世界の豚 図鑑 Vol.17

目安時間:約 3分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Estonian Bacon
(エストニアン・ベーコン)

原産国:エストニア

エストニアベーコン豚は、エストニア産の肉豚で、優れたベーコン用の品種です。
彼らはドイツ、デンマーク、そしてスウェーデンの在来種と交配された地元の在来種の豚から​​開発されました。
彼らはデンマークのランドレース豚に似ています。

 

Fengjing
(フェンジン)

原産国:中国


Fengjing豚はFengjingの上海の町にちなんで名付けられた、中国の上海からの国内種です。
その主な飼育地域は金山、松江と呉江の地区にあります。
Taihu pig(太湖豚)の一種として分類され、それらはすべて太湖周辺の穏やかな亜熱帯気候の狭い地域で発生します。
大きなだらりとした耳を持つ大きな黒い豚です。
それは、その独特の非常にしわのある顔によって区別され、またしわのある体をしています。
繁殖率は非常に高く、初産卵時の平均12頭の子豚が年産2回から3回で17頭の子豚を産み出し、12頭が離乳します。
ごく最近、西洋の品種の急速な成長を維持しながら味、病害抵抗性および同腹仔サイズを改善できることを期待して、このブタを育種プログラムの雌系統に使用する可能性について西欧諸国で関心が高まっている。
1989年に、米国イリノイ大学とアイオワ州立大学との間で合衆国農務省の制度のもとで、子豚が米国に持ち込まれました。

 

Gascon
(ガスコン)

原産国:フランス

ガスコンは、フランスの山岳地帯や僻地で生き残った珍しい家畜の品種です。
ミディピレネー地域では、ガスコンはおそらくフランスで最も古代の豚種として生き残っています。
絶滅の危機に瀕しているにもかかわらず、それは多くの価値ある特徴を持っています。
ほとんどの昔ながらの品種と同様に、それは非常に太くなる傾向がありますが、それは活気に満ちた、丈夫で、暑い気候に耐えられます。
雌豚は繁殖力があり、同腹仔に十分な牛乳を供給しています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ