世界の牛 図鑑 Vol.28

目安時間:約 8分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hungarian Grey
(ハンガリー・グレー)

 

原産国:ハンガリー

重量

雄牛:800~900㎏
雌牛:500~600㎏

体高

雄牛:145~155㎝
雌牛:135~140㎝

 

Hungarian Grey(ハンガリー語: 'MagyarSzürke')は、Hungarian Steppeとしても知られており、ハンガリー固有の肉牛です。
Podolic(ポドリック種)のグループに属しており、広範囲の牧草地システムによく適応しています。
色は銀白色から灰色まであります。
他のPodolic(ポドリック種)と同様に、子牛は小麦色で生まれ、生後3ヶ月で灰色になります。
Hungarian Greyは頑強で、出産が簡単で長命です。
角は上向きで、長くて曲がっています。
品種はおそらく東からハンガリーの低地への9世紀のハンガリーの移民と共に移動しました。
中世と近世においては、農耕作業用として使用されていましたが、1861年から早熟性とその牛肉品質のために飼育され、ヨーロッパの市場でよく見られます。
今日では、Hungarian Greyは、ホルトバジー国立公園や他のハンガリー国立公園で主に観光名所の中で飼われています。
1975年までに残ったのは300頭に過ぎませんでしたが、その後その数は増えました。
頭数の回復は、ハンガリー政府による努力によるものです。

 

Icelandic
(アイスランド)


原産国:アイスランド

 

牛は最初に千年前にアイスランド島に持ってこられました。
多種多様な色とマーキングを持つ特にカラフルな品種です。
何世紀にもわたって遺伝的に隔離されてきましたが、最も密接にBlacksided TroenderとNordland牛と呼ばれるノルウェーの品種に関連しています。
アイスランドに牛を輸入することは許可されていないため、厳格な疾病予防措置によって保護されています。
小さい乳牛です。
平均的な牛は年間約6,000㎏の牛乳を生産することができ、最高の牛乳量は11,000㎏を生産します。
彼らは一年のうち約8ヶ月間飼育され、主に干し草を食べさせられます。
約3万頭の牛がいますが、その牛乳はマイルドでバター風味のチーズの製造に使用されています。
アイスランドの牛からのミルクはskyr(スキール)を作るのに使用されています。
*skyr(スキール)とはアイスランド産のヨーグルト

 

Illawarra
(イラワラ)


原産国:オーストラリア

 

Illawarra牛種はオーストラリアの酪農家によって始められました。
オーストラリアの酪農家は、多くの酪農種、特にAyrshire、Devon、およびMilking Shorthornから優れた牛の血統を紹介することによって彼らの群れを改良しました。
Illawarraという名前は、初期のオーストラリアのIllawarra Shorthorn(AIS)から短縮され、New South WalesのIllawarraに由来し、Shorthornの元の輸入種やその他の品種から生まれました。
肌色は白か褐色(赤と白の混合)のある、主に赤色の角のある大きな額の家畜です。
1998年の公式テストで、Illawarra牛はオーストラリアの牧草地生産システムのもとで平均4,829リットルの牛乳、4%強のバター脂肪と3.4%のタンパク質の牛乳を生産しました。
2010年のオーストラリアの乳製品改良レポートによると、Illawarra牛の平均生産量は6733リットルで、バター脂肪率は3.95%、タンパク質率は3.29%です。
長寿のために注目されている非常におとなしい牛です。
摂氏40度を超え、摂氏0度を下回る天気に耐えることができます。
彼らは餌を最大限に活用し、多くの補助的な餌を必要としません。
中央アメリカ、インドネシア、日本、韓国、アメリカ、カナダ、中東、ニュージーランド、太平洋諸島、パキスタン、イギリスおよびアメリカ合衆国に輸出されています。

 

Indo-Brazilian
(インド-ブラジル)


原産国:ブラジル

 

Indo-Brazilianは、Gir、Kankrej、およびインドから持ち込まれたOngole牛からブラジルで開発されたZebu牛の品種です。
これはアメリカのブラフマンを生み出したのとほとんど同じ交配種ですが、2つの品種は外観が異なり、Indo-Brazilianは垂れ下がるはるかに長い耳を持っています。
熱や寄生虫に対する抵抗力が強く、熱帯地方で飼育されています。
短い角と非常に大きな耳を持ち、肌色は白から濃い灰色です。
彼らは典型的なZebuの肩こぶを持っています。
ブラジルでは、1940年代まではこれが最も使用されていたゼブ種でしたが、1950年代以降、Neloreがより一般的になりました。
今日、ブラジルの牛肉生産量の約90%はNeloreによるものです。
1940年代にこの品種の雄牛はアメリカの農民に売られ、ブラフマン牛の生産に使われました。

 

Irish Moiled
(アイリッシュ モイルド)


原産国:アイルランド

 

アイルランド原産の希少種の牛で、アイルランドで最も古い牛の品種の1つです。
牛肉と牛乳の両方のために飼育されている二重目的の品種です。
Leitrim郡、Sligo郡、Down郡、Donegal郡で生まれましたが、その品種は現在アイルランド中に見られます。
無角で、一般的に背中やお腹の白線と赤い色です。
通常、斑点の顔を持つことが知られております。
名前は、「Maol」という用語に由来しています。
この用語はゲール語で「はげ」を意味します。
頭がマウンドのように形作られていて非常に独特です。
非常に危険にさらされており、1980年まではその減少はかなりのものでした。
現在アイルランド全土および英国の一部で飼育されています。
「アイリッシュ・モイルドの牛肉の品質は、文字通り、この品種を絶滅の危機から救ってくれたと言われました。」

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ