世界の豚 図鑑 Vol.15

目安時間:約 7分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

British Lop
(ブリティッシュ・ロップ)


原産国:イギリス


重量

雄豚:350㎏
雌豚:300㎏

ブリティッシュ・ロップはイギリス原産の古い豚の品種です。
大きくて白い豚、それはその顔にかかっているその大きな耳にちなんで名付けられました。
この品種はもともとイギリスで数種類の地元の品種と交配して開発され、1960年代にイギリス人に知られるようになりました。
この品種の最も初期の記録は、コーンウォールとデボンの国境、特にタヴィストック周辺の地域からのものです。
それはまたフランスのNormande豚に関連しているかもしれません。
1930年代後半までに、主に南西部で多数の純血種の子孫が登録されました。
第二次世界大戦後の数年間で、英国政府は生産を3品種(ラージホワイト、ウェールズ、ランドレース)で標準化することを推奨しました。
それは他の品種の豚の数の減少をもたらしました。
1960年代と70年代の間に、およそ11人のブリーダーだけがブリティッシュ・ロップを飼育続けました。
垂れ耳を持つ大きくて白い肌の豚です。
品種は主に放牧でそれ自身を支えることができるように開発されました。
この品種は、細身の体重を身につけるための優れた能力を有しており、特に穏やかな気質のために注目されています。
品種は現在60年代と70年代の間よりも数が多いですが、まだまれな品種サバイバルトラストによって絶滅危惧種として記載されています。

 

Bulgarian White
(ブルガリアン・ホワイト)


原産国:ブルガリア


ブルガリアン・ホワイトはもともと20世紀初頭に在来のブルガリアの豚とラージホワイトとエデルシュバイン系統の繁殖を含む段階的な繁殖プロセスを通して生まれました。
彼らはほとんどの現代の豚肉生産者によって好まれているよりも高い脂肪/赤身の比率を持つ傾向があり、ブルガリアン・ホワイトはラージホワイトの品種の長い足と体を保持しています。
ブルガリアン・ホワイトは、体に白い斑点があり、鼻の上に斑点や痕跡はありません。
耳は直立しており、体長は中程度です。
1960年代初頭に、ブルガリア政府はブルガリアン・ホワイトの肉の収量を改善したいと考えました。
彼らは、ソビエト連邦、スウェーデン、ポーランドからランドレースとラージ・ホワイトの品種のおよそ3000の血統育種を輸入することによって改善しました。
これらの輸入豚は、地元のブルガリア産白豚と交配させるために、10の州の農場と共に国内の豚農家に配給されました。
他の白豚種と交配することによって、ブルガリア白豚種の飼料転換率と脂肪貯蔵を改善するための継続的な努力があります。
活発で野外の品種として開発され、放牧やより近代的で集約的な農業で育てることができます。
ブルガリアン・ホワイトのような大きな白い豚の品種は険しい気候に耐えることができます。
1日の体重増加は、生後3ヶ月で27.5オンス(780g)です。
2007年の経済報告によると、ブルガリアの養豚部門は集約され、農場数は減少していますが、動物数はやや安定しています。

 

Cumberland
(カンバーランド)


原産国:イギリス

カンバーランドはイングランド北部で生まれた家畜の品種です。
それはカンバーランドソーセージやカンバーランドハムのような地元の珍味を作り出すために使われました。
1960年には、飼育方法の変更や脂肪分の少ない肉への需要が増えて絶滅してしまった。
カンバーランドは、おそらくカンバーランドとウェストモーランドで数百年かけて開発し、密接にオールド・ヨークシャー白豚に関連していた非常に古い品種でした。
それは振り子のような耳を持つ重い白豚で、イングランド北部の悪天候に耐えられるように、それを可能にするタフな体質を持っていました。
この品種は、脂肪分が多く、平均以上のサイズに急速に成長しました。
19世紀の間、豚の品種を「改良する」ために多くの努力が払われ、カンバーランドはしばしばヨークシャーの白い品種と交配されました。
これらは最終的にラージホワイト、スモールホワイト、ミドルホワイトに発展しました。
Cumberland豚ブリーダーズ協会は1916年に創設され、その品種は1920年代に人気の頂点に達しました。
カンバーランドは、より脂身のない肉の需要のために、20世紀半ばに支持を失い始めました。
1955年、サー・ハロルドHowittが議長を務める英国における豚生産の開発に関する諮問委員会は、英国の養豚業者は、標準化を確保するために、3つの品種に集中すべきであるという報告書を発行:大ホワイト、ウェールズ、および ランドレース
この頃には、カンバーランド種はすでに減少していました。
1954年までに認可されたのは3頭のみでした。
カンバーランド豚は、最後の個体である豚が、BothelのBothel Craggs農場で死亡した後、1960年に絶滅したと考えられています。
2008年に、ペンリス動物保護センターはDNA分析と選択的繁殖に基づいてカンバーランド豚を「再現」しました。
最後の生き残ったオリジナルを扱っていた農家は、新しいブタが見た目では良い一致であることに同意しました。
このプログラムから生まれた新しい豚が、将来的には本物のカンバーランドのハムやソーセージのもとになることを願っています。
しかし、Rare Breeds Survival Trustはこのプロジェクトに感謝していると述べました。
彼らは、この品種を真のカンバーランドブタとして認識しないと述べた。
2008年には、長年の選択的繁殖の後、カンバーランドと99.6%のDNAが一致する雌豚が生まれました。
しかし、それは不妊を証明しました。
元々のカンバーランドブタの遺伝的遺産は、ミドルホワイト、そしておそらくチェスターホワイトのアメリカ種にも存在します。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ