世界の牛 図鑑 Vol.20

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Dwarf Lulu
(ドワーフ・ルル)

原産地域:中央アジア

 

Mustang地区の在来種であるDwarf luluは、Mustang地区の高地で放牧されています。
それは、タウリン、ヤク、ゼブウの牛の遺伝子を持っています。
Dwarf luluは絶滅の危機に瀕しています。
雌牛の体重は68〜153kgであり、恐らく最も小さな雌牛となります。

 

Eastern Finncattle
(イースタン フィンカトル)


原産国:フィンランド

体重

雄牛:約600㎏
雌牛:約440㎏

体高

雄牛:135㎝
雌牛:118㎝

 

フィンランド東部の牛の品種です。
乳製品と牛肉の生産に使用される二重目的の品種です。
牛は授乳あたり約4100kgの乳を生産し、脂肪は約4.4%、タンパク質は3.5%である。
1890年代に別種として認識されました。

国の東部は、特にカレリアとサボは、西部と南部の地域に比べ、輸入牛の影響を受けませんでした。
1898年にKuopio(Savo)で行われた会議で品種協会を確立しました。
1927年には、登録された4620頭の雄牛と14650頭の雌牛が確認された。
生産的ではない在来の牛は時代遅れであり放棄された。
1980年代には、わずか50頭の雌牛と10頭未満の雄牛が残っていた。
フィンランドは、EUに加盟して以来、地元の品種を飼育する農家を積極的に支援してきました。
1997年、純粋な牛の数は、東フィンランドと北フィンランドでは100頭を超えました。
現時点では、純粋な(4世代まで)牛の数は約450頭です
その数は徐々に増えています。
この品種は現在人気を得ています。

 

Ennstal Mountain Pied
(エンスタル マウンテン パイド)

原産国:オーストリア

Ennstal Mountain Piedは、絶滅の危機に瀕しているオーストリアの家畜種です。
名前はEnnstal、Enns川の谷から来ています。
農耕作業用や牛肉としてかつて人気がありましたが、18世紀にはMurboden Cattle、Pinzgau Cattle、またはCarinthian Blondviehに置き換えられました。
太っていないが、肉は霜降りになっている。
最後の2頭の牛は1986年に絶滅したと考えられていたが、生き残った牛がいくつか見つかった。
絶滅の恐れのある家畜の品種保存のための連合(VEGH)と遺伝子保存のためのオーストリアの全国連合によって組織されています。
2004年にはオーストリアでも6農場に65頭が確認された。

 

Estonian Red
(エストニア レッド)

原産国:エストニア


体重

雄牛:800〜900 kg 最大1000 kg
雌牛:450〜550 kg 最大780 kg

 

エストニア・レッドは、在来のエストニアの牛とアングラーおよびデンマークの赤牛との交配から進化しました。
この交雑の開発は1800年代半ばに始まり、脂肪含有量が高く、収量が増加した牛乳を生産する品種を生み出すことを目的としていました。
1885年に最初のエストニア・レッドが登録されました。
第一次・第二次世界大戦の間に多くの牛が死んだが、エストニア・レッドは19世紀の終わりごろにエストニア中に広がり始めました。
過去10年間で、この品種を改良するために7種類の品種が使用されてきました。
これらは、Angler、Danish Red、Swiss、Red Holstein、Norwegian Red、Ayrshire、およびSwedish Red and Whiteです。
エストニア・レッドは今やエストニアの全牛の63.3%を占めています。
1頭あたりの平均乳量3784 kg、脂肪含有量3.98%、タンパク質含有量3.30%。
改良は、純粋な繁殖とデンマークレッドとアングラーとの交配によって行われています。

 

Évolène
(エヴォレーヌ)


原産国:スイス

体重

雄牛:600~700㎏
雌牛:平均750㎏

体高

雄牛:約130cm
雌牛:115~125 cm

 

エヴォレーヌはスイスのヴァレー州の乳牛の品種です。
それは絶滅危惧種の牛です。
中型の品種で黒色または赤色です、牛乳の生産よりも牛肉の生産に多く使用されています。
乳生産量は年間約3,200 kgで、脂肪含有量は約3.8%です。
品種は山岳地帯の牧草地に適応しています。
白い部分は主に背中と腹部にあります。
短くて強い足と短くて広い頭を持っています。
角は非常に丈夫で、非常に長いです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ