世界の牛 図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Argentine Criollo(アルゼンチン・クリオロ)

原産国 : アルゼンチン
体重

雄牛:600〜800 kg

雌牛:400〜440kg

 

アメリカで発見されたクリオロ型の牛の1つであり、他にもテキサス・ロングホーン(Texas Longhorn)が含まれています。
クリストファー・コロンブスがアメリカにもたらした最初の牛の子孫です。
中程度の大きさの牛の品種です。
雄雌共に角があり、その角は中程度の大きさで湾曲しています。
牛乳と肉の両方の生産に適しています。
平均して、毎日約4~6kgの牛乳を生産することができます。
非常に丈夫な動物で、彼らの地域の環境に非常に適応しています。

 

Armoricaine(アメリケーヌ)

原産国:フランス

体重 :約650㎏

体高 :約138㎝

 

ArmoricaineまたはArmoricanは絶滅の危機に瀕しているフランスの牛の品種です。
それは19世紀のブルターニュで始まりました。
地元のFroment duLéonと現在消滅しているPie Rouge de Carhaixの交配によって、19世紀に英国から輸入されたDurham(現在はShorthornと呼ばれています)の品種によって作られました。
それはまれであり、FAOは2007年に「危機的に危機に瀕している」と表明している。
2005年の頭数は約240頭、2014年の頭数は263頭でした。
肌色は赤く、白いマーキングが付いています。
二重目的の品種であり、肉と牛乳の両方のために育てられます。
牛は約305日間の授乳期間中に約4500リットルの牛乳を生産する。

 

Arouquesa(アロウケーサ)

原産国 :ポルトガル
体重  :約360~430㎏
体高

雄牛:平均 136㎝
雌牛:平均 123㎝

 

Arouquesaはポルトガルの牛の品種です。
雄は雌より少し暗くなるかもしれませんが、彼らの体毛の色は明るい茶色です。
角は最初に前方に、そして次に上方に向けられています。
アロウケーサは山々に適応しています。
後ろ足は非常に筋肉質です。
今日のポルトガルでは、まだ農耕作業用として働いています。
過去の1世紀は、牛肉のためにイギリスに輸出されることが多かった。
1902年、パリで「ベストビーフ賞」を受賞したのはアロウケーサ牛です。
残念ながら、この優れた、霜降りの肉は今日はポルトガルでしか知られていません。
そこでは、彼らは牛肉生産のための最高の品種と見なします。
非常に長生きです。
牛1頭あたり16~18匹の子牛は珍しくありません。
飼育地域は、ほとんどがヴィゼウ、アベイロ、ポルト、ブラガの北ポルトガル地区に限定されています。

 

Asturian Mountain(アストゥリアス・マウンテン)

原産国:スペイン

 

アストゥリアス・マウンテン(スペイン語:Asturiana de laMontaña)は、地元のスペイン産の牛で、顕著な飼養能力、飼育能力、習熟度が保有されています。
彼らは主に、アストゥリアスの東、スペイン北部、特にコヴァドンガ国立公園内を含むピコス・デ・エウロパの山脈で飼育されている。
アストゥリアス・マウンテンの繁殖は、非常に長い間アストゥリアス東部の風景と生態系の一部となっています。
この品種は、北部のスペイン産の品種のみを含むカンカブロ(Cantabric trunk)として知られているスペインの独占的な品種に属し、そのうち最も多くはアストゥリアスバレー牛である。
アストゥリアス・マウンテンは、歴史的にアストゥリアスに位置する東部のロッソ牛の子孫です。
その結果、品種はRAM(Roxa、Asturian Mountain)と呼ばれることがあります。

 

Asturian Valley(アストゥリアス・バレー)

原産国:スペイン

体重 :600~700㎏

 

アストゥリアス・バレーは、スペインのアストゥリアスの谷に由来しています。
彼らは主にビスケー湾の北部沿岸地域と山脈Cantábrica山脈の麓の川の谷で育っています。
この品種は、スペイン北部の純粋品種のみを含むトロントカンタブリーコ(Cantabric trunk)として知られるスペインの独占的な集団に属しアストゥリアスバレーも含まれています。
これらすべての品種のうち、アストゥリアス・バレーは最大の数を維持しています。
伝統的に、牛乳、肉、仕事(農耕作業用)に使われました。
他の乳用品種がスペインに導入されて以来、酪農業界での飼育数は低下しています。
Casínチーズを生産するために使用される3つの品種の1つになっています。
19世紀までに、スペイン北部で最も多い品種でした。
20世紀の初めに、外国品種の大規模な輸入はアストゥリアスバレーの数を危険なほどに約22,000頭に減らしました。
1980年代に、アストゥリアナ・デ・ロス・バレス(ASEAVA、1981年に設立されたアストゥリアスバレーの繁殖牛の飼育家スペイン協会)とスペイン政府が保護する動きを開始しました。
現在はこの種は北部地域で再び飼育されるようになり、スペインの他の地域にも広がっています。
脂肪やタンパク質が豊富な高品質の肉や牛乳で高く評価されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

 

世界の牛 図鑑 Vol.4

 

ページの先頭へ