世界の豚 図鑑 Vol.20

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Lithuanian Native
(リトアニアン・ネイティブ)


原産国:リトアニア


Lithuanian Native pig(Lithuanian:Lietuvosvietinė)は、リトアニア原産の在来種です。
この品種は古代まで遡ることができ、ヨーロッパで最も古い豚の品種の1つです。
それは中型の品種です。
リトアニア先住民の豚の典型的な特徴は首の喧嘩、そして通常は大きな黒い斑点ですが、色のバリエーションには白黒、しょうが色、黒、そして三色があります。
彼らは優しい気質を持っています。
太陽の影響を受けにくいので、これらの豚は放牧に適しています。
Lithuanian Native pigの特性は、Lithuanian White、標準化された品種、および多くのロシアの品種を生産するのに使用されました。
現在リトアニア原産の豚はリトアニアでさえ非常にまれであり、絶滅の危機に瀕しています。しかし、1993年以来、動物科学研究所には約200頭が飼育されています。

 

Lithuanian White
(リトアニアン・ホワイト)

原産国:リトアニア

第一次世界大戦後に開始されたリトアニアの地元の豚の改良プロセスは、その品種が1967年にしか認められていなかったとしても、リトアニアン・ホワイトの品種の開発の始まりを示した。
大型および中型の白豚、Edelsweine、Berkshire、および地元のデンマーク豚でリトアニアン・ホワイトを改良するプロセスは、最高の交配種がラージ・ホワイト種およびそれらに関連するものであるという意見を形成しました。
年々使用される品種の数は減少していました、そして最後にプロセスはちょうどホワイト・ラージ(ヨークシャー)と部分的にドイツのEdelsweine豚を交配することに限られていました。
農家への財政支援は繁殖のための大型白豚の獲得を助け、それは全国各地に広がる多数の大型白豚と地元の豚との雑種をもたらしました。
それらは、リトアニアン・ホワイト種と同様に、さらなる豚の育種および豚飼育の基礎として役立った。
第二次世界大戦後、この品種の群れをさらに選択して開発することで、交雑種の組み合わせを確立しリトアニアン・ホワイト品種が完成しました。
雄豚の不足と代用雑種のための雑種雌豚を残すために、純血種のリトアニアン・ホワイトの数は急速に減少し始めました。
リトアニアの純血種の白ブタを保存するために、リトアニア動物科学研究所は、完全な系譜構造の豚を開発しました。
2001年から2005年の間にリトアニアン・ホワイト種を選抜するためのプログラムが完成した。
これには、少なくとも少数の繁殖農場で純血種を保存するための方策が含まれていた。

 

Livny
(リヴィー)


原産国:ロシア


Livny豚はロシアのOrel地域の汎用豚です。
それらは専門家チームによって開発されました。
選択的血統研究は、1917年以前に地元の豚とバークシャー、ラージ・ホワイト、ミドル・ホワイト、ポーランド、中国の豚との無作為交配によって形成された交配種に基づいて行われた。
10系統の雄豚と28の雌豚をモニターした結果、生産性、早熟性および立体配座についてこれらのパラメーターが改善された豚が得られ、1949年にLivny品種という名前が法的に確立されました。
彼らはロシアの自然条件や飼料条件に順応性があり、高品質の肉を生産しています。
ロシアの中央地域の状態によく適応していて、完全に牧草地維持に適応しています。
体長160~175㎝で、彼らは非常に巨大です。
頭は短く、広く、そして特徴的な鼻を持っています。
大きな垂れ耳を持って、背中は広くてまっすぐです。
皮膚が緩んで、折り畳まれ、そして完全に毛で覆われています。
腹はいくぶんたるんでいる。
肌色は主に白ですが、黒と白と赤みがかった黒の領域もあります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ