世界の豚 図鑑 Vol.6

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。

近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。

日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

バスク豚(Basque pig)

バスク豚(バスクぶた、フランス語: Pie noir du Pays basque、英語: Basque pig)とは、豚の一品種。キントア豚とも呼ばれる。
1929年には13万頭以上いたが、1981年にはメス20頭とオス2頭にまで激減した。
1988年のパリ国際農業博覧会でバスク豚絶滅の危機を知ったピエール・オテイザ(Pierre Oteiza)は、ピレネー=アトランティック県アルデュー村(フランス語版)へバスク豚2頭を連れて帰り、飼育、繁殖を行い、2010年頃には3,000頭以上に復活させている。
なお、オテイザはバスク豚復興への貢献をもって2006年にレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受賞している。
また、オテイザは2009年にバスク豚から「バスク種キントア豚」へ変更する申請を行っている。
キントアはアルデュー村一帯のバスク語での呼称。
バスク豚は黒豚に分類され、頭と尻にブチ模様が入っているのが特徴。
飼育法は、飼料も与えられているが放牧も行われており、クリ、ドングリ、ブナの実などを食べる。

 

バ・スーエン(Ba Xuyen

原産国:ベトナム

バ・スーエンはある品種の南ベトナム豚から作成された、特にメコンデルタで多く飼育されている。
白い脚を持つ黒っぽい白い豚である。
1932年から1956年まで、バークシャーとボックスゥの間の交配から繁殖した。

品種の平均サイズは、1歳になるまでに100キロです。
繁殖すると、約8頭の子豚が生まれます。

 

ピエトレン(Piétrain)

ベルギーのピエトレン(Pietrain)村は、その品種の発祥の地です。
正確な起源は不明であるが、1950〜51年の豚肉市場の困難な時期に地元の品種がもてはやされた。
その品種はその母国で普及し、他の国、特にドイツに輸出された。

品種は中程度のもので、白く黒い斑点があります。
黒い斑点の周りに白い髪を運ぶ光の色素沈着の特徴的なリングがあります。
耳は直立している。

ピエトレンは、ヨーロッパ最大の豚生産国であるドイツとスペインの2つで、非常に人気があります。
英国への豚の最初の輸出は、1964年に始まった。

体全体の脂肪が薄く、筋肉量の多い品種であり、赤肉率が非常に高い。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ