世界の豚 図鑑 Vol.18

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Göttingen minipig
(ゲッティンゲン・ミニピッグ)


原産国:ドイツ

Göttingen minipig(ゲッティンゲン・ミニブタ(別名:Göttinger(ゲッティンガー)またはGoettingen minipig(ゲッティンゲン・ミニブタ))は、小型豚の品種です。
世界で知られている最小の家畜用ブタです。
大人の体重は約26キロです。
彼らの非常に小さいサイズで知られていることの他に、彼らの穏やかな性質と非常にきれいで、よく特徴付けられた健康状態で知られています。
この品種の飼育は、1960年代後半、ドイツのゲッティンゲン大学の動物繁殖遺伝学研究所(InstitutfürTierzucht und Haustiergenetik)で、ミネソタのミニブタ、Vietnamese pot-bellied(ベトナムのミニブタ)、およびドイツのランドレース豚を交配することによって始まった。
ペットとして非常に人気がありますが、品種は特に生物医学研究用に開発されました。

彼らは今、小さいサイズで有名なペット豚の人気のある品種です。

2010年以来、この品種は日本でも販売されています。

Grice
(グリス)


原産国:イギリス(スコットランド)

別名:

Highland(ハイランド)
Hebridean(ヘブリデアン)
Irish(アイルランド)

 

スコットランドのハイランド諸島とアイランズ、そしてアイルランドで見つかった豚の品種です
それは絶滅し、シェトランド諸島で最も長く生き残った。
そこでは19世紀半ばになって絶滅した。
ハイランド、ヘブリデアンまたはアイルランドの豚としても知られていました。
"Grice"は、もともと "young pig"を意味するスコットランド語および北部英語の方言語です。
19世紀初頭の話によると、このグリスは小さな牙、アーチ型の背中、そして羊毛のフリースの上に固い暗い色の剛毛の毛皮がある攻撃的な動物でした。
2006年に、シェットランド博物館とアーカイブの学芸員は、イノシシからグリスを再現するように剥製術師に依頼しました。
生き残ったグリスはいないので、モデルの正確さは「出版された資料...調査された遺物と考古学的発見」の記述に頼っていました。
再現した剥製のグリスは2007年春に一般公開されました。

 

Guinea Hog
(ギニア・ホッグ)

原産国:アメリカ

別名:

Rare breed
Other names
Pineywoods Guinea
Guinea forest hog
Acorn eater
Yard pig

重量:140㎏未満

 

アメリカのギニアホッグとも呼ばれるギニア豚は、アメリカで生まれた国内豚の品種です。
その名前にもかかわらず、その品種はギニアからのものではありませんが、基礎資源は西アフリカから由来すると考えられていました。
新しいDNA研究はヨーロッパの起源を指し示しています。
American Guinea Hogは、今は絶滅した品種であるImproved Essexに関連していると考えられています。
ギニア豚は、黒い毛皮、丈夫な体、巻き毛の尾、直立耳を持つ珍しい品種です。
北アメリカには2つのタイプのギニア豚がおります。
南アメリカにはギニア豚タイプの豚がいます。
その名前は、ギニア豚の起源に由来すると考えられていましたが、現在は、ギニアがギニア牛のように小さいことを意味していると考えられています。
ギニア豚とギニア牛が家畜の両方の小さい品種です。
真のアフリカのギニア豚はナイジェリア黒やアシャンティ豚の遺伝的影響を示唆直立耳、剛毛の毛と長い尾を持つ赤色の品種です。
元の系統は、基本的には黒ですが、やはり赤みを帯びており、その結果「赤ギニア」と呼ばれていました。
19世紀の初めによく知られていたその品種は絶滅しています。
その後彼らは、Appalachian English pigs、Essex pigs、West African dwarfsを含む他の品種と交配した。
この新しい品種のアメリカのギニア豚は黒い色をしていました、赤い色合いは失いました。
2005年には、アメリカ・ギニア豚協会が設立され、継続的な存続を確保しています。
ギニア豚は、絶滅の危機に瀕している。
シカゴのリンカーンパーク動物園は何年にもわたり、何頭かのギニア豚を飼っています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ