世界の牛 図鑑 Vol.1

目安時間:約 4分

世界にはたくさんの種類の牛がいます。

そんな牛の品種について調べてみました。

Abigar(アビガー/アビガル)

原産国:エチオピア

 

アビガーは東アフリカで発見された牛の品種です。
彼らはサンガの牛に分類されます。
主に乳牛であるが、彼らはまた肉のためにも使用している。

牛は授乳あたり約750kgの牛乳を生産する。
アビガー牛の繁殖の起源は、ガンベラ地方の州、特にヌア族が占める地区であることが判明しています。
この品種の観察された生産と繁殖能力は、この地域における環境下で有望である。
アビガー牛は、頻繁な病気の発生、干ばつ、季節的飼料と水不足、高温と熱負荷に対応して丈夫な動物であると言われています。
しかし、調査地域ではアビガー牛の漸減傾向が報告されている。
獣医の不足、安全保障の欠如、洪水、再発する干ばつ、放牧地の劣化、などが原因です。

 

Abondance(アボンダンス)

原産国 :フランス

体重

雄牛:645~820㎏
雌牛:580~680㎏

体高

雄牛:170㎝
雌牛:130㎝

 

アボンダンスはフランスのオート=サヴォワ県(Haute-Savoie)の高い谷で生まれた牛の品種です。
彼らは頭(目の周り以外)、腹部の下側、そして脚の四肢が白色でそれ以外は黄金色の茶色です。
彼らのミルクは、脂肪とタンパク質の両方が豊富で、両者のバランスが良いです。
ミルクは、伝統的に、レブロホン、アボンデンス、トゥーム・デ・ベーグス、ビューフォートなどのアペラシオン・オリジン・コントローレ(AOC)チーズを生産するために使用されています。
一般的な搾乳量は、授乳1回当たり5700kgである。
この品種は、特に極端な温度変化に耐える能力、その繁殖力、繁殖の容易さ、その牛乳、長寿、良質の肉で評価されています。
現在、フランスでは約150,000頭います。
北米、英国、ニュージーランド、イラク、アフリカにも輸出されています。

 

Aceh(アチェ)

原産国:インドネシア

 

アチェはインドネシア北スマトラ州のアチェ州に生息する牛の品種です。
インドネシアの家畜牛の一つです。

 

Achham(アシャム)

原産国 :ネパール

体重

雄牛:平均 150㎏
雌牛:平均 110㎏

体高

雄牛:平均 97㎝
雌牛:平均 88㎝

 

アシャムは、ネパールのアシャム地域で見つかった牛の品種です。
体高が1メートル未満の小さな牛の品種です。
ネパールの希少な動植物のリストにあります。
体色は黒から白まで変化する、すなわち黒色、茶色、灰色、白、黒と白の斑点。
彼らはネパールの西部地域の農家、特にアハム、バジャン、バジュラ、ドッティ地区で飼育されています。

 

Adamawa(アダマワ)

 

原産国:ナイジェリア

 

アダマワは、ナイジェリアのアダマワ地域にいる固有の牛の品種です。
それらは多目的品種であり、農耕作業用の動物として使用され、牛肉および酪農生産のために使用される。
この品種は、ナイジェリアの総牛群の2%を占めています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ