カンガルーって食べられるの?食感や味はどうなの?栄養は?

目安時間:約 2分

普段私たちが食べる肉は、豚・鶏・牛が主ですが、
たまに見かける珍肉の中のカンガルー肉。
カンガルー肉は野生のカンガルーを捕獲して、
生産、輸出、消費されています。

 

 

カンガルー肉はすべてオーストラリア産?

ほとんどのカンガルー科は法令によって保護されいますが、
オーストリア政府の許可を受けた狩猟者によって
生息数が増加傾向にあるアカカンガルーやオオカンガルーなどの
一部の大型種が商業的な捕獲の対象とされています。
オーストリア外務省によると、カンガルー肉は
世界55か国以上で輸出されています。

 

また、オーストリアではカンガルーを「ルー」とも呼びます。
日本に輸入してくる際に「ルーミート」と名付けて、
その名前が広がりました。

 

食感や味はどうなの?

ルーミートは淡白でクセがないため、さまざまな調味料と合わせやすいお肉です。
赤身の肉でありながら、食感はさっぱりとして、とても柔らかいです。

 

栄養は?

ルーミートは、低脂肪、高タンパク、低コレステロールで、健康食肉とされています。
そして捕獲したカンガルーは、近代的な専門工場で精肉されています。
そのため、添加物や抗生物質に汚染されておらず、広く支持されています。

 

また、ルーミートは、共役リノール酸という成分が入っています。
共役リノール酸の作用は、脂肪燃焼効果、アレルギー予防効果、
抗酸化作用、筋肉増強効果成分が入っていてサプリメントにもなっています。

 

生活習慣病の方やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー体質の方、
美容や健康が気になる方には最適の食材です。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ