世界の豚 図鑑 Vol.24

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Small Black
(スモール・ブラック)


原産国:イギリス

 

スモール・ブラックまたはSuffolk(サフォーク)豚は、19世紀にイギリスで生まれた国内豚の品種です。
今は絶滅しています。
品種の起源は不明であるが、「改善」するための交配において、エセックス豚と外国の品種との交配によって作り出されたと考えられていた。
スモール・ブラックは、色を除いてもともとヨークシャー種であるスモール・ホワイトによく似ていると言われていました。
スモール・ホワイトのように、そのとがった耳、小さいサイズおよび短い上向きの鼻は輸入された中国の豚からの品種への影響を示しました。
スモールブラックはしばしばSuffolk(サフォーク)、Improved Suffolk(改良サフォーク)、またはBlack Suffolk(ブラック・サフォーク)としても知られていましたが、初期の無関係の小型の白い品種もサフォークとして知られていました。
20世紀の変わり目までには急速に好まれなくなり、その品種は早い時期に成熟したものの「繊細な体質」と「脂肪の割合が多すぎる」と言われました。
この品種は、20世紀初頭にラージ・ブラックに統合されたときに姿を消したようです。

 

Small White
(スモール・ホワイト)


原産国:イギリス

スモール・ホワイトまたはスモール・ヨークシャーは、イギリスで生まれ、19世紀の間は一般的な国内豚の品種でした。
現在は絶滅していますが、その特徴はミドルホワイトや他の品種の生産に使用されました。
輸入された中国の豚と伝統的なOld Yorkshire(オールド・ヨークシャー)、大型の白い豚を交配することによって19世紀初頭に開発されました。
これは、真っ白な肌色をした小型種、とがった耳、中国の品種の短くて広い頭とそれらの特徴的な短い上向きの鼻をしていました。
中国の品種と共通して、それは早く成熟し、急速に太ります。
スモールホワイトは常に食肉用やベーコンの豚としてではなく、ショーの豚として意図されていました。
農民や小規模農家とは対照的に、貴族や「趣味」のブリーダーに特に人気がありました。
スモール。ホワイトは、カンバーランド(現在は絶滅しています)とラージ・ホワイト、別のヨークシャー種の両方との人気のある交配を証明しました。
ミドル・ホワイトの人気はスモール・ホワイトの品種の衰退をもたらし、世紀の変わり目ではそれはほぼ絶滅しました。
1912年についに絶滅しました。
その品種は、一般的に「スモール・ヨークシャー」と呼ばれていたアメリカ合衆国で、さらに数年間生存した可能性があります。

 

Swedish Landrace
(スウェーデン・ランドレース)


原産国:スウェーデン

 

スウェーデン・ランドレースはスウェーデンの豚の主要な品種です。
スウェーデン・ランドレースは主にデンマーク・ランドレースから派生したもので、似たような特徴があります。
長身の中型から大型の豚です。
それは白であり、そして短い体毛で覆われている。
鼻が長く、大きな耳が垂れ下がります。
それは長い背中と深い側面を持っていて、他のいくつかの品種に見られるしわと余分な脂肪を欠いています。
しかし、スウェーデン・ランドレースはそんな極端なベーコン豚ではありません、そして、畜産者は足の健全性、背中の強さと動物の体質に注目しました。
彼らはまた、デンマーク・ランドレースの繁殖力、繁殖力、母親の能力、体重増加率を維持しようとしています。
アメリカなどに輸出されています。
新鮮な豚肉が望まれる国々や他の製造された製品に好意的ですが、デンマーク・ランドレースはベーコン用に育てられています。
それはアメリカ・ランドレースの改良とその品種の遺伝的基盤の拡大に使われてきた。
1959年には20世紀前半にオーストラリアに輸出され、その後ニュージーランドに輸出されました。
もう一つの輸出市場はロシアであり、それはチェコスロバキアにも輸出され、そこでそれは主に地元の家畜を改良するための交配に使われた。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ