世界の豚 図鑑 Vol.2

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

ウェルシュ

重量

雄豚:250㎏
雌豚:150~200㎏

 

ウェルシュはイギリスのウェールズ中部地方原産の白色種である。
古くから飼われていた在来種に大ヨークシャーなどを交配し、1918年に品種として認定された。
前方に垂れた耳と長い中躯はランドレースに似ている。
あえてその違いを強調するとすれば、発達した後躯だろう。
デュロック、ハンプシャーの雌に交配し、ハイブリッド雄の生産に使われていた。
背脂肪が薄く、後躯の大きなウェルシュは、アメリカタイプのデュロックやハンプシャーを改良する上で絶好の素材に思えた。
外貌は白い被毛と大きく垂れた耳、そして特に優れた産肉性である。

 

エセックス

エセックスはイギリスの豚の品種です。

エセックスは、その伝統的な形で、肩にかけて広がった白い「シーティング」の広がりを持つ、鋭い耳と黒い地色の小さな豚です。

他の古い英国の豚の品種と同様、エセックスの祖先は、地元の野生豚の選択的育種から同じ名前の郡で作成されたもしれません。

もともと小柄な黒と白のブタで、小規模農家の人気を博した、維持しやすく安価であることで知られていました。

古いエセックスは、19世紀半ばに輸入豚と交配することによって意図的に改善されました。

エセックスは、1950年代半ばまでは地元でも人気があり、第二次世界大戦中に、そして直後には堅牢性と餌付けによって栄養補給するという評判に基づいて実際に増加しました。

純粋に飼育された少数の個体が小規模農場で生存すると考えられていたが、エセックスは長年にわたって1967年に絶滅したと考えられていた。

その後の研究では、1人の農民が、純粋なエセックス血統を保持していた。

エセックス豚協会は1997年に形成され、公表して品種を再確立するために更なる努力をしています。

 

オールドスポット(Old Spot)

別名グロスターシャーオールドスポット(Gloucestershire Old Spots)

オールドスポットは、主に白く黒い斑点を持つイギリスの豚の品種です。

それはグロスターシャーの郡の名前にちなんで名付けられました。

オールドスポットは、その従順性、知性、および繁殖性で知られています。

ブタは成熟した雄豚の体重は272㎏、雌豚の体重は227㎏に達します。

グロスターシャーオールドスポット(GOS)繁殖協会は1913年に結成されました。

1913年以前には他の家系の豚は記録されなかったので、今日のGOSは世界で最も古い繁殖種であると認識されています。

ブリティッシュ・ブタ・アソシエーション(British Pig Association):「古い絵画が信頼されるならば、2〜3世紀の間にブタが発見されていますが、オールドスポットは20世紀初頭以来、血統状態を持っていました。

オールドスポットは非常に落ち着いた、良い性質の豚であり、ホームステッドや小規模農家にとって望ましいものになるので、これらの品種の共通性は、優れた母性本能および気質を含んでいます。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ