世界の牛 図鑑 Vol.3

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Albera(アルベラ)

原産国:フランス

 

フランスのピレネー山脈にあるヴァレスキルの部分的に存在するアルベラ・マッシフ(Albera Massif)固有の小さな牛で絶滅のおそれのある品種です。
寒さに強いですが、熱に弱く、そしてウェル山地の急峻な地形に適応しています。
19世紀にAlbera Massifで牛の品種が確認されましたが、Alberaの最初の記述は1957年のものです。
当時、品種内で3つのサブタイプが区別されていました。
最近では、タイプは2つであると考えられている:ネグラ(Negra)、またはダークタイプ、ファジーナ(Fagina)、またはより淡いタイプ。
1999年に、ファジーナ型は、アルベラ・ネグラ型よりも、ブルナ・デ・ロス・ピリネオス型に遺伝的に近いことが判明した。
ブリーダーズ協会は2008年に設立されました。
アルベラの品種は2011年7月27日に公式の認定を受けました。
品種標準が承認され確立されました。
2014年末に全頭数は763頭と記録され、そのうち618頭が雌牛で145頭が雄牛でした。
アルベラは寒さに強いが熱に弱い、アルベラ・マッシフ(Albera Massif)の急な地形によく適応しています。
彼らは人間との接触が少なく、生産能力もほとんどありません。
牛は2年ごとに繁殖し、子牛のためにかろうじて十分なミルクを生産します。
肉の収量は非常に低く、35~40%程度である。
牛は植生管理に使用されている:下草を食べることによって、彼らは森林火災を防止するのに役立ちます。

 

Alentejana(アレンテジャーナ)

原産国:ポルトガル

 

アレンテジャーナは、アレンテージョの南部ポルトガル地方、アレンテージョ高地と低アレンテージョの両方に存在します。
肉の生産と農耕作業用として使用され、それはスペインで見出されるRetintaの品種に似ています。
アレンテジャーナは長い角が特徴で金赤色の牛です。
ブラジル産のメルトレンガと南部のクリウロは、この品種から産まれました。
アレンテジャーナ種は、欧州委員会からDOC(Denominao de Origem Controlada)の地理的地位が保護されています。

 

American Milking Devon(アメリカンミルクデボン)

原産国 :アメリカ
体重

雄牛:平均 726㎏
雌牛:平均 499㎏

 

アメリカンミルクデボンは、アメリカの牛の品種です。
もともとは、17世紀に北米にもたらされたイギリスのノースデボン牛に由来しています。
彼らの名前にもかかわらず、彼らは肉の生産や農耕作業用として働くことにも適しています。
1623年、デボンシャー北部からノースデボン牛を少量出荷してプリマス植民地に到着した。
ミルクデボンは、フロリダほど遠い南東の東海岸に広がり、農耕、肉、牛乳を提供する多目的能力は農民によって評価されました。
しかし、19世紀初めに、ショートホーンの品種は、二重目的の牛のために農家に好まれ始め、1900年までにミルクデボンはニューイングランド以外ではほとんど見られませんでした。
20世紀の半ばまでに、数はさらに大幅に減少し、三重目的の牛の市場は事実上消えてしまった。
この品種は、1970年代には100頭以下の低水準に達しました。
今日、ミルクデボンは世界で最も絶滅のおそれのある牛の一つです。
しかし、アメリカ家畜繁殖保全やスローフードUSAの「味覚の箱」などの組織の助けを借りて、数字はやや戻り始めています。
アメリカンミルクデボンは、肉、牛乳、農耕の価値がある、西洋に残された真の三重目的の牛の数種のうちの1つです。
皮膚は暗く光沢のある赤色であり、角は白く黒い先端を有する。

 

Amerifax(アメリファックス)

原産国 :アメリカ
体重

雄牛:500~544㎏

 

アメリファックスは1970年代に米国で開発された肉牛の品種です。
「アメリファックス」という名前は、アメリカのフリージアンとアンガスの交配から由来しています。
それらは5/8のアンガスと、3/8のフリージアンの交配種です。
1971年、アイルランドから米国に輸出されたフリージアンは、生産力に優れていました。
フリージアンとアンガスの品種はお互いを補完し、機能的で生産的な子孫を産みます。
アメリファックスは、黒または赤のいずれかになります。
品種は優れた枝肉の特徴と優れた離乳のパフォーマンスを備えています。
彼らは約29〜38㎏の子牛を産む。
離乳時の体重は34~45㎏です。
アメリファックスの子牛は15〜18ヶ月で生育する。
1977年、アメリファックス牛協会が設立されました。

 

Amrit Mahal(アマリマハル)

原産国:インド

 

従来Benne Chavadiとして知られていたAmrit Mahal(Kannada)牛は、インドのカルナタカにあるマイソールの原種から生まれた牛の一種です。
それらは、密接に関連する既存の品種であるハガラバディ(Hagalavadi)およびチトラスグ(Chithradurg)とともに飼育されたハリケール(Hallikar)の繁殖牛から生じたものである。
もともとは、戦争で装備を輸送する目的で開発されたもので、その耐久力とスピードが特長です。
対照的に、牛乳生産が乏しいため、農耕作業用の品種である。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.2

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Adaptaur(アダプタウルス)

原産国:オーストラリア

 

1950年代、ヘレフォードとショートーンの牛の交配から、アダムスアール(ベルモントアダプタウルスまたはアダプタウルスとも呼ばれる)の牛がオーストラリアで開発されました。
それらは主に、熱帯低気圧、特に熱および牛のダニのストレスに対する耐性の増大のために選択された。
アダプサルス牛は早く成熟し、中程度のサイズです。
彼らは育てるのが比較的簡単です:滑らかな毛並み、ダニと内部寄生虫に強い抵抗力。

 

Afrikaner(アフリカーナ)

原産国:南アフリカ

 

Africander(アフリカンダー)としても知られているAfrikaner(アフリカーナ)は、南アフリカ原産であるタウリン系統(サンガ)の牛の品種です。
アフリカーナの祖先は、約2000年前にアフリカに移住する前に、アジアの草原にいたと考えられています。
牛は、大陸を徐々に南向きに移動した。
彼らは655〜960年前に分岐した可能性が最も高い。
ポルトガルの船員からの事例証拠は、アフリカーナーのような牛は、少なくとも15世紀以来、コイコイ人によって飼われていたことを示唆しています。
この品種は、第二次ボア戦争の間に20世紀初めにほとんど絶滅した。
その数は破壊によって枯渇し、国の総牛の頭数を半分にしたリンダーペストの発生によりほとんど消滅した。
戦後、品種改良のためのプログラムが実施されました。
1912年、最初のアフリカーナー血統登録台帳は、品種の開発を制御するために、南アフリカで形成されました。
アフリカーナは通常赤い色です。
彼らには、Sanga(サンガ)の牛の典型的な胸部のこぶがあります。
アフリカーナーは長い脚と浅いボディで筋肉質品種です。
横方向の角を持っています。
脚は少し鎌形状です。
彼らは、病気を媒介するダニに対して良好な耐性を持っています
彼らは皮膚の汗腺が活発であるため、地元の暑くて乾燥した状態によく適応しています。
これにより、彼らはヨーロッパ品種よりも耐熱性に優れています。
彼らは気質が良く、扱いやすい牛です。

 

Agerolese(アゲレ)

原産国 :イタリア

体重

雄牛:600~650㎏
雌牛:380~450㎏

体高

雄牛:130~135㎝
雌牛:120~123㎝

 

アゲレ牛は主に牛乳生産のために飼育される乳牛の品種です。
それは実際にはイタリア南部のカンパーニャのアゲロラ地区からのものです。
アゲレ牛は中程度の大きさの動物です。
雄牛は色がほぼ黒く、雌牛は通常茶色です。
雄牛と雌牛の両方に角があり、背に薄い縞模様があります。
アゲレ牛は、自国の気候によく適応しています。
彼らは牛乳生産に非常に適しており、主に乳製品として使用されています。
彼らの平均牛乳生産量は、初産の場合は約2500kgで、多産牛の場合は約3500kgです。
場合によっては、毎日約20kgの牛乳を生産することができ、脂肪含有量は3.5%以上です。
彼らのミルクは、Fior di LatteやProvolone del Monacoなどのバターやイタリアンチーズの製造に使用されています。
この品種の保全状況は、2007年にFAOによって「絶滅危惧種」として報告されました。
現在、主にモンティ・ラタリ、ソレント半島、カンパーニアに分布しています。

 

Ala Tau(アラ・タウ)

原産国 :カザフスタン

体重

雄牛:平均 700~800㎏
雌牛:平均 500~550㎏

 

アラタウ牛は、カザフスタンの牛の品種です。
カザフスタンのアラタウ(テュルク「モトリー・マウンテン」)山脈にちなんで名付けられました。
アラタウ牛は、牛肉や乳製品の生産に使用されています。
アラタウ牛は、Kirghiz SSR(キルギス)とKazakh SSR(カザフスタン)で開発された乳牛の品種で、先住民族の牛とSchwyzおよびKostromaの品種を交配しています。
この品種は、1950年に正式に認められました。
牛は、頑丈であり、コンパクトでしなやかな骨組みを有し、色が淡褐色です。
牛乳の搾取量は4,000~5,000kgであり、記録は10,222kgである。
乳脂肪含有量は3.8〜3.9%で、最高は5%に達します。
肉質は良いです。
肥育後の牛肉の収量は54〜62%である。
アラタウ牛は高い山地に適応しています。

 

Alambadi(アランビーディ)

原産国:インド

体重

雄牛:約317~362㎏
雌牛:約290㎏

 

アランビーディは、インドのタミル・ナードゥ州南部で生まれた牛の品種です。
過去に家畜農家はこの伝統的な品種の搾乳量を増やそうとしていましたが、それは一般に農耕作業用として使用していました。
アランビーディの品種はほとんど絶滅しており、それを見つけるのはまれです。
今では、アランビーディはかなり珍しい品種です。
この牛は、現代のタミル・ナードゥ地方の丘陵地域で主に育てられています。
現代の家畜農家は、この伝統的なインドの品種の牛乳生産を増やそうとしています。
以前は、この品種は通常、農耕作業用として保管されていました。
インド周辺の農民は、アランビーディの保護のために援助の手を差し伸べるべきである。
肯定的なニュースは、「タミル・ナードゥ州政府がこの種の保護のための有効な措置を取っている」ということです。
アランビーディは中程度のサイズで、灰色、濃い灰色または黒色である。
一部の地域では他の色も存在します。
この牛の品種の額、肢および尾に白い模様があります。
彼らの頭は狭く、角は後ろに曲がっています。
額とこぶは顕著であり、厚いのどぶくろも存在する。
アランビーディは、ほとんどが農耕作業用の品種です。
彼らは良い搾乳者ではなく、酪農のためにめったに使用されません。
アランビーディは非常に丈夫な動物であり、農耕作業に適しています。
そして、すべての気候条件に耐えることができます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.1

目安時間:約 4分

世界にはたくさんの種類の牛がいます。

そんな牛の品種について調べてみました。

Abigar(アビガー/アビガル)

原産国:エチオピア

 

アビガーは東アフリカで発見された牛の品種です。
彼らはサンガの牛に分類されます。
主に乳牛であるが、彼らはまた肉のためにも使用している。

牛は授乳あたり約750kgの牛乳を生産する。
アビガー牛の繁殖の起源は、ガンベラ地方の州、特にヌア族が占める地区であることが判明しています。
この品種の観察された生産と繁殖能力は、この地域における環境下で有望である。
アビガー牛は、頻繁な病気の発生、干ばつ、季節的飼料と水不足、高温と熱負荷に対応して丈夫な動物であると言われています。
しかし、調査地域ではアビガー牛の漸減傾向が報告されている。
獣医の不足、安全保障の欠如、洪水、再発する干ばつ、放牧地の劣化、などが原因です。

 

Abondance(アボンダンス)

原産国 :フランス

体重

雄牛:645~820㎏
雌牛:580~680㎏

体高

雄牛:170㎝
雌牛:130㎝

 

アボンダンスはフランスのオート=サヴォワ県(Haute-Savoie)の高い谷で生まれた牛の品種です。
彼らは頭(目の周り以外)、腹部の下側、そして脚の四肢が白色でそれ以外は黄金色の茶色です。
彼らのミルクは、脂肪とタンパク質の両方が豊富で、両者のバランスが良いです。
ミルクは、伝統的に、レブロホン、アボンデンス、トゥーム・デ・ベーグス、ビューフォートなどのアペラシオン・オリジン・コントローレ(AOC)チーズを生産するために使用されています。
一般的な搾乳量は、授乳1回当たり5700kgである。
この品種は、特に極端な温度変化に耐える能力、その繁殖力、繁殖の容易さ、その牛乳、長寿、良質の肉で評価されています。
現在、フランスでは約150,000頭います。
北米、英国、ニュージーランド、イラク、アフリカにも輸出されています。

 

Aceh(アチェ)

原産国:インドネシア

 

アチェはインドネシア北スマトラ州のアチェ州に生息する牛の品種です。
インドネシアの家畜牛の一つです。

 

Achham(アシャム)

原産国 :ネパール

体重

雄牛:平均 150㎏
雌牛:平均 110㎏

体高

雄牛:平均 97㎝
雌牛:平均 88㎝

 

アシャムは、ネパールのアシャム地域で見つかった牛の品種です。
体高が1メートル未満の小さな牛の品種です。
ネパールの希少な動植物のリストにあります。
体色は黒から白まで変化する、すなわち黒色、茶色、灰色、白、黒と白の斑点。
彼らはネパールの西部地域の農家、特にアハム、バジャン、バジュラ、ドッティ地区で飼育されています。

 

Adamawa(アダマワ)

 

原産国:ナイジェリア

 

アダマワは、ナイジェリアのアダマワ地域にいる固有の牛の品種です。
それらは多目的品種であり、農耕作業用の動物として使用され、牛肉および酪農生産のために使用される。
この品種は、ナイジェリアの総牛群の2%を占めています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

ページの先頭へ