世界の豚 図鑑 Vol.7

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

British Saddleback
(ブリティッシュ・サドルバック)

原産国:イギリス

 

ブリティッシュ・サドルバックはイギリス原産の豚の品種です。

それは1967年に生まれた2つの伝統的なサドルバック品種、エセックスとウェセックスサドルバックの生存個体群を合併させて作られました。

1967年に2つの全く異なる伝統的なサドルバック品種、エセックスとウェセックスサドルバックの残りを単一の牧草地に放牧することによって作られました。

1955年にイギリスはウェールズ、ランドレースと大型の3つの品種のみに生産を集中する政策を確立したためブリティッシュ・サドルバックは減少した。

リティッシュ・サドルバックは、2007年にFAOによって「絶滅危惧種」とされた。

2012年のブリティッシュ・サドルバックの数は882頭と報告されています。

 

Hereford
(ヘレフォード)

原産国:アメリカ
重量

雄豚: 800ポンド(360 kg)
雌豚: 600ポンド(270 kg)

 

ヘレフォードは、しばしばヘレフォードホッグと呼ばれ、ヘレフォードの牛の品種に似ているその色と柄の名前が付けられた豚の品種である。

米国で生まれたヘレフォードは、デュロック、ポーランドチャイナ、そしておそらくチェスターホワイトやハンプシャーの合成によって作られた珍しい品種の豚です。

1920年から1925年にかけて初めて開発され、1934年にはヘレフォード公式の登録簿が開設されました。

この品種は、アメリカ中西部、特にイリノイ州、アイオワ州、インディアナ州で最も人気があります。

この品種は20世紀半ばにかけて数が増えましたが、1960年代になると、純粋な豚から商業豚の繁殖豚への嗜好の変化とハイブリッドへの移行のために頭数が急激に減少しました。

今日、アメリカ家畜繁殖保全にはそのウォッチリストの品種が含まれており、約2,000頭の繁殖豚が残っています。

ヘレフォードの豚は、大規模な生産または集中的な生産に適した丈夫な豚です。

これは中型から大型の豚の品種で、5〜6カ月齢で一般に体重は90〜110kgです。

成熟した雌豚の体重は約270㎏、雄豚の体重は約360㎏です。

 

Bentheim black pied
(ベントハイム黒豚雑種)

19世紀中ごろ、ブタの飼育は農家の嫁の仕事であった。
そして彼女らは普通の白いブタよりも模様のたくさんある種を好んだ。
そのため、模様が多いイギリスの種を用いて田舎の白いブタと交配させた。
ドイツのザクセン州南部のある地域では、大きな垂れ耳の模様がたくさんある子豚を用いて繁殖が続けられた。
1950年代、この模様が特徴的なベントハイム黒豚雑種は非常に人気があった。
しかしその数年後、市場では脂肪の少ない肉が主流となった。
また飼育方法の効率化が進み、安価な種が人気となった。
そのためベントハイム黒豚雑種は競争に敗れ絶滅の危機に陥った。
1980年代終わりには、たったひとつの農家が50頭を飼育するのみであった。
この農家の活動と古い伝統的な種を保全するための新しいアイデアが元となり、この絶滅危惧種の繁殖プログラムが始まった。
現在ではドイツで500頭の繁殖が確認されており、オランダでもベントハイム黒豚雑種の大きな群れが飼育されている。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ