世界の豚 図鑑 Vol.13

目安時間:約 4分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Bazna
(バズナ)


原産国:ルーマニア


別名:

Basner
Porcul de Banat

Romanian Saddleback

 

バズナは、Basner、Porcul de Banat、またはRomanian Saddlebackとしても知られ、ルーマニア原産の豚です。
この品種は、マンガリッツァとバークシャーの豚の品種の交配から1872年に初めて作られました。
バズナは主に黒で、首から肩にかけて前肢を含む白い輪が体を囲んでいます。
この品種は1958年に正式に承認されました。
繁殖すると、この品種はルーマニアのトランシルヴァニア地方のいくつかの町に配布され、また第二次世界大戦後はこの品種がさらにトランシルヴァニア地方とバナット周辺に配布されました。

 

Beijing Black
(ペキン・ブラック)


原産国:中国


別名:Peking Black(北京黒豚)

 

バークシャーと一般的な中国の豚の交雑種
Beijing Black、Peking Blackとしても知られている、中国の豚の品種です。
彼らはほとんど黒ですが、いくつかの白いところがあります。
この品種は1962年にバークシャーと普通の中国の豚を交配させることによって作られました。
それは「良い生産形質」持っている「強い、丈夫な品種」であると記載されています。
新しい出産のために選ばれる品種は、「出産時および離乳時の産仔数、離乳時の体重、ならびに生後6ヶ月時の体重および背中の肥厚」などのいくつかの要因を一致させる必要があります。
これらの要求に合格した豚は他の系統のBeijing Black(北京黒豚)と交配してより多様性を生み出します。

 

Belarus Black Pied
(ベラルーシ・ブラック・パイド)

原産国:ベラルーシ

別名:
Byelorussian Black Pied(ベラルーシアン・ブラック・パイド)
White-Russian Black Pied(ホワイト・ロシアン・ブラック・パイド)
Spotted Black Pied(スッポッテッド・ブラックパイド)

 

ベラルーシ・ブラック・パイドは、ベラルーシの豚の品種です。
それはもともとLarge White(ラージ・ホワイト)、Large Black(ラージ・ブラック)、Berkshire(バークシャー)、およびMiddle White(ミドル・ホワイト)の豚と在来のベラルーシの豚との交配から19世紀後半にミンスクで交配作成された。
1957年までは独立した品種グループとして認識されていませんでしたが、1976年からは個々の品種として認識されました。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ