世界の豚 図鑑 Vol.22

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Myrhorod
(ミルロッド)


原産国:ウクライナ

 

Myrhorod豚はウクライナのラードタイプの豚です。
ロシアで開発された豚の2番目の家畜種です。
多数の科学者、専門家、および集団農場や州の農場の労働者による長期にわたる計画的作業の結果です。
それらは、地元のblack-ruffled豚をBerkshire、medium white、部分的にlarge white、Temvorskaya、およびlarge blackと交配することによって開発されました。
雄豚の平均体重は290㎏、体長は180㎝、雌豚の体重は235㎏と162㎝です。
彼らの頭は中程度の大きさで、粗くはなく、適度な長さの鼻であり、そして彼らの耳はたいてい短く、立っています。

 

Nero Siciliano
(ネロ・シチリアーノ)


原産国:イタリア


重量

雄豚:150㎏
雌豚:130㎏

 

Nero Sicilianoは、イタリア南部の地中海の島、シチリア島の家畜豚の品種です。
主にメッシーナ州、特にモンティネブロディで飼育されています。
このため、Nero dei Nebrodiとしてよく知られています。
それはまた、それぞれMadonie(マドニー)山脈とEtna(エトナ)山との関連性から、Nero delle Madonie(ネロ・デッレ・マドニー)またはNero dell'Etna(ネロ・デルレトナ)と呼ばれることもあります。
これは、イタリアの農林業省によって認識されている6つの国内豚種のうちの1つです。
2001年に発行された登録簿は、イタリアの豚ブリーダー協会のNazionale Allevatori Suiniに保管されています。
2012年末時点で、3,642頭が登録されています。
Nero Sicilianoは、生肉用とsalumi(サルミ)用の両方で飼育されています。
直接消費用は通常6〜7ヶ月で体重60〜70kgで処理されますが、保存肉用の動物は通常10〜11ヶ月で体重110〜120㎏で処理されます。
主な塩漬け肉は、IGPの地位を持つSalame Sant'Angeloと、Suino Nero dei Nebrodiの生ハムです。
capocollo、guanciale、coppaも生産されています。

 

North Siberian
(ノース・シベリアン)


原産国:ロシア

 

North Siberian(ノース・シベリアン)はロシアの汎用豚の品種です。
ロシアのNovosibirsk(ノボシビルスク)州で開発されたこの中型の品種は、1942年に正式に承認されました。
Large White(ラージ・ホワイト)の雄豚とshort-eared Siberian豚の交配、North Siberianは、北シベリアの過酷な気候への堅牢性を高めるために密な剛毛の体毛と皮下脂肪のために交配した。
成人雄豚の体重は通常312 kgまでです。
North Siberianは白色種であり、そして繁殖プログラムの間に拒絶された多色標本はSiberian Black Pied(シベリア・ブラック・パイド)種の開発に使用された。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ