世界の牛 図鑑 Vol.23

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Garvonesa
(ガルボネサ)

原産国:ポルトガル

 

Garvonesaは、ポルトガルの中心部にあるアレンテージョ地方の在来種です。
Alentejanaの品種に非常に近いと言われていました。
それが別品種として認識される前は、それらはAlentejanaの変種と見なされていました。
その名前はOuriqueの自治体のGarvãoの教区から来ています。
1994年に、南西アレンテージョとコスタヴィチェンティーナ自然公園(NAVSNP)と保護協会の代表団(ICN)が繁殖計画を立てたとき、純血種は非常にまれでした。
2004年は145頭で2013年に1000頭に達し、保存プログラムが設定されました。
色は暗褐色の頭と脚を持つ象牙色で、ほぼ黒です、上部の背中は少し明るくなっています。
過酷な気象条件にもかかわらず、仕事ができることで長い間評判が高かったです。
田園地帯の機械化によって、牛肉の品種に変換されています。

 

Gascon
(ガスコンヌ)

原産国:フランス

体重

雄牛:800~950㎏
雌牛:550~700㎏

体高

雄牛:平均 145㎝
雌牛:平均 135㎝

 

この種には2つの異なる種類があります。
muqueuses noires(ムケウスノワール)とaréolé(アレオレ)。
これらは1955年に一つ品種にまとめられました、しかし1999年に彼らは再び二つの異なる品種となりました。
Gasconには、他のどの種類の牛とも異なる点が多くあります。
毛皮の硬さはその1つです。
毛皮の硬さは、他の牛よりも寒い天候に耐えることを可能にします。
分娩がしやすい。
他の牛とは異なり、ずっと短期間で陣痛を起こします。
もう一つの特徴は、子牛が他の種類の牛よりも成長が早いと言うことです。
灰色の毛皮をしています。
雄牛は灰色ですが、下に黒い陰影があります。
もともとフランスのピレネー山脈で繁殖していましたが、そこでは厳しい気候と限られた資源がこの品種に見られる適応をもたらしました。
冬は低地で、夏はピレネー山脈で過ごすため、彼らは気候の大きな変化に慣れています。

 

Gelbvieh
(ゲルビエ)

原産国:ドイツ

 

Gelbvieh(「catlbfiː」と発音、ドイツ語で「黄色い牛」を意味する)は、18世紀半ばにドイツのバイエルン州のいくつかのフランコニア地方で生まれた牛の品種です。
Gelbviehはもともと「赤黄色のフランコニア牛」として知られており、いくつかの地元の品種から開発されました。
もともと3つの目的の牛(牛乳、牛肉、および農耕に使用される)として繁殖されました、しかし現代は主に牛肉生産に使用されます。
高い成長率と飼料効率で知られており、もともと成長が早い、成熟が早い、ロースの長さ、そして長寿のために選択されました。
多くの異なる放牧地や気候条件に適応することができます。
純血種のGelbviehはある種の品種改良のために外部の遺伝学を用いて繁殖してきましたが、雄雌ともに88%Gelbviehのままでなければなりません。
スペイン、ポルトガル、イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、南アフリカを含む世界中のいくつかの国々に輸出を通じて導入されてきました。
現在カナダでは6番目に大きな牛肉の品種で、年間登録数は3500頭です。
最初のアメリカのGelbvieh牛は、1971年にドイツから輸出されました。
Gelbvieh協会は同じ年に結成されました。
現在米国には45,000頭の登録されたGelbvieh牛がいます。

 

Georgian Mountain
(ジョージア マウンテン)


原産国:ジョージア

重量:180~230㎏(雄牛最大300㎏)
体高:98~102㎝

 

ジョージア・マウンテン(Georgian Mountain)は、ジョージア共和国の在来種です。
黒、白黒、または赤と白の色をしています。
コーカサス山脈の厳しい山の状態に適応した、非常に小さな品種です。
この品種は、その高い敏捷性と堅牢な造りによって特徴付けられます。
これらの特徴、それ自身を方向付ける能力および堅い蹄のおかげで、それは山の牧草地の典型的な急勾配によく適応しています。
成体牛の平均乳生産量は、食料不足の状態では800〜900 kgであり、豊富になると1300〜1500 kg(または最大2500 kg)に達することがあります。
高脂肪(4%)およびタンパク質(3,4%)含有量の牛乳を生産することに加えて、この品種は優れた牛肉も持っています。
1980年には、ジョージア州の山岳牛の約8万頭が登録され、国内で飼育されている牛の17%を占めました。
現在では、この割合は10〜15%に減少しています。

 

German Angus
(ジャーマン アンガス)

原産国:ドイツ

体重

雄牛:950〜1,200 kg
雌牛:600〜700 kg

体高

雄牛:135〜150 cm
雌牛:125〜140 cm

 

ジャーマン・アンガス種は、1950年代にドイツのブラックパード種の牛、Gelbvieh、Fleckviehのようなドイツ原産の異なる種類の牛とアバディーン・アンガスを交配することによって作成された最初の肉牛です。
新しい品種は元の品種より大きくて重く、そしてより高い体重増加を示します。
この品種は、牛の授乳や植生管理に使用されます。
色は単色の黒か赤です。
簡単な分娩と良い性質によって知られています。
ドイツでは、その品種は1990年以来統合されており、2002年以来Aberdeen Angusと共に1冊のスタッドブックに記録されています。
アンガス牛は、さらなる改良のために、依然として主に米国から輸入されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ