世界のにわとり図鑑 Vol.21

目安時間:約 6分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Rhode Island Red
(ロードアイランドレッド)

 

原産国:アメリカ

ロードアイランドレッドはアメリカ原産のニワトリの品種で卵肉兼用種として飼育されている。
アメリカのロードアイランド州およびマサチューセッツ州で品種改良されたニワトリである。
羽毛は赤褐色で身体堅強であり、年間200個以上を産卵するが日本国内での飼育数は余り多くなく主に品種改良の交配親としてよく利用されている。
赤い卵(褐色卵)を産む。
卵肉兼用種であるが、現在では採卵用と採肉用とそれぞれに適した系統が作られている。
現在のロードアイランドレッド種の大元となるニワトリはロードアイランド州のアダムスビルで1850年頃に作出された。
作出には赤色マレー種、褐色レグホーン種、アジア系在来種などのニワトリが用いられたとされる。
品種としては1904年に公認され、日本には同年(明治37年)に輸入されて現在では日本農林規格の在来種として記載されている。
ニューハンプシャー種は本種をニューハンプシャー州にて分離、育種された卵肉兼用種のニワトリである。
現在では一代交配種(F1)の親鳥として用いられる事が多く用いられている。

 

Rhodebar
(ロードバー)

 

原産国:イギリス

用途 : 卵肉兼用

卵  : 180〜200個

体重 :

標準

雄鶏: 3.85kg

雌鶏: 2.9kg

バンタム:

雄鶏: 1020g

雌鶏: 790 Kg

 

色:

赤色の細かいバフが付いています。

 

正しく繁殖すれば、最初の季節に200個の褐色の卵を産むことができます。
ロードバーは、もともとゴールデン・ブラッスバー・コックレールとロードアイランド・レッドの交配から1947年に英国で創られた、ロードバーはまれなオスメス判定が容易な品種です。
それは最初にレッドバーと呼ばれましたが、後でロードバーの名前をとったのです。

ロードバーには、完全な胸部と長い背中を持つ深くて広いボディがあります。
それらは深い赤みを帯びた色で、きれいなバフが施されています。
彼らは、単冠のトサカ、丸いワットル(首周り)、短いくちばしを持っています。

足は黄色で、足の爪は4つあります。
尾は小さく、羽の先端は黒です。
黄色のひよこは雄鶏であり、雌鶏は暗い縞模様を帯びている。
大人の鶏は、ロードアイランドレッドとよく似ていますが、尾に黒い先端があります。

 

Wyandotte
(ワイアンドット)

 

 

シルバー・シーブライト・バンタムとコーチンの雑種にシルバースパングルド・ハンブルグとバフ・コーチンの雑種を交配したものに、更にシルバースパングルド・ハンブルグとダーク・ブラマの雑種を交配してシルバーレイスド・ワイアンドットが作出されました。

これにブラウン・レグホーンとバフ・コーチンの雑種を交配してゴールドレイスド・ワイアンドットが作出されました。

卵肉兼用種で、アメリカでは18もの内種が公認されています。

 

Wybar
(ワイバー)

 

原産国:イギリス

ワイバーは、1950年代に英国エセックス州のハドレーのフォーデン氏によって創設され、展示会、肉食用として開発されました。

この品種は、バレー・プリマス・ロックとシルバー・レースのワイアンドットを交配して、自動性別交配種を交配することによって作られました。

性別は雛の色で決めることができます。

彼らは後にサセックスと再び交配して産卵能力を高めた。

ミニチュア版が後で作成され、最近人気が高まっています。

ワイバーは重い品種に分類され、より寒い気候で非常にうまく対処するソフトフェザリングの丈夫な鳥です。

雌鶏は年間約200の卵を産みます。

雄鶏もフレンドリーで、体重は約3.2~4㎏と言われています。

雌鶏は2.5~3.2㎏の重さ。

 

シルバーとゴールド(金は非常にまれです)。

ワイバーバンタム(Wybar Bantam)もあります。

 

Xianju/仙居鶏
(しぇんちゅ)

 

原産国:中国

仙居鶏は「Xianju Chicken」と「Xianju Sanhuang Chicken」とも呼ばれ、小さな卵のための優れた地元の鶏種です。
原産地は浙江省新城県、林海や天台などの近隣の都市や町に位置し、何千年も前仙居郡に保存されており、希少価値のある卵である。
通常の飼養および管理条件下で、仙居鶏は500日齢で180~220個の卵を産みます。
平均卵重量は44グラムであり、卵形指数は1.36であった。
この品種は、"Chinese Poultry Variety"に含まれ、2006年に "家畜および家禽の遺伝資源の保護のための全国的カタログ"に含まれています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.20

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Legbar
(レグバー)

 

原産国:イギリス

レッグバーは、イギリスの珍しい鶏種です。

それはケンブリッジ大学の遺伝学研究所の研究者によって20世紀初頭に作られました。

横斑プリマスロック、レグホーン、Cambars、クリーム レッグバーの場合はアロウカナを交配して作った 。

クリームレッグバーのアラウカナの血はその冠毛と青から青緑の卵に反映されます。

レグバーは、1929年に横班プリマスロックとゴールド・カンピネを交配して作成されたカンバールの後に、ケンブリッジの遺伝学研究所のプネットとミーピー・ピース教授が作成した2番目の自家鶏です。
目的は、オスメス判定が容易な品種を作り出すことでした。
これを達成するために、PunnetとPeaseは優れた卵用鶏、レグホーンと横班プリマスロックとの交配を使用しました。
ブラウンレグホーンと横斑プリマスロックを交配することで、1945年にゴールドレグバーが作成され、標準化されました。
シルバーレグバーは1951年に、ゴールドレグバーと白色レグホーン、Silver Cambarを交配して作成されました。
クリーム・レグバーは1958年に標準化されたが、青い卵が要求されていなかったため、1970年代にはほとんど絶滅状態になった。
それらはゴールドレグバーをホワイトレグホンとクリーム色のアラウカナの鶏と交配させることによって作られました。

 

Leghorn
(レグホーン)

 

原産国:イタリア

イタリア原産の卵用鶏 (レグホーンは地中海沿岸のリボルノの英語名)で,白色,褐色などのものがあるが,白色レグホーン種が有名。
これは最も広く飼われている卵用種で,肉用としても改良されている。
イタリアで作出され、アメリカで改良を重ねられた品種で、世界的に最も普及しています。
白玉鶏として有名で、わが国の産卵鶏も約80%がこの種類です。
羽色は白、単冠で、皮膚と脚色は黄色、耳朶は白い。卵殻色は白く、産卵率が高く、就巣性はない。
卵用鶏の代表的品種で、白色鶏卵のほとんどはこの品種に属する系統を使っての交配による。

 

Redcap
(レッドキャップ)

 

原産国:イギリス

レッドキャップは、卵の生産に非常によく適したイギリスの品種です。
その最も顕著な特徴は、その頭を冠する非常に大きなバラ形のトサカであり、そこからその名前が導かれた。

品種は、赤-黒、半月形のスパングルと鉛色の青の脚を持つ赤い羽毛を持っています。

奇妙なことに、それは白い殻の卵を産むが、レッドキャップには赤い耳たぶ付いている。

これは、白い殻のついた卵を産むほとんどすべての品種が白い耳たぶを持つため、独特である。

品種は、良いサイズの白い殻の卵を産む、繊細な肉を持っています。

レッドキャップは1900年までに元のイングランドではほとんどなくなった。

この品種は1870年以前にアメリカ全土に広く分布していました。

1890年代まで、農家や家禽の飼育者が卵を飼育する能力を持つレッドキャップのが多数飼育されていました。

その後、数年のうちに、その品種はほぼ完全に消えた。

レッドキャップの雛はマホガニーで孵化し、濃いストライプで色づけされています。

レッドキャップは、1888年にアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって標準品種として認められました。

雄鶏の体重は3.4㎏、雌鶏の体重は2.7㎏。

 

Rosecomb Bantam
(ローズコーム バンタム)

 

原産国:イギリス

ローズコームはイギリス原産の独特なトサカの名前が付けられた鶏の品種です。

ローズコームはバンタムの鶏であり、真のバンタムとして知られているものの1つで、大きな鶏の小型化されたバージョンではありません。

ローズコームは、最も古くから最も人気のあるバンタムの品種の1つであり、その品種には数多くのバリエーションがあります。

装飾的な鶏で、卵と肉の生産には適していません。

ローズコームは、最も古い鶏の1つです。

この種の最も早い生存記録は、14世紀からのものであるが、別の起点を有するかもしれない。

装飾品種としての彼らの人気は、リチャード3世がそれらを育て始めた後、最初に広まった。

家禽愛好家の人気は19世紀まで続いており、1849年に初めての北米家禽類展示会でローズコームが展示されたほか、1874年にAmerican Standard of Perfectionの第1版に登場しました。

今日では、ブリーダーによる彼らの広範な保持が維持されている。

雄鶏の体重は一般に570~620g、雌鶏450~510gです。

彼らはまた、比較的実質的な白い耳たぶ、壮大な尾、およびコンパクトなボディ形状を誇っています。

これらの一般的な特性に加えて、ローズコームは25種類の異なる色のバリエーションがありますが、黒、青、白が最も一般的です。

 

Rhode Island White
(ロードアイランドホワイト)

 

原産国:アメリカ

ロードアイランドホワイトは、米国ロードアイランド州の品種です。
ロードアイランドホワイトはロードアイランドレッドとは異なる品種です。
オーストラリアでは、ロードアイランドホワイトは、オーストラリアの家禽規格に基づいてロードアイランドの品種の色の種類とみなされています。

ロードアイランドホワイトの作成は、1888年に始まった。
Partridge Cochins 、White Wyandottes 、White Leghornの交配を経て開発され、1903年には品種として固められました1922年にAmerican Poultry Associationの Perfection of Standardに受け入れられました。
1960年代まで普及していましたが、現在は比較的まれな鶏です。

それは2003年に存在したと知られている3000羽未満の鳥で、アメリカ家畜繁殖保全団体に上場しています。

ほとんどの標準的な品種と同様、バンタム品種もあります。

ロードアイランドホワイトは、肉と卵の両方の生産に適した二重目的の鶏です。 雄鶏は体重が3.9㎏、雌鶏は体重が3㎏です。

彼らは白い羽毛、赤い肉垂と耳たぶ、そして中型のバラのトサカで 、単一の品種を持っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.19

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

La Fleche
(ラ フレッシュ)

 

原産国:フランス

LaFlèche 、フランス語 : Poule de LaFlècheは、珍しいフランス産の鶏種です。

それはSarthedépartement 、 ペイ・ド・ラ・ロワール 地方に由来し、Sarthe、 Le Mansの首都から遠くない、その地域のLaFlècheの町とコミューンにちなんで名付けられています。

この品種はかつて高品質の肉として有名でした。

第二次世界大戦以来、数は非常に少なくなっています。

彼らの主な特徴は、珍しいV字形の櫛です。

彼らは中程度のサイズで、体重は通常3.5〜4kg 、体重は3〜3.5kgです。

彼らは白い卵を産みます。

彼らは通常装飾的な鳥として使用されますが、まだ彼らの上質な肉のフランスの高級レストランで評価されています。

多くの著者は、15世紀にLaFlèche品種の起源を遡る。

早い記述は1846年に始まる。

品種は20世紀の最初の部分で名声と成功の期間を有したが、ブレッセ以外のすべての元々のフランスの品種と同様に、数は第二次世界大戦後大きく減少した。

1960年代と1970年代には、それは絶滅の危機だった。

以来、徐々に回復しています。

2011年、ペイ・ド・ラ・ロワール地方の地域動物繁殖保護団体であるペイ・ド・ラ・ロワール(Pays de la Loire)動物園で救助プロジェクトが開始された。

品種保全状況は、The Livestock Conservancyによって 'Critical'としてリストされています。 

 

Lamona
(ラモナ)

 

原産国:アメリカ

ラモナは、アメリカの鶏の品種です。
それは20世紀初めにHarry S.によって作成された。

メリーランド州ベルトビルのウォレスベルトビル農業研究センターは、ホワイトプリマスロック、シルバーグレードーキング、ホワイトレッグホーンを使ってラモナを作成しました。

この努力は1912年に始まり、1933年にはアメリカ家禽協会の完全基準の品種として認められた。

バンタム版は標準的なラモナから小型化され、1960年にアメリカ家禽協会によって認められました。

彼らの強い生産性のために、ラモナは20世紀前半に短期間の人気を得ました。

しかし、1950年代以降、商業用の養鶏場は、21世紀に業界を支配する2つの品種、すなわち肉用のコーンウォッシュ ・ハイブリッドと卵用のホワイト・レグホンに転換されました。

1980年代、ラモナは絶滅に近づいていた。

イリノイ州のマリオン・ナッシュのような少数の専属の保存学者は、この種を一度永続させた。

しかし、今日、元のラモナは非常にまれです。

アメリカ家畜繁殖保全および2005年の最も最近の情報源からの報告は、依然として存在している1〜2匹の雌鶏の報告がありますが、これらのブリーダーのいずれも販売するラモナではありません。

彼らは黄色の肌と白い羽毛を持ち、米国市場にとって理想的な肉鶏です。

彼らは単一のトサカと赤い耳たぶを持っています。

赤い耳たぶのある鶏は通常茶色の卵を産むのに対し、ラモナは大きな白い卵を産みます。

 

Rumpless Araucana
(ランプレス アロウカナ)

 

原産国:チリ

用途:色付き卵層/展示会。

卵 : 170~180 青/緑。
産地:チリ/南アメリカ。
体重:

標準

雄鶏: 2.7Kg

雌鶏: 2.25Kg。

バンタム

雄鶏: 910g

雌鶏: 790g。

色:

ブラック、ブラックレッド、ブルー、ブルーレッド、クレイル、カッコウ、ゴールデンダックウィング、ラベンダー、パイル、シルバーダックウィング、スパングルリング、ホワイト(標準)

 

他の品種と交配すると、子孫は緑色/青色の卵を産む。

ランプレスアロウカナは、アメリカ基準の「アロウカナ」と呼ばれ、アロウカナは「アメローカナ」と呼ばれています。

ラムプレスアラウカナは本当にユニークな品種です。

第一に、それは耳の近くから羽毛の房が出ていて、青色から緑色の卵を産みます。

尾を持っていない。

 

Rumpless Game
(ランプレスゲーム)

 

原産国:イギリス

ランプレスゲームは、 テールレスのイギリスの品種です。

標準サイズとバンタムの両方があります。

ランプレスゲームは、アロウカナなどの他のテールレス品種と同様に、尻尾が成長するユーロピウムを欠いています。

それは硬い羽毛の品種であり、単一のトサカと小さなワットル(肉垂)と耳たぶを備えています。

すべての色は、 英国の家禽クラブの基準の下で受け入れられます。

ラムプレスの雄鶏は体重が2.3~2.7㎏、雌鶏は1.8~2.3㎏です。
イギリスの品種は、米国に輸出されたことはありません。

彼らはアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって認識されていない。

彼らは茶色の卵の良い鶏であり、時折白色、青色、または緑色の卵を産むこともあります。

 

Lakenvelder
(ラーケンフェルダー)

 

原産国:ドイツ

ラーケンフェルダーは、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン(Nordrhein-Westfalen)地域とオランダの近隣地域の鶏種です。

それは1727年に初めて記録された。

ラーケンフェルダーは1901年に英国に最初に輸入された。

それは1939年にAmerican Poultry Associationの完全基準に認められた。

翼の原色と二次の内側のウェブは黒です。

残りの羽は白く、薄い青灰色のアンダーカラーをしています。

目は明るい栗や赤、くちばしの暗い角、顔、ワットル(肉垂)、トサカは明るい赤、白い耳たぶです。

脚はスレートブルーです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.18

目安時間:約 12分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Malay
(マレー)

 

原産国:マレーシア

最大の鶏の品種で、身長が90cm以上になることがあります。

マレーは主にヨーロッパで飼育されている。

また、オーストラリアと米国でも飼育されている。

この種の大きな鳥類である19世紀初頭に、インド亜大陸]や東南アジアから輸入された鳥類から、イングランド南西部のデボンとコーンウォールに由来するインド北部、インドネシア、 マレー半島に広がっていた。

マレーは1845年に初めての英国家禽博覧会で展示され、1865年に英国家禽規格の初版であるスタンダード・オブ・エクセレンスに含まれていました。

マレーは約1834年にドイツとオランダに、1846年にはアメリカにも導入されました。

黒い胸の赤いマレーは、1883年からアメリカ家禽協会の スタンダード・オブ・パーフェクションに、バンタムも1904年に、米国での品種の数は非常に少ないですが、それ以外の色は標準とバンタムサイズの両方であり、1981年に追加されました。

その保全状況はFAOによって「絶滅危惧種」とされている。

 

Marsh Daisy
(マーシュデイジー)

 

原産国:イギリス

マーシュ・デイジーは、 イギリスの ランカシャーに由来する希少品種です。

その名前は、沼のような地域でのその起源に関連しているかもしれません、またはその大きなバラのトサカがマッシュ デイジー ( Armeria maritima )の花に似ています。

マーシュ・デイジーは、丈夫で経済的な鶏ですが、成熟するのが遅いです。

これは、雄鶏が最大2.95㎏、雌鶏が2.5㎏の標準的な家禽の軽量品種です。

一般的に落ち着いていますが、活発で飛ぶことができます。

鶏は、かなりの数の薄い色の卵を産みます。

独特の特徴は、「ローズコーム(バラ冠)」、「白い耳たぶ」、「緑色の脚」です。

現在、マッシュデイジーにはバンタムのバリエーションはありません。

サウスポート、ランカシャー 、オールド・イングリッシュ・ゲームで1880年代に始まり、養鶏場はマレー鶏と交配され、その品種の基礎を作りました。

ブラックハンブルク 、ホワイトレグホンツ 、シチリアも追加され、その特徴が強められました。

マーシュ・デイジーは、1913年現在、英国で適切な定義された品種になるだろう。

祖国でさえ非常にまれであり、英国の希少品種サバイバル・トラストによって絶滅のおそれのある品種としてリストされています。

かつてはブラック、ブラウン、バフ、ウィーテン、ホワイトの色の品種で、WheatenとBrownが最も一般的で、Buffの白と黒は専用のブリーダーによって再導入されました。

バンタムバージョンはありません。

 

Minorca
(ミノルカ)

 

原産国:スペイン

カタロニア語 : カタロニア語 : カタロニア語 : スペイン語 : Menorquina 、 スペインの南東にバレアレス諸島の メノルカの地中海の島に由来する国内の鶏の 品種です。

それは世界の多くの国でよく知られている展示鳥ですが、 メノルカ島では絶滅の危機に瀕しており、絶滅の危機にあると考えられています。

 

国際型のメノルカ島は、メノルカ島固有の鳥からイギリス人によって作られました。

このプロセスは、1708年から1783年にかけての島のイギリス占領中に始まりましたが、そこで起こったのか英国で起きたのかははっきりしていません。

それはメノルカで始まり、1780年代のメノルカからのニワトリの輸入が文書化された英国で継続された可能性が高い。

約100年後、イギリスの南西にあるデボンとコーンウォールでは、品種(「スペイン語」の多様性とみなされていた)は一般的であり、古くから確立されていました。

それはパリで "Barbezieux"という名前で展示されていたが 、世界で普及していた。

それは1870年代後半にドイツに輸入された。

そして、1888年にアメリカ家禽協会の スタンダードオブパーフェクションに追加された。

体型(ランシャンとの交配による)、くし型耳の大きさ、首の位置など、品種の物理的特性のいくつかを変更するために様々な試みが行われました。

これらの試みのどれも、卵用としての能力に有益な影響を及ぼさなかった。

2012年末のスペインの数は460羽で、 すべてバレアレス諸島にいます。

スペインでは、ミノルカは中程度の大きさの品種で、一様に光沢のある緑黒い羽毛をしています。

雄鶏は約2.8kg 、雌鶏は約2.2kgです。

背中は傾斜しており、尾はほぼ水平です。

トサカ 、顔、ワットルは明るい赤です。

トサカは滑らかで単一のもので、6つの明確なポイントがあります。

それは雄鶏で立っているが、雌鶏では片側に落ちています。

ワットル(肉垂)は大きく、滑らかで細かいテクスチャです。

耳たぶは白く、非常に大きく、卵形またはアーモンド形である。

皮膚は白く、脚は黒色または暗色のスレート色である。

イギリス家禽規格は、雄鶏と雌鶏の両方で2.70〜3.60kgの範囲でより重い体重を要求しています。

イギリスでは、ミノルカの青と白の色の品種が認められているほか、いくつかの国ではバフと斑模様の品種がある。

バラ冠型は、スペインを除くいくつかの国で認められています。

ミノルカのバンタムもあります。

これは、一部の国ではバラ冠のトサカになっている場合もあります。

 

Modern Game
(モダン ゲーム)

 

原産国:イギリス

モダンゲームは、1850年から1900年の間にイギリスで生まれた装飾用鶏種です。

まさに展示鳥であるモダンゲームは、最も美的に喜ばしく、ガンコックや戦闘の視覚的魅力を模索するために開発されました。

19世紀半ばに英国で闘鶏を禁止した後、多くの闘鶏愛好家がオルタナティブ・イングリッシュ・ゲームとマレーシアの交配から開発された別の家禽趣味のショーのために繁殖に転じました。

品種基準の闘鶏の鶏に分類されているにもかかわらず、モダンゲームは戦うために育てられませんでした。

モダンゲームは、彼らが呼び出されたときに、1865年に英国家禽規格の初版である展覧会家禽類の優秀基準に9色含まれていました。

ゲームバンタムも含まれていました。

ゲームの8色は1874年にアメリカ家禽協会の 完璧基準の初版に含まれていた。

その品種は、十数種の色のバリエーションで現れます。

最も一般的なのは黒赤、birchen、茶色の赤、duckwingと積み重ねです。

色は大きく2つのグループに分けることができます。

柳色の脚と赤い目、黒い脚と黒い目。

多くの品種のように、モダンゲームの標準サイズとバンタムサイズの両方があります。

イギリスの家禽クラブの基準によると、標準サイズの雄鶏は3.20〜4.10kg、雌鶏は2.25〜3.20kgであり、バンタムはそれぞれ570〜620gと450〜510gの重さである。

バンタムバージョンは、家禽の愛好家の中で最も人気があります。

モダンゲームは良い卵用ではなく、肉生産の価値もありません。

 

Yokohama
(ヨコハマ)

 

原産国:ドイツ

ヨコハマは独特な色合いと非常に長い尾の羽毛を持つドイツの鶏の 品種です。

それは1880年代にヒューゴ・デュ・ロイによって創られ、19世紀後半に日本からヨーロッパに運ばれた装飾用の鶏(尾長どり)に由来します。

これらのうちのいくつかは横浜の港から出荷され、その名前で知られていました。

ドイツでは、ヨコハマの名前は白い鳥や赤い鳥にしか使われません。

英国では、Phoenixとして知られている様々な色の鳥にも使用されています。

1639年から1854年にかけては、 江戸時代は鎖国時代でした。

1854年の神奈川条約に基づき、世界各国との貿易のために5つの港が建設された。

その一つが1859年に開かれた横浜でした。

ヨーロッパに輸出された品物の中には、異例の伝統的な日本の長いテールの鶏がありました。

その年には鳥の一部がパリのJardin Zoologique d'Acclimatationに到着し、そこで彼らは起源の港としてヨコハマと名づけられました。

数年のうちに、ドイツ国家家禽協会( Bund DeutscherRassegeflügelzüchter)の最初の大統領であるヒューゴ・デュ・ロイ ( Hugo du Roi )が繁殖し始めたドイツに、数年のうちに連れていった人もいた。

交差繁殖によって赤みを帯びた彩色をしたのか、それとも日本からその彩色の鳥が持ち込まれたのかはわかりません。

ヨンハマは、1885年のGeflügel-AlbumにJean Bungartzによって描かれた品種の中にあった。 

一部の鳥は英国に輸出され、約1904年にブリーダーズクラブが結成されました。

ヨンハマの名前は、デュ・ロイのヨンハマの鳥と、彼が開発したまったく別の品種、フェニックスの両方に使用されました。

単一のトサカと色の異なる羽色。

バンタムヨンハマは通常の方法で標準サイズの鳥と他の品種の適切な色のバンタムを交配することによってドイツで作成されました。

ヨンハマは珍しい長い尾と長い後続の鞍部の羽を持つ小さな鶏です。

それはピーナッツまたはクルミトサカを持っています。

くちばし、足と足は黄色です。

ドイツでは、白と赤の鞍部が2 色認識されます。

イギリスでは、ヨンハマの名前がフェニックスとしてドイツで知られている鳥にも使用されていますが、赤い鞍部と白に加えて、さらにいくつかの色があります。

これらには、黒尾根、青赤、スパングルリング、黒赤、黄金の羽毛、銀の羽毛が含まれます。

米国では、1981年には赤い鞍型(赤い肩を寄せた)と白い品種が完全基準に追加された。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.17

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Plymouth Rock
(プリマスロック)

 

原産国:アメリカ

プリマスロック(Plymouth Rock)はアメリカ原産の卵肉兼用種の品種です。

アメリカのマサチューセッツ州で品種改良されたニワトリである。

日本で飼育されるプリマスロックは「横斑プリマスロック」種が一般的で成鳥は白と黒の横縞(しま)模様をしている。

ひよこの時には黒い羽毛であるが成長すると横縞(しま)模様になる。

この横斑プリマスロックから突然変異で生まれた「白色プリマスロック」種の雌と「白色コーニッシュ」種の雄と掛け合わされた交配種は肉用鶏のブロイラーの主流となっている。

横斑プリマスロックと白色レグホーンの交配種は「ロックホーン」種と呼ばれる。
ロードアイランドレッドの雄と横斑プリマスロックの雌との交配種の雌は「ゴールデンネック」と呼ばれる。

このひよこも黒い羽毛だが顔の一部などがこげ茶色になる。

成鳥は全体的には黒色で頸部や胸部の一部が黄褐色となる。

 

Pekin Bantam
(ペキンバンタム)

 

ペキンは鶏の品種で、バンタムは中国に拠点を置いています。

ペキンは、足の羽を豊かにして、足をほとんど隠しています。

品種は著しく普及しており、鶏の色の範囲をほぼ包含しているようです。

最初のペキンは、1860年頃の第2次アヘン戦争の終わりに向けて、英国の兵士による北京の北京での中国皇帝の私的コレクションから略奪されたと主張されている。

しかし、 ビクトリア女王には「Shanghais」という名前が付けられ、これらの鳥はさらなる輸入によって繁殖し、今日我々がペキンとして知られている品種に発展したという1835年頃の中国からのものである。

英国に最初にもたらされたペキンは、後に到着する黒とバフであったと言われています。

彼らはコーチンバンタムとして米国とカナダで知られている。

ペキンは真のバンタムであり、大型鶏のない小型鶏の品種です。

彼らはむしろ丸い形をしており、彼らの姿勢は前方に傾いており、尾の羽よりも頭が地面に少し近づいています。

この「傾き」は、ペキンの重要な特徴です。

特に尾は羽ばたくが、全体的に豊富に羽ばたき、丸くならなければならない。

若い雄鶏はしばしば足から外側に突出した長い羽を持っています。

ペキンの色の範囲は広範囲であり、そのリストは絶えず増加しています。

色はBarred, Birchen, Black, Black Tailed Red, Blue, Brown Red, Buff Columbian, Columbian, Golden Laced, Lemon Blue, Mottled, Partrige, Red, Silver Laced, Silver Penciled, White。

ちぢれた羽のペキンは一般的です。

 

Holland
(ホーランド)

 

原産国:アメリカ

ホーランドは、かなり珍しい大型の品種であり、卵肉兼用であり、アメリカ発のものです。

この品種は、ニュージャージー州の Rutgers Breeding Farmsで開発されたもので、オランダから輸入された鳥は白色レグホーン、ロードアイランドレッド、ニューハンプシャー、Lamonasと交配しています。

White Leghorns、Barred Plymouth Rocks 、Australorps 、Brown Leghornsを含むもう1つの交配種は、斑模様の様々なホーランドを生産しました。

両者は1949年にアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって受け入れられた

 

Poland
(ポーランド)

 

用途:展示会

卵:100〜120個 色:ホワイト
原産国:ヨーロッパ
体重

雄鶏: 2~3㎏

雌鶏: 2~2.5㎏

バンタム

雄鶏: 680-790g

雌鶏: 510 - 680g

色:セルフブラック、セルフブルー、セルフホワイト、スプラッシュ、カッコウ、ホワイトクレステッドブラック、ホワイトクレステッドブルー、ホワイトクレステッドカッコウ、シャモア、ゴールドとシルバーレース。
ポーランドは、実際にはポーランドからのものではありません。

彼らは家禽の最も古い品種の1つであり、その起源はヨーロッパのどこからかであると考えられています。

いくつかはイングランド、一部はオランダとフランスにいます。

ポーランドは親しみやすい小さな鳥で、面白い外観を持ち、小さな庭に最適で、子どもにはとてもなつきます。

ポーランドはとても飼いやすい。

ポーランド人は、彼らの頭の羽のために視界が制限される傾向があります。

 

Marans
(マラン)

 

原産国:フランス


年間産卵数:160~210個
卵の色  :Dark Brown
重量

標準

雄鶏:3.6㎏

雌鶏:3.2㎏

バンタム

雄鶏:500~550g

雌鶏:400~450g

 

色:

ブラック、ダークカッコウ、ゴールデンカッコウ、シルバーカッコウ(標準化)、ブラックテールバフ、ブラウンレッド(銅ブラック)、銅ブルー、シルバーブラック(バーチェン)、ホワイト、コムテン、コロンビアン(非標準化)

 

マランは1920年代にフランスのPoitou CharenteにあるLa Rochelleの北部、Maransの町の近くで開発されました。

元のマランは軽い羽がはえた足を持っていましたが、フランスではまだ見られることがあります。

カッパーブラックマラン(イギリスでは標準ではない)の多くの種類は依然として脚に妥当な量の羽をつけており、これにより「フランスカッパーブラックマラン」と呼ばれることがよくあります。

英国家禽規格(British Poultry Standards)は、羽のある脚を深刻な欠陥として挙げている。

元の鳥は標準タイプから多くのバリエーションを生み出していましたが、1929年にイギリスに持ち込まれたときにそのタイプが修正され、1930年代半ばまでに最初のカッコウ・マランが英国家禽規格に参入しました。

英国には4色、フランスには9色、ドイツには4色があります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.16

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Brakel
(ブラケル)

 

重量

標準

雄鶏:2.0~2.5㎏

雌鶏:1.8~2.2㎏

バンタム

雄鶏:約800g

雌鶏:約700g

卵の色:白

 

ブラケルは、古いヨーロッパの鶏の品種の一つです。

その歴史は1416年にさかのぼり、ベルギーのブラケル地方の家禽類として普及しました。

Braekelのバンタムバージョンもあります。

肥沃なフランダースに生息する大型タイプと、肥沃度の低い地域であるケンペンの軽量タイプの2つの異なるタイプのブラケルが過去に認識されました。

異なるタイプ間の交雑により、この区別は消滅し、単一のタイプとなった。

ブラケルの数は第二次世界大戦中および後に減少し、希少品種です。

ブラケルは軽い品種です。

羽毛のまっすぐバンディングパターンと均一な首のカラーは、ブラケルの特徴です。

いくつかの色のバリエーションが存在し、金色と銀色の変種が最も一般的です。

 

Brabanter
(ブラバンター)

 

ブラハンターは、ベルギーとオランダにまたがるブラバントの歴史的地域に由来するオランダの鶏の品種です。

それは非常に古い品種で1676年の絵に描かれています。

この品種は急速に人気を博しましたが、1900年代初めにはほとんどいなくなりましたが、異なるドイツの品種から再現されました。

ブラハンターのさまざまな品種は、標準サイズのブラバンターとポーランドの品種の交配によって1934年ごろに作られました。

ブラハンターは白い卵を生産するために飼育されている。

ブラハンターの卵は、白やわずかに着色されている可能性があります。

バンタム・ブラバンターは1934年頃に作られた。

ブラバンターは、鶏の品種の中でも最も軽いものです。

雄鶏は1.9~2.5㎏ 、雌鶏は1.6~2.0㎏ 。

ブラバンターにはV字型のトサカがあります。

オランダでは、7色の品種が認められています:黒、シャモア、カッコウ、ゴールドスパンデッド、レースドブルー、シルバースパンコール、ホワイト; ドイツでは13色の品種がある 。

 

Brahma
(ブラーマ)

 

 

 

ブラーマは、 上海の中国港から輸入された非常に大きな鶏から米国で開発された鶏の大型品種です。

ブラーマは、1850年代から1930年頃までの米国における主要な肉の品種であった。

ブラーマの起源に関してかなりの論争があった。

これは上海の中国港から輸入された鶏類から米国で開発されたようで、上海の鶏類として知られています。

ブラーマは、1865年に英国の家禽クラブが最初に出版した最初の英国家禽規格に含まれていた。

1874年にアメリカ家禽協会の最初の基準に含まれていました。

非常に大きかった:雄鶏の場合約8㎏、雌鶏の場合は6㎏の体重が記録されました。

重量は、雄鶏の場合は平均5.5㎏、雌鶏の場合は4.5㎏です。

アメリカでは 、3種類のブラーマ品種を認識しています。

オーストラリア産家禽協会(Australian Poultry Association)は、標準的なライト、ダーク、およびバフに加えて、ブラーマの黒、青、パートリッジ、クレー、および縞模様のある品種を受け入れている。

 

Bresse
(ブレッセ)

 

ブレッセ鶏は、フランス中東部の3県にまたがるブレッセ地方で飼育されている。
第三紀に湖であったこの地域の地質は、粘土質で、水はけが悪い。
さらに、霧が多く、湿度が高いため、鶏が容易に、ミミズや虫などを掘り起こして食すことができる。
この地域で飼育されてきたブレッセ鶏は、明らかにほかの地域とは異なった味や特徴を持つため、1957年にフランスの公的な食品品質保証制度の一つである統制原産地呼称(AOC)に登録された。
現在でも、フランスに数多く飼育されている食用鶏の中でも唯一AOCに登録されている鶏である。
ブレッセ地方で生産された鶏すべてがブレッセ鶏ではない。
ブレッセ鶏と名乗るためには、ブレッセ鶏の生産に関する規則に定められた特徴を持ち、また、伝統と経験により確立された飼育管理方法に基づいて生産された鶏でなければならない。
品種は、ゴロワーズ・ドゥ・ブレッセ・ブランシュ種。
赤いとさか、白い羽、青い脚が特徴のブレス鶏は、フランス国旗をほうふつさせる。
アン(Ain)県、ソーヌ・エ・ロワール(Sao ne et Loire)県、ジュラ(Jura)県にまたがる南北約100キロメートル、東西約40キロメートルの3,536平方キロメートルの地域で飼育された鶏でなければならない。

 

Booted Bantam
(ブーテッドバンタム)

 

ブーテッドバンタムまたはダッジブーテッドバンタム(オランダ語:Sabelpoot)は、オランダの鶏の品種です。

その名前は、オランダ語では、独身のひざまたは「サベル」と呼ばれる、足とひざの関節に贅沢な羽根に由来します。

ブーテッドバンタムは標準サイズがなく、真のバンタムの一つです。

雄鶏の体重は通常約850グラム、雌鶏の体重は750グラムです。

アメリカの基準では、雄鶏の場合は740g、雌鶏の場合は625gの標準サイズより小さく指定されています。

ブーテッドバンタムは、ホーン色のくちばし、赤い肉垂、赤い耳たぶ、単一の直立したトサカを持っています。

ほとんどが愛好家によって飼育された展示用の鶏ですが、20種類以上の色の品種があります。

ブラック、ブルー、バフ、カッコウ、コロンビアン、グレー、ゴールデンネック、ミレフレ(最も一般的なもの)、斑入り、パートリッジ、ラベンダー、レモンミレフール、ポーセレン、セルフブルー、シルバーミレフレとホワイトがあります。

何百年もの間、ヨーロッパ全土で人気があるBooted Bantamは、19世紀後半にドイツから北米に輸出されました。

それは1879年にAmerican Poultry Associationによって正式に認められました。

アメリカン・バンタム協会にも認められ、フェザー・レッグド・グループに分類されています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.15

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Fayoumi
(ファヨウミ)

 

原産国:エジプト

ファヨウミはエジプトを起源とする鶏の品種です。

ファヨウミは、エジプトで非常に古い品種であり、カイロの南西、ナイルの西に位置するFaiyum Governorateの名前が付けられています。

エジプトの新王国時代に、家禽の名前とその記述が登場しました。

ツタンカーメン王は、古代のシナモン貿易を通じて調達されたスリランカの野鶏を持っていました。

エジプトは、3000年前にエジプトで発生したヤシの森林や湿地で生活に適応した家禽と野鶏の交配種の子孫であると考えられています。

彼らはアイオワ州立大学農学部学長によってエジプトから輸入された少なくとも1940年以来、西洋に存在してきた。

ただし、アメリカ家禽協会による公式の展示は認められておらず、完全基準には含まれていません。

彼らの直立した尾と前方に突き出た胸部と首、彼らは時には路上ラーナーに似ています。

彼らは軽量の家禽で、体重はおよそ雄鶏は2㎏、雌鶏は1.6㎏です。

雄鶏では、羽毛は頭、首、背中および鞍部が銀白色であり、残りは黒と白で囲まれています。

雌鶏は銀白色の色調の頭と首を持ち、残りは縞模様です。

ファヨウミは単冠のトサカがあり、耳たぶと肉垂は赤色で適度に大きく、耳たぶに白い点があります。

彼らはダークホーンカラーのくちばしとスレートブルー(灰色がっかった青色)の皮膚を持っています。

ファヨウミの外見は、ベルギーのカンピネの品種の銀色の品種に非常に似ています。
そして、カンピネは、ローマ人によってヨーロッパの北に持ち込まれたファヨウミの子孫であるかもしれません。

ファヨウミは丈夫な品種で、特に暑い気候に適しています。

家禽の遺伝学的研究および逸話的報告による品種は、特にウイルス性および細菌性感染症に耐性があると考えられている。

彼らはまた自分自身でエサを探し回る鶏で、自由な範囲に放置されていれば、彼らはほとんど野生の方法で自分自身を守ることができます。

ファヨウミの雌鶏は、小さくて灰色がかった卵をたくさん産みます。

ファヨウミは成熟するのが早く、雌鳥は4ヶ月半、雄鶏は5,6週間で鳴きます。

 

Vorwerk
(フェルベルク)

原産国:ドイツ

フェルベルクは、ドイツで生まれた鶏の品種です。

希少な品種で、それは特徴的な黒と金の羽毛を持っています。

フェルベルクの作成に使用された品種には、ラーケンフェルダー、バフオーピントン、バフサッセクス、アンダルシャンが含まれていました。

1913年までにフェルベルクは標準化されました。

しかし、これは決して普及しておらず、ヨーロッパ大陸以外ではあまり見られません。

1966年、ミネソタ州ニューウルムの米国人男性が品種に興味を持ちましたが、北米に輸出されていませんでした。

したがって、彼はラーケンフェルダー、バフと青のWyandottes 、Black-tailed BuffとBuff Columbian Rosecombsを使用して、最初からバンタムバージョンを作成しました。

大型家禽フェルベルクは、American Poultry AssociationのStandard of Perfectionで一度も受け入れられていませんが、American Bantam Associationは米国版のフェルベルクバンタムで認識されています。

雄鶏と雌鶏は同様の羽毛を持っています。

フェルベルクは卵肉兼用の品種です。

標準的なサイズの雄鶏は体重が2.5~3.2㎏、雌鶏は体重が2~2.5㎏です。

しかし、ヨーロッパのバンタムの基準は、異なる品種を使用して製造されたとして理解できる米国の基準とは異なることに注意することは非常に重要です。

特に米国のバンタムの雄鶏は765gで、雌鶏は650gですが、ヨーロッパではこの品種は雄鶏が910g、雌鶏が680gと重くなります。

大きなフェルベルクの雌鶏はクリーム色の卵を年間で約170個産みます。

バンタムはまた卵肉兼用ですが、(すべてのバンタムのように)小さな卵で産卵数は少ないです。

フェルベルクは、経済的な食欲で、丈夫で適応性の高い鳥です。

気質では、彼らは注意深く活発ですが、必ずしも気まぐれな性格ではありません。

羽毛の面では、頭、首、尾は黒く、残りは淡色である。

フェルベルクは単冠のトサカ、薄い灰色の綿毛、白い耳たぶを備えています。

 

Frizzle
(フリッズル)

 

 

 

重量

標準

雄鶏:3.2~3.6㎏

雌鶏:2.25~2.7㎏

バンタム

雄鶏:680~790g

雌鶏:570~680g

 

フリッズルは、特徴的なカールした、またはfrizzledの羽を持つ鶏の品種です。

フリッズルの起源は不明です。

フリッズル遺伝子はアジアで起きたと考えられています。
18世紀以来、極東からフリッズルが報告されている。

ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ポーランド、スロバキア、英国の9つの国で認知されています。

フリッズルは単冠のトサカがあり、足には羽のないきれいな脚です。

EntenteEuropéenneの標準では、黒、青、cuckooと白の4色が認識されています。

イギリスの家禽クラブは、標準サイズとバンタムサイズの両方で13色を認識しています。それらのすべてが現在繁殖しているわけではありません。

Australian Poultry Standardsは、黒、青、バフ、白、コロンビア、赤、および「任意の認識色」を認識しています。

フリッズルは展覧会のためだけに飼われています。

白または薄い色づけされた卵をたくさん産みます。

 

フリーシアン(Friesian)

 

 

原産国:オランダ

重量

雄鶏:1.4~1.6㎏

雌鶏:1.2~1.4㎏

卵の色:白

 

フリーシアンは、オランダの古代の鶏肉、特にフリースラント州で飼われていました。

フリーシアンはオランダとドイツでは多くの色がありますが、他の地域では限られています。

フリーシアンは、高い飛行能力など、野生の本能の多くを保持している品種です。

この品種は小さい卵をたくさん産みます。

 

Groninger Mew
(フローニンゲルミュウ)

原産国:オランダ

色:金と銀、その他

英国家禽規格によって標準化されていない。
Groningerは、ドイツとの国境にある、国の北部の州です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.14

目安時間:約 10分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Barbu d'Anvers
(バルブ ダンベル)

 

ベルギーのバンタム鶏の 品種です。

それは真のバンタムであり、標準サイズの鶏はありません。

雄鶏は約700g、雌鶏は約600gです。

バルブダンベルは、最も古いバンタムの品種の1つであり、フランダース北部のアントワープ州 ( フランス語 : Anvers )で起きたと考えられています。

それは絶滅の危機に瀕していない唯一のベルギー産の鶏の品種です。

2005年の国勢調査では1500羽が見つかりました。

バルブダンベルは、前方に突き出た大きな丸い胸部と弓尾の小さな鳥です。

その名前が意味するように、それは耳たぶを覆う羽毛のひげがあります。

それは小さなバラのトサカと小さいか存在しないワットルを持っています。

ベルギーでは29種類の羽毛が認められています。

バルブダンベルは純粋に装飾的な品種で、ペットとして、または家禽の家に飾られています。

雌鶏は通常、重量が35g未満の小さなクリーム色の白い卵を産みます 。

 

Barbu d'Uccle
(バルブヂュックル)

Barbu d'UccleまたはBelgian d'Uccle 、オランダ : Ukkelse Baardkrielは、バンタムの鶏のベルギーの品種である。

ベルギー中部のブリュッセル郊外にあるウッレの町で最初に飼育されました

バルブヂュックルは、20世紀初期のベルギーで作成されました。

バルブヂュックルは1905年に最初に示されました。

バルブヂュックルの品種は、1914年にAmerican Poultry Associationの Standard of Perfectionに追加されました。

単一のトサカを持っています。

オランダでは、標準の場合は700〜800g 、雌鳥の場合は約550 gである。

一方、フランスの基準では750gと650gの平均体重が推奨されている。

英国の家禽クラブは 、雄鶏は790-910 g 、雌鶏は680-790 gの範囲の体重を示唆している。

アメリカの基準では、雄鶏の場合は740 g、雌鶏の場合は620 g、プリーツの場合は570 gの理想重量を規定しています。

ヨーロッパでは、青、青ウズラ、カッコウ、ミルフルール、磁器、ラベンダー、ラベンダーウズラ、黒、斑点、銀製のウズラ、ウズラ、および白などの色の品種があります。

 

Barbu de Watermael
(バルブデワターメール)

 

オランダのバルブデワターメール:「Watermaalse Baardkriel」は、ベルギーのバンタムの品種です。

バルブデワターメールは、ベルギーのバンタム種族の中で最も最近のものですが、その起源については、ほとんど記述されていません。

それはAntoine DresseによってWatermael-BoitsfortのLaFougèresの土地で20世紀初期に、ある情報源によれば1915年に作成されました。

Dresseも彼の息子もBarber d'Anversの貢献は確かなものと考えられますが、どの品種がバルブデワターメールの作成に使用したかは明らかにしていません。

Dresseは、ポーランドは使用されていないと言いました。
その品種に典型的な頭蓋骨の突起は、バルブデワターメールの欠陥とみなされます。

ドレスェも彼の息子も、どの品種が、 Barbu de Watermael、Barbu d'Anversの貢献は確実だと考えられています。

Dresseは、 ポーランド人は使用されていないと言いました。

その品種に典型的な頭蓋骨の突起は、Barbu de Watermaelの欠陥とみなされます。

鳥は1922年に最初に示されたが、大きな人気は得られなかった。

11971年、オランダの第2次世界大戦後、ブリーダーズ・クラブがフランスで結成されました。
もう1つは、Watermaalse Baardkriel Clubです。

バルブ・ド・ウォーターマールは現在、ベルギーでは第2のバンタム種であり、2010年には764羽を抱えています。
その年には「危機にある」と分類されました。

バルブデワターメールは、すべてのバンタムの中で最も小さいものの1つです。
雄鶏は体重600~700g、雌鶏は450~550gです。

それは、狭い後方に傾斜した冠毛、3つの部分のひげ、独特のバラのトサカを持っています。

それはほぼ独占的に装飾鶏として飼育されています。
ベルギーでは30種類以上の色種が認められています。

通常見られるものは、ブラック、ブラウンレッド、バフコロンビア、カッコウ、ウズラとホワイトです。
他の色はまれです。

 

Paraoakan
(パラオアカン)

パラオカン(またはパラワカン)の鶏は、もともとはマレーシアから来たもので、14世紀にはアラブの宣教師やイスラム教徒のトレーダーによってフィリピンに紹介されました。

現在パラワン島で飼育されていますが、マグワンダナとラナオデルスールの地方、バシランとジョロの島々でも見られます。
フィリピンの他の標準の家禽の品種と比較して、パラオカンが最大です。

それは他の地元の品種と細長い首より長い脚、大きな体と頭があります。
残念なことに、パラオカンは、主に地元の闘鶏での使用のために、食品源としてではなく、飼育されています。
彼らは通常黒ですが、赤い羽を持つこともあります。
雄鶏は3〜5㎏まで成長することができ、通常、誕生から6ヶ月後には、すでに1.2~1.3kgである。

彼らは、ブロイラーよりもはるかに遅い成長ペースを持っています。

この遅い成長は、より強い筋肉構造を発達させることを意味する。
これらのニワトリはミンダナオ地方の家族によって貴重なものとみなされ、その肉はパラワン島の多くの伝統的なレシピで見つけられます。

 

Faverolles
(ファブロール)

 

ファブロールはフランスの鶏の品種です。

この品種は、フランス中央北部のHoudanとFaverollesの村の近くにある1860年代に開発されました。

ファブロールはもともとフランスでは卵肉兼用に使用されていたが、現在は主に展示のために飼育されている。

ファブロールが1886年に英国に到着したとき、その品種はさらに展示基準に適合するように改変され、英国のブリーダーは、ドイツとフランスより長く、高い尾の羽を持つファブロールのタイプを開発しました。

ファブロールは、閉じ込めと平飼いの両方に適しています。

従って、ファブロールは世紀の初期の部分の間にパリ市場のための卵を作り出した主要な品種であった。

主に装飾品や展示品種として今日は飼育されています。

最も一般的な色はサーモンです。

サーモンの雌鶏の羽は主に茶色でクリーミーな白です。

雄鶏は暗く、黒、茶色、麦わら色の羽毛である。

白、黒、象、鳩、スプラッシュ、青などの他の品種も存在します。

鶏は、中型、明るい茶色からピンク色の卵を産みます。

いくつかの雄鶏は、すべての品種の中で最も静かであります。

彼らは他のファブロールと一緒に、あるいはおそらくサッセクスのような他の従順な品種と一緒にグループで繁栄します。

彼らの優しさのために、ファブロールはペットとして、特に子供のために人気のある品種の鶏になっています。

ファブロールの雌鶏は1週間に約4個の卵を産んでいます。

英国の家禽クラブの基準によると、英国のファブロールの雄鶏は体重が4.08〜4.98㎏、雌鶏は3.4~4.3㎏、バンタムの雄鶏は体重が1130~1360g 、雌鶏は907~1133gです。

オーストラリアの基準では、雄鶏の体重が4㎏~4.5㎏、雌鶏は3㎏~4㎏と規定されています。

鶏のアメリカ家禽協会の基準は雄鶏が4㎏、雌鶏は3 kgです。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.13

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Norfolk Grey
(ノーフォークグレイ)

 

ノーフォークグレイは1910年頃、イギリスのノーフォーク州ノーフォーク市の近くで作成された鶏の品種です。

これは現在、希少品種サバイバル・トラストによって危険にさらされていると考えられる珍しい品種です。

ノーフォークグレイは1970年代初めに絶滅の危機に近づきましたが、1974年に4羽の鶏が発見され、その品種が復活しました。

ノーフォークグレイは大きい品種と考えられていますが、他の多くの大きい品種ほど大きくはありません。

彼らは単冠のトサカと黒い目の赤い顔を持っています。

羽毛は魅力的です。

雄鶏は首、背中、鞍部、羽のように黒色のストライプが施された美しいシルクのハックル(首の周りの羽)があり、残りの羽は黒です。

雌鶏のハックル(首の周りの羽)は雄鶏と似ていますが、シルバーレースの喉から離れたところに黒い羽があります。

雄鶏は3.2〜3.6kg、雌鶏は2.25〜2.7kgに達する。

ノーフォークグレイバンタム(Norfolk Grey Bantam)もあります。

 

Hamburg
(ハンバーグ)

 

14世紀前のオランダで作成されたと考えられる鶏の品種です。

名前は英国およびオーストラリアでHamburghと綴られることがあります。

ハンバーグは、中型または小型の品種です。

雄鶏は体重が2〜2.5kgで、雌鶏は約1.6〜1.8kgで、細い足ときちんとしたバラのトサカが付いています。

ドイツ、オランダでは、シルバースパンコール、ゴールドスパンデル、ゴールドピンク、シルバーピッティング、ホワイト、ブラック、シトロンスパンコールなど、11種類の色が認められています。

これらのうちの6つは、アメリカの基準に含まれています。

ハンバーグバンタムもあります。

 

ハンバーグはすぐに成熟し、良い卵生産者となります。

卵の重さは約50g、光沢のある白い殻で覆われています。

 

Bashang Long-tail
(バシャンチェウエイ)

原産国:中国

重量

雄鶏:2.1~2.4㎏

雌鶏:1.7~1.9㎏

(13週間で 雄鶏:1kg、雌鶏:0.7kg)

卵について

270日齢で産卵

産卵数:年間139個

卵重量:47グラム

卵の色:ライトブラウン

 

皮膚はピンクまたは白です。

4種類の羽毛色があります。

トサカ:一番人気のあるトサカは単冠で、二番目はイチゴのトサカです。

雄鶏は長さが約40〜50cmの長い尾の羽を持っています。

近年では、異種の雑種の侵入により、鶏の品種形質が著しく低下し、純粋な鶏の個体数が減少しています。

地域の品種を保護するために種の多様性を維持するために、この希少な品種を研究開発する必要があります。

 

Buckeye
(バックアイ)

 

バックアイはアメリカのオハイオ州の鶏種です。

19世紀後半に作成されたバックアイは、女性によって作られたと知られている鶏の唯一のAmerican Poultry Association(APA)標準品種であり、アメリカンクラスの唯一のものはエンドウ冠のトサカを持っています。

2014年現在、バックアイはThe Livestock Conservancyによって「脅かされた」と表示されています。

彼らは高い飼育能力と強い肉生産特性を持つ卵肉兼用の鶏です。

バックアイは茶色の卵を産む黄色の肌色の鶏です。

バックアイは、1896年にオハイオ州で開発されました。

開発目標は、激しい中西部の冬に生きることができる機能的な品種でした。

バックアイは、1904年にAmerican Poultry AssociationのPerfection of Perfectionに承認されました。

バックアイの雄の体重は平均して4.1㎏、雌鶏は2.9㎏です。

品種は黄色の肌を持ち、茶色の卵を産んでいます。

その主な色は黒い尾を持つマホガニー赤です。

特に雌鶏は、ロードアイランドレッドとよく似ています。

1年に150〜200個の卵を産むことができます。

バックアイは、小さな農場や裏庭の牧場に適した卵肉兼用の鶏です。

 

Barnevelder
(バーナベルダー)

 

バーナベルダーはオランダの鶏の品種です。

それは、現地のオランダのニワトリと、19世紀後半にアジアからヨーロッパに輸入された様々な「上海」の鳥との交配から生じたものである。

これらはブラマ 、コーチンまたはクロードランシャンタイプのものでした。

それはBarneveldの町およびgemeente (自治体)、オランダの中部のGelderlandにちなんで名付けられた。

鶏は大きな茶色の卵を産みます。
1850年代、アジアの鶏はヨーロッパに到着し始めました。

彼らは最初、「上海」の鶏として知られていました。

これらは当初は交配され、後にはブラマ 、コーチン 、クロウドランシャンなどの品種に発展しました 。

約1865年から、これらの上海のニワトリのいくつかは、Barneveld地区の地元の農場の鶏と交配した。

19世紀の終わりに向かって、American Wyandotteといくつかの類似点を示したAmerikaanse Nuthoenders (「アメリカン・ユーティリティー・バーズ」)と呼ばれるタイプの繁殖もあったかもしれない。

1906年頃には英国バフ・オルピントンといくつかの交配があったかもしれない。

1911年にハーグで開催されたLandbouwtentoonstellingや農業展に出品された鳥のためにバーナベルダーという名前が最初に使われました。

この頃から、一貫したタイプと色の繁殖が試みられました。

1921年にブリーダーズ・アソシエーションが結成され、最初の基準が策定された。

その品種は1923年に認識されました。

1921年頃から、バーナベルダーは英国に輸出され、褐色の卵が要求されていました。

インディアン・ゲームとの交配があるかもしれません。

元々最もよく知られているバーナベルダーの品種は、単一の縦のトサカと黄色の脚を持つダブルレースの品種ですが、他の品種もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.12

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Dominique
(ドミニーク)

原産国:アメリカ

DominickerまたはPilgrim Fowlとしても知られているドミニークは、植民地時代にアメリカで発生した鶏の品種です。

植民地時代にイングランド南部からニューイングランドにもたらされたニワトリからおそらく降りてきて、アメリカで最も古い鶏の品種と考えられている。

19世紀までに、彼らは広く人気があり、国の多くの地域で飼育されました。

ドミニークは卵肉兼用の品種であり、肉や茶色の卵が価値がありました。

成熟時に体重は2.7〜3.6㎏です。

以前は、枕やマットレスの詰め物として、その羽根が多く使用されていました。

ドミニークはニューフランス、現在のケベック州で生まれました。

品種はすぐに成熟し、約6ヶ月齢で卵を産みます。

ドミニークはバラのトサカと、単冠のトサカを持っています。

ドミニークは「かなり黒ではないが白でもない」という比較的柔らかいコントラストをしている。

ドミニークの雌鳥は、静かで個性的な鶏(卵生産鶏の望ましい形質)である傾向があります。

ドミニークは穏やかで飼育しやすい。

しかし、ドミニークは時にはロードアイランドレッドよりも攻撃的で、小さな猫、ヘビ、さらにはミンクを殺すことが知られています。

雌鶏は良い母鶏であり、繁殖率が高い。

ドミニークバンタム(Dominique Bantam)もあります。

 

Dorking
(ドーキング)

 

原産国:イギリス

ドーキングは、イギリスの鶏の品種です。

それは南のイングランドのサリーでドーキングの町に由来して命名されている。

ドーキングは、最も古い英国の鶏の品種の一つです。

それは20世紀の初期の段階でサセックスによって転化されるまで、首都に供給された主要な肉鶏の品種でした。

展示鳥としても人気を博しました。

1845年にロンドン動物園で最初の家禽のショーに示された品種の中にあった。

ドーキングは、最初の家禽基準 、ウィリアム・ベルンハルト・テゲットマイヤー編集、1865年に英国の家禽クラブによって出版された展覧会家禽類の優秀基準に含まれていました。

その後、品種への関心は急速に減少し、絶滅に近づいた。

1874年にAmerican Poultry Associationの Perfectionの最初のスタンダードには 3色の品種が含まれていました。

赤は1995年に追加されました。

ドーキングは、卵と肉の両方の生産のための品種としての多用途性でもよく知られています。

それは白い殻のついた卵を産み、赤い耳たぶを持つ少数の品種の1つです。

肌色は白です。

体重は、雄鶏は4.55~6.35㎏、雌鶏は3.60~5.00㎏、バンタムの場合は3.60~4.55㎏です。

 

Nankin Bantam
(ナンキン バンタム)

原産国:イギリス

ナンキンバンタム(Nankin Bantam)またはナンキン(Nankin)は、イギリスの鶏の品種です。

それは本当のバンタムであり、それは小型化された大きな品種をもたない小さな品種である。

それは東南アジアの起源であり、最も古いバンタムの品種の一つです。

それは黄ばみのバフ色で、その名前は中国のナンキン綿の色から派生したものと考えられています。

ナンキンバンタムは、 東南アジアのどこかで生まれた最も古い真のバンタム種の1つと考えられています。

彼らは18世紀に初めて西洋で広く普及しましたが、イングランドでは16世紀にもその存在が証明されています。

特にイギリスに長く存在するバンタムとして、ナンキンは今日セブライトのような多くの他のバンタムの形成に貢献した。

ナンキンバンタムはアメリカではめったに見つからない。

ナンキンバンタムの数は、19世紀中頃に西部で減少し、より新しい、よりエキゾチックなアジアの品種の輸入に伴って減少した。

北米のナンキンバンタムへの関心は、1960年代のアメリカン・バンタム協会の注目を集めた。

ナンキンバンタムはアメリカン・バンタム協会に認知され、2012年現在、アメリカ家禽協会の 完全基準に受け入れられている。

アメリカのブリード・クラブは、2006年に初めて設立された。

アメリカの家畜繁殖保全によって危機的に危険にさらされていると分類されています。

2002年には、その品種の総数は50~100羽で推定された。

ナンキンの保全状況はFAOによって2007年に「重要」とされた。

品種には2つの品種があり、トサカの型によって区別されます。

単冠のナンキンは5点で大きなトサカを持っています、そして、バラのトサカは、単一の点で終わる中型のサイズを持っています。

すべてのナンキンバンタムは体色と黒い尾を持つ単一色です。

金色の色相は雄鶏ではより深く、より光沢があり、雌鶏ではより長い鎌状の羽毛を持っています。

 

New Hampshire Red
(ニュー ハンプシャー レッド)

 

原産国:アメリカ

ニューハンプシャーレッドは、アメリカの ニューハンプシャー州で生まれました。

ロードアイランドレッドから始まり、選択育種の世代を経て世代を遂行していた家禽農家は 、早期成熟、急速な完全フェザーリング 、および大きな褐色卵の生産を強化した。

成熟した鳥は、ロードアイランドレッズよりやや軽い、より均等な色合いの、豊かな栗の赤です。

ニューハンプシャーレッドは、1935年にアメリカの基準に認められました。

彼らはロードアイランドレッドの品種から特化した性質をもっています。

主に肉用に育てられていますが、茶色の卵を産みます。

いくつかの系統は暗褐色の殻色の卵を産む。

標準品とバンタム品種の両方あります。

 

North Holland Blue
(ノース ホーランド ブルー)

原産国:オランダ

ノースホーランドブルーは北オランダの州で生まれたオランダの鶏種です。

それは肉用の品種であり、アムステルダムの都市、特にその都市のユダヤ人のコミュニティからの白い鶏肉に対する高い需要を供給するために作られました。

ノースホーランドブルーは、約1900年にプルムレンド周辺の地域でアムステルダム市に白い鶏肉を供給するために作られました。

それはベルギーのマリンから派生したものです。

第二次世界大戦後の数年間で、ノースホーランドブルーは、より急速に成長するアメリカの品種によって商業的な肉の品種に取って代わられました。

オランダでもバンタム版が制作されました。
ノースホーランドブルーは、8つのヨーロッパ諸国で認められている。

ノースホーランドブルーは静かで従順な気質を持ち、1年に180〜240個の卵を産みます。
 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

ページの先頭へ