佐賀県の銘柄豚 種類と血統

目安時間:約 5分

全国には銘柄豚が数多くいます。

それぞれに特徴のある豚肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが佐賀県にどんな銘柄豚・ブランド豚があるのか調べてみました。

開拓豚(かいたくとん)

肉質はきめが細かく締まりが良い
脂肪が良質で、柔らかく多汁性に優れ、肉、脂肪に甘みがあり、風味がよい。

 

飼料内容:指定配合飼料

所在地 :佐賀県鹿島市(かしまし)

 

大ヨークシャー

ランドレース

デュロック

 

 

唐津産 金桜豚(からつさん きんざくらとん)

佐賀県ブランド“肥前さくらポーク”の中から、さらに厳選されたブランド豚が“金桜豚”だ。
“肥前さくらポーク”は鮮やかな桜色と、ソフトできめ細やかな食感、豚肉特有の臭みが少ないのが特徴とされている。
“金桜豚”は、餌に乳酸菌などの微生物を混入させるなど、こだわりの育成方法を加えることで、臭みがさらに少なく旨みが凝縮された肉質が実現した。
熱を加えても固くならず、なめらかな舌触りが心地よい。

 

所在地:佐賀県唐津市(からつし)

 

大ヨークシャー

ランドレース

デュロック

 

 

金星佐賀豚(きんぼしさがぶた)

ドリップが出にくく、脂身がギュッと締まった肉質は高品質できめ細かく、口に入れると豚肉が持つ旨味が口の中に広がります。

 

所在地:佐賀県藤津郡太良町

 

ランドレース

大ヨークシャー

デュロック

 

 

佐賀天山高原豚(さがてんざんこうげんとん)

大群豚房飼育によりストレスを軽減した健康な豚。

臭みが少ない。

 

飼料内容:指定配合飼料

所在地 :佐賀県

 

ランドレース

大ヨークシャー

デュロック

 

 

肥前さくらポーク(ひぜんさくらポーク)

徹底した飼育管理下に置かれ、佐賀県の大自然の中でじっくり育てられた「肥前さくらポーク」は、生産者が自信を持ってお届けする逸品。

名前由来は、「肥前」が佐賀県を、「さくら」は色鮮やかな肉の色、日本一という意味が込められている。

肉質が細かくて、柔らかいのが特徴。

特有の臭みもなくあっさり食べられる上、牛肉の約10倍以上ものビタミンB1と、良質で豊富なタンパク質が得られる。
豚肉独特の臭みが少なく、きめが細かい柔らかな肉質と、とろけるような甘い脂が特長で、名前にもなっている鮮やかなさくら色の肉色は、佐賀県の豊かな大自然の中でじっくりと大切に育てられた証ともいえる。

 

飼料内容:専用飼料

所在地 :佐賀県佐賀市(さがし)

 

大ヨークシャー

ランドレース

デュロック

 

 

若楠ポーク(わかくすポーク)

若楠ポークは肉質がきめ細やかで柔らかく、脂があっさりしているのが特徴の豚肉で、調理しても硬くならず、しつこくならず、だから、しゃぶしゃぶ、蒸し料理(温泉地なので)、陶板焼き、トンカツなどのメニューに向いているのでしょう。

肉の特徴として、臭みがなく、きめ細かく、柔らかい。

良質なタンパク質やビタミンB1が豊富に含まれており、健康維持にも適しています。

安全な飼料で育てられた武雄のブランド豚です。

臭みがなく、きめ細かく、柔らかいのが特長。良質なタンパク質やビタミンB1が豊富に含まれていて、健康維持にも適しています。

 

所在地:佐賀県武雄市(たけおし)

 

大ヨークシャー

ランドレース

デュロック

 

ページの先頭へ