世界のにわとり図鑑 Vol.5

目安時間:約 7分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Old English Game Bantam
(オールド イングリシュ ゲーム バンタム)

 

オールド・イングリッシュ・ゲームは、イギリスの鶏の品種です。

英国の家禽クラブ、カーライル・オールド・イングリッシュ・ゲーム 、オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームの 2つの異なる基準が認められています。

オールド・イングリッシュ・ゲームには多くの色のバリエーションがあります。

アメリカの家禽協会(Association of American Poultry Association )は28種を認定していますが、 「 EntenteEuropéenned'Aviculture et de Cuniculture」は33種を認定しています。

英国では、Carlisleタイプでは13色、Oxfordタイプでは30色が認められている。
1849年の闘鶏を廃止して以来、オールド・イングリッシュ・ゲームは主にショーのために飼育されています。

 

Old English Pheasant Fowl
(オールド イングリッシュ フェザント ファウル)

 

オールド・イングリッシュ・フェザント・ファウル はイギリスで生まれた珍しい品種です。

その名前にもかかわらず、それはキジの種ではなく、単に外観に基づいてその名前が付けられています。

ほとんどがヨークシャーとランカシャーの周りに集中していて、1914年に繁殖クラブが結成されました。

彼らはバラ型のトサカと白い耳たぶを持っています。

彼らの羽は、マホガニーの色合いで、エッジの周りにはより暗い紐が付いています。

現在では、オールドイングリッシュフェザントは希少品種です。

レア・ブリード・サバイバル・トラストの 2014年のウォッチリストには、「危険にさらされている」と表示されています。

 

体重

雄鶏:約2.72〜3.17㎏

雌鶏:約2.27〜2.72㎏

 

Catalana
(カタラナ)

カタラナまたはバフカタラナは、スペインのカタロニアで開発された地中海型の鶏の品種です。

カタラナは卵肉兼用のために飼育した唯一の地中海種です。

カタラナの祖先にはコーニッシュが含まれていると考えられています。

カタラナは金色の体、黒っぽい緑の尾、大きな単一のトサカ、白い耳たぶ、およびスレートブルー(灰色がっかった青色)の脚を持っています。

卵は白いか軽く着色した卵(一年に約200個の卵)を産みます。

カタラナは、スペインのカタルーニャ地区(バルセロナ近郊)で開発された卵肉兼用目的の珍しい品種です。

カタラナは、19世紀後半のアジアの系列を持つ鶏を使用して、長期間にわたって開発されたと考えられています。

しかし、アジア系がコーチン・チャイニーズ・チキンかコーチン・チキンかは明らかではない。

カタラナはアルゼンチンや他のラテンアメリカ諸国で人気を博しました。

彼らは寒さに強い丈夫な鳥ではないので、彼らの人気は南国に限られています。

1902年、スペインマドリードで開催された世界博覧会で国際的な注目を集めました。

カタラナ1949年にAmerican Poultry AssociationのStandard of Perfectionに掲載されました。

緑がかった黒い尾が付いた豊富な淡褐色で、6ポイントの大きな赤いトサカを持っています。

青いスレートのシャンクとつま先を持ち、耳たぶは白い色で、大きな赤いトサカ、暗い赤褐色の目を持っています。

平均して、カタラナの雄鶏は体重が約3.2~3.7㎏で、雌鶏の体重は約2.3~2.7㎏です。

 

Karaknath
(カラクナス)

 

KadaknathまたはKali Masiはインドの Madhya Pradeshの JhabuaおよびDhar地区にある地元のインド品種で、「Kali masi」(「黒い肉を持つ鶏」)として知られています。

高いタンパク質と非常に低い脂肪および低コレステロールのため、それは高い需要がある。

その脂肪含量は、他のほとんどの鶏種において13〜25%と比較して0.73〜1.03%である。

カラクナスは、主にその適応性と味の良い黒い肉が人気を博しています。

その色はメラニンから生じています。

鶏は完全に黒いです:緑色の虹色 、黒い脚と爪、黒いくちばしと舌、黒いトサカとワットル、黒い肉と骨、さらには黒い羽毛。

この品種はインドネシアでも見つかっており、Ayam Cemaniとして知られています。

 

Campine
(カンピーヌ)

 

カンピーヌは、ベルギーの北部に由来する鶏種です。

それは、ベルギー北東部とオランダ南東部のカンピネ地域にちなんで名付けられています。

カンピーヌは元々1.2kg以下の小さな鶏でした。

それはアントワープの州およびLimbourgの州の北および中央部に分布した。

カンピーヌは約1899年にイギリスに輸入され、そこで飼育されて非常に異なる鶏になった。

特に、雄鶏のフェザーリングが標準となりました。

鶏は英国から米国に輸出されました。

カンピーヌは1914年にアメリカ家禽協会の スタンダード・オブ・パーフェクションに加えられました。

カンピーヌは、シルバー、ゴールドの2種類の色があります。

カンピーヌは活発で好奇心の強い性質を持っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。 

ページの先頭へ