世界の牛 図鑑 Vol.2

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Adaptaur(アダプタウルス)

原産国:オーストラリア

 

1950年代、ヘレフォードとショートーンの牛の交配から、アダムスアール(ベルモントアダプタウルスまたはアダプタウルスとも呼ばれる)の牛がオーストラリアで開発されました。
それらは主に、熱帯低気圧、特に熱および牛のダニのストレスに対する耐性の増大のために選択された。
アダプサルス牛は早く成熟し、中程度のサイズです。
彼らは育てるのが比較的簡単です:滑らかな毛並み、ダニと内部寄生虫に強い抵抗力。

 

Afrikaner(アフリカーナ)

原産国:南アフリカ

 

Africander(アフリカンダー)としても知られているAfrikaner(アフリカーナ)は、南アフリカ原産であるタウリン系統(サンガ)の牛の品種です。
アフリカーナの祖先は、約2000年前にアフリカに移住する前に、アジアの草原にいたと考えられています。
牛は、大陸を徐々に南向きに移動した。
彼らは655〜960年前に分岐した可能性が最も高い。
ポルトガルの船員からの事例証拠は、アフリカーナーのような牛は、少なくとも15世紀以来、コイコイ人によって飼われていたことを示唆しています。
この品種は、第二次ボア戦争の間に20世紀初めにほとんど絶滅した。
その数は破壊によって枯渇し、国の総牛の頭数を半分にしたリンダーペストの発生によりほとんど消滅した。
戦後、品種改良のためのプログラムが実施されました。
1912年、最初のアフリカーナー血統登録台帳は、品種の開発を制御するために、南アフリカで形成されました。
アフリカーナは通常赤い色です。
彼らには、Sanga(サンガ)の牛の典型的な胸部のこぶがあります。
アフリカーナーは長い脚と浅いボディで筋肉質品種です。
横方向の角を持っています。
脚は少し鎌形状です。
彼らは、病気を媒介するダニに対して良好な耐性を持っています
彼らは皮膚の汗腺が活発であるため、地元の暑くて乾燥した状態によく適応しています。
これにより、彼らはヨーロッパ品種よりも耐熱性に優れています。
彼らは気質が良く、扱いやすい牛です。

 

Agerolese(アゲレ)

原産国 :イタリア

体重

雄牛:600~650㎏
雌牛:380~450㎏

体高

雄牛:130~135㎝
雌牛:120~123㎝

 

アゲレ牛は主に牛乳生産のために飼育される乳牛の品種です。
それは実際にはイタリア南部のカンパーニャのアゲロラ地区からのものです。
アゲレ牛は中程度の大きさの動物です。
雄牛は色がほぼ黒く、雌牛は通常茶色です。
雄牛と雌牛の両方に角があり、背に薄い縞模様があります。
アゲレ牛は、自国の気候によく適応しています。
彼らは牛乳生産に非常に適しており、主に乳製品として使用されています。
彼らの平均牛乳生産量は、初産の場合は約2500kgで、多産牛の場合は約3500kgです。
場合によっては、毎日約20kgの牛乳を生産することができ、脂肪含有量は3.5%以上です。
彼らのミルクは、Fior di LatteやProvolone del Monacoなどのバターやイタリアンチーズの製造に使用されています。
この品種の保全状況は、2007年にFAOによって「絶滅危惧種」として報告されました。
現在、主にモンティ・ラタリ、ソレント半島、カンパーニアに分布しています。

 

Ala Tau(アラ・タウ)

原産国 :カザフスタン

体重

雄牛:平均 700~800㎏
雌牛:平均 500~550㎏

 

アラタウ牛は、カザフスタンの牛の品種です。
カザフスタンのアラタウ(テュルク「モトリー・マウンテン」)山脈にちなんで名付けられました。
アラタウ牛は、牛肉や乳製品の生産に使用されています。
アラタウ牛は、Kirghiz SSR(キルギス)とKazakh SSR(カザフスタン)で開発された乳牛の品種で、先住民族の牛とSchwyzおよびKostromaの品種を交配しています。
この品種は、1950年に正式に認められました。
牛は、頑丈であり、コンパクトでしなやかな骨組みを有し、色が淡褐色です。
牛乳の搾取量は4,000~5,000kgであり、記録は10,222kgである。
乳脂肪含有量は3.8〜3.9%で、最高は5%に達します。
肉質は良いです。
肥育後の牛肉の収量は54〜62%である。
アラタウ牛は高い山地に適応しています。

 

Alambadi(アランビーディ)

原産国:インド

体重

雄牛:約317~362㎏
雌牛:約290㎏

 

アランビーディは、インドのタミル・ナードゥ州南部で生まれた牛の品種です。
過去に家畜農家はこの伝統的な品種の搾乳量を増やそうとしていましたが、それは一般に農耕作業用として使用していました。
アランビーディの品種はほとんど絶滅しており、それを見つけるのはまれです。
今では、アランビーディはかなり珍しい品種です。
この牛は、現代のタミル・ナードゥ地方の丘陵地域で主に育てられています。
現代の家畜農家は、この伝統的なインドの品種の牛乳生産を増やそうとしています。
以前は、この品種は通常、農耕作業用として保管されていました。
インド周辺の農民は、アランビーディの保護のために援助の手を差し伸べるべきである。
肯定的なニュースは、「タミル・ナードゥ州政府がこの種の保護のための有効な措置を取っている」ということです。
アランビーディは中程度のサイズで、灰色、濃い灰色または黒色である。
一部の地域では他の色も存在します。
この牛の品種の額、肢および尾に白い模様があります。
彼らの頭は狭く、角は後ろに曲がっています。
額とこぶは顕著であり、厚いのどぶくろも存在する。
アランビーディは、ほとんどが農耕作業用の品種です。
彼らは良い搾乳者ではなく、酪農のためにめったに使用されません。
アランビーディは非常に丈夫な動物であり、農耕作業に適しています。
そして、すべての気候条件に耐えることができます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ