世界のにわとり図鑑 Vol.7

目安時間:約 12分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

クロードランシャン(Croad Langshan)

クロードランシャンは、おそらく中国を起源とする古い鶏の品種です。
最初に記録された輸入は、1872年に中国からその品種を輸入した。
ランシャンはまた、1878年に北米に輸入され、1883年に規格に合格した。
白いランシャンは、1893年に規格に合格した。
ランシャンの黒、白、青の3つの品種が米国標準規格である。
その品種は1879年にドイツに持ち込まれました。
ドイツのランシャンはこれらから派生しました。
第二次世界大戦後、クロードランシャンはアメリカからドイツに再導入されました。
元のクロードランシャンは、鮮やかな緑色の光沢を持つ黒であり、それは依然として今日も維持されている主な色です。
クロードランシャンは体が大きく、背はかなり高く、尾が鋭く後ろから立ち上がり、特徴的な「U」の形をしています。
頭は体の大きさに比べて小さく、くちばしは明るい色から暗い色です。
トサカは中規模の単冠であり、オスメス両方で直立している。
元の鳥では、雄鶏は4.5kgを上回りました。
現在の雄鶏は体重が3.25~4.25kg、雌鶏は3~3.5kgです。

雌鶏は年に140~150個の暗褐色の卵を産みます。
クロードランシャンは容易に飼育され、閉じ込めと平飼いの両方にうまく適応します。
彼らの肉は質感がよく、品質は良いです。

アメリカ家禽協会 ( American Poultry Association)は、1883年には白、 黒、1987年には青色の3種類の品種を認めました。

ランシャンは現在も中国にはまだ存在しています。

彼らは1880年代初めにオーストラリアに輸出されました。
イングランドやアメリカから様々な形や外観の鶏が輸入されました。
クロードランシャンは、オーストラリアのラングシャン、オーストラップ、オルピントンなどの作成に使用されました。
他の国と同様に、彼らは急速に人気を得ましたが、1950年代と60年代には数が減少し、絶滅の危機に迫っていました。

現在のクロードランシャンは非常に大きく、エレガントで好奇心旺盛で活動的な鳥です。
尻尾を高くした誇りのある姿勢は非常に特徴的です。
雄鶏は90cmの高さに立つことができます。
彼らは一般的にフレンドリーで穏やかです。
彼らは厚く、光沢のある非常に柔らかい羽毛を持ちます。
最も一般的な色は黒で、甲虫の緑色の光がありますが、白のクロードランシャンもあります。
ブルーとスプラッシュの鶏は、他の品種と交配することによって得られた、バンタムもあります。
最近ではクロードランシャンがオーストラリアで復活しています。
品種には多くの関心があり、需要は供給を上回っています。
最近は多く展示されており、注目を集めています。

 

グリーンレッグドパートリッジ(Green-legged Partridge)

 

他の名前 ポーランド語 : zielononóżkakuropatwiana
原産国:ポーランド
重量

 雄鶏: 2.55 kg
 雌鶏: 1.7 kg

 

グリーンレッグドパートリッジは、ポーランドの古い品種です。

それは脚足が珍しいreseda greenの色が特徴です。

グリーンレッグドパートリッジは、1879年に最初に記述された。

1930年から、ポーランドの約70%で飼育されました。

しかし、卵の生産量は変動しており、彼らは集中管理に適応していないので減少しました。

1961年から1973年の間にポーランドでの割合は11.4%から1〜2%に減少した。

1970年代に保全努力が始まった。

2014年の終わりに1170羽の数が確認されました。

グリーンレッグドパートリッジは、 幅広い管理に適しています。

それはよく飼育され、病気に抵抗性があります。

卵産卵能力は一般的に悪い。

卵の卵黄は、他の品種に見られるものと比較してコレステロール含量が低い。

肉と卵はともに味が良い。

現在は、この品種は保全のためにのみ飼育されています。

 

コーチン(Cochin)

 

コーチン(Cochin)はニワトリの品種の一つである。
コーチンという名前は元々は中国語の「九斤黄( Jiǔjīn huáng)」という名前から来ていて、これが誤ってベトナム南部に対する当時の呼称コーチシナ(交趾支那)やインド南部のコーチンと混同された。
「斤」とは重さの単位であり、現地中国では大型のニワトリ全般や、あるいはそれを使った料理ですら「九斤黄」と呼ばれている。

1845年前後にアメリカ東海岸に持ち込まれた中国産のニワトリがコーチンの最初の祖先になる。
中国産ニワトリの高密度に生えそろった羽毛は当時の愛好家の間で評判を呼んだ。
コーチンの特徴ともなる脚毛は、この時期にはまだ生えている個体とそうでないものが混在していたようである。
しかし上海の愛好家たちがふわふわの羽毛、脚毛の多い個体を中心に交配を繰り返すと今日のコーチンの特徴として定着した。
上海で完成されて後イギリス、アメリカへと輸出されると以降、ヘン・クレイズ(hen craze)などと呼ばれる19世紀の中ごろから20世紀初頭にかけてのブームを巻き起こした。
世界中の愛好家たちがニワトリの外見を愛でるためだけに飼育を行い、今日知られる家禽類愛好家(poultry fancy)の源流となった。

特にアメリカで盛んに交配が行われ現在の状態まで発展した。
小型種(bantam)が存在し、しばしばペキン・バンタム(Pekin bantam)などと呼ばれるが、ペキン・バンタムとは別種である。

実際に大きいだけでなく、高密度に生えそろったふわふわの羽毛がコーチンを実際以上に大きく見せる。
脚、お尻を覆うふわふわの羽毛、短くて湾曲した背中、短い尾が特徴。
頑丈で、開けた場所にも限られた空間にも適応する。
羽毛の下の肌は黄色、卵は薄茶色。

雌鳥は産卵能力に優れるが、産卵期間は長くはない。

性格はニワトリの中でも特に人懐っこく、比較的静かでよいペットとなる。
雌鳥は雛をふ化する能力に優れていてハヤブサのふ化に用いられることもある。
しかし成長が遅いという好ましくない性質もある。
APA(英語版)には1874年に登録され、バーチ(birchen), ブルー(blue), バフ(buff、黄褐色), バード(barred、縞)など18種類の色のバリエーションがあり、フリズルド(frizzled、ちぢれ毛)と呼ばれるバリエーションが含まれる。

通常種の雄鶏は約5㎏、雌鳥は4㎏。
小型種(バンタム)は雄鶏が900g、雌鳥で800gとなる。

 

コーニッシュ(Cornish)

 

1950年代後半、ブロイラー産業の発展により脱羽の機械化が進むにつれて、白色羽装の品種への要望が大きくなりました。
これは、白色羽装品種は有色羽装品種よりも脱羽の手間がかからないうえ、と体の仕上がりも美しいという加工上の理由からの要望でした。
当時、白色プリマスロック種という白色羽装の品種が既に存在していましたが、劣性白(c)という特性だったため、赤色コーニッシュ種等の有色羽装品種と交配すると様々な色が出てしまうという大きな欠点がありました。

この欠点を克服するため、赤色コーニッシュ種を優勢白につくりかえた鶏が白色コーニッシュ種です。
この改良過程の詳細は不明ですが、赤色コーニッシュ種に白色レグホーン種を交配して作出したと言われています。
以降、一般のブロイラーには白色コーニッシュ種♂と白色プリマスロック種♀との交雑種を用いることが主流になっています。
当初の赤色コーニッシュ種は、成立に関わった品種全てが闘鶏用でもあり、三枚冠で羽毛が密着したシャモに似た外観をしていました。

第二次世界大戦中のブロイラーには、赤色コーニッシュ種♂と横斑プリマスロック種やニューハンプシャー種♀との交雑種が利用されました。
その後1950年代中頃にかけて、赤色コーニッシュ種♂とニューハンプシャー種♀の交雑種がアメリカのブロイラーの主流となりましたが、1958年の白色コーニッシュ種の出現により、赤色コーニッシュ種の利用は減少しています。

現在、赤色コーニッシュ種は差別化したブロイラーの雄系として一部利用されています。
現在の赤色コーニッシュ種は増体性の改良が加わり、トサカも単冠、羽毛も密着していないなど外観が成立当初と異なる鶏となっています。

 

サセックス(Sussex)

 

イギリス原産で,おもにサセックス地方で多く飼われたことからこの名がある。
羽色は白色で頸部に黒斑のあるものと赤褐色のものとがある。
産卵数は年に130~140個。
雄鶏の体重は約 4kg,雌鶏は約 3kgで,卵肉兼用種である。

サセックスは英国の肉用とその卵のために飼育された卵肉兼用目的の鶏種です。
標準サイズとバンタムの両方の鶏について8色が認識されています。

サセックスはイングランド南東部のサセックスの歴史的な郡に由来しています。
それは英国の鶏の品種の最も古いものの1つです。
1845年にロンドン動物園の最初の家禽ショーで「Old Sussex or Kent Fowl」と記載された。
サセックスの品種基準は、1902年にライト、赤色、斑点の3色の品種が登録されました。
これらのうち、斑点は最も古いものでした。
軽い品種の開発は、おそらくブラマやコーチンのような東洋の品種によって、またシルバーグレーのドーキングの影響を受けていると思われます。
赤はもともと黒胸であった。
それと茶色はインディアンゲームの影響を受けているかもしれません。
最新の品種はシルバーです。
サセックスは長くて広く、平らな背中で優雅です。
長くてまっすぐな胸骨。
尾は体から45度の角度で保持されています。
目は濃い品種では赤、軽い品種ではオレンジ色です。
トサカは単冠です。
耳たぶは赤色で、足と肌はすべての品種で白です。
雄鶏の体重は約4.1kg、雌鶏の体重は約3.2kgです。
ブラウン、バフ、コロネーション、ライト、レッド、シルバー、斑点、ホワイトの8種類のカラーバリエーションが、英国の家禽クラブによって認められています。
首のハックルは白く黒いストライピングをしています。
アメリカ家禽協会 ( American Poultry Association)は、ライト、赤、斑点の3色を認識しています。

 

最後に

この内容は、海外のWikipediaを引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.6

目安時間:約 6分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

カーリスルオールドイングリッシュゲーム(Carlisle Old English Game)

 

カーリスルオールドイングリッシュゲームはイギリス発祥の鶏の品種。

1849年に闘鶏が禁止されたとき、多くの鶏は闘鶏のために使用するのではなく、展示するために飼育するようになった。

カーリスルオールドイングリッシュゲームは人気のある鶏になりましたが、Old Englishの見た目について異なる意見を持つ2つの異なるグループがありました。

これにより意見が分かれ、1930年までにOld English Game Clubに分割されました。

Carlisle Old English Game Clubが結成されました。

 

ガドンタオ(Ga Dong Tao)

 

ドラゴンチキンとも呼ばれるガドンタオチキン( ベトナム語 :gàĐôngTảo)は、ベトナムの鶏の品種で、ハノイ近郊のホアイチャイ地区にある村を起源としています。 

ガドンタオ鶏はベトナムの珍味として高く評価されています。

大きな足では孵化が困難になり高価な鶏の品種になった。

非常に不気味な姿をしているが、この「ガドンタオ鶏」、非常に高価で「世界で最も高価な家畜」の一つに挙げられるほどで、オス・メスのペアで価格はなんと1600ポンド(31万円)もしたことがあった。

その価格の原因は、飼育や繁殖が非常に困難な点にある。

まず、温度変化などに非常に弱く、通常のニワトリが飼育される鶏舎のような狭いスペースで飼育することができないという。

さらに、成長が遅く、通常のニワトリが食用にされるまでの生育期間は食肉品種のブロイラーの場合、孵化後わずか2ヶ月程で出荷できる大きさに成長するのだが、「ガドンタオ鶏」の場合、出荷まで1年8ヶ月もかかるのである。

また、繁殖が困難な点もあり通常のニワトリよりも卵を産む数が少ない傾向にあるという。

ドンタオ鶏の原産地はフンイエン省のドンタオ区だが、今日では最大の純血種養鶏場はドンナイ省のドンホア区にある。

ここでは400羽の種鶏が飼われており、日々ホーチミンのレストランにガドンタオ鶏を卸している。

 

ガホー(Ga Ho)

ベトナムの バク・ニン省に由来する鶏の品種です。

それはベトナムで最も人気のある鶏の品種の一つです。

ガホーは形態学的特徴は大きな羽を示す。

ニワトリの羽毛色の多様性は、このニワトリ種の個体群における遺伝的変異を示唆している。

長い歴史の間、ベトナムの農村地域では、家畜の飼育が多く、同じ地域で多くの品種が飼育されています。

したがって、これらの個体は、家から垣根まで自由に移動することができ、鶏の品種間の交配は制御されなかった。

 

クライエンコッペ(Kraienkoppe)

 

オランダ のKraienkopp : 「Twents Hoen」は、ドイツとオランダの国境地域に由来する鶏種です。

後者はオランダ語版で、前者はドイツ語版です。

クライエンコッペは、ブラックブレッドレッドとシルバーの2種類のカラーバリエーションです。

雄鶏の体重は2.75㎏、雌鶏の体重は1.8㎏です。

黄色の肌と小さなクルミ冠のトサカを持っています。

クライエンコッペの品種は、マレーとの地方型の交配から、そして後にシルバー・ダッキング・レグホンズとの交配から、19世紀後期に開発されました。

1920年にオランダで最初に示され、1925年にドイツで展示されました。

現在では希少品種で、ペットとショーの鶏として最もよく知られています。

雌鶏はかなりの数のオフホワイトの卵を産みます。

クライエンコッペは優れた飼育能力を持つ活発な鳥です。

 

クレベケール(Crevecoeur)

 

クレベケールは、フランス北西部のノルマンディーのカルヴァドス地区にあるペイズ・ド・アージュからの絶滅危惧種です。

クレベールは、フランス最古の鶏種の一種です。

その起源は不明である。

その名前はペルシュ・ド・オージュの歴史地区、リジュー近く、ノルマンディーの カルヴァドス地区にあるクレベケール・アン・アン・フルのコミューンからの名前です。

この種の人口は、 第一次世界大戦と第二次世界大戦の両方で苦しみました。

第二次世界大戦後は事実上消滅したと考えられていた。

回復は1976年に始まりました。

1995年の数字は100〜1000羽であると報告されている。

2007年にその品種はFAOによって「絶滅危惧種」と分類された。

クレベケールは1874年にアメリカ家禽協会の 完全基準に加えられました。

クレベケールは、ウーダンの品種に似た紋章を持っています。

ウーダンとは違って、クレベケールは4本指で、V字型のトサカをしています。

クレベールは一般的には黒色です。

 

最後に

この内容は、海外のWikipediaを引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

オールドイングリシュゲームバンタム(Old English Game Bantam)

 

オールド・イングリッシュ・ゲームは、イギリスの鶏の品種です。

英国の家禽クラブ、カーライル・オールド・イングリッシュ・ゲーム 、オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームの 2つの異なる基準が認められています。

オールド・イングリッシュ・ゲームには多くの色のバリエーションがあります。

アメリカの家禽協会(Association of American Poultry Association )は28種を認定していますが、 「 EntenteEuropéenned'Aviculture et de Cuniculture」は33種を認定しています。

英国では、Carlisleタイプでは13色、Oxfordタイプでは30色が認められている。
1849年の闘鶏を廃止して以来、オールド・イングリッシュ・ゲームは主にショーのために飼育されています。

 

オールドイングリッシュフェザントファウル(Old English Pheasant Fowl)

 

オールド・イングリッシュ・フェザント・ファウル はイギリスで生まれた珍しい品種です。

その名前にもかかわらず、それはキジの種ではなく、単に外観に基づいてその名前が付けられています。

ほとんどがヨークシャーとランカシャーの周りに集中していて、1914年に繁殖クラブが結成されました。

彼らはバラ型のトサカと白い耳たぶを持っています。

彼らの羽は、マホガニーの色合いで、エッジの周りにはより暗い紐が付いています。

現在では、オールドイングリッシュフェザントは希少品種です。

レア・ブリード・サバイバル・トラストの 2014年のウォッチリストには、「危険にさらされている」と表示されています。

 

体重

雄鶏:約2.72〜3.17㎏

雌鶏:約2.27〜2.72㎏

 

カタラナ(Catalana)

カタラナまたはバフカタラナは、スペインのカタロニアで開発された地中海型の鶏の品種です。

カタラナは卵肉兼用のために飼育した唯一の地中海種です。

カタラナの祖先にはコーニッシュが含まれていると考えられています。

カタラナは金色の体、黒っぽい緑の尾、大きな単一のトサカ、白い耳たぶ、およびスレートブルー(灰色がっかった青色)の脚を持っています。

卵は白いか軽く着色した卵(一年に約200個の卵)を産みます。

カタラナは、スペインのカタルーニャ地区(バルセロナ近郊)で開発された卵肉兼用目的の珍しい品種です。

カタラナは、19世紀後半のアジアの系列を持つ鶏を使用して、長期間にわたって開発されたと考えられています。

しかし、アジア系がコーチン・チャイニーズ・チキンかコーチン・チキンかは明らかではない。

カタラナはアルゼンチンや他のラテンアメリカ諸国で人気を博しました。

彼らは寒さに強い丈夫な鳥ではないので、彼らの人気は南国に限られています。

1902年、スペインマドリードで開催された世界博覧会で国際的な注目を集めました。

カタラナ1949年にAmerican Poultry AssociationのStandard of Perfectionに掲載されました。

緑がかった黒い尾が付いた豊富な淡褐色で、6ポイントの大きな赤いトサカを持っています。

青いスレートのシャンクとつま先を持ち、耳たぶは白い色で、大きな赤いトサカ、暗い赤褐色の目を持っています。

平均して、カタラナの雄鶏は体重が約3.2~3.7㎏で、雌鶏の体重は約2.3~2.7㎏です。

 

カラクナス(Karaknath)

 

KadaknathまたはKali Masiはインドの Madhya Pradeshの JhabuaおよびDhar地区にある地元のインド品種で、「Kali masi」(「黒い肉を持つ鶏」)として知られています。

高いタンパク質と非常に低い脂肪および低コレステロールのため、それは高い需要がある。

その脂肪含量は、他のほとんどの鶏種において13〜25%と比較して0.73〜1.03%である。

カラクナスは、主にその適応性と味の良い黒い肉が人気を博しています。

その色はメラニンから生じています。

鶏は完全に黒いです:緑色の虹色 、黒い脚と爪、黒いくちばしと舌、黒いトサカとワットル、黒い肉と骨、さらには黒い羽毛。

この品種はインドネシアでも見つかっており、Ayam Cemaniとして知られています。

 

カンピーヌ(Campine)

 

カンピーヌは、ベルギーの北部に由来する鶏種です。

それは、ベルギー北東部とオランダ南東部のカンピネ地域にちなんで名付けられています。

カンピーヌは元々1.2kg以下の小さな鶏でした。

それはアントワープの州およびLimbourgの州の北および中央部に分布した。

カンピーヌは約1899年にイギリスに輸入され、そこで飼育されて非常に異なる鶏になった。

特に、雄鶏のフェザーリングが標準となりました。

鶏は英国から米国に輸出されました。

カンピーヌは1914年にアメリカ家禽協会の スタンダード・オブ・パーフェクションに加えられました。

カンピーヌは、シルバー、ゴールドの2種類の色があります。

カンピーヌは活発で好奇心の強い性質を持っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。 

世界のにわとり図鑑 Vol.4

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

エメイヘイ(Emei Black)

 

 

原産国:中国

体形 :大きくて丸いボディ形状

肌の色:白

トサカ:主に赤い単冠とエンドウ冠または、紫の単冠またはエンドウ冠です。

体重 :雄鶏 2.643㎏

 :雌鶏 1.880㎏

 

卵の色  :ブラウンまたはバフ

年間産卵数:120個

卵の重さ :53.84g

 

成長は遅い。

 

オックスフォードオールドイングリシュゲーム(Oxford Old English Game)

 

オックスフォードオールドイングリシュゲームは英国の古代の鶏種です。

The Old English Game Clubが分割され、Old English Game鶏の 2つの品種が作られたとき、彼らは正式に認められました。

彼らは主に肉のために飼育されていますが、闘鶏や採卵のためにも飼育されています。

この品種は、英国の貴族が闘鶏のために飼育されました。

オックスフォードオールドイングリシュゲームは、19世紀以来イギリスで認められております。

彼らは闘鶏目的のために英国で最初に飼育した鶏の品種であった可能性が高い。

1849年以来、英国では闘鶏は禁止されていますが、その品種はまだ装飾用の家禽として人気があります。 

オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームは、地面に向かって45°の角度をなしており、約30種類の色があります。

それは羽の上にたくさんの羽を持つ小さな鳥です。

頭部は小さく、大きくて強いくちばし、単一のトサカ、小さい細い耳たぶ、大きな目を持っています。

翼は広い表面積を持ち、鶏の脚は短い。

四分の一のバンタムが存在する。

このバンタムの品種は、存在する最小のバンタムです。

同様の他の鶏と比較して、たくさん卵を産みます。

伝統的に、闘鶏に使われましたが、これはもはやイギリスでは禁止しています。

しかし、他の多くの国では闘鶏が続けられており、オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームが一般的に使用されています。

 

オルロフ(Orloff)

 

オルロフはロシア人のアレクセイ・グリゴーヴェヴィチ・オルロフの名前を冠した鶏の 品種です。

近代的な研究では、ペルシャに初めて出現し、17世紀にかけてヨーロッパとアジアに分布していた。

オルロフは、1920年代に初めてイギリスに紹介され、ドイツでもよく飼育されました。

ドイツでは1925年に最初の小型化されたバンタムオルロフを作りました。

この品種はかつてアメリカ家禽連合の品種標準であるスタンダードオブパーフェクションに含まれていましたが、ブリーダーからの関心がなかったため削除されました。

21世紀には、オルロフは西洋では希少品種になった。

オルロフは、やや闘鶏的な外観で背が高い、丈夫で羽毛のある鶏です。

頭と首は非常に厚く羽織っています。

彼らはいくつかの認識されている色の品種に表示されます:ブラック、ホワイト、スパンコール、ブラックテールレッド、マホガニー、そしてカッコウ。

彼らの羽毛は、小さなクルミのトサカ 、小さな耳たぶ、小さなワットルと組み合わさって、オルロフを非常に寒い丈夫な品種にします。

雄鶏の体重は一般に3.6㎏、雌鶏は約3㎏です。

オルロフは主に肉生産に適していますが、雌鶏は明るい茶色の卵を産みます。

一般的な気質では、彼らは比較的静かな鶏であることが知られています。

 

オーストラロープ(Australorp)

 

オーストラロープは、1890年代から1900年代はじめにかけて、卵肉兼用種の黒色オーピントンがオーストラリアで多産に改良されたもので、体重はオーピントンより小さい。

本種の名前は、当初オーストラリアン・ブラック・オーピントン(Australian Black Orpington)とよばれていました。

もともとは卵肉兼用であるが、卵用としての改良が進められた結果、卵用種としての性能も高い。

羽色は黒色。

トサカは単冠で、耳朶は赤い。

肉髯(垂)も鮮やかな赤色である。

皮膚は白色。

脚色は黒い。

卵は淡褐色。就巣性はもともとは持っていたが、オーストラロープ(東京系)は除去されている。

産卵率は白色レグホーンに比べてやや劣る。

卵は60g前後のやや小さな卵で、卵殻は淡褐色である。

 

オーピントン(Orpington)

 

オーピントンは、イギリス南東部のオーピントンの町にちなんで名付けられた鶏の 品種です。

それは肉質を保ちながら優れた卵の生産のために飼育されました。

豊かな色彩と穏やかな輪郭を持つ大きなサイズと柔らかい外観は、それが魅力的な外観を与え、それは実用的な品種ではなくショーの鶏として頻繁に飼育される。

かなり重いですが、オーピントンは短い距離を飛ぶことができます。

1895年にマディソン・スクエア・ガーデンにその品種が展示されたとき、その人気は急上昇した。

元の色は黒、白、バフ、青、スプラッシュです。

世界各地で多くの品種が認められていますが、アメリカンスタンダードではオリジナルの色のみが認識されています。(Buffは最も一般的な色です。)

ドイツでは、20世紀初頭にバンタムの品種を開発しました。

バンタムは、フルサイズの鶏の姿を保持しますが、より小さなサイズです。

バンタム版には、黒、青、白、バフ、赤、バフブラック、レース、バリウム、コロンビアン、バーセンなど色々な種類があります。

バンタムはスタンダードな品種の性格を保持しており、まれにしか飛ばない。

オーピントンには2つの類似した異なる基準があります。

最初は英国の家禽クラブによって出版され、雄鶏の場合は3.60〜4.55㎏、雌鶏の場合は2.70〜3.60㎏の体重が求められます。

身体からの羽毛はほとんど脚をカバーします。

オーピントンの他の特性は、短い背中とU字型の下線を持つ湾曲した形状と、中型の単一のトサカを持つ小さな頭です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.3

目安時間:約 5分

世界には、様々なにわとりがいます。

そんな世界のにわとりを紹介します。

イクスワース(Ixworth)

イクワースは、白い鶏のイギリスの品種です。

1932年にホワイトサセックス 、ホワイトメノルカ 、ホワイトオーピントン 、ジュビリー、インディアンゲーム 、ホワイトインディアンゲームの鶏から作成され、サフォークのイクワース村にちなんで命名されています。

それは、育てやすい高品質の肉用として飼育されました。

卵肉兼用の品種、(急成長する高品質な肉、合理的な産卵能力)

イクワース バンタムは1938年に創設された。

1970年代、イクワースはほとんど消えましが、現在は徐々に回復しています。

希少品種で、2008年に、Rare Breeds Survival Trustによって「Category 2:絶滅危惧種」と分類され、2014年には、Rare Breeds Survival Trustの危険にさらされている家禽の品種の一覧に載っていました。

イクスワースの羽は純粋な白です。

それと顔、耳たぶと肉垂は明るい赤です。

目は明るいオレンジ色または赤色です。

くちばし、すね、足、肌、肉はすべて白です。

イクスワース雌鶏は55週間で体重が4.03kgに達し、平均卵重量は63.6gで、1日平均0.74卵が産卵することが判明しました。

肉は希少種のため高価です。

 

インディアンゲーム(Indian Game)

 

インディアンゲームは、イギリスのニワトリの品種です。

アメリカでは、コーンウォールと呼ばれています。

インディアンゲームは、オールドイングリッシュゲーム、マレー 、アシール鶏の品種から開発された大型の鶏です。

最初は、雄鶏は闘鶏になるように開発されましたが、肉用になりました。

インディアンゲームの雌鶏は、薄い茶色の卵(60〜90卵/年)を産みます、卵用としては産卵が少ないので肉用になりました。

インディアンゲームには、キジのトサカ、赤い耳たぶ、明るい黄色の脚があります。

彼らは色の品種は多様化してます。

 

原産地:イギリス

重量

標準  :雄鶏 3.6 kg、 雌鶏 2.7 kg

バンタム:雄鶏 1.25 kg、 雌鶏 1 kg

肌の色:黄
卵の色:薄い茶色

 

ウエルスマー(Welsummer)

WelsummerまたはWelsumerはオランダの鶏種です。

それはオランダ東部の小さな村のウェルスムに由来しています。

20世紀初めには、ロードアイランドレッド 、バーネベールズ 、パートリッジレッグホーンズ 、コキンズ 、ウィアンドッテスなどの地元の鶏から作成されました。

卵はもともと商業的な卵の貿易のために輸出されました。

一部の鶏は英国に輸出され、1930年に英国標準に追加された。

 

ウエルバー(Welbar)

 

ウェルバーは今では希少な品種です。

1940年代に開発されました。

イギリスで「オートセクシング・ブレス」と呼ばれる一連の品種のひとつです。

 

ウェルバはヒナのオスとメスの判別が容易な品種です。

1日齢でオスかメスかを簡単に知ることができます。

オスは黄色、メスは暗い縞模様です。

標準重量 : 

          雄鶏:2.95㎏~3.4㎏

          雌鶏:2.27㎏~2.72㎏

 

ウーダン(Houdan)

 

ウーダンまたはPoule de Houdanは、フランスの古い鶏種です。

それは、パリの西にあるイブリーヌ 地方の起源である。

ウーダンには珍しい蝶形のトサカがあり、通常の4つよりも5つの先端を持つ数少ない品種の1つです。

ウーダンのトサカはアメリカ標準ではV字型で、イギリス、オーストラリア、フランスの標準では蝶形です。

羽毛の面では、ウーダンはほとんどの国で斑入りの色彩の品種で認識されています。

 

雄鶏は体重が2.5~3kg 、雌鶏は2~2.5kgです。

ウーダンバンタム(Houdan Bantam)は1940年代に英国で作成され、さらにドイツで発展した。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.2

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

アメローカナ(Ameraucana)

 

アメローカナはアメリカ産の鶏の品種です。
アメローカナは、1970年代にアメリカでチリから持ち込まれたアロウカナから作成されました。

標準サイズとバンタムサイズの両方があります。

1984年にAmerican Poultry Associationの Perfection標準に加えられた。
この名前は "America"と "Araucana"に由来する。
アメローカナはアロウカナとは別の品種として米国で認められています。

アメローカナは青い卵を産む少数の鶏の品種の1つです。

耳たぶは小さくて丸く、肉垂(にくすい)は小さい。
耳たぶ、トサカ、肉垂(にくすい)はすべて赤いです。
足は灰色がかった青色で、黒い羽毛の変種では黒くなる傾向がある。
黒、青、青の小麦色、赤茶色、バフ、銀、小麦色、白の8つの色のバリエーションがアメリカの基準で認識されています。

 

重量

雄鶏  標準  : 2.5~2.9㎏

バンタム :740~850g

雌鶏  標準  : 2.0~2.5㎏

バンタム :680~740g

 

アヤムプルーン( Ayam Pelung)

 

Ayam PelungまたはPelung Chicken(Pelung long crower)はインドネシアの 鶏種である。

雄鶏は「歌う鶏」であるといわれ、最も美しい鳴き声のためにペラン地域で頻繁に行われるコンテストがあります。

完全に成長した雄鶏は体重が5〜6kg 、 体高が50cm になることがあります。

 

アロウカナ(Araucana)

 

アロウカナは世界で唯一青い鶏卵を産むニワトリとして知られています。
チリ原産と言われています。

アロウカナはかつてチリ南部に多く住んでいたインディオのアラウカナ族の名前に由来するものと推察されます。
アロウカナは産卵率が30%程度と低いため、試験研究機関では白レグホーンなどと交配して産卵率を改善した品種が飼養されています。

そのため卵殻の青色も原種よりは薄い傾向にあります。

アロウカナの初期の歴史は記録されていません。

アロウカナは20世紀初頭の南米でよく見られました。

南米の青い卵を産むニワトリは、20世紀初頭には様々な時期にイギリス諸島に導入されました。

フルサイズとバンタムサイズの両方があります。

オーストラリアでは、オーストラリア産家禽基準では尾のあるアラウカナのみが認められています。

全部で20 種類の羽毛品種がアロウカナのEntenteEuropéenned'Aviculture et de Cunicultureによってリストされています。

これらのうち、5つはアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって認められている:黒、黒胸部赤、銀ダックウィング、黄金ダックウィング、白。

バンタムの場合は、これらにバフが追加されます。

オーストラリアは、オールドイングリッシュゲームの標準である黒、鳩、ラベンダー、スプラッシュ、白、および任意の色を認識します。

英国の家禽クラブは 、黒、黒赤、青、青赤、クレイル、カッコウ、ゴールデンダックウィング、 ラベンダー 、パイル、シルバーダックウィング、スパングルリング、ホワイトの12色を認識しています。 

 

アンコナ(Ancona)

 

アンコナは、イタリアのマルケ地方に由来するが、主に19世紀イギリスの現在のタイプに繁殖した鶏の品種である。
それはマルケの首都アンコナの名前を冠したものです。
英国と米国では一般的ですが、イタリアでは珍しい鶏です。
2000年には、自国の地域で再確立し、生物多様性を保全するためのイニシアチブが開始されました。

アンコナバンタム(Ancona Bantam)もあります。

アンコナはイタリア中央部に生息しており、これは最も広く分布している鶏の品種であった。
アンコナの最初の鶏は1851年にイギリスに輸入され、羽毛の白い斑点の規則性と一貫性のために選択的に繁殖した。
いくつかの鶏は1888年に英国から米国に輸出された。
米国では、シングルコーム(トサカ)・アンコナは1898年にアメリカ家禽協会によって、そして1914年にはバラ・コーム・バード(Balculus Bird)によって認知された。

雄鶏は体重が2.5〜2.8kg、雌鶏は1.8〜2.1kgです。

 

アンダルシャン(Andalusian)

 

スペイン・アンダルシア地方の原産で、イギリスで改良を重ねられた品種。

「黒色ミノルカ」と「白色ミノルカ」との交配で生まれたという説があるという。

青灰色の羽毛が標準的だが、繁殖させると黒いものや白黒まだらのものも一定程度混じることがある。

当時は大きな卵をたくさん産むニワトリとして国内各地に広まりました。
2009年に数は10,000羽と推定された。

アンダルシアから輸入された鳥類から、選択的繁殖および他の品種の鳥との交配を通じて、アンダルシアの非常に異なる型、より強く青色の羽毛および青い羽毛の羽毛がイングランドで作成された。

アンダルシアの初期の歴史に関する情報はほとんどありません。

アンダルシアの青い鶏は、1851年までにイギリスに輸入された。

アンダルシアは約1850〜55年頃に米国に到着し、1874年にアメリカ家禽協会のスタンダード・オブ・パーフェクションの第1版に含まれていた。

バンタムは1880年代に作られた。

すべてのアンダルシアが青色であるわけではありません。

アンダルシアの耳たぶは滑らかで、白く、アーモンドの形をしています。

肌は白く、足は黒です。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

世界のにわとり図鑑 Vol.1

目安時間:約 10分

世界には、様々なにわとりがいます。

そんな世界のにわとりを紹介します。

 

アウグスベルガー(Augsburger)

 

アウグスベルガーは絶滅の危機に瀕しているドイツの鶏種です。
それは、ドイツ南部のバイエルン州のシュヴァーベン地域にあるアウグスブルク市の地域から生じたものです。
19世紀に飼育され、フランスのラ・フレッシュ(LaFlèche)の品種から派生したものである。
それはバイエルンの起源の唯一の鶏種です。

 

アウグスベルガーは、ドイツの南部のバイエルン州シュヴァーベン地域のアウグスブルク市の一部であるハウンシュテッテンの小さな町JuliusMeyerによって造成されました。
1870年、1880年にフランスのラ・フレーシュ(LaFlèche)種の鳥を交配し、その肉の品質を称え、イタリアの品種またはタイプ(現在は絶滅している)であるラモッタと命名された。

目的は、両方の性質を兼ね備えた肉卵兼用の鶏種を作り出すことでした。

1960年代から、アウグスベルガーは特殊な高生産性品種(ブロイラー)との競争に苦しみ始め、その人気は低下した。
今日、アウグスベルガーは珍しい品種です。

それは、「絶滅危惧種」カテゴリIに挙げられています。

アウグスベルガーバンタム(Augsburger Bantam)は1975年に認識されました。

アウグスベルガーは、その起源地域の気候条件、バイエルン高原によく適応しています。
通常の羽毛の色は黒で、緑色のライトが付いています。
1990年のドイツの再統一後、新しい色彩の変色物、青い紐が標準に追加された。
アウグスベルガーは、シチリアのシチリアナの品種に似ており、ラフレシェの品種のv字型のトサカとはまったく違って、珍しいカップ形またはローズコームを持っています。
耳たぶは白です。

 

アシール(Asil)

 

アシールは、インドの古代の鶏種です。
アシールはもともと鶏肉のために飼育されていましたが、最近は装飾目的でも飼育されています。
アシールは1750年頃にヨーロッパに持ち込まれました。
彼らは世界で最も強い闘鶏と考えられています。
彼らは非常にスマートで強く筋肉質で、近代的なコーンフード(ブロイラー)の品種に貢献しました。
アシールは、他の雄鶏とは別に飼われているときは友好的です。
しかし、彼らは死ぬまで戦うので、多くの雄鶏を一緒に飼ってはいけません。
彼らはフレンドリーで、非常にやさしく、人間に対して信頼しています。
アシールの鶏の品種は1981年にAmerican Poultry AssociationのStandard of Perfectionに入りました。

 

アシールは戦いに非常に熟練しています。
彼らはワイドでとても美しい胸を持っています。
彼らの体の構造はとても良く、とても強くなります。
アシールの脚と首は、他の一般的な鶏の品種に比べて非常に長いです。

アシールはいろいろな種類があります。
品種によっては、羽の色は黒、赤、または混合することができます。
アシールの品種の大部分はサイズが大きく、非常に丈夫です。
病気にはかかりにくい。
平均的におとなのアシール雄鶏は約3kg〜4kg、雌鶏は約2.5kg〜3kgの体重があります。

アシールは成熟するまでに時間がかかり、彼らは非常に早い時期から他の雛と頻繁に戦うことになります。
したがって、それらを別々に飼育することが賢明でしょう。
そうでなければ、彼らはチャンスが与えられれば死に向かって戦うでしょう。
アシールは、他の鶏の品種に比べて飼育するためのスペースが必要です。
鶏と戦っているにもかかわらず、彼らは人間に対して非常に友好であり、簡単に飼いならすことができます。
寒い気候では、アシールはうまく育たず、通常は乾燥した状態を好む。
現在、純粋な品種のアシールは見つけにくく、今では希少な鶏です。

 

アッペンツェル(Appenzeller)

 

アッペンツェルはスイスのアッペンツェル地方に由来する鶏種です。
アッペンツェルには2つの品種があります。
"レースのボンネット"を意味するスピッツァーベンの品種は、オスとメスのV字型のトサカと羽根があります。
「スピッツァーベン」という言葉は、スイスのアッペンツェル地方の女性が着用する儀式の帽子に由来しています。
どちらのタイプも黒、黄金のスパンコール、シルバーのスパンコール付きの羽毛のいずれかです。
彼らはほとんどショー品種ですが、優秀な卵用種です。
彼らは1週間に約5回、小さな白い卵を産みます。

この鶏は軽い鶏で、体重は平均1.6kgです。
北米では非常にまれで、アメリカ家禽協会や他の品種登録簿によって公式に認められていません。
シルバースパンコールドスピッツハウベンは、海外で最も一般的な品種です。

北米では標準は存在しませんが、英国はその品種を認識し、それを標準化品種として受け入れます。

この品種は、2015年に初めてAvGen Poultryによってオーストラリアに輸入されました。

 

アヤムカンポン(Ayam Kampong)

 

Ayam Kampong ( マレーシアのスペル)またはAyam Kampung ( インドネシアのスペル)は、インドネシアとマレーシアの鶏の品種です。
名前は単に「フリーレンジチキン」または文字通り「村のチキン」を意味します。
インドネシアでは、ayam kampungという用語は、村のほぼすべての世帯が伝統的なフリー・レンジ・プロダクション手法を使用して生み出した土着の鶏を指しています。
それは赤いジャングル・ニワトリ、先住民の東南アジアのニワトリ、およびヨーロッパ人、主に英国人の入植者によって1800年代後半に輸入された様々なタイプのエキゾチックなニワトリの無制限交配から生じた多様な集団である。
アヤムカンポンは小さな肉卵兼用の鶏です。
彼らは成長の遅い品種です。
その物理的特性および着色は非常に変化しやすい。
主要な3種類の色が認識されている。
最も一般的なのは黒赤の品種で、雄鶏は主に緑-黒、光沢のある赤-茶色の後ろ、首のハックル、サドルの羽毛です。
他の品種は、赤色タイプと裸ネックタイプです。

 

アヤムカンポンは、インドネシアの農村の大部分によって飼育されており、肉と卵の重要な供給源となっています。
しかし、その生産量が少ないため、アヤムカンポンは毎日の消費を提供することができません。

それにもかかわらず、彼らは伝統的にほとんどの家族の行事や祝賀会で消費されています。

アヤムカンポン養鶏場で飼育された雌鶏は年間約55個~100個の卵を産みます、平均重量は39gである。

産卵の弱いパフォーマンスは、雌鶏の就巣性に起因しています。

肉生産では、鶏は4~5ヶ月で1~1.5kgの大きさに達する。

肉は普通の鶏肉よりも高価である。

 

アヤムセマニ(Ayam Cemani)

 

アヤム・セマニはインドネシア原産のニワトリの品種である。

アヤムはインドネシア語で「ニワトリ」を、セマニはジャワ語で「完全な黒」をそれぞれあらわし、インドネシアのジャワ島に起源をもつ。

1998年にオランダ人の飼育家、ジャン・スティヴリンク(Jan Steverink)によってはじめてヨーロッパに持ち込まれ、現在はオランダ、ドイツ、スロバキア、チェコで個体群が保存されている。

しかしそれ以前から、スウェディッシュ・ブラック・チキン(Swedish Black chicken)などの由来のはっきりしないアヤム・セマニの変種が各地で飼育されていた。

これらはアフリカやアジアの各地に広く関係を持っていたオランダ東インド会社の船員が持ち込んだものが定着しそれぞれに交雑を経て現在の形質に収まったものだと考えられている。

外見は全身真っ黒である。

黒く艶のある羽毛は緑を帯びた光を反射させる。

足、爪、くちばし、そして舌、とさか、肉髯にいたるまで黒。

肉、骨はおろか内臓までも黒い。

体重は雄鶏で2~2.5㎏、雌鳥は1.5~2㎏。

雌鳥はねぐらを定めず、ピンクを帯びた平均45gの白いたまごを年間80個ほど産む。

血液に関しては様々に描写、あるいは噂されることがある。
しかし顕著に濃い色ではあるが、アヤム・セマニの血液は黒ではない。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

ページの先頭へ