かわはぎの旬は身を食べるなら夏、肝を食べるなら冬って理由は?

魚介類

かわはぎの印象って、

小さなおちょぼ口でクリッとした目、

ひし形の体型ですよね。

ユーモラスな姿とは裏腹に、

ふぐに勝るとも劣らないと言われる上品な味わいが人気です。

体はザラザラとした厚い皮で覆われていますが、

調理の時は簡単に皮が剥けることから「かわはぎ」との名が付きました。

肉食性で、小さな口の中には頑丈で鋭利な歯があり、

好物の貝類や甲殻類の固い殻もかみ砕いてしまいます。

また、かわはぎは釣り魚としても大人気です。

小さく特徴的な口で、

吸い取るように釣りエサだけを食べてしまったり、

頑丈な歯で糸や針をかみ切ることから「エサ取り名人」と呼ばれ、

さらにかかった時には強い引きが楽しめるため、

奥深い釣りとして多くの釣り人を魅了しています。

かわはぎの弾力ある白身は、

さっぱりとして上品な味わいですが、

肝は脂がたっぷり乗った濃厚な味わいです。

かわはぎの旬は「身を食べるなら夏、肝を食べるなら冬」と言われ、

その価値を決めるのは肝の大きさで、冬に高値になります。

かわはぎは運動量が他の魚類に比べて少ないため、

身に脂をためる必要がありませんが、

寒い冬と産卵期の春に備えて、

秋から冬にかけては比較的多くエサを食べます。

この栄養を身ではなく肝臓にため込むので、

寒い時期は肝に脂が乗って大きくなるのです。

肝を食べるためには鮮度が重要なことから、

冬には活魚のかわはぎが高値で取引されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました