中国地方の銘柄牛・ブランド牛

目安時間:約 17分

全国には銘柄牛が数多くいます。

それぞれに特徴のある牛肉ばかりですが、その地域独特の育て方や独特のエサを与えたり独自の飼育方法で育てられている。
全てではありませんが中国地方にどんな銘柄牛があるのか紹介します。

牛肉の等級について

鳥取県

東伯牛(とうはくぎゅう)

自然環境豊かな鳥取県の大山山麓東側に位置する東伯郡内で、大山の吹く流水と東伯牛独自の資料と給与体系に従って大切に育てられた牛です。

お肉を焼いた時の香りと味に特徴があります。

 

所在地:鳥取県東伯郡 琴浦町(とうはくぐん ことうらちょう)

 

 

東伯和牛(とうはくわぎゅう)

自然環境豊かな鳥取県の大山山麓東側に位置する東伯郡内で、大山の吹く流水と東伯和牛独自の飼料と給与体系に従って大切に育てられた和牛です。

お肉を焼いた時の香りと味に特徴があります。

 

所在地 :鳥取県東伯郡 琴浦町(とうはくぐん ことうらちょう)
品質規格:4等級以上又はB.M.S.№5以上

 

 

鳥取F1牛

「鳥取F1牛」鳥取県内で肥育されたホルスタイン種(メス)と黒毛和種(オス)との交雑種

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)

品質規格:2等級以上

 

 鳥取F1牛

 

鳥取因幡万葉牛(とっとりいなばまんようぎゅう)

指定生産者が出産から成牛まで育てた肉牛のうち、A5等級指定されたものからさらに厳選した究極の黒毛和牛肉です。

 

所在地:鳥取県八頭郡 八頭町(やずぐん やずちょう)

 

 

鳥取牛(とっとりぎゅう)

鳥取県内で肥育されたホルスタイン種の肉用牛

 

肥育地域:鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)

品質規格:2等級以上

 

 

鳥取米そだち牛(とっとりこめそだちうし)

稲発酵飼料、飼料米を給与。

 

所在地:鳥取県鳥取市(とっとりし)

 

 

鳥取和牛(とっとりわぎゅう)

鳥取県内で肥育された黒毛和種。

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)
品質規格:2等級以上

 

 

鳥取和牛オレイン55(とっとりわぎゅうオレイン55)

県内産で、気高系の血統を有し、オレイン酸含有率55%以上の牛肉。

 

所在地 :鳥取県西伯郡 大山町(さいはくぐん だいせんちょう)
品質規格:4等級以上

 

気高系

 

プロテサン牛(プロテサンぎゅう)

最高品質の乳酸菌FK-23(プロテサン)を与えて牛の腸内環境を整え健康で口当たりの良い肉質を実現している。

 

所在地:鳥取県内

 

プロテサン牛

 

万葉牛(まんようぎゅう)

肉に旨味があり、脂の融点が低く、口の中に入れると溶けていく、くちどけの良さが特徴。

 

所在地 :鳥取県鳥取市(とっとりし)

品質規格:3等級以上

 

 

美歎牛(みたにぎゅう)

飼料稲、飼料米を給与している。

 

所在地:鳥取県鳥取市(とっとりし)

 

 

島根県

出雲香味牛(いずもこうみぎゅう)

高い肥育技術と新生飼料のアルコール発酵飼料で育てた香味豊かな牛肉。

 

所在地:島根県邑智郡 美郷町(おおちぐん みさとちょう)

品質規格:AB・3等級以上

 

 

いずも和牛(いずもわぎゅう)

有名ブランドに負けないおいしさを持っています。

おいしい牛肉はきめ細かいサシ(霜降り状態の脂肪分)があり、このサシが牛肉をやいた時の特有の甘い香りとなり牛肉の旨味をさらに引き立て、牛肉にとけ込むことにより柔らかい食感がでます。

 

所在地:島根県出雲市(いずもし)

 

黒毛和種(未経産雌、去勢)

 

石見和牛肉(いわみわぎゅうにく)

脂肪の融点の低い口どけの良い上質な脂質に仕上がるのです。
そのやわらかさ、とろける肉の脂、口の中に広がる美味しさは一度味わったら忘れられない程の絶品です。

 

所在地:島根県松江市(まつえし)

 

黒毛和種(雌)

 

潮凪牛(しおなぎぎゅう)

「潮凪牛」は隠岐の島で生まれ、生後7〜9か月間島の自然の中で自由に放牧し、足腰が鍛えられ、その後本土奥出雲の牧場で600〜650日間(20〜22か月)肥育、育成された安心安全な島根県産和牛肉です。

隠岐の島での肥育はコストがかかるため、本土の奥出雲の牧場に移し、手作りの木の香りに包まれた牛舎で育てた牛が「隠岐の島発モリミツブランド潮凪牛」です。

隠岐の島で生まれてから本土で肥育育成される間、「潮凪牛」を育むのは大自然の豊かな食生活とストレスを感じない環境、そしてそれらを作り出す、農家の人々の深い愛情です。

 

肥育地域:島根県仁多郡 奥出雲町(にたぐん おくいずもちょう)

品質規格:A3等級以上

 

 

島生まれ島育ち 隠岐牛

島根半島の北東約40〜80キロメートルの日本海に浮かぶ島、隠岐。
人口わずか2万5千人足らずのその島には、手付かずの大自然が今も広がっています。
その恵まれた自然環境の中で、一貫した飼育が行われ、安全で高い品質を誇るのが「隠岐牛」です。
その味は通をも唸らせる、選び抜かれた黒毛和牛本来の味。
島内では年間約1200頭の牛が生まれるが、「隠岐牛」として徹底した飼育が行われ、市場に出るものはその1割程度。
まさに幻の黒毛和牛なのです。

 

肥育地域:島根県隠岐郡 海士町(おきぐん あまちょう)

品質規格:4等級以上

 

 

しまね和牛肉(しまねわぎゅうにく)

県内の優良な素牛を県内の生産者が丹精込めて仕上げた牛肉です。

 

所在地 :島根県大田市(おおだし)

品質規格:AB・4等級以上

 

 

しまね和牛肉かつべ(しまねわぎゅうにくかつべ)

第9回全国和牛能力共進会において、うま味指標の一つ「オレイン酸」含有率(60.2%)が全国2位。

 

所在地 :島根県出雲市(いずもし)

品質規格:AB・3等級以上

 

 

熟豊和牛(じゅくほうわぎゅう)

母牛としてのやくめを終えた黒毛和牛を再肥育した「おふくろ和牛肉」

 

所在地:島根県松江市(まつえし)

 

 

大国牛(だいこくぎゅう)

アルコール発酵飼料で甘みのある脂肪と肉質に仕上げています。

 

所在地:島根県邑智郡 美郷町(おおちぐん みさとちょう)

 

 大国牛

 

まつなが黒牛・まつなが牛

海と山の自然に恵まれた益田市で、血筋にこだわった牛を高い技術力によって育てた黒毛和種と交雑種のうち、黒毛和種は月齢30ヶ月以上で格付等級4等級以上、交雑種は月齢26ヶ月以上で格付等級2等級以上のもの。
昭和50年代に活躍した第7糸桜という種雄牛の血統を引き継ぎ、十分吟味して交配を行っている。

 

肥育地域:島根県益田市(ますだし)

品質規格:黒毛和種 4等級以上、交雑種 2等級以上

 

 

まつなが牛

 

岡山県

おかやま和牛肉(おかやまわぎゅうにく)

筋繊維が細かく、和牛肉特有の風味と脂味があり、ステーキ、すき焼きなどに最適です。
中国地方の山間部では、古くから和牛(黒毛和種)が飼育されており、岡山県も優良な黒毛和種の産地です。
県内9つの指定生産JA管内の農家が、一頭一頭手塩にかけて育て上げた逸品です。

 

肥育地域:岡山県内

品質規格:3等級以上、B.M.S.№4以上

 

 

千屋牛(ちやぎゅう)

千屋牛は日本最古の蔓牛を生み出した、緑豊かな優良牛の里、新見で大切に肥育されました。

ほどよい霜降りと赤肉が特徴的な美味しさと柔らかさを誇るこだわりの牛肉です。

 

所在地 :岡山県新見市(にいみし)

品質規格:3等級以上、4等級以上は「特撰千屋牛」

 

 

なぎビーフ

なぎビーフ 「奈義牛」の資質が優れているのは、晴天の多い日本原高原の地域・気候など環境による恩恵を十分に受け育てられている肉牛だからです。

肥育素牛先は、厳選した指定農場より導入し、肉牛の飼料も稲わら・ふすま・大豆粕・大麦など牛の健康状態を見極めながら配合したエサやビール粕を与え、心を込めて飼育されています。

 

所在地 :岡山県勝田郡 奈義町(かつたぐん なぎちょう)

品質規格:2等級以上

 

 

なぎビーフ

 

蒜山ジャージー牛肉(ひるぜんジャージーぎゅうにく)

蒜山ジャージー牛は不飽和脂肪酸のオレイン酸を非常に多く含んでいます。
このオレイン酸は、牛肉の熟成中に芳香物質へと変化する為に牛肉の香りが良くなり、また脂肪が低い温度で解けるようになるため食べた時の脂の口どけの良さを感じます。
また、悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。
自由にのびのび育った蒜山ジャージー牛は脂肪分が少ない赤身の多いお肉!
脂肪分は少ないのに、肉の旨みはしっかりありなおかつ柔らかい。
美味しくて健康にもうれしい蒜山ジャージー牛なのです。

 

所在地:岡山県北部

 

 

  蒜山ジャージー牛肉

 

広島県

加茂牛 (かもぎゅう)

創業以来、常に味にこだわりを持ち続けることを使命として営業してまいりました。

飼料や肥育方法の改善も重ねつつ、ご馳走というイメージではなく、おかずとして安く美味しい牛肉を食卓にお届けすることが地域社会に貢献することと考えています。

その追求した牛肉が、結果としてブランド化に繋がってきました。

 

所在地 :広島県内

品質規格:2等級以上

 

 

高原黒牛 (こうげんくろうし)

創業以来、常に味にこだわりを持ち続けることを使命として営業してまいりました。

飼料や肥育方法の改善も重ねつつ、ご馳走というイメージではなく、おかずとして安く美味しい牛肉を食卓にお届けすることが地域社会に貢献することと考えています。

その追求した牛肉が、結果としてブランド化に繋がってきました。

 

所在地:広島県内

 

 高原黒牛

 

神石牛 (じんせきぎゅう)

牧場から卸し、また直営スーパーまでの一貫経営の確立により子牛から販売までの全てを自社管理で行い、品質や情報の管理を一元化で行っております。

独自の飼料はトウモロコシを多く配合し契約飼料会社により独自配合・独自配送を確立。それにより肉の旨みを上げています。

常に味にこだわり、安心・安全なお肉です。

 

肥育地域:広島県内

 

 

峠下牛(たおしたぎゅう)

瀬戸内海の温暖な環境の下、肥育から加工、流通までの一貫したシステムの中で丹精込めて育てられた安全、安心な牛肉です。

 

肥育地域:広島県竹原市

 

峠下牛

 

なかやま牛(なかやまぎゅう)

飼料はとうもろこしの含有量が6割以上と高く、そのため食べると脂が溶けやすく甘みのある牛肉です。

 

所在地:広島県福山市(ふくやまし)

 

 

 

 

 

ひろしま牛

ひろしま牛は、全農広島県本部が集荷・販売する県内産黒毛和牛で、主に広島県内で地産地消運動と連動して販売している。

ひろしま牛の中でも、さらに厳しい履歴管理と情報公開を行っているトップブランド商品牛「牛のパスポートシステム」は全農広島県本部が独自にトレーサビリティシステム運営し、より安心・安全な牛肉の生産・流通・販売管理を行っている。

 

肥育地域:広島県内

 

 

 

広島牛(ひろしまぎゅう)

「比婆牛」と「神石牛」、双方の優れたところを併せ持った広島牛は、多くの生産者たちの豊かな愛情と情熱,絶え間ない努力から生まれたブランド牛なのです。

広島牛の肉質の特徴は,筋繊維が細かく,無駄な脂肪が少ないこと。

薄紅色をした肉には小さなサシが細かく入り、広島牛ならではの繊細な味わいと豊かな風味を生み出しています。

口に含んだときの滑らかな舌触りと上質な脂肪の香り、そして噛んだときのコクの深さは何ものにも代えがたい牛肉本来の旨みといえます。

絶妙な美しい霜降りと甘みさえ感じる脂の旨み、特有のまろやかさがハーモニーを奏でるとき、本物の贅・広島牛の証となるのです。

 

肥育地域:広島県内

品質規格:4等級以上

 

 

山口県

皇牛(すめらぎぎゅう)

余分な脂肪が少なく、ロース芯が大きい。

大麦の長期間給与により、あっさりした甘味がある。

 

肥育地域:山口県岩国市(いわくにし)

品質規格:A3等級以上

 

 

皇牛

 

*見島牛(みしまうし)は山口県萩市見島で飼育されてきた日本在来牛である。

西洋種の影響を受けていない日本の在来牛は、見島牛と口之島牛の2種類しか残っていない。

 

高森牛(たかもりぎゅう)

玖西食肉研究会が高森牛の生産を管理しており、美味しさを保つために飼育~加工までの規則を厳しく決めています。

肥育期間の延長により肥育度数を向上させ、甘味ある牛肉、コクのある牛肉である。

 

所在地 :山口県内

品質規格:ホルスタイン種、交雑種B2、3等級相当以上

黒毛和種 A3等級相当以上

 

 

 

  高森牛

 

山口県特産 無角和牛肉(むかくわぎゅうにく)

山口県でしか飼育されていない貴重な牛です。

赤肉に富んでいますので、脂身の気になる方にもお勧めできます。

 

所在地:山口県阿武郡 阿武町(あぶぐん あぶちょう)

 

ページの先頭へ