世界の牛 図鑑 Vol.6

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Aubrac
(オーブラック)

原産国:フランス


体重

雄牛:950㎏
雌牛:650㎏

体高

雄牛:140㎝
雌牛:129㎝

 

オーブラックは、フランス原産の牛の品種です。
フランス中央部のマッシフ中心部にあるアブラック宮殿(フランスの中心部)が発祥の地です。
オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地方とオクラティエ地方のアヴェロン、カンタル、ロゼールの現代美術館にまたがるマッシフ・セントラルの高原で19世紀初頭に始まりました。
2014年に飼育数は約170,000頭と報告されました。
堅牢で質素な、肥沃なと長寿命で、マシフ・セントラルの山岳環境によく適応しています。
牛乳は、ラギオールチーズの製造に使用されます。

 

Aulie-Ata
(オウリー・アタ)

原産国:カザフスタン

体重

雄牛:平均 810~960㎏ 最大 1160㎏
雌牛:平均 480~510㎏ 最大 570㎏

 

オウリー・アタの飼育は、1885年にキルギザのオウリー・アタ地区で始まりました。
交配種はキルギッツアとカザフスタンの他の地域、そしてウズベキスタンのいくつかの地域に徐々に広がった。
1950年に公式の品種として認められました。
現代のオウリー・アタは、地元の自然・気候条件によく適応しています。
容易に暑い天候に耐えられ、山の牧草地に保持することができます。
平均牛乳生産量は3735kgであり、脂肪含量は4.01%である。
肉は柔らかく、とてもおいしく、栄養価が高い。

 

Aure et Saint-Girons
(オーレ サン ジロン)

原産国:フランス


別名:Casta
体重

雄牛:900㎏
雌牛:600㎏

体高

雌牛:135㎝

 

オーレ・サン・ジロンは絶滅の危機に瀕しているフランスの牛の品種です。
品種の名前は、2つの主要な起源地域、Hautes-Pyrénées地区のValléed'Aure、およびAriègeのSaint-GironsとCouseransの地域に由来します。
名前 "Casta"は、その栗の色から派生しています。
オーレ・サン・ジロンはフランスのピレネーに由来します。
2つ異なった地域から2つのタイプが認められた。
この品種は、1900年に公式に「レース・ウシ・ドゥ・サン・ギロンス」と名付けられました。
1930年から1958年の間に、飼育数は約3万頭から9,000頭未満に減少しました。
第二次世界大戦後の数年間に、数はさらに減少し、1983年までに12の農場に76頭の牛しか見つかりませんでした。
その品種は、FAOによって2007年に「絶滅危惧種」とされた。
2005年には427頭と推定されたが、2014年には320頭だった。
もともと三重目的の品種で、肉、牛乳、農耕作業用のために飼育されていました。
現在は主に肉用に飼育されています。
ミルクは脂肪含量が高く、Bethmale(fr)チーズの製造に使用されています。

 

Australian Braford
(オーストラリア ブラフォード)

原産国:オーストラリア

1946年から1952年の間にクイーンズランド州で開発された牛の品種で、牛のダニに耐性があり、他の品種よりも耐熱性に優れている。
ブラフォードには小さなこぶ、ゆったりとした肌と、赤と白の短い毛並みがあり、ヘレフォード牛と似た色のパターンを持っています。
この種の遺伝的には、ヘレフォード約50%、ブラフマン約50%である。
主にNSWとクイーンズランド州で飼育されています。
南アメリカ、南アフリカ、インドネシア、タイに輸出されています。

 

Australian Brangus
(オーストラリア ブランガス)

原産国:オーストラリア

1950年代にBrahmanとAngusの牛を交雑させることによってオーストラリアのクイーンズランド州の熱帯沿岸地域で開発された牛の品種です。
最初に米国で開発され、その後、オーストラリアでオーストラリアン・ブランガスとして独立して開発されました。
その品種は他の牛の品種よりも高いダニと耐熱性を確立するために開発された。
オーストラリア全土で広く飼育されている肉牛であり、日本やアメリカなどの国に輸出されています。
3/8のブラフマンと5/8のアンガスがその遺伝的な構成になっています。
通常は滑らかな黒色ですが、赤色もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ