(アランビーディ)

原産国:インド

体重

雄牛:約317~362㎏
雌牛:約290㎏

 

アランビーディは、インドのタミル・ナードゥ州南部で生まれた牛の品種です。
過去に家畜農家はこの伝統的な品種の搾乳量を増やそうとしていましたが、それは一般に農耕作業用として使用していました。
アランビーディの品種はほとんど絶滅しており、それを見つけるのはまれです。
今では、アランビーディはかなり珍しい品種です。
この牛は、現代のタミル・ナードゥ地方の丘陵地域で主に育てられています。
現代の家畜農家は、この伝統的なインドの品種の牛乳生産を増やそうとしています。
以前は、この品種は通常、農耕作業用として保管されていました。
インド周辺の農民は、アランビーディの保護のために援助の手を差し伸べるべきである。
肯定的なニュースは、「タミル・ナードゥ州政府がこの種の保護のための有効な措置を取っている」ということです。
アランビーディは中程度のサイズで、灰色、濃い灰色または黒色である。
一部の地域では他の色も存在します。
この牛の品種の額、肢および尾に白い模様があります。
彼らの頭は狭く、角は後ろに曲がっています。
額とこぶは顕著であり、厚いのどぶくろも存在する。
アランビーディは、ほとんどが農耕作業用の品種です。
彼らは良い搾乳者ではなく、酪農のためにめったに使用されません。
アランビーディは非常に丈夫な動物であり、農耕作業に適しています。
そして、すべての気候条件に耐えることができます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.1

目安時間:約 4分

世界にはたくさんの種類の牛がいます。

そんな牛の品種について調べてみました。

Abigar
(アビガー/アビガル)

原産国:エチオピア

アビガーは東アフリカで発見された牛の品種です。
彼らはサンガの牛に分類されます。
主に乳牛であるが、彼らはまた肉のためにも使用している。

牛は授乳あたり約750kgの牛乳を生産する。
アビガー牛の繁殖の起源は、ガンベラ地方の州、特にヌア族が占める地区であることが判明しています。
この品種の観察された生産と繁殖能力は、この地域における環境下で有望である。
アビガー牛は、頻繁な病気の発生、干ばつ、季節的飼料と水不足、高温と熱負荷に対応して丈夫な動物であると言われています。
しかし、調査地域ではアビガー牛の漸減傾向が報告されている。
獣医の不足、安全保障の欠如、洪水、再発する干ばつ、放牧地の劣化、などが原因です。

 

Abondance
(アボンダンス)

原産国 :フランス

体重

雄牛:645~820㎏
雌牛:580~680㎏

体高

雄牛:170㎝
雌牛:130㎝

 

アボンダンスはフランスのオート=サヴォワ県(Haute-Savoie)の高い谷で生まれた牛の品種です。
彼らは頭(目の周り以外)、腹部の下側、そして脚の四肢が白色でそれ以外は黄金色の茶色です。
彼らのミルクは、脂肪とタンパク質の両方が豊富で、両者のバランスが良いです。
ミルクは、伝統的に、レブロホン、アボンデンス、トゥーム・デ・ベーグス、ビューフォートなどのアペラシオン・オリジン・コントローレ(AOC)チーズを生産するために使用されています。
一般的な搾乳量は、授乳1回当たり5700kgである。
この品種は、特に極端な温度変化に耐える能力、その繁殖力、繁殖の容易さ、その牛乳、長寿、良質の肉で評価されています。
現在、フランスでは約150,000頭います。
北米、英国、ニュージーランド、イラク、アフリカにも輸出されています。

 

Aceh
(アチェ)

原産国:インドネシア

アチェはインドネシア北スマトラ州のアチェ州に生息する牛の品種です。
インドネシアの家畜牛の一つです。

 

Achham
(アシャム)

原産国 :ネパール

体重

雄牛:平均 150㎏
雌牛:平均 110㎏

体高

雄牛:平均 97㎝
雌牛:平均 88㎝

 

アシャムは、ネパールのアシャム地域で見つかった牛の品種です。
体高が1メートル未満の小さな牛の品種です。
ネパールの希少な動植物のリストにあります。
体色は黒から白まで変化する、すなわち黒色、茶色、灰色、白、黒と白の斑点。
彼らはネパールの西部地域の農家、特にアハム、バジャン、バジュラ、ドッティ地区で飼育されています。

 

Adamawa
(アダマワ)

 

原産国:ナイジェリア

アダマワは、ナイジェリアのアダマワ地域にいる固有の牛の品種です。
それらは多目的品種であり、農耕作業用の動物として使用され、牛肉および酪農生産のために使用される。
この品種は、ナイジェリアの総牛群の2%を占めています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

東北地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 36分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんがにどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

青森県

青森県には八甲田山麓、十和田湖周辺、下北半島、津軽地域に合わせて100か所の公共牧場があり、6,500頭の肉用牛が放牧されています。

青森の牛肉は、緑豊かな大地と清らかな水、 そして畜産農家が愛情たっぷりに大切に育てた逸品です。

 

あおもり倉石牛
(あおもりくらいしぎゅう)

豊かな自然に恵まれた青森県五戸町倉石。

そこで生まれた、みちのく青森の銘牛「倉石牛」脂肪の旨さと良質な赤み、そして絶賛に値するほどの霜降肉の味と香りの絶妙なハーモニー。

適度な甘みと口の中でとろけるまろやかさを持ちながら、大自然で育った野趣や奥深い味わいも感じられる牛肉です。

 

所在地 :青森県三戸郡五戸町(さんのへぐん ごのへまち)

出荷月齢:28ヶ月前後

品質規格:4等級以上

 

 

あおもり十和田湖和牛
(あおもりとわだこわぎゅう)

肥育素牛の選定技術の向上並びに個体管理の徹底に努め、等級A4以上の枝肉には「あおもり十和田湖和牛」の刻印を押し、優れた肉質をアピールしている。

生産者顔写真付きの「出荷牛の履歴証明書」も添付。

食の安全 ・安心を求めている消費者ニーズに応えている。

 

所在地 :青森県十和田市(とわだし)

出荷月齢:28ヶ月齢以上

品質規格:AB・4等級以上

 

 

小川原湖牛
(おがわらこぎゅう)

青森生まれ、青森の恵みをいっぱいに受けた「小川原湖牛」はこだわりの一貫肥育により生産された青森県産のブランド牛です。

やわらかくて上品な旨みが特徴の和牛系統肉牛です。

 

所在地 :青森県上北郡 六ヶ所村(かみきたぐん ろっかしょむら)

出荷月齢:25~26ヶ月齢

 

小川原湖牛

 

三戸・田子牛
(さんのへ・たっこぎゅう)

広大な山並みの緑と透き通る青空、清澄な空気と湧き水。
三戸・田子牛は、大自然に囲まれ、ストレスを受けずにのびのびと育っています。
定期的な健康診断の実施など、手間ひまかけて育てています。

 

所在地 :三戸郡田子町
飼料内容:ジューシービーフ後期
出荷月齢:29ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

八甲田牛
(はっこうだぎゅう)

「八甲田牛」は、ブナ・ミズナラなどの原生林が広がる標高約500メートルの八甲田牧場で、清涼な水と空気に囲まれ、豊富な牧草を食べ、ストレスフリーで育ってます。

希少な地方特定品種「日本短角種」の八甲田牛は、肉質が赤肉主体で、自然の旨味がたっぷりで牛肉本来の味わいを実感できるナチュラル・ビーフです。

黒毛和種の霜降り肉を「脂肪の旨味」というなら、八甲田牛はまさしく「赤肉の旨さ」といえます。

その源は遊離アミノ酸が多くふくまれていることが、明らかになってきました。

草を沢山食べた短角牛肉は、脂肪の色がやや黄色みを呈しますが、この色は草に由来するβーカロチンなどのカロチノイドです。

低脂肪で味の良い短角牛肉は健康牛肉といえます。

また、肉質がしっかりしているので煮込み料理にも最適です。

 

所在地 :青森県青森市

出荷月齢:16~36ヶ月齢

品質規格:2等級以上

 

 

岩手県

あじわいビーフ

肉の熟成がよく、コク、風味がある牛肉。

 

所在地 :岩手県

飼料内容:北日本くみあい飼料

出荷月齢:25ヶ月齢以上

 

黒毛和種(経産牛)

 

いわちく純情牛
(いわちくじゅんじょうぎゅう)

所在地 :岩手県紫波郡 紫波町(しわぐん しわちょう)

飼料内容:北日本くみあい飼料

出荷月齢:27ヶ月齢

品質規格:2等級以上

 

 いわちく純情牛

 

いわていわいずみ短角牛
(いわていわいずみたんかくぎゅう)

新鮮な空気と大地に育まれ、低脂肪でうまみのもととなるアミノ酸をたっぷり含む赤身のヘルシー牛肉です。

また、国産粗飼料を主体とした生産体系とし、安全でヘルシーな牛肉の生産に努めています。

 

所在地 :岩手県下閉伊郡岩泉町(しもへいぐんいわいいずみちょう)

飼料内容:北日本くみあい飼料

出荷月齢:22~34ヶ月齢

品質規格:AB・2等級以上

 

 

いわて江刺牛
(いわてえさしぎゅう)

健康な牛作りを目標に、肉質と脂質良さを特徴としている。

 

所在地 :岩手県奥州市(おうしゅうし)

出荷月齢:30ヶ月齢

品質規格:4等級以上

 

 

いわて奥州牛
(いわておうしゅうぎゅう)

みちのく奥州の勇壮な自然の中で育まれた農家の愛情飼育の結晶です。 良質な乾牧草と稲ワラを充分に食べさせ、熟練した技術で一頭一頭丹念に仕上げるたゆまぬ努力が「最高品質の味」を作り出しています。

 

所在地 :岩手県奥州市(おうしゅうし)

出荷月齢:平均30ヶ月齢

品質規格:4等級以上

 

 

いわてきたかみ牛
(いわてきたかみぎゅう)

恵まれた自然環境に育ち、畜産農家の情熱と高い肥育技術により上質の牛肉として人気です。

肉色も淡く、脂質に優れ、甘味のある牛肉です。

 

所在地 :岩手県北上市(きたかみし)

出荷月齢:28~34ヶ月齢

品質規格:AB・4等級以上

 

 

いわて牛
(いわてぎゅう)

澄んだ空気と美しい水。そしてすくすくと作物が育つ肥沃な大地。
この豊かな大自然と肉牛産地としての伝統に育まれ、いわて牛は生まれます。

日本最高のブランドを支えるのは、まず子牛から肥育まで一貫した生産体制。
そして一頭一頭を慈しむ、畜産農家のきめ細やかな愛情。
いわての大自然を父として、つくり手のおもいやりを母として、芸術品とも言われる美味しさが育てられます。

 

所在地 :岩手県盛岡市(もりおかし)

出荷月齢:28~34ヶ月齢

品質規格:AB・3等級以上

 

 

いわて キロサ牧場牛
(いわて キロサぼくじょうぎゅう)

肥育期間、給与飼料等の工夫で「おいしい牛肉生産」を追及しています。

おいしさの指標である脂肪融点、脂肪酸、オレイン酸等の分析をして確認を行っています。

堆肥製造を行い、地元野菜農家と耕畜連携を行っています。

 

所在地 :岩手県二戸郡 一戸町(にのへぐん いちのへま)

出荷月齢:平均29ヶ月齢

品質規格:2~4等級

 

 いわて キロサ牧場牛

 

いわて雫石牛
(いわてしずくいしぎゅう)

育成から肥育まで、雫石町内の畜産農家が育てた黒毛和牛。

 

所在地 :岩手県岩手郡 雫石町(いわてぐん しずくいしちょう)
飼料内容:配合飼料

 

 

岩手しわ牛
(いわてしわぎゅう)

緑豊かな自然、清らかな水、澄んだ大気の飼育環境を最大限生かし、きめ細かで人情あふれる素朴な心が、丹精こめて育て上げた高級和牛 。

 

所在地 :岩手県紫波郡 紫波町(しわぐん しわちょう)

出荷月齢:27~32ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

 

岩手しわ もちもち牛
(いわてしわ もちもちぎゅう)

もち米産地である地の利を生かし、そのもち米を食べて育った肉はうま味があり軟らかい。

 

所在地 :岩手県紫波郡 紫波町(しわぐん しわちょう)
飼料内容:粉砕したもち米、稲ホールクロップサイレージ・配合飼料

出荷月齢:29ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

いわて短角和牛
(いわてたんかくわぎゅう)

いわて短角和牛の肉質は、脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉で、とろけるような霜降りとはまったく違う、かみしめる食感と肉の旨さを味わう牛肉です。
赤身が多いから量を食べても飽きがこない旨味が特徴です。

 

所在地 :岩手県北沿岸地域

出荷月齢:20~30ヶ月齢

品質規格:AB・2等級以上

 

 

いわてっ子 短角和牛 南部の赤牛
(いわてっこ たんかくわぎゅう なんぶのあかうし)

赤身主体の牛肉で昔ながらの味が特徴。

 

所在地 :岩手県内
出荷月齢:平均24ヶ月齢

 

 

いわて遠野牛
(いわてとおのぎゅう)

舌触りが良く、とろけるようなまろやかさが口いっぱいに広がり、特有の風味があります。

 

所在地 :岩手県遠野市(とおのし)
出荷月齢:24~35ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

岩手とうわ牛
(いわてとうわぎゅう)

大自然のなかで丹精込め育てた牛を、消費者にとどけます。

安心・安全で、おいしい牛肉です。

 

所在地 :岩手県花巻市(はなまきし)

出荷月齢:28~32ヶ月齢

 

 

いわて西和賀牛
(いわてにしわがぎゅう)

岩手県産の黒毛和種素牛を良質な飼料を与え肥育した上質な牛肉です。

 

所在地 :岩手県和賀郡 西和賀町(わがぐん にしわがまち)

出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

いわて八幡平牛
(いわてはちまんたいぎゅう)

「自然が母、名水が父」をキャッチフレーズに丹念に育てています。

 

所在地 :岩手県八幡平市(はちまんたいし)

飼料内容:配合飼料、稲わら、飼料米

出荷月齢:30ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

 

いわて南牛
(いわてみなみぎゅう)

いわて南牛は、岩手県の最南端に位置する一関市・平泉町・藤沢町で最長期間飼養された黒毛和牛です。

そのほとんどは、繁殖から肥育まで地域内一貫生産されることにより、ストレスの少ない理想的な条件下で育まれています。

四季折々に恵まれた自然の中で、良質の稲わらと乾草、厳選した配合飼料によって仔牛から育てられた「いわて南牛」の枝肉全体に入った美しい脂肪交雑は、和牛本来の「肉質」に優れ「風味」がゆたかなことで、各方面から高い評価を得ています。

 

所在地 :岩手県一関市(いちのせきし)

出荷月齢:28~32ヶ月齢

品質規格:A3等級以上

 

 

江刺牛
(えさしぎゅう)

陸中牛主産地の特性を活かし、優良素牛に清らかな水、乾草と稲ワラを豊富に与え、「自然がスパイス」をキャッチフレーズに、健康な牛作りを目標に、肉質と脂質の良きを特徴として売り出している牛肉が「江刺牛」である。

 

所在地 :岩手県奥州市(おうしゅうし)

出荷月齢:30ヶ月齢以上

品質規格:4等級以上

 

 

おくなかやまこうげんぎゅう
奥中山高原牛

岩手県の北部に位置し、奥中山高原の夏季冷涼な気候や自然豊かな風土を生かした肥育を行っています。

 

所在地 :岩手県二戸郡 一戸町(にのへぐん いちのへまち)
出荷月齢:27~29ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 奥中山高原牛

 

キロサ牧場直送みちのく奥羽牛
(キロサぼくじょうちょくそうみちのくおううぎゅう)

肥育期間、給与飼料等の工夫で「おいしい牛肉生産」を追及しています。

おいしさの指標である脂肪融点 、脂肪酸、オレイン酸等の分析をして確認を行っています。

堆肥製造を行い、地元野菜農家と耕畜連携を行っています。

 

所在地 :岩手県岩手郡 岩手町(いわてぐん いわてまち)

飼料内容:自家配合飼料(肥育後期)、粗飼料:稲ワラ、輸入乾草

出荷月齢:平均29ヶ月齢

品質規格:2~4等級

 

 キロサ牧場直送みちのく奥羽牛

 

玄米育ち岩手めんこい黒牛
(げんまいそだちいわてめんこいくろうし)

高級でおいしい黒毛和種の血統を受け継いだ交雑種を手頃な価格で提供しています。

飼料中に玄米(5%以上)を加えることにより、すっきりとした旨みを味わうことが出来ます。

 

所在地 :岩手県岩手郡 岩手町(いわてぐん いわてまち)

飼料内容:独自配合飼料、飼料米を5%以上

出荷月齢:平均27ヶ月齢

品質規格:2等級以上

 

玄米育ち岩手めんこい黒牛

 

太陽サンサン牛
(たいようサンサンぎゅう)

所在地 :岩手県
出荷月齢:26ヶ月齢

 

 

短角和牛
(たんかくわぎゅう)

所在地 :岩手県
出荷月齢:26ヶ月齢

 

 

東北ビーフ
(とうほくビーフ)

所在地 :岩手県
出荷月齢:28ヶ月齢

 

 

 

 東北ビーフ

 

七牛
(ななぎゅう)

所在地 :岩手県
出荷月齢:28ヶ月齢

 

 

 

 七牛

 

花巻黄金和牛
(はなまきおうごんわぎゅう)

所在地 :岩手県
出荷月齢:30ヶ月齢

 

早池峰ビーフ
(はやちねビーフ)

所在地 :岩手県
出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

 

早池峰和牛
(はやちねわぎゅう)

早池峰山の周辺で肥育された黒毛和牛。

 

所在地 :岩手県
出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

 

前沢牛
(まえざわぎゅう)

「味の芸術品」ともいわれる前沢牛 北国の自然豊かな風土と牛飼いの牛への愛情が育んだ、香り高い上質な牛肉が「至福」のときをお届けします。

牛に与える餌は農家それぞれオリジナルの配合を行っており、我が家の牛にあった飼養管理を確立し、まさに「職人芸」ともいうべき肥育技術により高品質な牛肉が生み出されています。

その結果、全国肉用牛枝肉共励会において、全国最多の通算6度の名誉賞(日本一)を受賞しております。

 

所在地 :岩手県奥州市(おうしゅうし)

飼料内容:稲わら、牧草、とうもろこし、大麦、飼料米など
出荷月齢:30~34ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

山形村短角牛
(やまがたむらたんかくぎゅう)

粗飼料多給による、低カロリーでアミノ酸豊富な赤身主体の牛肉。

安全・安心・ヘルシー。

 

所在地 :岩手県久慈市(くじし)

出荷月齢:24ヶ月齢以上

 

 

宮城県

石越牛
(いしこしぎゅう)

肉のキメが細かく、鮮紅色で適度に脂肪があり、舌ざわりが良く風味豊な高級牛肉です。

 

所在地 :宮城県登米市(とめし)

出荷月齢:32ヶ月齢

品質規格:AB・4等級以上

 

 

石巻黄金和牛
(いしのまきおうごんわぎゅう)

石巻地方の稲わらを給与しい、国産飼料米を与えた牛。

 

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

 

石巻牛匠黄金和牛
(いしのまきぎゅうたくみおうごんわぎゅう)

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:30ヶ月齢

 

 

うしちゃん

統一した管理のもと、安全な飼料と良質な稲わらをふんだんに与え、真心込めて育んだ牛。

 

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:24ヶ月齢以上

 

 

 

黒毛和牛日高見
(くろげわぎゅうひだかみ)

生活習慣病の予防に役立つものとして注目されている、オレイン酸、バルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸の値が高く、サラリとして飽きない、ジューシーで、体に優しいうま味のある牛肉。

 

所在地 :宮城県登米市(とめし)
出荷月齢:30~32ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

こめこめう米牛
(こめこめうまいぎゅう)

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:30ヶ月齢

 

 

蔵王牛
(ざおうぎゅう)

蔵王山麓の大自然の中、のびのびスクスクと丹精を込めて育てた牛。

 

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:27ヶ月齢
品質規格:3等級以上(27ヶ月齢以上は2等級も含める)

 

 蔵王牛

 

 蔵王牛

 

三陸金華和牛
(さんりいくきんかわぎゅう)

長い年月が作り上げた景観「三陸海岸」、そこに吹きつける季節風「やませ」、東北独特の季節感が三陸にはあります。

人は米を食べ、四季を感じてきたように、牛も同じくわらを食べ、お互いが自然の恩恵を受け育まれた三陸金華和牛は、深くコクのある脂の味と、赤みに程よく入ったサシが、食べた時になめらかな食感を生み出すのが特徴です。

 

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:26~34ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

新生漢方牛
(しんせいかんぽうぎゅう)

飼料に漢方のクコ、サンザシ、ナツメ、鹿角令霊芝、ハトムギ、エゴマ、エゴマの実、桑の葉、クマザサ、ソバ、昆布、パブ茶、ステビア、米ヌカの14種類を自家配合して漢方飼料として、それを給与した肥育牛。

 

所在地 :宮城県

出荷月齢:27~33ヶ月齢
品質規格:

交雑種        AB・2~5等級
黒毛×褐毛   AB・2~5等級
黒毛和種     A2~5等級

 

 

 

新生漢方牛

 

新生漢方牛

 

新生漢方牛

 

仙台牛
(せんだいぎゅう)

清潔な環境の中で豊富な宮城のひとめぼれ・ササニシキ等のワラと良質な乾草で安全に育てられています。

口当たりが良く、やわらか、まろやか、ジューシーな食味で脂肪と肉本来の美味しさのバランスが絶妙です。

 

所在地 :宮城県遠田郡 美里町(とおだぐん みさとまち)

出荷月齢:30ヶ月齢
品質規格:AB・5等級

 

 

仙台黒毛和牛
(せんだいくろげわぎゅう)

仙台牛生産登録農家が宮城県(最長、最終飼養)で肥育した黒毛和種。

 

所在地 :宮城県遠田郡 美里町(とおだぐん みさとまち)
出荷月齢:30ヶ月齢
品質規格:AB・3~4等級

 

 

伊達の赤
(だてのあか)

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:28ヶ月齢

 

 

 

伊達の忍
(だてのしのび)

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)

 

 

たんち牛
(たんちぎゅう)

優れた血統をもった黒毛和種。

 

所在地 :宮城県登米市(とめし)

出荷月齢:30ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

 

はさま牛
(はさまぎゅう)

宮城県登米市迫町の和牛の飼育環境に適した、豊かな大自然の中で育て上げた黒毛和種に、健康に良いと言われている木炭(粉炭)ま給与で「やわらかく、コクがあり、風味が良い、健康な牛作り」を合言葉に肥育した、日本食肉格付け規格A・B-5・4等級がはさま牛です。

 

所在地 :宮城県登米市(とめし)

出荷月齢:30ヶ月齢

品質規格:AB・4~5等級

 

 

松島和牛
(まつしまわぎゅう)

アルファカードが高く低温度で脂肪が溶けるうま味のある牛肉。

 

所在地 :宮城県石巻市(いしのまきし)
出荷月齢:26~34ヶ月齢

 

 

みちのく日高見牛
(みちのくひだかみぎゅう)

オレイン酸やリノール酸が多い、さらりとした味わいの健康的な牛肉。

 

所在地 :宮城県登米市(とめし)
出荷月齢:26~28ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

みちのく日高見牛

 

若柳牛
(わかやなぎぎゅう)

枝肉全体にゆきとどいた脂肪交雑(霜降り)は和牛本来の風味ゆたかで、日持ちが良く最高級の牛肉として折り紙つきです。

これらの磨きぬかれた飼育技術は、良質な素牛に豊富な稲わらや乾草そして配合飼料をバランス良く与え、安全安心にこだわった飼育管理により、畜産農家の情熱でじっくり時間をかけい育て上げています。

 

所在地 :宮城県栗原市(くりはらし)

出荷月齢:30ヶ月齢以上

品質規格:AB・4~5等

 

 

秋田県

秋田牛
(あきたぎゅう)

大自然の山懐にだかれた自然環境の中、高品質な肉牛造りを追求する生産農家が清潔な牛舎でとびきりの愛情を注ぎ、のんびり、ゆっくり、ストレスをかけずに丹念に育てあげられた「秋田牛」はまさに絶品です。

・秋田県内で肥育された良質な黒毛和牛の総称

 

所在地 :秋田県

出荷月齢:平均28ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

 

秋田錦牛
(あきたにしきうし)

北国の風土の中で素朴な農家の人々一頭一頭丹誠込めて育て上げた、肉色が淡く、きめが細かいのが特徴で、秋田県の代表銘柄です。

 

所在地 :秋田県秋田市(あきたし)

出荷月齢:25ヶ月齢以上

品質規格:3等級以上

 

 

秋田由利牛
(あきたゆりぎゅう)

上質な牧草と稲わら、清冽な水等で肥育される「秋田由利牛」。

提携する県内の酒造会社から精米時に出る「秋田酒こまち」の米粉を、独自の飼料として与えるのが特徴。

さらに肉質向上のため肥育牛の月齢ごとの血液検査と健康診断を行っている。

これは主に血液中のビタミンA濃度をチェックし、適正な健康を保つよう餌の給与を管理します。

 

所在地 :秋田県由利本荘市(ゆりほんじょうし)

出荷月齢:30ヶ月齢前後

品質規格:4、5等級、3等級の場合は30ヶ月齢以上

 

 

羽後牛
(うごうし)

食の安全と品質にこだわる畜産農家の手で「循環型」により、飼育された黒毛和牛です。

また、可能な限り添加物を与えず天然飼料で飼育されているため、品質が良く、人体にも安全です。

 

所在地 :秋田県雄勝郡 羽後町(おがちぐん うごまち)

出荷月齢:30ヶ月齢前後

 

 

かづの牛
(かづのぎゅう)

広大な山野に放たれ無農薬粗飼料と自然交配で生まれ育った、ミネラル豊富で高タンパク・低カロリーなヘルシー牛肉です。

 

所在地 :秋田県鹿角市(かづのし)

出荷月齢:平均26ヶ月齢

 

 

ベゴどろぼう

肉の熟成期間を守っているため、肉の風味がよく、甘い肉に仕上がっています。

 

所在地 :秋田県秋田市(あきたし)
出荷月齢:28~31ヶ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

三梨牛
(みつなしぎゅう)

肉質がやわらかく、甘みがあり風味豊かな高級牛肉です。

 

所在地 :秋田県湯沢市(ゆざわし)

出荷月齢:30ヶ月齢

品質規格:4等級以上

 

 

山形県

尾花沢牛
(おばなざわぎゅう)

1年の3分の1を雪でおおわれる気候風土。

『尾花沢牛』は、厳しい冬を2回越すことによって、芸術品ともいうべき霜降りを誕生させます。

肉が軟らかく、色つやが良く和牛独特の甘い風味をかもしだします。

特に脂が白く粘りがあり、口に入れると溶けるまろやかさがあります。

 

所在地 :山形県尾花沢市(おばなざわし)

出荷月齢:平均30ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

 

蔵王牛
(ざおうぎゅう)

蔵王山麓の大自然の中直営牧場においてのびのびスクスクと丹精込めて育まれた「蔵王牛」。
吟味した原料で永年の研究から設計された独自の飼料と「愛情」を基本とした肥育環境と管理手法だからこそできる「深い味わい」が特徴です。
生産、加工、卸、小売まで一貫して行っているので安全・安心でおいしくお求めやすい価格で提供しています。

 

所在地 :山形県山形市(やまがたし)
飼料内容:ホルモンフリー、国産稲わら
出荷月齢:20ヶ月齢以上
品質規格:3等級以上 、但し生後月齢27ヶ月以上の2等級も含める

 

 蔵王牛

 

蔵王和牛
(ざおうわぎゅう)

蔵王山麓の大自然の中、直営牧場においてのびのびスクスクと丹精込めて育まれた和牛「蔵王和牛」
蔵王和牛の特徴点は、日本短角種、褐毛和種の特徴である赤身の旨さと、黒毛和種の脂の甘味が絶妙のバランスで同居しているという点です。
牛肉の味がしっかりするのに、黒毛和牛特有の甘くて芳醇な旨味もある。
メリハリの効いた高級で上質な牛肉の味が楽しめるのが、蔵王和牛の大きな特徴点です。

日本短角種、褐毛和種の特徴である赤身の旨さと、黒毛和種の脂の甘味が絶妙のバランスで同居しているという点です。
牛肉の味がしっかりするのに、黒毛和牛特有の甘くて芳醇な旨味もある。
メリハリの効いた高級で上質な牛肉の味が楽しめるのが、蔵王和牛の大きな特徴点です。

 

所在地 :山形県山形市(やまがたし)
飼料内容:ホルモンフリー、国産稲わら
出荷月齢:20ヶ月齢以上
品質規格:3等級以上 、但し生後月齢27ヶ月以上の2等級も含める

 

 

 

 

蔵王和牛

 

蔵王和牛

 

庄内牛
(しょうないぎゅう)

自然豊かな山形県庄内地方で育った庄内牛は、赤身の旨みがしっかりしたお肉です。

 

所在地 :山形県東田川郡 庄内町(ひがしたがわぐん しょうないまち)
出荷月齢:21ヶ月齢以上

 

乳用種(山形県庄内産ホルスタイン種去勢牛)

 

総称 山形牛
(そうしょうやまがたぎゅう)

総称「山形牛」の産地山形県の自然は、四季がはっきりしており、「夏暑く、冬寒く」また、「昼夜の寒暖の差が大きく」、その風土の中で丹精込め長期にわたり肥育された黒毛和種は、食味が美味しい牛肉といわれ、その美味しさの秘密は脂質にあるといわれている。

 

所在地 :山形県山形市(やまがたし)
飼料内容:稲わら、穀物など
出荷月齢:30ヶ月齢前後
品質規格:4等級以上とし、3等級も準じる

 

 

雪降り和牛 尾花沢
(ゆきふりわぎゅう おばなざわ)

「尾花沢牛」のなかでも、特に月齢32ヶ月以上で未経産のメス牛にのみ「雪降り和牛」と名乗ることが許される。

粉雪のような軽やかな口どけと、風味豊かな旨み、上質なやわらかい肉質が最大の特徴です。

 

所在地 :山形県尾花沢市(おばなざわし)
飼料内容:稲わら、JA独自配合飼料
出荷月齢:32ヶ月齢以上
品質規格:3等級以上

 

黒毛和種(雌)

 

米沢牛
(よねざわぎゅう)

近年改良が進んだ増体型の牛とは一線をかくし、キメ、シマリに優れている事はもちろんであり、融点の低い脂に米沢牛独特のおいしさが凝縮されており、そのおいしさが赤肉部分にもしみており、甘みもあるのが特徴である。

 

所在地 :東置賜郡 高畠町(ひがしおきたまぐん たかはたまち)
出荷月齢:32ヶ月齢以上
品質規格:4・5等級(生後30ヶ月以上) 3等級(生後32ヶ月以上)

 

黒毛和種(雌)

 

福島県

うねめ牛
(うねめぎゅう)

所在地 :福島県郡山市(こおりやまし)
出荷月齢:約30ヶ月齢
品質規格:4~5等級

 

黒毛和種(雌)

 

しゃくなげ和牛
(しゃくなげわぎゅう)

緑豊かな自然に囲まれた環境で、ストレスを与えず育てた肉牛で色鮮やかで良質の霜降りをもち、風味豊かな牛肉。

 

所在地 :福島県郡山市(こおりやまし)
飼料内容:大麦、フスマ、大豆を中心とした配合飼料と自家産稲わらを給与
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

磐梯牛
(ばんだいぎゅう)

磐梯エリアを中心とした県内の牧場で肥育された肉牛の中から肉質、脂質の優れたものを磐梯牛として出荷しています。

 

所在地 :福島県福島市
出荷月齢:28~35ヶ月齢
品質規格:B.M.S.№4以上

 

 

 

磐梯和牛
(ばんだいわぎゅう)

みちのくの自然の中で、牧草と配合飼料を与えて長期肥育され、適度な霜降りで風味豊かな牛肉。

 

所在地 :福島県
出荷月齢:25~35ヶ月齢
品質規格:B.M.S.№4以上

 

 

福島牛
(ふくしまぎゅう)

ふくしまには、美しい自然があります。福島牛という名の美味しい自然があります。

風味豊かで、まろやかな味わい、色鮮やかで良質の霜降りをもつ福島牛は、まさに牛肉の傑作。
つくる人の愛と情熱があふれるほどに注がれ、伸びやかに育った福島牛は食する人たちにいつも、至福のひとときをもたらしてくれます。

 

肥育地域:福島県

出荷月齢:28~32ヶ月齢

品質規格:4等級以上

 

近畿地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 12分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが近畿地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

三重県

伊賀牛
(いがぎゅ)

花崗岩地帯から流れ出る清水と内陸性気候の盆地特有の霧深い自然が生み出す霜ふりの伊賀肉
餌は麦を主体とした独自の飼育方法で飼育し、他に類の見ない伊賀肉独特の甘味がかもし出されます。

 

所在地 :三重県津市(つし)
出荷月齢:28~32ヵ月齢

 

黒毛和種(未経産)

 

鈴鹿山麓和牛
(すずかさんろくわぎゅう)

鈴鹿山脈の豊かな自然の中で生産され、柔らかな舌ざわりが楽しめる自慢の一品です。

 

所在地 :三重県四日市市(よっかいちし)
出荷月齢:約28ヵ月齢

 

 

松阪牛
(まつさかうし)

兵庫県から子牛を導入し、伝統の肥育技術によって900日以上の長期肥育「特産松阪牛」はキメの細かいサシと不飽和脂肪酸の割合が高く脂肪融点が低く、肉の芸術品として賞賛されています。

 

所在地 :三重県松阪市(まつさかし)

 

 

みえ黒毛和牛
(みえくろげわぎゅう)

肉の旨味のもとである脂肪にこだわりました。
美味しいお肉とは、舌の上で脂がとろけ出し、最高の旨味を感じさせてくれます。
このとろけ出す温度(脂肪融点)にこだわったブランドこそ「みえ黒毛和牛」なのです。

 

所在地 :三重県四日市市(よっかいちし)
出荷月齢:約28ヵ月齢

 

 

滋賀県

近江牛
(おうみぎゅう)

近江牛はブランド牛肉の先駆けとして古い歴史をもち、厳選した素牛を永年培った優れた技術で愛情を込めて育て上げたその肉質は、霜降り度合いが高く、芳醇な香りと柔らかさに特長があり、そのとろけるような美味しさは全国的に高い評価を受けています。

 

所在地 :滋賀県近江八幡市(おうみはちまんし)

 

 

京都府

亀岡牛
(かめおかぎゅう)

亀岡市は美しい水と空気にめぐまれたのどかな田舎町です。
夏と冬の気温差は、35℃以上と牛には厳しい環境ですが、その環境が身を引き締めとても美味しく格別な味にしております。
他のブランド肉と違うのは、亀岡では2ヶ月〜半年ほど長く飼育して牛が成熟するのを待ちます。
そうする事により、お肉の風味や脂の艶を引き出し、からっとした、しつこくない味に仕上げております。

 

所在地 :京都府亀岡市

飼料内容:とうもろこし、大麦などの穀物を使用した自社配合飼料

出荷月齢:平均30ヵ月齢

品質規格:AB・4等級以上

 

 

京都肉
(きょうとにく)

丹波高原のゆったりした自然と澄んだ空気、そして豊富な天然水が京都肉を育てます。

 

所在地 :京都府京都市(きょうとし)
出荷月齢:28~36ヵ月齢

品質規格:AB・4等級以上

 

 

京の肉
(きょうのにく)

「京の肉」とは京都府内で肥育された黒毛和牛で、府内のJA組合員が出荷し、全農京都府本部が取り扱いするものをいい、JAS法によるところの産地表示が京都産であるものをいう。

 

所在地 :京都府京都市(きょうとし)
出荷月齢:平均30ヵ月齢

 

 

大阪府

大阪ウメビーフ
(おおさかウメビーフ)

大阪ウメビーフとして飼育される牛は、漬け梅を1日あたり1kg、6ヶ月以上給与しています。
漬け梅は果肉をつぶさず、硬い種を潰すように加工されています。
この梅は食物繊維やクエン酸、オリゴ糖と約14%のアルコール分を含み、牛の食欲増進や整腸作用により健康に飼育され、出来上がった精肉はあっさりした味で消費者に喜ばれています。

 

所在地 :大阪府大阪市(おおさかし)
出荷月齢:26~35ヵ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

兵庫県

PREMIUM姫路和牛
(PREMIUMひめじわぎゅう)

西播地域で生産された黒毛和牛。

 

所在地 :兵庫県姫路市(ひめじし)

出荷月齢:平均31ヵ月齢
品質規格:AB等級

 

兵庫県産但馬牛

 

淡路ビーフ
(あわじビーフ)

澄んだ空気とおいしい水、自然豊かな淡路島で生まれた淡路牛の中で厳しい認定条件を満たした牛肉。

 

所在地 :兵庫県淡路市(あわじし)

出荷月齢:25ヵ月齢以上
品質規格:AB・3等級以上、B.M.S.№4以上

 

但馬牛

 

加古川和牛
(かこがわわぎゅう)

兵庫県内で生まれた但馬牛を加古川の農家において大切に育てた牛です。
肉のきめが細かく、風味豊かな肉質が特徴。

 

所在地 :兵庫県加古郡 稲美町(かこぐん いなみちょう)

出荷月齢:28ヵ月齢以上
品質規格:AB等級

 

但馬牛

 

黒田庄和牛
(くろだしょうわぎゅう)

キメが細かく、風味豊かな肉質を備えた逸品です。

 

所在地 :兵庫県西脇市(にしわきし)

飼料内容:地元産稲わら

出荷月齢:30~33ヵ月齢

 

但馬牛

 

神戸高見牛
(こうべたかみぎゅう)

独自の指定配合飼料とおいしい牛肉の製法特許に基づく、脂身、赤みともにおいしい牛肉。

 

所在地 :兵庫県丹波市(たんばし)
飼料内容:独自の指定配合飼料と天然添加物
出荷月齢:30ヵ月齢以上

 

但馬牛

 

神戸ビーフ<神戸肉、神戸牛>
(こうべビーフ<こうべにく、こうべぎゅう>)

筋繊維が細かく、細やかなサシが入った最高級の霜降り肉です。

 

所在地 :兵庫県神戸市(こうべし)
出荷月齢:平均31ヵ月齢

品質規格:AB等級、B.M.S.№6以上

 

兵庫県産但馬牛

 

神戸ワインビーフ
(こうべワインビーフ)

神戸ワイン用のぶどうの絞り粕を資料として活用している。

 

所在地 :兵庫県神戸市(こうべし)

出荷月齢:28ヵ月齢以上

 

 

三田肉/三田牛
(さんだにく/さんだぎゅう)

見事な霜降りをもち柔かく繊細で、濃密なうま味と最高の評価を得ている。

 

所在地 :兵庫県神戸市(こうべし)
出荷月齢:28ヵ月齢以上、60ヵ月齢未満

 

但馬牛

 

三田和牛
(さんだわぎゅう)

品質管理を徹底した和牛肉。

 

所在地 :兵庫県三田市 (さんだし)

出荷月齢:27ヵ月齢以上

 

 

志方牛<志方肉、志方ビーフ>
(しかたぎゅう<しかたにく、しかたビーフ>)

味・品質・価格を厳選した牛肉。

 

所在地:兵庫県加古川市(かこがわし)

 

黒毛和種(未経産雌、去勢)

 

交雑種(未経産雌、去勢)

 

但馬牛<但馬ビーフ>
(たじまぎゅう<たじまビーフ>)

県内で生産された但馬牛を基に、熟練した農家が高度な肥育技術を駆使して作り出した牛肉。

この牛肉のうちB.M.S.№6以上の牛肉が「神戸ビーフ」となります。

 

所在地 :兵庫県神戸市(こうべし)

出荷月齢:約30ヵ月齢
品質規格:AB・2等級以上

 

兵庫県産但馬牛

 

丹波篠山牛
(たんばささやまぎゅう)

肉の締まりよく、適度な霜降りがあり、風味豊かな牛肉。

 

所在地 :兵庫県篠山市(ささやまし)

出荷月齢:32ヵ月齢

 

但馬牛

 

姫路和牛
(ひめじわぎゅう)

西播地域で生産され、最長肥育地が兵庫県であること。

 

所在地 :兵庫県姫路市(ひめじし)

品質規格:AB・4等級以上

 

 

本場 経産但馬牛
(ほんば けいさんたじまぎゅう)

「本場経産但馬牛証明書」の交付

 

肥育地域:兵庫県但馬地域

品質規格:AB等級

 

経産但馬牛

 

本場但馬牛
(ほんばたじまぎゅう)

「本場但馬牛証明書」の交付

 

所在地 :兵庫県朝来市(あさごし)

出荷月齢:60ヵ月齢未満
品質規格:AB等級、B.M.S.№3以上

 

但馬牛

 

湯村温泉但馬ビーフ
(ゆむらおんせんたじまビーフ)

肉のきめが細かく、旨味があり、風味豊かな牛肉。

 

所在地 :兵庫県美方郡 新温泉町(みかたぐん しんおんせんちょう)

出荷月齢:30ヵ月齢以上

 

但馬牛

 

奈良県

大和牛
(やまとうし)

脂肪のくちどけが良く、風味が豊かな牛肉です。

 

所在地 :奈良県大和郡山市(やまとこおりやまし)

出荷月齢:未経産雌牛 30ヵ月齢以上

  去勢牛   28ヵ月齢以上

 

黒毛和種(未経産雌、去勢)

 

和歌山県

熊野牛
(くまのぎゅう)

きめが細やかで柔らかく、味は香ばしく、肉そのものの風味に優れている。

 

所在地 :和歌山県伊都郡 かつらぎ町(いとぐん かつらぎちょう)

出荷月齢:26ヵ月齢以上

 

中国地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 19分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが中国地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

鳥取県

東伯牛
(とうはくぎゅう)

自然環境豊かな鳥取県の大山山麓東側に位置する東伯郡内で、大山の吹く流水と東伯牛独自の資料と給与体系に従って大切に育てられた牛です。

お肉を焼いた時の香りと味に特徴があります。

 

所在地 :鳥取県東伯郡 琴浦町(とうはくぐん ことうらちょう)

出荷月齢:20~23ヶ月齢

 

 

東伯和牛
(とうはくわぎゅう)

自然環境豊かな鳥取県の大山山麓東側に位置する東伯郡内で、大山の吹く流水と東伯和牛独自の飼料と給与体系に従って大切に育てられた和牛です。

お肉を焼いた時の香りと味に特徴があります。

 

所在地 :鳥取県東伯郡 琴浦町(とうはくぐん ことうらちょう)
出荷月齢:26~30ヶ月齢
品質規格:4等級以上又はB.M.S.№5以上

 

 

鳥取F1牛
(とっとりF1ぎゅう)

「鳥取F1牛」鳥取県内で肥育されたホルスタイン種(メス)と黒毛和種(オス)との交雑種

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)

出荷月齢:約24~26ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

鳥取F1牛

 

鳥取牛
(とっとりぎゅう)

鳥取県内で肥育されたホルスタイン種の肉用牛

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)

出荷月齢:約20~22ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

鳥取米そだち牛
(とっとりこめそだちうし)

稲発酵飼料、飼料米を給与。

 

所在地 :鳥取県鳥取市(とっとりし)

出荷月齢:約19~22ヶ月齢

 

 

鳥取和牛
(とっとりわぎゅう)

鳥取県内で肥育された黒毛和種。

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)
出荷月齢:約28~30ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

鳥取和牛オレイン55
(とっとりわぎゅうオレイン55)

県内産で、気高系の血統を有し、オレイン酸含有率55%以上の牛肉。

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)
出荷月齢:約28~30ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

黒毛和種(気高系)

 

プロテサン牛
(プロテサンぎゅう)

最高品質の乳酸菌FK-23(プロテサン)を与えて牛の腸内環境を整え健康で口当たりの良い肉質を実現している。

 

所在地 :鳥取県

出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

 

プロテサン牛

 

万葉牛
(まんようぎゅう)

肉に旨味があり、脂の融点が低く、口の中に入れると溶けていく、くちどけの良さが特徴。

 

所在地 :鳥取県鳥取市(とっとりし)

出荷月齢:28ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

美歎牛
(みたにぎゅう)

飼料稲、飼料米を給与している。

 

所在地 :鳥取県鳥取市(とっとりし)

出荷月齢:約19~22ヶ月齢

 

 

島根県

出雲香味牛
(いずもこうみぎゅう)

高い肥育技術と新生飼料のアルコール発酵飼料で育てた香味豊かな牛肉。

 

所在地 :島根県邑智郡 美郷町(おおちぐん みさとちょう)

出荷月齢:32~34ヶ月齢
品質規格:AB・3等級以上

 

 

いずも和牛
(いずもわぎゅう)

有名ブランドに負けないおいしさを持っています。

おいしい牛肉はきめ細かいサシ(霜降り状態の脂肪分)があり、このサシが牛肉をやいた時の特有の甘い香りとなり牛肉の旨味をさらに引き立て、牛肉にとけ込むことにより柔らかい食感がでます。

 

所在地 :島根県出雲市(いずもし)

出荷月齢:肥育期間18ヶ月以上

 

黒毛和種(未経産雌、去勢)

 

石見和牛肉
(いわみわぎゅうにく)

脂肪の融点の低い口どけの良い上質な脂質に仕上がるのです。
そのやわらかさ、とろける肉の脂、口の中に広がる美味しさは一度味わったら忘れられない程の絶品です。

 

所在地:島根県松江市(まつえし)

出荷月齢:27~30ヶ月齢

 

黒毛和種(雌)

 

潮凪牛
(しおなぎぎゅう)

「潮凪牛」は隠岐の島で生まれ、生後7〜9か月間島の自然の中で自由に放牧し、足腰が鍛えられ、その後本土奥出雲の牧場で600〜650日間(20〜22か月)肥育、育成された安心安全な島根県産和牛肉です。

隠岐の島での肥育はコストがかかるため、本土の奥出雲の牧場に移し、手作りの木の香りに包まれた牛舎で育てた牛が「隠岐の島発モリミツブランド潮凪牛」です。

隠岐の島で生まれてから本土で肥育育成される間、「潮凪牛」を育むのは大自然の豊かな食生活とストレスを感じない環境、そしてそれらを作り出す、農家の人々の深い愛情です。

 

所在地 :島根県仁多郡 奥出雲町(にたぐん おくいずもちょう)

出荷月齢:30ヶ月齢前後
品質規格:A3等級以上

 

 

島生まれ島育ち 隠岐牛
(しまうまれしまそだち おきぎゅう)

島根半島の北東約40〜80キロメートルの日本海に浮かぶ島、隠岐。
人口わずか2万5千人足らずのその島には、手付かずの大自然が今も広がっています。
その恵まれた自然環境の中で、一貫した飼育が行われ、安全で高い品質を誇るのが「隠岐牛」です。
その味は通をも唸らせる、選び抜かれた黒毛和牛本来の味。
島内では年間約1200頭の牛が生まれるが、「隠岐牛」として徹底した飼育が行われ、市場に出るものはその1割程度。
まさに幻の黒毛和牛なのです。

 

所在地 :島根県隠岐郡 海士町(おきぐん あまちょう)

出荷月齢:31ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

黒毛和種(未経産雌)

 

しまね和牛肉
(しまねわぎゅうにく)

県内の優良な素牛を県内の生産者が丹精込めて仕上げた牛肉です。

 

所在地 :島根県大田市(おおだし)

品質規格:AB・4等級以上

 

 

しまね和牛肉かつべ
(しまねわぎゅうにくかつべ)

第9回全国和牛能力共進会において、うま味指標の一つ「オレイン酸」含有率(60.2%)が全国2位。

 

所在地 :島根県出雲市(いずもし)

出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:AB・3等級以上

 

 

熟豊和牛
(じゅくほうわぎゅう)

母牛としてのやくめを終えた黒毛和牛を再肥育した「おふくろ和牛肉」

 

所在地 :島根県松江市(まつえし)

出荷月齢:100ヶ月齢以下

 

 

大国牛
(だいこくぎゅう)

アルコール発酵飼料で甘みのある脂肪と肉質に仕上げています。

 

所在地 :島根県邑智郡 美郷町(おおちぐん みさとちょう)

出荷月齢:約30ヶ月齢

 

大国牛

 

まつなが和牛・まつなが牛
(まつなかわぎゅう・まつなかぎゅう)

海と山の自然に恵まれた益田市で、血筋にこだわった牛を高い技術力によって育てた黒毛和種と交雑種のうち、黒毛和種は月齢30ヶ月以上で格付等級4等級以上、交雑種は月齢26ヶ月以上で格付等級2等級以上のもの。
昭和50年代に活躍した第7糸桜という種雄牛の血統を引き継ぎ、十分吟味して交配を行っている。

 

所在地 :島根県益田市(ますだし)

品質規格:

黒毛和種 4等級以上

交雑種  2等級以上

 

 

まつなが牛

 

岡山県

おかやま和牛肉
(おかやまわぎゅうにく)

筋繊維が細かく、和牛肉特有の風味と脂味があり、ステーキ、すき焼きなどに最適です。
中国地方の山間部では、古くから和牛(黒毛和種)が飼育されており、岡山県も優良な黒毛和種の産地です。
県内9つの指定生産JA管内の農家が、一頭一頭手塩にかけて育て上げた逸品です。

 

所在地 :岡山県内

出荷月齢:約28~30ヶ月齢
品質規格:3等級以上、B.M.S.№4以上

 

 

千屋牛
(ちやぎゅう)

千屋牛は日本最古の蔓牛を生み出した、緑豊かな優良牛の里、新見で大切に肥育されました。

ほどよい霜降りと赤肉が特徴的な美味しさと柔らかさを誇るこだわりの牛肉です。

 

所在地 :岡山県新見市(にいみし)

出荷月齢:肥育期間18ヶ月以上
品質規格:3等級以上、4等級以上は「特撰千屋牛」

 

 

なぎビーフ

なぎビーフ 「奈義牛」の資質が優れているのは、晴天の多い日本原高原の地域・気候など環境による恩恵を十分に受け育てられている肉牛だからです。

肥育素牛先は、厳選した指定農場より導入し、肉牛の飼料も稲わら・ふすま・大豆粕・大麦など牛の健康状態を見極めながら配合したエサやビール粕を与え、心を込めて飼育されています。

 

所在地 :岡山県勝田郡 奈義町(かつたぐん なぎちょう)

 

 

なぎビーフ

 

蒜山ジャージー牛肉
(ひるぜんジャージーぎゅうにく)

蒜山ジャージー牛は不飽和脂肪酸のオレイン酸を非常に多く含んでいます。
このオレイン酸は、牛肉の熟成中に芳香物質へと変化する為に牛肉の香りが良くなり、また脂肪が低い温度で解けるようになるため食べた時の脂の口どけの良さを感じます。
また、悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。
自由にのびのび育った蒜山ジャージー牛は脂肪分が少ない赤身の多いお肉!
脂肪分は少ないのに、肉の旨みはしっかりありなおかつ柔らかい。
美味しくて健康にもうれしい蒜山ジャージー牛なのです。

 

所在地 :岡山県北部

出荷月齢:29ヶ月齢

 

 

蒜山ジャージー牛肉

 

広島県

加茂牛
(かもぎゅう)

創業以来、常に味にこだわりを持ち続けることを使命として営業してまいりました。

飼料や肥育方法の改善も重ねつつ、ご馳走というイメージではなく、おかずとして安く美味しい牛肉を食卓にお届けすることが地域社会に貢献することと考えています。

その追求した牛肉が、結果としてブランド化に繋がってきました。

 

所在地 :広島県福山市(ふくやまし)

出荷月齢:20ヶ月齢

 

 

高原黒牛
(こうげんくろうし)

創業以来、常に味にこだわりを持ち続けることを使命として営業してまいりました。

飼料や肥育方法の改善も重ねつつ、ご馳走というイメージではなく、おかずとして安く美味しい牛肉を食卓にお届けすることが地域社会に貢献することと考えています。

その追求した牛肉が、結果としてブランド化に繋がってきました。

 

所在地 :広島県福山市(ふくやまし)

出荷月齢:23ヶ月齢

 

高原黒牛

 

神石牛
(じんせきぎゅう)

牧場から卸し、また直営スーパーまでの一貫経営の確立により子牛から販売までの全てを自社管理で行い、品質や情報の管理を一元化で行っております。

独自の飼料はトウモロコシを多く配合し契約飼料会社により独自配合・独自配送を確立。それにより肉の旨みを上げています。

常に味にこだわり、安心・安全なお肉です。

 

所在地 :広島県福山市(ふくやまし)

出荷月齢:28ヶ月齢

 

 

峠下牛
(たおしたぎゅう)

瀬戸内海の温暖な環境の下、肥育から加工、流通までの一貫したシステムの中で丹精込めて育てられた安全、安心な牛肉です。

 

所在地 :広島県竹原市

 

峠下牛

 

なかやま牛
(なかやまぎゅう)

飼料はとうもろこしの含有量が6割以上と高く、そのため食べると脂が溶けやすく甘みのある牛肉です。

 

所在地 :広島県福山市(ふくやまし)

出荷月齢:

黒毛和種   28ヶ月齢
交雑種    23ヶ月齢
ホルスタイン 20ヶ月齢

 

 

 

 

 

ひろしま牛
(ひろしまぎゅう)

ひろしま牛は、全農広島県本部が集荷・販売する県内産黒毛和牛で、主に広島県内で地産地消運動と連動して販売している。

ひろしま牛の中でも、さらに厳しい履歴管理と情報公開を行っているトップブランド商品牛「牛のパスポートシステム」は全農広島県本部が独自にトレーサビリティシステム運営し、より安心・安全な牛肉の生産・流通・販売管理を行っている。

 

所在地 :広島県広島市(ひろしまし)

 

 

 

広島牛
(ひろしまぎゅう)

「比婆牛」と「神石牛」、双方の優れたところを併せ持った広島牛は、多くの生産者たちの豊かな愛情と情熱,絶え間ない努力から生まれたブランド牛なのです。

広島牛の肉質の特徴は,筋繊維が細かく,無駄な脂肪が少ないこと。

薄紅色をした肉には小さなサシが細かく入り、広島牛ならではの繊細な味わいと豊かな風味を生み出しています。

口に含んだときの滑らかな舌触りと上質な脂肪の香り、そして噛んだときのコクの深さは何ものにも代えがたい牛肉本来の旨みといえます。

絶妙な美しい霜降りと甘みさえ感じる脂の旨み、特有のまろやかさがハーモニーを奏でるとき、本物の贅・広島牛の証となるのです。

 

所在地 :広島県広島市(ひろしまし)

出荷月齢:平均26~30ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

山口県

皇牛
(すめらぎぎゅう)

余分な脂肪が少なく、ロース芯が大きい。

大麦の長期間給与により、あっさりした甘味がある。

 

所在地 :山口県岩国市(いわくにし)

出荷月齢:平均26ヶ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

皇牛

 

*見島牛(みしまうし)は山口県萩市見島で飼育されてきた日本在来牛である。

西洋種の影響を受けていない日本の在来牛は、見島牛と口之島牛の2種類しか残っていない。

 

高森牛
(たかもりぎゅう)

玖西食肉研究会が高森牛の生産を管理しており、美味しさを保つために飼育~加工までの規則を厳しく決めています。

肥育期間の延長により肥育度数を向上させ、甘味ある牛肉、コクのある牛肉である。

 

所在地 :山口県内

出荷月齢:

ホルスタイン種 25ヶ月未満
交雑種     30ヶ月未満

品質規格:

ホルスタイン種、交雑種 B2、3等級相当以上

黒毛和種 A3等級相当以上

 

 

 

高森牛

 

山口県特産 無角和牛肉
(やまぐちけんとくさん むかくわぎゅうにく)

山口県でしか飼育されていない貴重な牛です。

赤肉に富んでいますので、脂身の気になる方にもお勧めできます。

 

所在地 :山口県阿武郡 阿武町(あぶぐん あぶちょう)

出荷月齢:21ヶ月齢

 

四国地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 8分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが四国地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

徳島県

阿波牛
(あわぎゅう)

徳島県で生産される黒毛和種の和牛のうち、一定の基準を満たした場合に呼称が許される牛肉である。

 

所在地 :徳島県徳島市(とくしまし)
出荷月齢:24~33ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

一貫牛
(いっかんぎゅう)

艶のある赤身に美しいサシが全体に入り、脂肪は淡いクリーム色で適度な粘りがあります。
霜降りであるにもかかわらず、その脂にしつこさがなく、フルーティと言ってよいほどの甘みと旨みが口の中に広がります。

脂の融点は、普通の輸入肉の融点が31.4度であるのに対し、19.7度と低いため、舌の上で脂がとろけて、独特の甘みと風味が味わえるのです。

 

所在地 :徳島県内

品質規格:AB・4等級以上

 

 

すだち牛
(すだちぎゅう)

徳島県特産のすだち果汁を自家配合して、牛を健康に育て、安心して食べていただける牛肉作りに取り組んでいます。

 

所在地 :徳島県鳴門市(なるとし)

飼料内容:自家配合飼料

出荷月齢:25ヶ月齢以上

 

黒毛和種(すだち牛くろ)

 

褐毛和種(すだち牛あか)

 

和一
(わいち)

グループ農場で飼育した純和牛を厳選した黒毛和牛のみを販売。

 

所在地 :徳島県三好郡 東みよし町(みよしぐん ひがしみよしちょう)

飼料内容:とうもろこし、大麦などの穀物を使用した自社配合飼料

出荷月齢:平均28ヶ月齢

品質規格:A3等級以上

 

 

 

香川県

オリーブ牛
(オリーブぎゅう)

オレイン酸を豊富に含むことで知られるオリーブ。
日本のオリーブ発祥の地香川県は、生産量も日本一です。
そのオリーブ搾り果実を黒毛和種に給与することにより、「讃岐牛」の品質を守りながら、新しい美味しさが生まれました。
やわらかく、さっぱりしているとの評価を多くの方に頂いています。

 

所在地 :香川県高松市(たかまつし)

飼料内容:出荷2カ月前から毎日100g以上のオリーブ飼料を与える

品質規格:

AB・4等級以上(金ラベル)

A3・B3等級   (銀ラベル)

 

 

鎌田牛
(かまたぎゅう)

サシが多くやわらかい牛肉に仕上げます。牛の健康管理を含め、高品質にこだわっています。

 

所在地:香川県仲多度郡 まんのう町(なかたどぐん まんのうちょう)

 

鎌田牛

 

讃岐牛
(さぬきうし)

肉質は上等な霜降り肉であり、食べた時のとろけるような口当たりとジューシーな味わいが特徴です。

 

所在地 :香川県高松市(たかまつし)
品質規格:

AB・4等級以上 (金ラベル)

A3・B3等級  (銀ラベル)

 

 

さぬきハーブ牛
(さぬきハーブぎゅう)

独自で配合したハーブを飼料に混ぜて育てたもの。
ハーブを与えることであっさりとした脂肪質ができ、ほどよくジューシーに仕上がります。

 

所在地:香川県仲多度郡 まんのう町(なかたどぐん まんのうちょう)

 

さぬきハーブ牛

 

まんのうひまわり牛
(まんのうひまわりぎゅう)

牛にひまわり油の搾りかすを一日50グラム以上、期間は2ヵ月以上飼料として与えたもの。
脂身が少なめでやわらかくジューシーな味わいが特徴。

 

所在地:香川県仲多度郡 まんのう町(なかたどぐん まんのうちょう)

 

まんのうひまわり牛

 

愛媛県

いしづち牛
(いしづちぎゅう)

自家生産粗飼料と地元稲ワラを中心に昔ながらの伝統の味を追求。
飼料の配合にもこだわっている。
安全で肉質、脂肪の美味な牛肉。

 

所在地 :愛媛県内

品質規格:3等級以上

 

 

伊予牛「絹の味」
(いよぎゅう「きぬのあじ」)

JA全農えひめが生産・加工・販売を一括して管理している安全・安心な牛肉。

肉の保水性が良く、おいしさを引き出す肉汁を逃さない。

 

所在地 :愛媛県松山市(まつやまし)
出荷月齢:

黒毛和種   平均30ヶ月齢
交雑種    平均25ヶ月齢

ホルスタイン 平均21ヶ月齢

品質規格:

黒毛和種    4等級以上
交雑種     3等級以上
ホルスタイン種 2等級以上

 

 

 

伊予牛「絹の味」

 

伊予麦酒牛
(いよビールぎゅう)

伊予麦酒牛は、愛媛県下の優良牧場が自身をもってお届けする牛肉です。
こだわったのは、安全で質の高い飼料。
これは各牧場が独自に厳選した穀物や牧草をブレンドし、さらに乳酸菌と糖蜜入りのビール粕やオカラ粕を加えて仕上げた独自のものです。
「美味しさは、安全と安心から」

 

所在地 :愛媛県内
出荷月齢:27~29ヶ月齢
品質規格:B3等級以上

 

伊予麦酒牛

 

高知県

大川黒牛
(おおかわくろうし)

見事な霜降り具合で、焼けば適度に脂が抜け、極上の柔らかさとジューシーさ。

 

所在地:高知県土佐郡大川村

 

 

土佐あかうし
(とさあかうし)

牛の旨さはサシのの入った霜降りで評価されることが多いが、コクと旨味たっぷりの赤身を追求して改良を重ねた土佐あかうしは、脂肪分がバランス良く全体に散らされており、ほどよい脂質と赤身のバランスがとても良い。

噛むほどに旨みがじんわりと広がり、味の余韻を楽しめる牛肉だ。

 

所在地:高知県内

 

 

土佐和牛
(とさわぎゅう)

土佐和牛とは高知県産の「褐毛和種高知系」と「黒毛和種」の和牛です。

 

所在地 :高知県内

出荷月齢:24~32ヶ月齢

 

 

中部地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 25分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが中部地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

新潟県

越後牛
(えちごぎゅう)

見た目の「肉色」「サシ」だけにとどまらず、 赤身肉のしっとりとした「歯ごたえ」と、お口の中でさらりととろける脂肪の「旨み」にこだわっています。

 

所在地 :新潟県長岡市(ながおかし)
飼料内容:オリジナル飼料
出荷月齢:平均27ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

越後牛

 

越後牛

 

にいがた和牛
(にいがたわぎゅう)

肉の旨味、脂の質にこだわった、コクがありまろやかな味が特徴です。

 

所在地 :新潟県新潟市(にいがたし)
品質規格:AB・3等級以上

 

黒毛和種(未経産雌、去勢)

 

にいがた和牛 村上牛
(にいがたわぎゅう むらかみぎゅう)

県北の緑豊かな大自然の中育てた和牛で、色鮮やかで、風味が良く、一味違う牛肉です。

 

所在地 :新潟県村上市(むらかみし)

出荷月齢:平均28ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

富山県

とやま牛
(とやまぎゅう)

富山の豊かな自然ときれいな水で育まれた「とやま牛」は、きめ細やかな舌ざわりと豊かな風味を堪能できる牛肉です。

肉質が良く、ステーキやしゃぶしゃぶなどに最適な高級品です。

さらに高品質な「とやま牛」の生産の為、米ぬかや粉砕したコシヒカリを与える試みを実施されています。

 

所在地 :富山県射水市(いみずし)
品質規格:3等級以上

 

とやま牛

 

 

とやま和牛
(とやまわぎゅう)

富山県内で12ヵ月間以上飼育され、最長飼養地を富山県とする黒毛和種の牛で、3等級以上の牛をいう。(ただし、経産牛は除く。)

 

所在地 :富山県射水市(いみずし)
品質規格:3等級以上

 

 

石川県

能登牛
(のとうし)

能登の美しい自然とやさしい風土の中で、肉質のキメが細かくおいしい味を出すために、丹精込めて育てられた牛肉です。

 

所在地 :石川県内
出荷月齢:平均28ヶ月齢
品質規格:AB・3等級以上

 

 

福井県

若狭牛
(わかさぎゅう)

越前若狭の豊かな風土の中で、農家の深い愛情をもって飼育されている。
鮮やかな霜降り肉で、風味良い香りの豊かな牛肉として好評を得ている。

 

所在地 :福井県福井市(ふくいし)
出荷月齢:27~30ヶ月齢
品質規格:3等級以上、B.M.S.№4以上。

 

 

山梨県

キサロ牧場 富士山麓牛
(キサロぼくじょう ふじさんろくぎゅう)

和牛の旨味を兼ね備えながら飼料効率が高くリーズナブルな価格で販売します。

 

所在地 :山梨県内

出荷月齢:27ヶ月齢

 

キサロ牧場 富士山麓牛

 

甲州牛
(こうしゅうぎゅう)

山梨県は富士山・八ヶ岳など日本有数の山々に囲まれた緑豊かな大地と、名水百選に選ばれた湧き水など自然豊かな山紫水明の地です。

その豊かな自然の中で、磨き抜かれた飼育技術の積み重ねによって一頭一頭丹念に育てられた黒毛和種肥育牛の中で、品質ランク4、5等級に格付けされた牛のみが甲州牛となります。

 

所在地 :山梨県南アルプス市(みなみあるぷすし)
品質規格:4等級以上

 

 

甲州産和牛
(こうしゅうさんわぎゅう)

甲州牛研究会の会員として登録された生産者により、丹念に育てられた和牛の中で、最長飼育地が山梨県にある牛。(甲州牛にならなっかった牛)

 

所在地 :山梨県南アルプス市(みなみあるぷすし)
品質規格:3等級以下が基準

 

 

甲州麦芽ビーフ
(こうしゅうばくがビーフ)

山梨県は富士山・八ヶ岳など日本有数の山々に囲まれた緑豊かな大地と、名水百選に選ばれた湧き水など自然豊かな山紫水明の地です。

その自然に恵まれた地において、麦芽糖化粕を飼料の一部として給与し熱心な生産者により一頭一頭ていねいに、しかも熟練された技によって仕上げられた牛です。

 

所在地 :山梨県南アルプス市(みなみあるぷすし)

 

甲州麦芽ビーフ

 

甲州ワインビーフ
(こうしゅうワインビーフ)

生産情報公表JAS認定牛肉 消費者により安心して食べていただけるように、出生から出荷までどんな餌を給与したのか、どんな治療歴があるのか等の生産履歴を公表しています。

ワイン粕給与による独特な色調・甘み・柔らかみ柔らかく・甘みのあるヘルシーな牛肉 ワイン粕給与により、柔らかくて、独特の甘みがあり、少し赤身のある牛肉になります。

また、ワイン粕にはポリフェノールが多量に含まれていて、とてもヘルシーな牛肉です。

ポリフェノールは脳梗塞・動脈硬化の予防効果、活性酸素の抑制効果、肝機能向上効果、糖尿病改善効果、抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ)等の様々な効能が確認されており、健康食品・サプリメントとして多数の商品が販売されています。

非遺伝子組み換え配合飼料給与による安全な牛肉 消費者に安全な食肉を提供するため、非遺伝子組み換え飼料に限定しています。

 

所在地 :山梨県笛吹市(ふえふきし)

出荷月齢:24ヶ月齢前後
品質規格:B2・3等級中心

 

甲州ワインビーフ

 

長野県

阿智黒毛和牛
(あちくろげわぎゅう)

澄んだ空気と清水に恵まれ、ストレスの無い環境で伸び伸びと育った黒毛和牛の雌です。

現在では珍しい骨が付いた枝肉での保存、熟成で肉の酸化を防いでいる為、肉の旨みが凝縮されています。

 

所在地 :長野県下伊那郡阿智村、飯田市
出荷月齢:28~32ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

北信州美雪和牛
(きたしんしゅうみゆきわぎゅう)

日本の原風景が今も残る北信州。
北信州美雪和牛は清らかな雪解け水が大地を潤す自然豊な北信州でのびやかに育てられた黒毛和牛です。
きめ細やかでツヤのある肉質と柔らかくとろけるような食感をご堪能ください。

 

所在地 :長野県長野市(ながのし)
出荷月齢:28~32ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

久堅牛(くがたぎゅう)

空気がよく、肥沃な盆地である下伊那地方は実は牛の生産にはとても適した場所で、南アルプスからやってくる黎明な水も相まって、とても高品質な牛肉が生産されるようになっています。

 

所在地 :長野県内

出荷月齢:25~30ヶ月齢

 

 

久堅牛

 

久堅牛

 

信州肉牛
(しんしゅうにくうし)

アルプスをはじめとする山々より流れ出る清流と、信州の爽やかな自然環境のなか、肉牛1頭1頭を信州人独特の粘り強さと、類なき愛情を注ぎ丹精こめて飼育し、まろやかなおいしい牛肉に仕上げています。
信州肉牛の中の和牛については、オレイン酸の含有量を測定し、県の認定基準を満たしたものは「信州プレミアム牛肉」として販売します。

 

所在地 :長野県長野市(ながのし)
出荷月齢:和牛 30ヶ月齢前後

  交雑種 27ヶ月齢前後

  ホルスタイン 20ヶ月齢前後

品質規格:和牛 3等級以上

  交雑種、ホルスタイン 2等級以上

 

 

 

信州肉牛

 

信州和牛出荷組合
(しんしゅうわぎゅうしゅっかくみあい)

所在地 :長野県
出荷月齢:平均29ヶ月齢

 

 

りんごで育った信州牛
(りんごでそだったしんしゅうぎゅう)

とろけるようなやわらかさ、まろやかな甘みと香りをお楽しみいただけます。
「肉質」「脂質」「霜降り」これが肉選びの三要素。
このバランスの優れているのが「りんごで育った信州牛」です。

 

所在地 :長野県下高井郡 山ノ内町(しもたかいぐん やまのうちまち)
飼料内容:農産加工物の副産物(豆の煮汁、リンゴジュース粕など)
出荷月齢:28~32ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

りんご和牛 信州牛
(りんごわぎゅう しんしゅうぎゅう)

りんご等の食品副産物による発酵飼料を中心に飼育。
オレイン酸の含有量を測定し、県の認定基準を満たしたものは「信州プレミアム牛肉」として認定される。

 

所在地 :長野県中野市(なかのし)

飼料内容:リンゴジュースの搾りかす等の発酵飼料
出荷月齢:28~34ヶ月齢
品質規格:全等級

 

 

岐阜県

飛騨牛(ひだぎゅう)

肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わい。
山紫水明と謳われる岐阜県の豊かな自然で育てられ、優れた技術をもつ生産者たちの手によって安全・安心にこだわり愛情深く手間暇かけてつくられた逸品。

 

所在地 :岐阜県関市(せきし)
出荷月齢:平均29ヶ月齢
品質規格:AB・3等級以上

 

 

静岡県

JAみっかび牛
(JAみっかびぎゅう)

黒毛和牛に近い「脂までうまい肉」と言われている。

三ヶ日みかんの乾燥粉末を給与している。

 

所在地 :静岡県浜松市(はままつし)

出荷月齢:平均25ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

JAみっかび牛

 

JAみっかび和牛(JAみっかびわぎゅう)

三ヶ日みかんの乾燥粉末を給与している。

 

所在地 :静岡県浜松市(はままつし)

出荷月齢:28ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

あしたか牛
(あしたかぎゅう)

あしたか牛推進協議会の会員が12ヶ月以上肥育管理後、出荷したもの。

 

所在地 :静岡県沼津市(ぬまづし)

飼料内容:配合飼料、大麦、トウモロコシ、ビール粕、米ぬか等を配合
出荷月齢:22ヶ月齢以上
品質規格:黒毛和種 4等級以上

  交雑種  3等級以上

 

 

あしたか牛

 

遠州夢咲牛
(えんしゅうゆめさきぎゅう)

飼料を厳選、快適な環境の下、愛情を込めて育て上げました。
きめが細かく、肉質も良く、牛肉本来の風味と柔らかさでおいしいとの評判です。

 

所在地 :静岡県掛川市(かけがわし)
出荷月齢:27~30ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

掛川牛<黒毛和種>
(かけがわぎゅう<くろげわしゅ>)

産肉能力の優れた子牛を厳選し、黒毛和種本来の特徴をより一層引き出すための技術をもって、極上の旨味を追求しています。

 

所在地 :静岡県掛川市(かけがわし)

飼料内容:生産者がこだわった穀物飼料
出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

 

掛川牛<交雑種>
(かけがわぎゅう<くろげわしゅ>)

黒毛和種と同等の育て方をすることで、充実した赤身とほど良いサシを併せ持った芳醇な味わいが特徴です。

 

所在地 :静岡県掛川市(かけがわし)

飼料内容:生産者がこだわった穀物飼料
出荷月齢:平均28ヶ月齢

 

掛川牛<交雑種>

 

食通の静岡牛
(ぐるめのしずおかぎゅう)

県内の生産者が最も長い期間飼育した交雑種の牛肉です。

 

所在地 :静岡県静岡市(しずおかし)

出荷月齢:24~26ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

食通の静岡牛

 

食通の静岡牛 葵
(ぐるめのしずおかぎゅう あおい)

黒毛和種の特徴である良質の脂質とキメ細かい肉質を受け継ぎ、適度な霜降りとさわやかな味わいの牛肉です。

 

所在地 :静岡県静岡市(しずおかし)

飼料内容:国産茶粉末と国産玄米をブレンドした専用飼料
出荷月齢:約25ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

食通の静岡牛 葵

 

静岡するが牛
(しずおかするがぎゅう)

静岡市の清流~安倍川・藁科川流域の緑豊かな山里で「安全・安心・美味しさ」にこだわる肉牛生産農家が、厳選された飼料による研究会独自の肥育管理方式で、良質の子牛から愛情をこめて丹念に肥育し、安全で美味しい牛肉に仕上げました。

 

所在地 :静岡県静岡市
出荷月齢:24ヶ月齢以上
品質規格:2等級以上

 

静岡するが牛

 

静岡和牛
(しずおかわぎゅう)

県内の生産者が最も長い期間飼育した黒毛和種の牛肉です。

 

所在地 :静岡県静岡市(しずおかし)

出荷月齢:27~30ヶ月齢

 

 

特選和牛 静岡そだち
(とくせんわぎゅう しずおかそだち)

柔らかく、きめ細やかな肉質と上品な旨みのある和牛肉。

その生産を目指し、静岡県の指定農場において、黒毛和種雌牛にこだわり、その特徴を引き出すオリジナル飼料と統一した飼養管理のもと、じっくり愛情を込めて「特選和牛静岡そだち」は育てられました。自信を持ってお勧めできるこの美味しさを是非ともご堪能ください。

 

所在地 :静岡県静岡市(しずおかし)
飼料内容:専用飼料
出荷月齢:30ヶ月齢以上

品質規格:3等級以上

 

黒毛和種(雌)

 

ひらい牧場伊豆牛
(ひらいぼくじょういずぎゅう)

生産から販売まで一貫経営であり、抗生物質飼料を使用せず、安全・安心おいしいお肉をモットーに「ひらい牧場 伊豆牛」を皆様に提供している。

伊豆牛丸々一頭の各部をすべて店頭販売している。

素材にこだわり素材を活かした昔の上がらの製法でひらいのオリジナル加工品も好評です。

 

所在地 :静岡県伊豆の国市(いずのくにし)

出荷月齢:26ヶ月齢以上

 

ひらい牧場伊豆牛

 

富士朝霧牛
(ふじあさぎりぎゅう)

富士山麓の湧水を飲んで育った健康牛。

 

所在地 :静岡県富士宮市(ふじのみやし)

飼料内容:配合飼料、麦、米ぬか、チモシーヘイ、オーツヘイ、イタリアン種取

出荷月齢:24ヶ月齢

品質規格:3等級以上

 

富士朝霧牛

 

ふじやま和牛
(ふじやまわぎゅう)

ふじやまファームでしか肥育していないブランド牛。

 

所在地 :静岡県駿東郡 長泉町(すんとうぐん ながいずみちょう)

飼料内容:指定配合飼料
出荷月齢:28~29ヶ月齢

 

黒毛和種(気高系、但馬系)

 

渡邊
(わたなべ)

みかんの産地三ヶ日の温暖な気候で、ストレスのない環境で育てられた牛。

 

所在地 :静岡県浜松市(はままつし)

飼料内容:なみき、指定配合飼料

出荷月齢:26ヶ月齢以上

 

 

愛知県

あいち牛
(あいちうし)

ホルスタイン種と黒毛和種を交配した品種で、両親の特徴を受け継いでおり、和牛よりもお値打ちな価格でお届けできる「あいち牛」。
やわらかな肉質でありながら、赤身肉本来の旨味が十分堪能できます。

 

所在地 :愛知県内
出荷月齢:平均26ヶ月齢

品質規格:2等級以上

 

あいち牛

 

あいち知多牛
(あいちちたぎゅう)

乳肉複合経営一貫生産(牛乳生産と肉牛生産を一戸の農家で行うこと)を主体とし消費者の皆様へ「味は贅沢に、価格は手頃に」をテーマに、常に品質と価格のバランスの良い国産牛を目指しております。

 

所在地 :愛知県知多郡 美浜町(ちたぐん みはまちょう)

出荷月齢:黒毛和種   25ヶ月齢以上かつ管内で1年」以上肥育

  交雑種    22ヶ月齢以上かつ管内で1年」以上肥育

  ホルスタイン 17ヶ月齢以上かつ管内で1年」以上肥育

品質規格:あいち知多牛・誉」=3等級以上

 交雑種「あいち知多牛・響」=2等級(B.M.S.No2以上

 

黒毛和種「あいち知多牛・誉」

 

あいち知多牛・響

 

ホルスタイン種「あいち知多牛・柔」 

 

愛知みかわビーフ
(あいちみかわビーフ)

豊かな自然と温暖な風土の中で、おから、タンパク質、繊維物質を多く含む栄養バランスの優れた飼料を使って育てられた安全・安心な牛肉。

 

所在地 :愛知県豊川市(とよかわし)

出荷月齢:25~26ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

暖か渥美の伊良湖常春ビーフ
(あたたかあつみのいらことこはるビーフ)

豊かな自然の渥美半島でじっくり手をかけ育てた常春ビーフ。

柔らかく極上の味わいはJAの肉牛部会の心がこもった美味しさです。

 

所在地 :愛知県田原市(たはらし)
品質規格:2等級以上

 

 

あつみ牛
(あつみぎゅう)

「あつみ牛出荷連合」は常春の渥美半島、JA愛知みなみ(旧渥美地区)において、平成8年より銘柄牛「あつみ牛」として出荷・販売を始め、平成16年4月に「あつみ牛推進協議会」と名称を改め、現在10戸の農家が愛情と情熱を持ち、また、環境にも配慮して“安全・安心・美味しい"をモットーに約3,400頭の牛を育て出荷しています。

 

所在地 :愛知県田原市(たはらし)
出荷月齢:25~26ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

あつみ牛

 

安城和牛 (あんじょうわぎゅう)

安城市は愛知県内の和牛生産地として最も歴史が古く、JAあいち中央肥育牛部会肉牛生産農家9戸が黒毛和種合計840頭を飼育している。
このうち肉質等級が3等級以上のものが認定される。
全第8回国和牛共進会では優等賞を受賞するなど、高い品質評価を得ている。
愛知県内、宮崎県などから厳選された仔牛を導入し、JAあいち経済連の生産管理マニュアルに基づいて肥育を行っており、トレーサビリティを確保している。

 

所在地 :JAあいち中央 管内
品質規格:3等級以上

 

 

尾張牛
(おわりぎゅう)

自然環境に恵まれた広大な敷地を有効に使い、適正管理の元、安全な飼料と良質な稲わらを与え、愛情込めて育てた牛肉です。

 

所在地 :愛知県名古屋市(なごやし)

出荷月齢:平均22ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

尾張牛

 

黒潮牛
(くろしおぎゅう)

くみあい配合飼料の黒潮シリーズを給与。

 

所在地 :愛知県豊橋市(とよはしし)

出荷月齢:平均26ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

田原牛(たはらぎゅう)

「消費者から産地、生産者が見え、安心・安全と言ってもらえるような牛肉を作りたいという思いから、9名の生産者全員が統一した飼料で飼育管理をしている。

飼料の主原料であるトウモロコシ及び大豆粕については、遺伝子組み換えをしていない原料、また、トウモロコシについてはポストハーベストフリーを使用している。

また、全頭相対による相手先の見える固定販売を実現し、生産から消費まで物語の作れる銘柄牛を目指している。

 

所在地 :愛知県田原市(たはらし)

出荷月齢:平均26ヶ月齢

 

田原牛

 

鳳来牛
(ほうらいぎゅう)

鳳来牛は現在、4名の認定肥育農家により生産されています。
この地域は、飛騨牛、松坂牛の素牛供給を行うなど全国でも高いレベルの和牛産地として知られています。
奥三河の清らかな水と澄んだ空気といった豊かな自然環境と認定農家の熟練した肥育技術により生産された牛肉は、脂の甘みと肉の旨みがつまった見事な霜降り肉となります。

 

所在地 :愛知県新城市(しんしろし)
出荷月齢:26~30ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

みかわ牛
(みかわうし)

別に認定する「みかわ牛生産農場」で、1年以上肥育(愛知県産と認められるもの)され、認定農場より出荷されたもの。

「みかわ牛」の中で、A5・B5等級及びA4等級の一部(B.M.S.№7以上で、肉の色沢・締り・きめ、脂肪の色沢全て5等級)は、「みかわ牛ゴールド」と称し、愛知県産黒毛和牛の最高級ブランドと位置づけている。

 

所在地 :愛知県名古屋市(なごやし)
出荷月齢:平均27ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

みさき牛
(みさきうし)

地産地消をモットーに県内で生産された牛肉。

 

所在地 :愛知県名古屋市(なごやし)

出荷月齢:24~28ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

関東地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 36分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが関東地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

茨城県

雨情の里牛
(うじょうのさとぎゅう)

程よい脂身とかむほどに味わいが広がる赤身に定評がある。

肉質は柔らかく、とろけるような霜降り肉が特徴。

 

所在地 :茨城県高萩市(たかはぎし)
出荷月齢:22~30ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

雨情の里牛

 

笠間和牛
(かさまわぎゅう)

雌牛を主体とした肥育形態であり、脂質が良く食べておいしい牛肉。

 

所在地 :茨城県高萩市(たかはぎし)
飼料内容:指定配合飼料
出荷月齢:22~30ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

黒毛和種(雌)

 

紫峰牛
(しほうぎゅう)

宮崎を中心に、北海道および徳之島から牧草を十分に食べた健康な素牛を導入し、筑波山のふもと約2年間丹精込めて肥育しています。

「キメの細かい肉質」「しっとりとしたアブラ質」「コザシで色が良い」肩から腿までの色、サシの『抜け』が抜群。

 

所在地 :茨城県下妻市(しもつまし)
飼料内容:国産稲わら、オーツヘイ、チモシー、紫峰牛オリジナルブレンド
出荷月齢:30~32ヶ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

つくば牛
(つくばぎゅう)

豊かな自然環境のなか、手塩にかけて育てられた肉牛で、肉質はやわらかく、美味しい牛肉。

 

所在地 :茨城県つくば市(つくばし)
飼料内容:大麦、フスマ、大豆を中心とした配合飼料と国産稲わらを給与、成長ホルモンは一切与えてない
出荷月齢:25~30ヶ月齢
品質規格:B3等級以上

 

つくば牛

 

つくば山麓 飯村牛
(つくばさんろく いいむらぎゅう)

厳選した国産ワラをたっぷりと、大麦、ふすま、大豆を中心に与え、肉骨粉、動物性飼料、成長ホルモンは一切やっていません。

牛小屋には、マイナスイオンを発生させる大型扇風機を付け、ゆったりと普通より長く育て、和牛の風味豊かな牛肉です。

 

所在地 :茨城県土浦市(つちうらし)
飼料内容:独自配合飼料
出荷月齢:32~34ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

筑波和牛
(つくばわぎゅう)

豊かな自然環境のなか、手塩にかけて育てられた黒毛和種で、肉質はやわらかく、赤身と脂のうまみが充分に活きた牛肉。

 

所在地 :茨城県つくば市(つくばし)
飼料内容:大麦、フスマ、大豆を中心とした配合飼料と国産稲わらを給与、成長ホルモンは一切与えてない
出荷月齢:28~32ヶ月齢
品質規格:A3等級以上

 

 

紬牛
(つむぎぎゅう)

鹿児島県を中心に導入された素牛を長期間肥育して味の良い牛を作る。

 

所在地 :茨城県結城市(ゆうきし)
飼料内容:配合飼料、粗飼料
出荷月齢:30~34ヶ月齢
品質規格:AB・3等級以上

 

 

花園牛
(はなぞのぎゅう)

良質な粗飼料と飼料を与え、安心、安全を重視した風味豊かな牛肉です。

 

所在地 :茨城県高萩市(たかはぎし)
出荷月齢:30~34ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

常陸牛
(ひたちぎゅう)

枝肉重量は、全国でもトップクラスで大きく、肉質と脂肪交雑(サシ)が全国上位の高級牛肉です。
1頭1頭手塩に掛けて育て上げ、ストレスに気づかい、脂の質にこだわった肉質を追及しています。

 

所在地 :茨城県東茨城郡 茨城町(ひがしいばらきぐん いばらきまち)
飼料内容:納豆菌製剤を給与
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

瑞穂牛
(みずほぎゅう)

口どけのよい脂で、しつこくなく、さっぱりとした味わいが特徴です。

 

所在地 :茨城県常陸大宮市(ひたちおおみやし)
飼料内容:指定配合飼料(非遺伝子組み換え)、飼料米、ビール粕、チモシー、ライグラスストロー、稲わら、稲WCS
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

瑞穂牛

 

山方牛
(やまがたぎゅう)

和牛より手頃な価格で和牛に近い美味しさを提供

 

所在地 :茨城県常陸大宮市(ひたちおおみやし)
出荷月齢:25~30ヶ月齢

 

山方牛

 

栃木県

宇都宮牛
(うつのみあわぎゅう)

「珠玉の味」宇都宮牛は、丹精込めて育て上げた風味豊かな牛肉。

 

所在地 :栃木県宇都宮市(うつのみやし)
出荷月齢:29~30ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

おやま和牛
(おやまぎゅう)

おやま和牛の特徴は、「安全性」と「おいしさ」にあります。
恵まれた自然環境の中で、「さし」がはいりやすくするために、大麦や稲わらを食べさせて育てています。
小山市内の広大な水田から生産される稲わらが健康な牛を育て、自然に近い状態の肥育がうまみにつながり、安全でおいしいおやま牛が育ちます。

 

所在地 :栃木県小山市(おやまし)
出荷月齢:32ヶ月齢以上
品質規格:A3~5等級

 

 

かぬま和牛
(かぬまわぎゅう)

全国レベルの品評会で最優秀賞受賞。
生産農家が衛生面、健康面を完全に管理し、丹精こめて肥育。
毎月29日を『かぬま29の日和牛の日』とし、市内のかぬま和牛振興会加盟店において特別価格で提供。

 

所在地:栃木県鹿沼市(かぬまし)
飼料内容:配合飼料、飼料米
出荷月齢:30~32ヶ月齢
品質規格:A4等級以上

 

 

紅の牛
(くれないのうし)

褐毛和牛『紅の牛』の美味しさは、赤身とサシのバランスの良さにあります。
旨みを蓄えた赤身は、グルタミン酸やアラニンなど、旨みや甘みを感じるアミノ酸が豊富にあり、特に甘みを感じるアミノ酸の総量は黒毛和種の2倍以上で、熟成により4倍にまで増加することが解っています。
一方、サシと言われる霜降りは、入りすぎずに適度な量であることからヘルシーであると同時に、そのサシの細かさや融点の低さから、キレがよく喉ごしの良いこの牛独特の風味を生み出します。
旨みとジューシーさを兼ね備えた褐毛和牛『紅の牛』

 

所在地 :栃木県さくら市(さくらし)
飼料内容:那須ハーブビーフ(ハーブ入り発行飼料)
出荷月齢:20~30ヶ月齢

 

 

さくら和牛
(さくらわぎゅう)

おいしい日本を皆様の食卓へ・・・ 栃木県北部、旧那須の国のさくら市は、那須岳のすそのに広がる大自然の中で、温暖な気候、きれいな水、長い日照時間、そして何より私たち生産者の愛情をたくさん注ぎこめて育てられた「さくら和牛」。
天然ハーブによる健康肥育、アロマセラピーによる飼育管理、地球環境にやさしい循環型農業の推進をコンセプトに安全・安心でおいしい牛肉を提供しています。

 

所在地 :栃木県さくら市(さくらし)
飼料内容:那須ハーブビーフ(ハーブ入り発行飼料)
出荷月齢:35ヶ月齢以下

 

 

下野牛
(しもつけぎゅう)

栃木県内で生産された肉牛の中から肉質、脂質、風味の優れたものだけを下野牛ブランドとして出荷している。

 

所在地 :栃木県足利市(あしかがし)
飼料内容:那須ハーブビーフ(ハーブ入り発行飼料)
出荷月齢:24~35ヶ月齢
品質規格:B.M.S.№4以上

 

 

 

大地の物語
(だいちのものがたり)

短角和牛、短黒和牛ブランド「大地の物語」は、短角種の赤みのおいしさとお肉の安全性を追求してできたブランドです。国内において希少的牛肉の短角種を、飼育環境に適した緑広がる栃木県の大地と清らかな水と透きとおる青空の下、指定生産農家が一頭一頭愛情と丹精込めて、ゆっくりと時間をかけて育てています。

 

所在地 :栃木県さくら市(さくらし)
飼料内容:那須ハーブビーフ(ハーブ入り発行飼料)

 

 

とちおとめ牛
(とちおとめぎゅう)

主に自家産の素牛で、一貫肥育された雌のみにとちおとめイチゴの果実を飼料として与えている。
雌牛ならではの脂のうま味、甘みが味わえる。

 

所在地 :栃木県河内郡 上三川町(かわちぐん かみのかわまち)
飼料内容:自家産稲わら、くみあい配合飼料など
出荷月齢:平均32ヶ月齢

 

黒毛和種(雌)

 

とちぎ霧降高原牛
(とちぎきりふりこうげんぎゅう)

指定された配合飼料を給与され、清潔な環境の下で肥育飼養可能だと認定された指定生産者によって肥育されています。
給与される配合飼料のメイン原料であるトウモロコシは、遺伝子組み換えをしていないもの(NON-GMO)を使用しております。
平均出荷月齢は肉質の改善と枝重の増大をねらうことからやや長くなっており、そのため肉質は全国平均を常に上回り、極めて高品質な交雑牛としての市場評価を得ています。
また平成20年7月に行われました第10回全農肉牛枝肉共励会交雑種の部では、当指定生産者の出品牛が、最高位である『最優秀賞』を受賞し、その肉質の高さが証明されました。

 

所在地 :栃木県宇都宮市(うつのみやし)
品質規格:2等級以上

 

とちぎ霧降高原牛

 

とちぎ高原和牛
(とちぎこうげんわぎゅう)

「とちぎ高原和牛」は血統明確な黒毛和種であり、栃木県の豊かな自然環境の中、約2年の長い年月をかけて243名の指定生産者によって一頭一頭、愛情を込めて育てられました。

 

所在地 :栃木県宇都宮市(うつのみやし)
品質規格:AB・2等級以上

 

 

とちぎ和牛
(とちぎわぎゅう)

指定生産者によって肥育された黒毛和種であり、枝肉格付がA・Bの4等級以上に格付された枝肉だけに与えられる銘柄名です。
指定生産者は県内各地に243名おり、そこで飼養されている和牛は約1万頭、その大部分が東京食肉市場に出荷しています。
サシの入った霜降り肉で、キメが細かく、柔らかく、風味豊かな、旨味の秀でた味の芸術品です。
また平成20年7月に行われました第10回全農肉牛枝肉共励会黒毛和種の部では、指定生産者の出品牛が、最高位の『名誉賞』を受賞し、その肉質に対する評価はますます高くなっています。

 

所在地 :栃木県宇都宮市(うつのみやし)
飼料内容:肥育後期に米を含む飼料を給与
出荷月齢:平均32ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

那須高原牛
(なすこうげんぎゅう)

JA那須管内で肥育された安全、安心な牛です。
牛舎環境の整備による健全牛の生産管理。

 

所在地 :栃木県那須塩原市(なすしおばらし)
飼料内容:米粉入り指定配合飼料
出荷月齢:28ヶ月齢前後

 

那須高原牛

 

那須ハーブ牛(なすハーブぎゅう)

栃木県北部、旧那須の国のさくら市は、那須岳のすそのに広がる大自然の中で、温暖な気候、きれいな水、長い日照時間、そして何より私たち生産者の愛情をたくさん注ぎこめて育てられた「那須ハーブ牛」。
品質の良い肉を供給するだけでなく、ハーブ飼料を牛に食べさせる事でハーブが持つ免疫力向上などの様々な効能により牛が健康に育ち、抗生物質やホルモン剤を使用しない「安全」で「安心」で「美味しい」牛肉を提供しています。

 

所在地 :栃木県さくら市(さくらし)
飼料内容:那須ハーブビーフ(ハーブ入り発行飼料)
出荷月齢:28ヶ月齢前後

 

那須ハーブ牛

 

那須和牛

JAなすの和牛部会員の飼育牛並びに肥育牛部会員の生産した枝肉にて、肉質等級A・B3等級以上の肉質。
牛舎環境の整備による健全牛の生産管理。

 

所在地 :栃木県那須塩原市(なすしおばらし)
飼料内容:炭粉を添加し、肥育後期には米粉を配合飼料に混ぜる。地元の稲わらを使用
出荷月齢:30ヶ月齢前後
品質規格:AB・3等級以上

 

 

日光高原牛
(にっこうこうげんぎゅう)

指定された配合飼料を給与され、清潔な環境の下で肥育飼養可能だと認定された指定生産者によって肥育されています。
給与される配合飼料のメイン原料であるトウモロコシは、遺伝子組み換えをしていないものを使用しております。
平均出荷月齢は肉質の改善と枝重の増大をねらうことからやや長くなっており、そのため肉質は全国平均を常に上回る、極めて高品質牛肉としての市場評価を得ています。
また平成20年7月に行われました第10回全農肉牛枝肉共励会交雑種の部では、指定生産者の出品牛が、最高位の『最優秀賞』を受賞し、その肉質の高さが証明されました。

 

所在地 :栃木県宇都宮市(うつのみやし)
品質規格:2等級以上

 

日光高原牛

 

前日光和牛
(まえにっこうわぎゅう)

日光連山を水源とする清涼で良質な水を飲料水として肉質、脂質、食感をよくするために、ふすま、麦類、米ぬかを配合し、清潔な環境のもと丹精込めて飼育管理をしている。

 

所在地 :栃木県栃木市(とちぎし)
飼料内容:大麦、とうもろこし、大豆かす、ふすまを主体に配合
出荷月齢:30ヶ月齢前後
品質規格:3等級以上

 

 

みかも牛
(みかもぎゅう)

県内で生産された牛肉に中で、ほど良い霜降りで、肉質、脂質ともに優れているものを「みかも牛」ブランドとして出荷。

 

所在地 :栃木県足利市(あしかがし)
出荷月齢:24~33ヶ月齢
品質規格:B.M.S.№3以上

 

 

 

与一和牛
(よいちわぎゅう)

太田原市で育てられたA5等級の和牛肉。

 

所在地 :栃木県大田原市(おおたわらし)
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:A5等級

 

 

群馬県牛

赤城牛『総称』
(あかぎぎゅう)

複雑な流通経路を排除し、生産者から小売店・消費者までの距離を短くする事が可能なブランド。

組合の中核となる鳥山牧場を中心とした、肉質重視の交配を推進し常に食べる立場からの視点に注視し、厳選した粗飼料及び配合飼料を活用する。

霜降り重視に限らない、肉自体の旨味や脂の旨味にこだわっている。

 

所在地 :群馬県渋川市(しぶかわし)
出荷月齢:28~30ヶ月齢
品質規格:A4等級を主体とする

 

黒毛和種(赤城和牛と称する)

 

 赤城牛

 

群馬牛
(ぐんまぎゅう)

恵まれた自然環境と快適な飼育環境の中で育てられた牛です。
柔らかな舌触りと、奥深い味わいが特徴です。

 

所在地 :群馬県渋川市(しぶかわし)
出荷月齢:平均32ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

 群馬牛

 

五穀牛
(ごこくぎゅう)

所在地 :栃木県
飼料内容:スーパーネッカリッチを配合
品質規格:2等級以上

 

 

 五穀牛

 

上州牛(じょうしゅうぎゅう)

群馬県で肥育された黒毛和牛と交雑牛の総称として首都圏を中心に支持されている群馬県産牛の代表銘柄牛です。
「上州牛」は食肉処理の衛生管理にHACCP方式を行っている対米輸出認定工場である(株)群馬県食肉卸売市場で処理されたものに限定しています。
麦作の盛んな群馬県では麦類多配の伝統的な飼養体系が、肉の風味を良く仕上げるとともに、高い衛生処理基準を追求する事により安心な「上州牛」が提供されます。

 

所在地 :群馬県佐波郡 玉村町(さわぐん たまむらまち)
品質規格:2等級以上

 

 

上州牛

 

上州新田牛
(じょうしゅうにったぎゅう)

上州新田牛はその肥育農家の熱心さも特徴的であり、常に肉質の向上に努める姿勢を持っていることやその肥育管理においても牛へのきめ細やかな配慮を行っていることから、とても良い肉質を作る大きな要素となっています。
そして、牛が食べる餌にも配慮がなされており、くみあい配合飼料という統一した飼料を与えることによって、牛が健全に育つようになっています。
この配合飼料の中には太田市一帯で栽培されている麦やトウモロコシが多く配合されていることから、地産地消で非常に安全性の高い飼料であることが証明されています。

 

所在地 :群馬県太田市(おおたし)
品質規格:3等級以上

 

 

上州新田牛

 

上州和牛
(じょうしゅうわぎゅう)

群馬県で肥育された総称「上州牛」の黒毛和牛を「上州和牛」として販売することができる。
同様に(株)群馬県食肉卸売市場で処理されたものに限定しています。
麦類多配の伝統的な飼養体系が、肉の風味を良く仕上げるとともに、高いHACCPPによる衛生管理方法により、安心で美味しい牛肉を提供します。

 

所在地 :群馬県佐波郡 玉村町(さわぐん たまむらまち)
品質規格:2等級以上

 

 

低脂肪牛

低脂肪牛とは、国産ホルスタインを赤城山南麓で健康に肥育した低カロリー高タンパク低脂肪のヘルシー牛肉です!
和牛A5に比べてカロリー45%・タンパク質133%・脂肪はなんと31%!赤身肉なのでヘム鉄豊富で女性の美容と健康のお役に立てる牛肉です!

 

所在地 :群馬県前橋市(まえばしし)
出荷月齢:20ヶ月齢以下

 

低脂肪牛

 

榛名山麓牛
(はるなさんろくぎゅう)

稲わらではなく麦を給与されて肥育される独特な生産方法によって産み出される肉質はとても上質です。

 

所在地:群馬県北群馬郡 吉岡町(きたぐんまぐん よしおかまち)

 

 

榛名山麓牛

 

増田和牛
(ますだわぎゅう)

所在地 :群馬県高崎市(たかさきし)
出荷月齢:平均34ヶ月齢

 

但馬系(雌)

 

埼玉県

FMVA認証牛
(FMVAにんしょうぎゅう)

個体ごとに認証する農場管理獣医師協会の第三者認証(FMVA認証)を取得した牛肉。

 

所在地 :埼玉県本庄市(ほんじょうし)
出荷月齢:27ヶ月齢前後
品質規格:B2~A5等級

 

 

FMVA認証牛

 

彩さい牛
(さいさいぎゅう)

彩さい牛の肥育管理では安心・安全を重要視して、生産履歴を蓄積しています。
それにより、安心の証明である「FMVA認証」を個体毎に取得しています。
彩さい牛に国産常緑樹皮炭と木酢液のスーパーネッカリッチ混合の飼料を給与することにより、牛の健康が保たれます。
その上、こうして飼育された牛は彩さい牛の特徴である、色鮮やかで甘味のある、脂肪がサラッとした肉質に仕上がります。

 

所在地 :埼玉県児玉郡 上里町(こだまぐん かみさとまち)
出荷月齢:26~32ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

彩さい牛

 

埼玉武州和牛
(さいたまぶしゅうわぎゅう)

岩手県産和牛を主体に導入し、配合飼料を指定し、ブレンドしている。
肥育期間をかけて、肉の風味、甘味、そしてきめの細かい肉質をモットーにした銘柄和牛です。

 

所在地 :埼玉県本庄市(ほんじょうし)
飼料内容:スーパーネッカリッチを配合
出荷月齢:28~34ヶ月齢
品質規格:2等級以上

 

 

彩の夢味牛(さいのゆめみぎゅう)

統一したブランド用肥育配合飼料を使用し、後味の良い、サッパリした甘みのある脂質で、また食べたくなる牛肉です。
彩の国畜産物生産ガイドラインによる衛生管理を実施しています。

 

所在地 :埼玉県
飼料内容:指定配合飼料
出荷月齢:26ヶ月齢前後

 

 

彩の夢味牛

 

深谷牛
(ふかやぎゅう)

肉質の良い系統の親から生まれた黒毛和種の素牛を導入し、会員が統一した飼養管理により肥育した牛を「深谷牛」としている。
"ねぎの里"深谷で生まれた深谷牛は肉のきめが細かく、サシ(脂肪交雑)の入りが良く風味があります。
平成14年9月から国内最初に生産履歴、流通履歴を公開して販売を始め、現在は生産者と販売業者で履歴管理の協定を締結して生産、販売をしています。

 

所在地:埼玉県深谷市(ふかやし)
飼料内容:指定配合飼料
出荷月齢:28~34ヶ月齢

 

 

ほほえみ牛
(ほほえみぎゅう)

川口市場と指定農家が自信をもって届ける安心と信頼のブランド牛。

 

所在地 :埼玉県川口市(かわぐちし)
出荷月齢:22ヶ月齢以上
品質規格:2等級以上

 

 

 

千葉県

飯岡牛
(いいおかぎゅう)

潮風がそそぐ、穏やかな環境のもと、一頭一頭大切に育てられた黒毛和牛です。
厳選された飼料と、ストレスの少ない環境で育ったため、柔らかく、味と香りが豊かな点が特長です。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
飼料内容:良質な国産稲わら、大麦、米ぬか、大豆、トウモロコシなど
出荷月齢:28ヶ月齢以上
品質規格:AB・3等級以上

 

 

かずさ和牛
(かずさわぎゅう)

きめ細かい柔らかい肉質と理想的なバランスで織り込まれた“さし”。
特にその味は、芳しい香りと共にまろやかな旨みとして舌に残ります。

 

所在地 :千葉県千葉市(ちばし)
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:3等級以上

 

 

コウゴ牧場牛
(コウゴぼくじょうぎゅう)

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
出荷月齢:25ヶ月齢以上

 

 コウゴ牧場牛

 

しあわせ絆牛
(しいあわせきずなぎゅう)

ハーブとビタミンEの給与により、風味豊かな牛肉に仕上がっています。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
出荷月齢:26~28ヶ月齢

 

しあわせ絆牛

 

しあわせ満天牛
(しあわせまんてんぎゅう)

ハーブとビタミンEを給与して、風味豊かな牛肉に仕上がっています。

 

所在地:千葉県旭市(あさひし)
出荷月齢:26~30ヶ月齢

 

 

せんば牛
(せんばぎゅう)

所在地 :千葉県千葉市(ちばし)
飼料内容:県内の飼料・粗飼料を活用
出荷月齢:平均27ヶ月齢

 

 

せんば和牛
(せんばわぎゅう)

所在地 :千葉県千葉市(ちばし)
飼料内容:県内の飼料・粗飼料を活用
出荷月齢:平均30ヶ月齢

 

 

そうさ若潮牛(そうさわかしおぎゅう)

交雑種がメインの牛肉としては非常に高い品質のものが多く流通しているのが魅力であります。
その肉の味としては、脂身が多すぎず少なすぎずという適度なのり具合であり、なおかつきめ細やかな肉質で柔らかな食感であるのが特徴です。
その肉質からも、焼肉やすき焼きなどの調理方法に適しており風味と食感を十分に堪能できます。

 

所在地 :千葉県匝瑳市(そうさし)

出荷月齢:平均30ヶ月齢

 

 

そうさ若潮牛

 

千葉しあわせ牛
(ちばしあわせぎゅう)

ハーブとビタミンEの給与により、風味豊かな牛肉に仕上がっています。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
出荷月齢:20~22ヶ月齢

 

 

千葉しおさい牛
(ちばしおさいぎゅう)

「軟らかい」「おいしい」をモットーに、同一飼料を使用し、出荷月齢を交雑種で25ヶ月、黒毛和種で30ヶ月以上としている。

 

所在地 :千葉県山武郡 横芝光町(さんぶぐん よこしばひかりまち)
出荷月齢:23~33ヶ月齢

 

 

千葉しおさい牛

 

千葉若潮牛
(ちばわかしおぎゅう)

太平洋に面し、冬は温暖で夏は冷涼な気候で、良質な牛肉を生産するのに適している。
風味豊かで脂肪も細かく軟らかい牛肉。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
飼料内容:穀類を主体とした飼料を給与
出荷月齢:平均27ヶ月齢

 

 

  千葉若潮牛

 

ナイスビーフ

千葉県の旭市は黒潮の恩恵を受け、温暖な気候で知られる地域です。
そのような牛の肥育に適した土地で、こだわりの飼料を与えられて育てられているのがナイスビーフです。

 

所在地:千葉県銚子市(ちょうしし)
出荷月齢:28~30ヶ月齢

 

 

ナイスビーフ

 

林牛
(はやしぎゅう)

安全安心な牛肉を消費者に提供するため、厳選された飼料を使用しています。

また、良質牛肉生産のため、それぞれの肥育時期に適した栄養レベルを設定し、個々の原料を適切に組み合わせた飼料です。

牛の健康に重点を置いて管理をして、常にバランスの良い配合飼料と品質の良い国産稲ワラを給与しています。

牛床や飼槽を衛生的に保っています。

 

所在地 :千葉県香取郡 東庄町(かとりぐん とうのしょうまち)
出荷月齢:27ヶ月齢

品質規格:2等級以上

 

林牛

 

美笑牛
(びしょうぎゅう)

父牛の血統を但馬系にし、一般的な黒毛和種よりも長い30ヶ月以上肥育し、融点の低いあっさりとした脂、うまみのある赤身に仕上げました。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
出荷月齢:30ヶ月齢以上

 

黒毛和種(但馬系)

 美笑牛(雌のみ)

 

みやざわ和牛
(みやざわわぎゅう)

自然豊かな北総台地で、愛情いっぱいに育てられた和牛です。
自農場一貫生産なので生産履歴が明確で安全、安心な牛肉です。

 

所在地 :千葉県旭市(あさひし)
飼料内容:とうもろこし、大麦、ふすま、米ぬか、チモシー、国産稲わらなど
出荷月齢:28ヶ月齢以上
品質規格:3等級以上

 

 

八千代牛
(やちおぎゅう)

・千葉北部酪農に登録生産者により、指定配合飼料で育てられております。
・ホルスタイン種ですのでヘルシーで価格面でもリーズナブルです。
・安心して食べていただけるように消費、購入 又、利用する立場になり商品作りを行っています。

 

所在地 :千葉県八千代市(やちよし)
出荷月齢:21ヶ月齢前後

品質規格:2等級~3等級が主体

 

 

八千代黒牛
(やちよくろうし)

所在地 :千葉県八千代市(やちよし)
出荷月齢:26ヶ月齢前後
品質規格:3等級~4等級が主体

 

八千代黒牛

 

東京都

秋川牛
(あきかわぎゅう)

さっぱりとしてしつこくない清々しい肉質でありながら、柔らかくて味わいもとても豊かです。

 

所在地 :東京都あきる野市(あきるのし)
出荷月齢:30~32ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

東京黒毛和牛
(とうきょうくろげわぎゅう)

自然に恵まれた伊豆諸島の最南端青ヶ島の佐々木繁殖農家で生まれ、東京西部に残る貴重な自然地区の肥育農家にて、長期間、健康を第一に肥育された黒毛和種。
稲藁と乾草、純植物性飼料(大麦・とうもろこし)を給餌する。肉色は鮮やかな小麦色で肉質は細かく、柔らかく甘みがあり、さらっとした風味が特徴。

 

所在地 :東京都立川市(たちかわし)
出荷月齢:30ヶ月齢前後
品質規格:3等級以上

 

 

神奈川県

足柄牛
(あしがらぎゅう)

足柄牛は、和牛と乳用種の交雑種で、足柄の豊かな自然環境のなかで、特に育成前期において地域の特徴である足柄茶の粉末を与え、健康的に育まれた牛です。

生産者は、足柄牛生産者推進協議会を設立し、勉強会や講習会、研修会の実施を通じて、更なる銘柄の確立を目指しています。

 

所在地 :神奈川県南足柄市(みなみあしがらし)
出荷月齢:24ヶ月齢以上
品質規格:2等級以上

 

足柄牛

 

市場発横浜牛
(しじょうはつよこはまぎゅう)

市場発横浜牛は横浜食肉市場でと畜解体された和牛です。

 

所在地 :神奈川県横浜市(よこはまし)
出荷月齢:24~34ヶ月齢
品質規格:AB・4等級以上

 

 

葉山牛
(はやまぎゅう)

葉山牛の霜降りはお米や豆腐粕など、加熱した穀類を自家配合した独特の飼料で育て上げていることから、甘みがあってあおしいと高い評価を得ています。

また、とろけるような脂身は手のひらに乗せただけでとけだすほど。

これも葉山牛のおいしさの秘密です!

 

所在地 :神奈川県横須賀市(よこすかし)
出荷月齢:平均30ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

 

やまゆり牛
(やまゆりぎゅう)

やまゆり牛は、和牛と乳用牛の交雑種で、味は和牛、価格は乳牛というそれぞれの長所をいかしていることが特徴です。

 

所在地 :神奈川県厚木市(あつぎし)
出荷月齢:24ヶ月齢以上
品質規格:2等級以上

 

やまゆり牛

 

横濱ビーフ
(よこはまビーフ)

〜幕末の開港とともに発展した横浜は日本で初めて牛鍋屋が開かれるなど、数多くの食文化が生まれた街として知られています。
牛肉文化発祥の地であり文明開化の象徴である横浜で生まれた神奈川県産高品質牛肉です。

特定生産農家が熟練の技で愛情をもって横濱ビーフを育てます。
餌に統一の基本配合「横濱ビーフA」を使用することで上質な肉の味わいを均一に保っています。
この基本配合にとうふ粕・ビール粕等を加えた独自の発酵飼料を給与しています。牛にやさしい、地球にやさしいこだわりの餌です。

 

所在地 :神奈川県全域
出荷月齢:28~32ヶ月齢
品質規格:4等級以上

 

ページの先頭へ