世界の牛 図鑑 Vol.8

目安時間:約 5分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Baherie
(ベーリー)

原産国:エリトリア

面積:11.76万平方キロメートル(北海道と九州とを併せた広さとほぼ同じ)

人口:495万人

首都:アスマラ

 

Baherie牛は、エリトリア東部のMassawa地方の海岸で発見された牛の品種です。
海/海洋の牛を意味するBahari、またはソマリアやイエメンのアデンからの牛を意味するBerberaと呼ばれています。
これらの別名は、アラビア半島からの牛の起源と、ソマリアの牛との密接な関係を示唆している。
ソマリアのショートホーン・ゼブのサブグループに入っています。
短い角で小さい品種です。
牛乳と肉のために使われます。

 

Balancer
(バランサー)

原産国:アメリカ

 

バランサーは、最も価値のあるアメリカの牛の品種の1つです。
Gelbvieh(ゲルビエ)とAngus(アンガス)の交配種です。
この組み合わせは、牛の繁殖、飼料の消化方法の改善、収量の向上など、さまざまなことに役立ちます。
優れた繁殖能力と高品質の肉で知られています。
バランサー(Balancer)は、アメリカン・ゲルビエ協会によると、75〜25%のゲルビエ(Gelbvieh)に由来し、その残りの部分はアンガス(赤と黒)の系統に由来する。
赤または黒の外観を有するバランサー、放牧や肥育場の両方で飼育することができ、地元の貿易と輸出の両方の市場で価値があります。
まず第一に、彼らは非常に評判が良い繁殖特性と優れた成長の傾向を持っているので、農家はそれらを好みます。
Angus(アンガス)とBalancer(バランサー)の交配種は、より高い霜降りの質を持つ牛肉を提供します。

 

Baoule
(ボーウル)

原産国:コートジボワール

面積:322,436平方キロメートル(日本の約0.9倍)

人口:2,429万人

首都:ヤムスクロ(実質的首都機能はアビジャン)

体高

雄牛:100~110㎝
雌牛:  90~100㎝

 

Baoule(LobiまたはMereとしても知られている)は、北部および中央部の象牙海岸およびマリの南端に見られるサバンナショートホーンの品種である。
Bouaké、Bouna、Dabakalaで純粋な形で発見されています。
主にフラーニ遊牧民によって保持されています。
雌牛は280~340日間続く授乳期間中に120〜390kgのミルクを産みます。

 

Bargur
(バーガー)

原産国:インド

 

バーガー(タミル語:Karnada:Накария)は、インドのタミル・ナードゥ州西部のエロデ地区のアンティユール・タルク(Anthiyur Taluk)のバルゴール森林に生息する牛の一種です。
コンパクトな体をしており、茶色の肌に白い斑点が付いていますが、白や茶色の肌色がしばしば見られます。
非常に積極的で激しい気質のため、訓練が困難であることが知られています。
西部ガーツの険しい森林の森に慣れてきた彼らは、耐久性、スピード、速足能力で最もよく知られています。
牛乳は薬用効果があると考えられています。
主に丘陵地帯で農業活動を行うために使用されています。
現在、原産地で農耕作業用として飼育されており、牛乳生産にも適しています。

 

Barzona
(バルゾナ)

原産国:アメリカ

 

バルゾナは、アメリカで1940年代と1950年代のアリゾナ州の高砂漠、山岳地帯で、開発された肉牛の品種です。
ほぼ等しい割合で、アフリカンダー、ヘレフォード、ビーフショートーンとアンガスの組み合わせです。
熱、ダニ、耐病性に優れており、特に丈夫であるように飼育されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ