世界の豚 図鑑 Vol.23

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Norwegian Landrace
(ノルウェー・ランドレース)

原産国:ノルウェー

Norwegian Landraceは、ノルウェーの主要な豚の品種です。
ノルウェーのほとんどの豚と同じく、南部のハマール地方で飼育されています。
彼らは肌色が白で、垂れた耳をしています。
比較的狭い肩、小さな頭、細長い背中、そしてふくよかな後腿を持っています。
1970年代のヨーロッパのLandrace種の対照は、Norwegian Landraceが最大の成長率と最も効率的な飼料転換を持っていたことを示しました。
イギリス、アイルランド、北アイルランド、フランス、スウェーデン、デンマーク、カナダ、ポーランド、チェコ共和国に輸出されています。
この品種は、Landrace種を持っている他の国からのLandraceの輸入から始まった。
それから、導入された品種の交配を南部ノルウェーの環境に独特の適応を与えるために特別な選択がありました。
完全に成長したNorwegian Landrace種は、中型から大型の体をしています。
雌豚の平均成熟体重は204〜272kgで、雄豚の平均体重は226〜318kgです。

 

Ossabaw Island hog
(オサボー・アイランド・ホッグ)


原産国:アメリカ(オサボー島)

Ossabaw Island hogまたはOssabaw Islandは、アメリカ合衆国ジョージア州のOssabaw Islandの野生豚の品種です。
オリジナルのOssabaw豚はスペインの探検家によって16世紀に島で解放された豚から生まれました。
島外のアメリカの農場で繁殖個体群が確立されましたが、それらは依然として絶滅の危機に瀕している豚の品種です。
スペイン人が16世紀にアメリカ大陸の沿岸を探検したとき、豚などの家畜は将来の食料源としてしばしば島に残されました。
これがオサボー種となる豚の起源です。
その後の何百年にもわたって、これらの野生豚の個体数は、ジョージア沿岸沖の海の島、バリ島の1つであるオサバウで孤立したままで、他の家畜はほとんどいませんでした。
1978年以来、島は州によって所有されており、保護地区としてジョージア州天然資源省(DNR)によって管理されています。
世界中の他の場所にいる野生の豚と同様に、オサボーにいるそれらは、在来の生息地と種に悪影響を及ぼしました。
豚は雑食性が非常に高く、根や塊茎から小さな爬虫類や哺乳類まで、あらゆるものを消費します。
アカウミガメやシロツメクサなどの絶滅危惧種に悪影響を及ぼし、巣を乱したり、卵を食べたりすると記録されています。
彼らが生態系に及ぼすさまざまな他の影響は、ジョージアDNRに捕獲、駆除、および公衆による狩猟を介した野生豚の根絶を推奨することを確信させました。
オサボー島の豚がもたらす環境問題の他に、それらは科学者や品種保護主義者によってもユニークな遺伝資源として認められています。
スペイン人によって北アメリカにもたらされたイベリア型豚から派生した唯一の米国の品種であると考えられています。
オサバウ豚の非常に小さな繁殖集団は、それらを遺産豚肉の形で販売する農家によって島外で保たれています。
また、いくつかの動物園にも飼育されています。
島の頭数と本土の頭数の両方が、アメリカの家畜繁殖保護協会(ALBC)、スローフードUSA、その他の人々によって脆弱であると考えられ続けています。
島の豚は現在DNRの勧告した方法で管理されており、どれだけ長く根絶を完全に回避できるかは不明である。
農民によって維持されている米国本土の頭数は保護されています。
彼らは、小型の豚で、身長が20インチ(510 mm)未満で、成熟時の体重は200ポンド(90 kg)未満です。
Ossabawの豚は色の広い範囲で表示され、最も一般的なものは黒と斑点のある品種です。
彼らはさらに他の豚の品種と比較して長い鼻、直立耳、および剛毛の重い毛皮を持っています。
賢く、そして優しい気質を持つと言われています。
絶え間なく食料が供給されている状況(農場や実験室など)では、他の豚よりも脂肪が多くなり、「前糖尿病」状態になることがあります。
肉は独特の食感で、イベリコ豚に似ています。

 

Red Wattle hog
(レッド・ワトル・ホッグ)


原産国:アメリカ

重量

雄豚:340㎏
雌豚:249㎏

 

それはその赤い色と独特の肉垂またはふさのために名付けられて、そしてアメリカの家畜品種保護区(ALBC)の脅されたリストにあります。
レッド・ワトル・ホッグは赤い毛皮と独特の肉垂によって特徴付けられます。
彼らは通常10~15匹の子豚を生みます。
それらは速く成長し、そして丈夫で穏やかで、そして病気に対して抵抗力がある。
初期の歴史は明確ではありません。
現代の品種は、1960年代後半から1970年代初頭にかけてイースト・テキサスで発見され、2頭の肉垂付きの赤豚をデュロックの雄豚と交配させて「ウェンガー・レッド・ワドル」を始めました。
1980年代には、3つの品種登録簿が維持されましたが、中心的な品種協会はありませんでした。
1999年には、アメリカの家畜の繁殖保護協会は6つのブリーダーに属する42頭の繁殖動物を発見しました。
2012年9月以来、Red Wattle Hog Associationがその品種の血統書を管理しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ