世界の豚 図鑑 Vol.6

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

バスク豚(Basque pig)

バスク豚(バスクぶた、フランス語: Pie noir du Pays basque、英語: Basque pig)とは、豚の一品種。キントア豚とも呼ばれる。
1929年には13万頭以上いたが、1981年にはメス20頭とオス2頭にまで激減した。
1988年のパリ国際農業博覧会でバスク豚絶滅の危機を知ったピエール・オテイザ(Pierre Oteiza)は、ピレネー=アトランティック県アルデュー村(フランス語版)へバスク豚2頭を連れて帰り、飼育、繁殖を行い、2010年頃には3,000頭以上に復活させている。
なお、オテイザはバスク豚復興への貢献をもって2006年にレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受賞している。
また、オテイザは2009年にバスク豚から「バスク種キントア豚」へ変更する申請を行っている。
キントアはアルデュー村一帯のバスク語での呼称。
バスク豚は黒豚に分類され、頭と尻にブチ模様が入っているのが特徴。
飼育法は、飼料も与えられているが放牧も行われており、クリ、ドングリ、ブナの実などを食べる。

 

バ・スーエン(Ba Xuyen

原産国:ベトナム

バ・スーエンはある品種の南ベトナム豚から作成された、特にメコンデルタで多く飼育されている。
白い脚を持つ黒っぽい白い豚である。
1932年から1956年まで、バークシャーとボックスゥの間の交配から繁殖した。

品種の平均サイズは、1歳になるまでに100キロです。
繁殖すると、約8頭の子豚が生まれます。

 

ピエトレン(Piétrain)

ベルギーのピエトレン(Pietrain)村は、その品種の発祥の地です。
正確な起源は不明であるが、1950〜51年の豚肉市場の困難な時期に地元の品種がもてはやされた。
その品種はその母国で普及し、他の国、特にドイツに輸出された。

品種は中程度のもので、白く黒い斑点があります。
黒い斑点の周りに白い髪を運ぶ光の色素沈着の特徴的なリングがあります。
耳は直立している。

ピエトレンは、ヨーロッパ最大の豚生産国であるドイツとスペインの2つで、非常に人気があります。
英国への豚の最初の輸出は、1964年に始まった。

体全体の脂肪が薄く、筋肉量の多い品種であり、赤肉率が非常に高い。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

チャト・ムルシアーノ(Chato Murciano)

原産国:スペイン

 

スペインのムルシアに由来する豚の品種です。
これはムルシアで生産された豚の唯一の生存品種であり、絶滅の危機に瀕しています。

絶滅の危機にもかかわらず、ベーコンや豚肉の生産で知られているよく管理された豚です。

農業に特化したいくつかのスペイン当局は、交配と人工授精によって品種を確保することを目指すプログラムに取り組んでいます。

ムルシアでは、現在のムルシアンタイプが基準を満たしていないため、スペイン人は改善されたブタの種を必要としていました。

この問題を解決するために、彼らはムルシアーノをVictoria、Tamworth、大ヨークシャーとBerkshire、チャト・ムルシアーノと交配して飼育していますが、現在はその肉とベーコンのために飼育されています。

1865年に約50,000頭、1929年には100,000頭以上が飼育されていました。

スペイン南東部の地域であるムルシアで生まれて飼育されていました。

チャト・ムルシアーノは短い鼻からその名前を受けました。

「短い鼻」を意味する「チャト」と「ムルシアの」を意味する「ムルシアーノ」。

その短い鼻に加えて、その品種は通常黒または白の色をしており、頭が小さいです。

黒い肌はチャト・ムルシアーノの一般的な特徴ですが、一部は尾や脚などの身体の一部に白い斑点を持つ傾向があります。

これらはバークシャーから受け継がれていると考えられています。
バークシャーは、スペインの豚がムルシアの原種と交配してできた豚です。

体毛は、雌豚の体のいたるところにあります。(乳房を除く)
雌豚には最大14の乳房があります。

ベーコンと赤身の豚肉は、主に豚が飼育されている理由ですが、品種はスペイン南部の乾燥した暖かい気候によく適応しているので、農家にとって有利です。

現地で集められた原材料を与えられているため、体重が約180kg(18ヶ月)の時に大部分が出荷されます。

豊富なレベルのオレイン酸および相当量の脂肪のために、過去に行われたいくつかの研究によれば、高品質のソーセージを製造することができます。

1980年代には絶滅の危機に瀕していたが、農業労働者や政府の努力によって徐々に増加している。

 

チョクトーホッグ(Choctaw Hog)

原産国:アメリカ

 

チョクトーホッグは、1500年代にアメリカにもたらされたスペイン原産の豚に由来するアメリカの品種です。

現代の品種の名前はチョクトー部族から来ており、チョクトー族は長い間チョクトーホッグを飼育していました。

チョクトー部族と他の先住アメリカ人が1800年代初めに南部からオクラホマ州に最初に移住したとき、彼らは動物を連れて行った。

これは、オクラホマ・チョクトーホッグの集団の始まりでした。
1830年代、米国政府はミシシッピーとアラバマから、オクラホマ州に移住させました。

彼らの豚はまた、この移住先で採用されました。

チョクトーホッグは、過去150年間に外観がほとんど変化していません。

彼らはサイズが小さく、約120ポンド(54㎏)の重さで、時折白い跡がついて黒くなっています。

耳はやや垂れ下がっている。

つま先は融合して、ロバのような単一の蹄をしています。

彼らは長い足を持ち、後部よりも前部が重いので、速くて運動的です。

今日、オクラホマ州のチョクトーホッグは、伝統的に管理されています。

豚はほとんどケアを必要とせず、根、植物、ココナッツ、ベリーなど自分で食べ物を見つけることができる。

定期的に、豚は捕獲され、通常は犬で追跡され、捕獲されます。

一度捕獲されると、若い者は耳にタグを付けられ、分類されます。

市場に出す予定のものは、重量を増やすためにトウモロコシを与えて飼育されます。

市場に出す予定のないものは解放されます。

養豚に精通している人々は、チョクトーホッグのスピードと敏捷性に驚かされる。

チョクトーホッグは希少品種で、その数は数百頭と推定されています。

それらのほとんどは、以前は南東オクラホマ州のいくつかの郡で発見されています。

品種の使用には商業機会がほとんどなく、保護活動を支援する経済的利益がないため、チョクトーは生存の大きな危機に直面しています。

 

チンタ・セネーゼ(cinta senese

原産国:イタリア

 

チンタ・セネーゼ(イタリア語: cinta senese)は、イタリアトスカーナ州シエーナ地方で食用に飼育される古代品種の豚である。
前足から背中にかけて、バンド(=cinta)状の白縞が入った特徴を持つ黒毛種。
豚の原種に限りなく近く猪に近い特徴を持つ。
チンタ・セネーゼを直訳すると「シエナ地方のバンド(縞)豚」となりその外観から命名されている。
生産数が少ない事もあり、しばしば高級豚として有名なイベリコ豚よりも高額で取り引きされる。
その起源は、古代ローマ人がより優れた肉質の豚を得るために、北の白豚(マレンマ種)と地中海沿岸に生息する黒豚(イベリコ豚も同系統)を交配させたのがこの豚だと言われている。
そして交配させた豚を各地に広めた結果、現在のシエナ地方で最も良く育ち、チンタセネーゼが生まれた。
20年数年前までは絶滅の危機に瀕していたが地元の人々の尽力により復活、現在に至る。
白豚種の太って軟らかい肉質と黒豚種の筋肉質で深い味わいの両方を兼ね備えている。
通常食用豚は1年程で出荷されるが、チンタ・セネーゼは3年の期間を掛けて飼育・出荷される。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.4

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

スポッテッド(Supotteddo)

アメリカのインディアナ州に飼養されていた白地に黒斑の豚に、大型のポーランド・チャイナ種を交配して作られたのがスポッテッド・ポーランド・チャイナ種である。

この豚を改良選抜し、これにイギリスから導入のグロースター・オールド・スポットを交配し、品種が固定された。

スポッテッドの毛色は白地に黒斑があり、白50%、黒50%の皮毛で少なくとも20%の白、あるいは20%の黒がなくてはならないとしている。

スポッテッド体型的には、アーチ型で体高もあり、ゆとりのある雄大な豚である。

体長も長く、深い胸を持ち、四肢は弾力に富む。
肉質は保水性に富み、きめが細かい。

 

タムワース(Tamworth)

タムワースは、Sandy BackとTamとも呼ばれ、アイルランドのブタを交配して作成され、イギリスのStaffordshireのTamworthに由来するブタの品種です。

それは豚の品種の中で最も古いものですが、多くの既存の家畜と同様に、近代的な生産方法にはあまり適しておらず、米国では「脅威」とされており、英国のレア・ブリード・サバイバル・トラスト(Red Breeds Survival Trust)によると「脆弱」とされています、登録された繁殖雌は300匹しか残っていません。

タムワースは生姜色(ginger)〜赤色の色をしており、野生の猪から、ヨーロッパの野生の豚を経て生まれたと考えられています。

現在の主要な生産国は、英国、オーストラリア、米国、ニュージーランド、カナダです。

この品種は、細長い頭の形と細長い胴体を持っています。

耳は直立しており、顔には直線の鼻があります。

 

チェスター・ホワイト(Chester White)

チェスターホワイトは、ペンシルベニア州チェスター郡を起源とする豚の品種です。

以前はチェスターカントリーホワイトと呼ばれていました。

チェスターホワイトは、北東アメリカに共通の大きな白い豚の種を使用して、1815~1818年頃に最初に開発されました。

チェスター地方に古くから飼育されていたカンバーランド、リンカーンシャーカーリーコート、ヨークシャーなどの古い英国種に中国種などが加わり改良を重ね1908年に品種として認定された。

体型は近代的なミートタイプで成豚になると雄で330kg、雌で250kg程度の中型の豚である。

半下垂の耳や顔の形、アーチ状の中躯などはデュロックに酷似している。

しかし、後躯は全く異なり、後方に張り出したモモは素晴らしく充実し、チェスター・ホワイト独特のモモである。

これは極めて遺伝力が強く、後代にも十分受け継がれる特徴である。
性格は極めて温順で、群飼してもケンカすることなく集団管理が容易である。

しかも、雄豚の活力は素晴らしく、受胎成績はとても良い。

また、夏場に活力が衰えないのも特徴である。

体質は強健で、発育が早く、多産で哺育能力も優れた豚である。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.3

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

オックスフォードサンディーアンドブラック(Oxford Sandy and Black)

オックスフォードサンディーアンドブラックはイギリスのオックスフォードシャー州に由来する豚の品種です。
古いバークシャーとタムワースの品種に関連して、それは英国に生まれた最も古いブタの一つです。
オックスフォードサンディーアンドブラックは、丈夫で従順な豚で、屋外で飼育するのに適しています。
その色は日焼けから保護されています。
オックスフォード・サンディー&ブラック・ポッグ・ソサエティ(Oxford Sandy&Black Pig Society)の努力のおかげで、この品種は2度絶滅したが、回復している。

 

クネクネ(kunekune

クネクネ(kunekune /kuːneɪkuːneɪ/、/kuːnɛkuːnɛ/)はニュージーランドの小さな豚です。

クネクネは髪の毛が丸く、下顎から垂れ下がったワットル(またはピリピリ)を抱えることがあります。
彼らの色は、白黒から生姜色(赤[黄]褐色)、クリーム、金色の先端、黒、茶色、三色にまで及ぶ。
彼らは従順な性質を持ち、現在はペットとして飼われています。
この品種は、捕鯨者や貿易業者によって、19世紀初めにニュージーランドに導入されたアジアの国内の品種に由来すると考えられています。
彼らは、ニュージーランドで知られているヨーロッパ原産の野生のブタと著しく異なっています。
ニュージーランドのネイティブのマオリ族はクネクネを採用しました。
クネクネという言葉はマオリ語で "太ったと丸い"という意味です。
1980年代には、推定50匹の純粋なクネクネのみが残っていました。
ワイルドライフパークの所有者であるマイケル・ウィリスとジョン・シスターは、繁殖回復プログラムを開始した。
2010年現在、この種の品種は、もはやニュージーランドとイギリスの両方の品種共同体で絶滅に瀕していません。
クネクネは髪の毛で覆われていて、長くても短くてもよく、まっすぐでも縮んでもよい。
ヘアカラーには、ブラック、ブラウン、ジンジャー、ゴールド、クリーム、スポッティッドの組み合わせがあります。
それには黒い短い鼻、中には半円形の耳または尖った耳があります。
それは短い短い脚を持つ短い円形の体を持ち、その顎の下に2つのタッセル(ピリピリと呼ばれる)を持つことができる。
クネクネは高さが約60cm(24インチ)になります。
大人のクネクネの体重は60〜200kgです。
クネクネの自然生息地は森林と牧草地です。
彼らは唯一の真の放牧豚であり、栄養補給なしで草のみで育てることができます。
クネクネの雄ブタは6〜7ヵ月で繁殖するが、雌は5カ月で妊娠することができる。
母豚は子育てが上手であり、平均7匹の子豚を産みます。

 

シュヴェービッシュ・ハル(Schwäbisch Hall)

シュヴェービッシュ・ハル種は、1820年頃、当時の領主が中国から多産で頑健な豚のメイシャン種を導入し、地元産の豚と掛け合わせて作られたものだ。
シュヴェービッシュ・ハル種は、牧草の消化能力が他種に比べて高く、放牧に適しているという特徴があった。
また、脂質が多めで、肉質は多少固く色は比較的暗い。
多い時には地域内で飼育されている豚の 90%以上はこの種であった。
しかし、畜舎内で集約的に豚を短期間飼育する方法が定着するにつれてシュヴェービッシュ・ハル種の豚は減っていき、1982 年までには殆ど見られなくなった。
1986 年から保全と復活の取組を始め、農家が小規模に飼っている豚群の中で7頭の雌豚と1頭の雄豚を見つけ出し、それを少しずつ増やして行った。
2012 年にはBESH 全体で 3,100 頭の母豚を所有し、70,000 頭の子豚を生産するまでになった。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.2

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

ウェルシュ

重量

雄豚:250㎏
雌豚:150~200㎏

 

ウェルシュはイギリスのウェールズ中部地方原産の白色種である。
古くから飼われていた在来種に大ヨークシャーなどを交配し、1918年に品種として認定された。
前方に垂れた耳と長い中躯はランドレースに似ている。
あえてその違いを強調するとすれば、発達した後躯だろう。
デュロック、ハンプシャーの雌に交配し、ハイブリッド雄の生産に使われていた。
背脂肪が薄く、後躯の大きなウェルシュは、アメリカタイプのデュロックやハンプシャーを改良する上で絶好の素材に思えた。
外貌は白い被毛と大きく垂れた耳、そして特に優れた産肉性である。

 

エセックス

エセックスはイギリスの豚の品種です。

エセックスは、その伝統的な形で、肩にかけて広がった白い「シーティング」の広がりを持つ、鋭い耳と黒い地色の小さな豚です。

他の古い英国の豚の品種と同様、エセックスの祖先は、地元の野生豚の選択的育種から同じ名前の郡で作成されたもしれません。

もともと小柄な黒と白のブタで、小規模農家の人気を博した、維持しやすく安価であることで知られていました。

古いエセックスは、19世紀半ばに輸入豚と交配することによって意図的に改善されました。

エセックスは、1950年代半ばまでは地元でも人気があり、第二次世界大戦中に、そして直後には堅牢性と餌付けによって栄養補給するという評判に基づいて実際に増加しました。

純粋に飼育された少数の個体が小規模農場で生存すると考えられていたが、エセックスは長年にわたって1967年に絶滅したと考えられていた。

その後の研究では、1人の農民が、純粋なエセックス血統を保持していた。

エセックス豚協会は1997年に形成され、公表して品種を再確立するために更なる努力をしています。

 

オールドスポット(Old Spot)

別名グロスターシャーオールドスポット(Gloucestershire Old Spots)

オールドスポットは、主に白く黒い斑点を持つイギリスの豚の品種です。

それはグロスターシャーの郡の名前にちなんで名付けられました。

オールドスポットは、その従順性、知性、および繁殖性で知られています。

ブタは成熟した雄豚の体重は272㎏、雌豚の体重は227㎏に達します。

グロスターシャーオールドスポット(GOS)繁殖協会は1913年に結成されました。

1913年以前には他の家系の豚は記録されなかったので、今日のGOSは世界で最も古い繁殖種であると認識されています。

ブリティッシュ・ブタ・アソシエーション(British Pig Association):「古い絵画が信頼されるならば、2〜3世紀の間にブタが発見されていますが、オールドスポットは20世紀初頭以来、血統状態を持っていました。

オールドスポットは非常に落ち着いた、良い性質の豚であり、ホームステッドや小規模農家にとって望ましいものになるので、これらの品種の共通性は、優れた母性本能および気質を含んでいます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.1

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

アンゲルンサドルバック(Angeln Saddleback)

重量、体高

雄豚:350㎏ 、体高92cm
雌豚:300㎏ 、体高84cm

 

通常、下半身は黒色で、肩から前足へかけて白いベルトまたはサドルのような模様がある。

1880年頃ドイツ北部で人気を博した。
しかし、その地域の白黒の種は生産性が良くなかったため、1920年に農家らはよく似たイギリスの固有種、ウェセックスサドルバックと交配させた。
1941年にこの種はアンゲルンサドルバックと呼ばれる特別な種として受け入れられた。
世界第二次大戦後、アンゲルンサドルバックは非常にポピュラーな種となった、なぜなら肉質が良い上、飼育が簡単で繁殖もそれほど複雑でなかったからだ。
しかし、1950年代に消費者が脂肪の少ない肉を好むようになると、アンゲルンサドルバックは市場でその価値を失ってしまう。
現在になってようやく消費者が、肉の質や動物愛護をより重視するようになり、アンゲルンサドルバックは再び人気を取り戻した。
それでも2011年に確認されたのはたった70頭で極めて希少な種といえる。

 

イベリコ豚(Iberian pig)

 

イベリコ豚はスペイン南西部とポルトガルの種で、オークの森で放し飼いされ、草やどんぐりを食べて育つ。
日本でもイベリコ豚から作られる生ハムはハモン・イベリコとしてとても有名である。
イベリコ豚の体は黒色のため、パタ・ネグラ(黒い脚)としても知られている。
この黒いイベリコ豚は通常の家畜ブタよりもかなり小さく動きもすばやい。
歴史は古くローマ人がスペインに住んでいたときにはすでに飼育されていた。

 

ウェセックスサドルバック(Wessex Saddleback)

ウェセックスサドルバック(Wessex Saddleback)またはウェセックスピッグ(Wessex Pig)は、イングランド西部(Wessex)、特にウィルトシャー州およびハンプシャー州のニューフォレスト地区に由来する豚の品種である。

英国ではエセックス豚と交配して英国のサドルバックを作成した、英国ではウェセックスサドルバックは絶滅した。

しかし、ウェセックスサドルバックはオーストラリアとニュージーランドで生存しています。

ウェッセックスサドルバックは黒色で、トランクの前部の周りに白い帯があり、肩の上から前へ足を伸ばして鞍に似た白い帯を形成します。

それは森林地帯で餌を食べるために適応された、背の高い豚です。

いくつかの情報源は、18世紀にハンプシャーとプルベック島を通って広がっている「新しい森の黒い品種」と「古いイギリスの繁殖した品種」の交配種として始まったと述べている。

ウェセックスサドルバック品種は1918年に英国で始まりましたが、20世紀半ばまでには養豚はますます盛んになりました。

ウェセックスサドルバックが適しているより広範なシステムは減少し、品種は減少しました。

一方、類似した色をしたエセックスは同様のコースを辿っていたが、1967年に両種が合併して両方が絶滅しないようにした。

これはハイブリッド品種、英国のサドルバックを形成しました。

エセックスの数頭は英国では比較的純粋な形で生き残っており、別個の品種としてそれらを復活させる努力がなされているが、現在ウェセックスサドルバックはその原産国において絶滅していると考えられている。

しかし、合併前に、一部のウェセックスサドルバックが世界の他の地域に輸出され、その品種はオーストラリア、ニュージーランド、そしておそらく他の地域でも生き残りました。

2008年のオーストラリアでは登録された繁殖雌ブタの数は100匹未満であり、オーストラリアのレア・ブリード・トラストによって危機にさらされていると考えられています。

19世紀初頭には、ハンプシャー州の同様のブタが北米に輸出され、そこで最も一般的な商業品種の1つであるハンプシャーの基礎が形成されました。

その後、ハンプシャーは英国に再輸入されたが、今はウェセックスとは異なるタイプである。

優秀な肉の豚とみなされて、ウェセックスサドルバックは伝統的に "ベーコン"として使われ、ベーコンやハムのために飼育されました。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ