世界の牛 図鑑 Vol.26

目安時間:約 9分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Hariana
(ハリアナ)


原産国:インド

 

ハリアナは北インド原産のゼブ牛(こぶ牛)で、特にハリヤナ州で飼育されています。
それはハリヤナ州のRohtak、Karnal、Jind、Hissar、およびGurgaon地区の出身です。
牛は中型から大型で、色は白から灰色の色合いです。
角は短く、顔が細くて長いです。
雌牛はかなり良いミルクの生産者で、雄牛は農耕作業の仕事で優れています。
ハリヤナとパンジャブ東部で発見されたハリアナ種は、ゼブの既知の75種のうちの1種です。

 

Harzer Rotvieh
(ハルツ ロトヴィー)

原産国:ドイツ

 

Harzer RotviehはドイツのHarzからの赤牛です。
牛乳、牛肉と農耕作業用の力を提供する目的を果たします。
その名前は「ハルツの赤い牛」を意味します。
この牛の品種は南部および中部ドイツの赤い牛の品種に由来し、おそらく単色の赤いGermanic-Celtic牛にまでさかのぼっていた。
それらのうち、地元の牛種はハルツ山脈の厳しい条件下で開発されました。
1950年代にこの牛の品種は、乳量を増やすためにデンマークのレッドブルと交雑しました。
その後、彼らはアンゲルン半島に渡りました。
1980年以来Harzer Rotviehは、アンゲルン半島の多様の品種のみとなっています。
Harzer Rotviehはほんのいくつかの農場で飼育されています。
Mountainfarmer Wolfgang「クラインチロル農場」、20頭の雌牛、1頭の雄牛
タンネのブロッケン麓の農家ティエレッケ
クロースとカタリーナ・コールシュ、雄牛21頭、雄牛5頭

 

Heck
(ヘック)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:600~900㎏
雌牛:400~600㎏

体高

雄牛:約140 cm
雌牛:約130㎝

 

ヘック牛は放牧用、動物園用、農業用に飼育されている丈夫な家畜です。
この品種は、1920年代と1930年代に現代のオーロックス由来の牛から絶滅したオーロックスを繁殖させる試みの結果です。
しかし、オーロックスの間にはかなりの違いがあります。
この品種は、国内の家畜をその祖先の形に繁殖させるためにドイツで生まれました。
1920年代と1930年代の現代のオーロクス由来の牛から絶滅したオーロクスを繁殖させようとするヘック兄弟の試みの結果です。
ヘック兄弟は、それぞれ彼らが繁殖実験を始めた11年後に初めて彼らの成功を発表しました。
繁殖の試みでは、両方の兄弟が異なる種類の牛種を使用しました。
使用されている品種は次のとおりです。

・Hungarian Grey (ハンガリー・グレー)
・Highland (ハイランド)
・Corsican (コルシカ)
・Murnau-Werdenfels (ムルナウ・ヴェルデンフェルス)
・Angeln (アンジェルン)
・Black-pied lowland (ブラック・パイド・ローランド)
・White Park (ホワイト・パーク)
・Brown Swiss(ブラウン・スイス)

 

1932年、Heinz Heckが「Glachl」と名付けたオーロックスに似ていると信じた最初の雄牛が生まれました。
それは75%のコルシカと25%(Gray cattle × Lowland × Highland × Angeln)を交配していた。
彼らが似ているために飼育してたオーロックスよりも20〜30センチ短い。
どんな野生動物や他のほとんどの家畜よりも大量の異質性を示しています。
毛皮の色、角の形、角の大きさ、サイズ、大きさなどは様々です。
野生で寒い気温や栄養価の低い食べ物に対処することができます。
ヨーロッパには約2000頭のヘック牛が、他にはほとんどいません。
Flevoland(オランダ)のOostvaardersplassenでは、約600頭のヘック牛が自由に歩き回っています。
他にはベルリン近郊のFalkenthaler Rieselfelder、テューリンゲン州イェーナ近郊のNesseaue自然保護区、バイエルン州AuerbachのGrubenfelder Leonie自然保護区にいます。
2000年にフランスで約100頭が登録されました。
2009年には、9頭の牛と4頭の雄牛がベルギーから南西イングランドに輸出されました。

 

Hereford
(ヘレフォード)

原産国:イギリス

重量

雄牛:816㎏
雌牛:544㎏

体高

雄牛:152㎝
雌牛:140㎝

 

イギリスのウェストミッドランドにあるヘレフォードシャー郡で生まれたイギリスの肉牛です。
それは多くの国に輸出されました、そして世界中で50以上の国で500万頭以上の純血種のヘレフォード牛がいます。
ヘレフォード牛の輸出貿易は、1817年にイギリスから始まり、アメリカ合衆国のケンタッキー州で始まり、アメリカからカナダにかけてメキシコを経て南米の国に広がりました。
今日、ヘレフォード牛はオーストラリアからロシアの草原に至るまでの世界各地にいます。
これらは、イスラエル、日本、そしてヨーロッパ大陸とスカンジナビア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、カザフスタンとロシアの温帯地域、アルゼンチンの中央と東、ウルグアイ、チリとニュージーランドで見られます。
彼らは登録牛で最大の割合を占めています。
それらはブラジル各地で見られ、南アフリカのいくつかの国々(主に南アフリカ、ザンビア、ジンバブエ)でも見られます。
彼らはほとんどすべての大陸ではるかに過酷な気候で繁栄することを証明しました。
ワールドヘレフォード評議会はイギリスを拠点としています。
現在、20のヘレフォード協会と10の非加盟国を含む17の加盟国があり、合計8の協会があります。
18世紀から19世紀初頭にかけて、他の牛(主にショートホーン)が、最初は色が変化し、黄色から灰色、淡褐色、そして白の量が変化する新しい種類の農耕作業用と肉牛を生み出しました。
しかし、18世紀の終わりまでに現代の品種に特徴的な白い顔はなく、現代の色は19世紀の間に確立されました。
アメリカへのヘレフォードの最初の輸出は、1840年代に始まった。

 

Hérens
(ヘレン)

原産国:ドイツ

体重

雄牛:650~700㎏
雌牛:500~600㎏

体高

雄牛:125~134㎝
雌牛:118~128㎝

 

Herens(ドイツ語でEringer)はスイスのヴァル=ドレン地方にちなんで名付けられた牛の品種です。
小さな角のある高山牛は、黒、茶色、または暗赤色の肌色をして斑模様は非常に珍しいものです。
組織的な牛の戦いで使用されています。
ヨーロッパで最小の牛の品種の一つです。
際立った特徴は、前頭部がくぼんで短くて広い頭部です。
非常に筋肉質で、雄雌ともに角を持っています。
主に牛肉のために飼育されていますが、雌牛は年間約3,200 kgの牛乳を生産しています。
高山の牧草地によく適応しています。
Herensの頭数は1960年代から減少しています。
2000年の頭数は約13,500頭でした。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

タグ:     

カテゴリ:牛肉 

世界の豚 図鑑 Vol.26

目安時間:約 6分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Ukrainian White Steppe
(ウクライナ・ホワイト・スッテパー)


原産国:ウクライナ

別名:

ウクライナ語:Українська степова біла порода
Ukrajinska stepowa bila poroda

重量

雄豚:310~350㎏(最大 463㎏)
雌豚:230~250㎏

体長

雄豚:約180㎝
雌豚:約167㎝

 

ウクライナの汎用豚の品種です。
それは1925~1935年にAskania Novaで開発されました。
彼らは地元の豚とラージホワイト豚の雄豚を交配させることによって開発されました。
彼らは病気に対する高い耐性を持ち、ウクライナ南部の乾燥した気候に完全に適応しています。
品種の特性はややくぼんだ面と中型の頭、目の上に垂れた大きな耳、密な骨、強い脚、そして白い色です。
雌豚は同腹子あたり12〜19頭の子豚を産みます。

 

Urzhum
(ウルツム)

原産国:ロシア

Urzhum豚は、地元の長耳の雌豚とラージ・ホワイト種の雄豚を交配することによって、Kirov Oblastの農場で開発されました。
その品種は1957年に確認されました。
長くて低い体をしています。
成体の雄豚の体重は280〜380 kg、雌豚は230〜260 kgです。
彼らは10〜12匹の子豚を産みます。
肉やベーコンの生産のために肥育しています。
6ヶ月または7ヶ月の時の体重は約100kgです。
Urzhumの雄豚は、ラージ・ホワイト種の雌豚との交雑繁殖に使用されます。
Kirov Oblast、Mari ASSR、ならびにRSFSRの北部および北東部の地域で飼育されている。

 

Vietnamese Pot-bellied
(ベトナム・ポット・ベリー)


原産国:ベトナム

別名:

Pot-bellied Pig
Vietnamese: Lợn Ỉ
Lon I
I
Í

重量

雄豚:平均50㎏
雌豚:平均48㎏

体高

雄豚:36㎝
雌豚:35㎝

 

ベトナム・ポット・ベリーは、Lon I(ベトナム語:LợnỈ)またはI pig、絶滅の危機に瀕した伝統的なベトナムの小型家畜豚の品種です。
肌色は一様に黒くて、短い足と低いぶら下がっている腹を持っています、そこから名前が由来します。
肉用で飼育され、成長は遅いですが、肉は風味がいいです。
幸福、満腹感、そして富の象徴として、BắcNinh州の伝統的なĐôngHồ絵画に描かれています。
それは、Red River Delta(紅河デルタ)のベトナムのNam Định province(ナム・ドレンチン)地方に起源があると考えられています。
それはデルタの大部分の地方で一般的な地元の豚品種であり、そして南にすぐにThanh Hóa(タンホア)州と同様にHà Nam(ナム)、Ninh Bình(ナイン ニンビン)、そしてThái Bình(タイビン)の近隣の地方に広く分布していました。
1970年代まではおそらく北部ベトナムで最も多い豚の品種であり、その数は数百万頭に達しました。
ベトナム国立畜産研究所は、純血種を飼育している農家への助成金で保護プログラムを開始しましたが、これにはほとんど効果がありませんでした。
1991年に、総頭数は675,000頭と推定され、2010年には推定数は120頭でした。
2003年に国立畜産研究所はその保存状態を「危険」と記載し、2007年にはFAOがそれを「絶滅危惧種」と認定した。
少数の豚が動物園で飼育されたり、実験室での実験に使用されたりするために1960年代にカナダとスウェーデンに輸出されました。
10年以内にはヨーロッパの他の国々の動物園に広がりました。
1980年代半ばにカナダから米国に入りました、そして、10年後にペットとして売り出されていました。
これらすべてが純血種ではなく、かなりの規模にまで成長したものもあります。
流行は短命でした。
約50kgの平均体重と約36cmの平均身長の小型豚です。
それは一様に黒く、ひどくしわになった肌をしています。
それは顕著な揺れと大きくたるむ腹を持っています。
妊娠中の雌豚は地面を引きずることがあります。
頭は小さく、上向きの鼻、小さな耳と目、そしてたるんだあごがあります。
丈夫で、病気や寄生虫に対して優れた耐性を持っています。
2つの主要な種類が品種内で認識されています。
I-moまたはFatty Iは、小さな上向きの耳と短い鼻を持つ、典型的な小さな足の短い豚です。
I-phaまたはLarge Iは、背が高く、足が長くなり、鼻が長くなり、耳が大きくなります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の豚 図鑑 Vol.25

目安時間:約 5分

世界には様々な豚がいます。
近年では、ハイポー(ハイブリッド豚)などの品種が増えてきてますが、古くから飼育されてきた豚もたくさんいます。
日本でおなじみの豚(大ヨークシャー、中ヨークシャー、デュロック、ランドレース等)以外を紹介します。

Taihu pig
(太湖豚(たいふうとん))


原産国:中国

Taihu豚(中国語:太湖猪)は、中国の揚子江下流流域の太湖周辺の温暖な亜熱帯気候の狭い地域からの豚の品種です。
体格は大きく、色が濃く、しわの多い顔をしています。
それは広い額と大きな折り畳まれた耳を持つ大きな頭を持っています。
この品種にはいくつかの区分があり、作者によっては系統として分類され、他の区分によっては別の品種として分類されています。
すべての太湖種は、最大20匹の同腹仔サイズの生殖率が高いが、平均して14匹の子豚を育ててる。
この特徴、およびそれらの病気に対する抵抗性は、繁殖および遺伝子工学の研究のための関心をもたらした。
太湖豚協会はフランス、アルバニア、ハンガリー、日本、イギリス、そしてアメリカで設立されました。
通常、太湖豚には4つの主要なグループが同定されております。
他の多くの著者が作者によって命名されているが、いくらかの変動は遺伝学よりもむしろ食事および環境に起因するので、それは実質的な遺伝的差異があるかどうか議論の余地がある。

 

主要なグループ
・Meishan(梅山)

梅山種は主に上海のJiading地区と江蘇省のTaicang地区に見られる。

・Fengjing(フェンジン)

上海のFengjing(フェンジン)の町にちなんで命名されたFengjing種は、主に上海のJinshan地区とSongjiang地区、および江蘇省のWujiang地区に見られる。

・Jiaxing black(嘉興黒)

嘉興黒系統は主に浙江省嘉興市の地区に見られる。

・Erhualian

Erhualian種は主に江蘇省の常州と無錫の都市の地区で発見されています。

 

その他の系統名
・Hengjingは、江蘇省蘇州市の町にちなんで名付けられました。
・Mi pigは、江蘇省の常州市と揚州市にあります。
・Shawutouは、江蘇省南通市で発見された。

 

西洋品種の急速な成長を維持しながら、おそらく遺伝子工学技術を用いて味、病害抵抗性および同腹仔サイズを改善できることを期待して、この豚を育種プログラムの雌系統に使用する可能性について西欧諸国で関心が高まっている 。
アメリカでは、イリノイ大学とアイオワ州立大学と合衆国農務省の計画のもと、1989年に144匹の豚、大部分は太湖種の系統、そして一部のMinzhuも米国に持ち込まれました。

 

Turopolje
(トゥロポリエ)


原産国:クロアチア

 

Turopolje豚(クロアチア語:Turopoljska svinja)は、クロアチアのTuropolje(トゥロポリエ)地域に由来する豚の品種です。
垂れ下がった耳を持つ白い肌または灰色の肌に黒い斑点があるこの独特の外観の豚は非常にまれであり、おそらく絶滅に瀕しています。
それは19世紀にバークシャーまたは他の血統と交配をしたかもしれないけれども、それはヨーロッパ豚の古い品種の1つです。
それは比較的小さく、急成長していませんが、耐寒性のために知られています。
かつて母国で最も広まった豚の1つであったが、20世紀半ばにおける集中的な養豚への広範囲な変更は、その使用を妨げました。

 

Ukrainian Spotted Steppe
(ウクライナ・スポッテッド・スッテパー)


原産国:ウクライナ

 

肉とラードのために飼育されています。
彼らは乾燥したウクライナの気候によく適応しています。
彼らは大きくて強力な体質の強い豚です。
成体雄豚の平均体重は280〜300 kgで、体長は170〜175 cmです。
雌豚の体重は200〜220 kg、体長は158〜160 cmです。
一般的にそれらは白黒のまだらです。
広い胸を持っています。
背中と腰は広くてまっすぐです。
彼らのももの肉はよく発達しており、丸い形をしています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.25

目安時間:約 6分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

Greek Shorthorn
(ギリシャ ショートホーン)


原産地:ギリシャ

体重

雄牛:約300㎏
雌牛:約200㎏

体高

雄牛:平均114㎝
雌牛:平均97㎝

 

ギリシャの北西部の山岳地帯で広範な牧畜条件下で飼育されている、かなり珍しい家畜種です。
牛乳や肉の生産とともに、この品種は、原産地での農耕作業用にも使用されます。
ギリシャ・ショートホーンは小型の動物で、イベリア型です。
肌色は一般的に灰色がかった茶色から濃い茶色までです。
小さな頭を持っており、雄雌の両方が通常角を持っています。
角は短くて細いです。
彼らは質の高い肉生産に非常に適しており、雌牛も牛乳生産に適しています。

 

Greymans
(グレイマン)

原産地:オーストラリア

 

1970年代にクイーンズランドで開発されたオーストラリアの肉牛で、特にMurray GreyとBrahmanの両方の品種の優れた遺伝的特徴を組み合わせることによって、クイーンズランドの環境に適合しています。
25%から75%のMurray Grey(マレーグレイ)で、残りはBrahman(ブラフマン)でできています。
これにより、地域や環境条件に最適なパフォーマンスを選択できるようになります。
このように、Greymans(グレイマン)は熱帯の国々でのBrahman(ブラフマン)含有量をより重視して、あるいは南部の州に適したより高いパーセンテージのMurray Grey(マレーグレイ)血で繁殖することができます。
Greymanは、ダークグレーからシルバーまで色が変化する滑らかな毛皮で、厳しい気候条件では肌や目の問題に影響されにくいダークスキンの色素沈着を示します。
Greyman牛は、天然のダニに対する抵抗力、優れた母親の能力、干ばつおよび熱に対する耐性、そして効率的な飼料転換を提供します。
あらゆる条件下で最高の性能と生産性を発揮するように適応された数少ないオーストラリアの品種の1つであるため、海外の牛生産者から関心を集めました。

 

Guernsey
(ガンジー)

原産地:イギリス(チャネル諸島)

体重

雄牛:600〜700kg
雌牛:450〜500kg

 

ガンジー種は、チャネル諸島のガンジー島原産の乳用種である。
毛色は淡褐白斑または赤褐白斑に赤白地に出入りが複雑な白色斑がある。
牛乳は、ビタミンAのためのプロビタミンであるβ-カロテンの含有量が高いため、黄金色の色合いがあります。
牛乳はまた、5%の高いバター脂肪含量および3.7%の高タンパク質含量を有する。
雌牛は年間約6000ℓの牛乳を生産します。
日本には明治の末から輸入されました。

 

Hallikar
(ハリカー)


原産国:インド

 

インドのカルナータカ州に生まれた牛の品種です。
南カルナータカ州のマイソール、マンディア、ハッサン、トゥムクール地方では一般的です。
長くて垂直で後方に曲がった角、雄牛の大きなこぶ、中程度から高い身長、そして中程度の体の大きさ、そして白から灰色、そして時には黒の顔色がこの品種の特徴です。
雄牛は、その強度と耐久性のために知られており、主に農耕作業用のために使用されています。
インド政府郵便局は、2000年にその名前の切手を発行することによって品種を記念しました。

 

Hanwoo
(ハンウ)


原産国:韓国

別名

Hanu
Korean Brown
Korean Native

体重

雄牛:466㎏
雌牛:355㎏

体高

雄牛:124㎝
雌牛:117㎝

 

Hanwoo(Korean:한우)、HanuまたはKorean Nativeは、韓国原産の小型牛です。
以前は農耕作業用として使用されていましたが、現在はほとんどなくなりました。
現在は主に肉用に育てられています。
それは4つの韓国在来の品種のうちの1つです、他はChikso、HeuguとJeju Blackです。
1960年代に韓国経済が拡大するまで、牛肉の生産にはほとんど使われていませんでした。
群れの登録は1968年に開始されました。
Hanwooの肉はそれ以来プレミアム製品になりました。
2003年には、総頭数は約124万頭と報告されました。
2014年には、267万頭と報告されました。
肌色は茶色で、雄雌ともに角があります。
雌牛の母体的品質は良好ですが、乳量は少なく、泌乳日数170日で400リットル強です。
Hanwooのまれな白い変種は2009年以来繁殖しています。
2014年には14頭がいました。
韓国人は韓牛を文化の象徴であり、世界でも有数の最高品質の牛肉の1つであると考えているので、伝統的な食べ物や人気の休日の料理、または特別な日の贈り物として使われています。
Hoengseong郡は環境が牛の養殖によく適しているHanwoo牛で最もよく知られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

世界の牛 図鑑 Vol.24

目安時間:約 7分

世界にはたくさんの品種の牛がいます。
そんな牛の品種について調べてみました。

German Black Pied
(ジャーマン ブラック パイド)


原産国:ドイツ

 

German Black Piedは、北ドイツとオランダの北海沿岸地域で生まれた乳牛です。
18世紀まで様々な色の牛がこれらの地域で繁殖していました。
1750年以降、黒彩色が主流でした。
しかし、まだ単色の赤の放牧牛もいました。
東フリジア(ドイツ)で1878年に、最初の繁殖会社が設立されました。
東フリジアと東プロイセン(今日のロシア、リトアニア、そしてポーランド)は品種の中で最も重要な繁殖地域でした。
後でそれは北部および中央ドイツの全体に及んだ。
西ドイツで1958年以来、品種はホルスタインと交配されました。
1960年代以降、これらの交配動物が優勢になり、ドイツの白黒牛種が生まれました。
元の繁殖タイプは遺伝的保護区として東ドイツで保存されていました。
German Black Piedsはホルスタインより小さく、搾乳量は少ないですが、より肥沃で長寿命です。

 

German Red Pied
(ジャーマン レッド パイド)

原産国:ドイツ

 

ジャーマン・レッド・パイド(ドイツ語:Deutsche Rotbunte、Rotbuntes Niederungsvieh、またはRotbuntes Niederungsrind)は、ドイツの牛の品種です。
品種の開発は19世紀の間にドイツのいくつかの地域で起こりました、これらのレッド・パイド・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン牛はその後オランダのミューズ - ライン - イッセル(MRY)雄牛と多数交配されました。
それから、1934年に、彼らはドイツのRed Pied Lowlandに合併され、この名前はGerman Red Piedに短縮されました。
1980年代から、Red Holstein(アメリカ)の継続的な発展により、ドイツのブリーダーはGerman Red Pied個体群を2つの異なる方向、すなわち乳製品用と肉兼用にするようになりました。
このため、彼らは現在、乳製品に焦点を絞ったドイツのRed Pied Holsteinと二重の目的のRed Piedとして掲げられ、記録されています。

 

Gyr
(ギュー)


原産国:インド

 

由来は、グジャラート州のGir森林地域とその周辺のSaurashtra地域です。
Gyrは南アジアで生まれた主要なZebu(こぶ牛)の品種の一つです。
中型から大型の品種です。
平均乳量は泌乳あたり1590 kgであり、インドでは4.5%の脂肪で3182 kgの記録的な生産があります。
ブラジルでは、1泌乳あたり平均3500 kgです。
体色は赤から斑点を付けられた白に輝いています。

肌は柔らかく、薄く、そして光沢があります。
最も珍しい特徴は彼らの凸状の額です。
色は真っ赤からスペックルまで、黄色がかった赤から白まで、大きな赤い斑点があります。
こぶはZebuの品種の中で最大のものであると考えられています。

 

Glan
(グラン)


原産国:ドイツ

体重

雄牛:1000~1200㎏
雌牛:600~750㎏

体高

雄牛:140~145㎝
雌牛:135~140㎝

 

グランは、ドイツのラインランドプファルツ州で特に見られる伝統的な牛です。
かつては絶滅したと思われましたが、今日では約2,000頭います。
もともとは多目的で、今日では主に牛肉生産に使われています。
1920年代に彼らはGelbviehと交配し始めました。
1950年以来、彼らはDanish Redと交配し、それが牛乳の性能または牛肉の性能の低下を引き起こしました。
これが純血種のグラン牛の終わりの始まりでした。
1967年に純粋な品種は放棄され、1972年にRhenish Glan Cattle Breeders協会は閉鎖されました。
1984年または1985年に、保存と促進のための協会が設立されました。
古いタイプのグラン牛を探して、彼らは25頭の牛を発見しました、そのうちの4頭は純血種でした。
生きている純血種の雄牛は見つかりませんでしたが、彼らは純血種の雄牛の冷凍精子を見つけました。
品種の保全のために彼らはまたGelbviehのような関連品種の雄牛を使用しました。
今日では多くの人がグランを飼育しており、その主な焦点は牛肉の生産です。
注目すべき飼育地はラインランドプファルツ州、ザールランド州とノルトライン=ヴェストファーレン州です。

 

Gloucester
(グロスター)

原産国:イギリス

 

グロスターシャー州とイングランド西部地方の周辺地域から生まれた乳肉兼用の品種です。
大型の牛で、雌牛、子牛、去勢牛では濃い褐色に、雄牛ではほぼ黒くなります。
背中に沿ってそして尾を越えて続く白い腹と白い縞模様を持っています、そして彼らは通常黒い先端を持つよく発達した白い角を持っています。
13世紀には、コッツウォルズの丘陵地とイギリスのセバーン渓谷で同じような種類の牛が多数いました。
牛乳(グロスターチーズに使われる)、強くてしなやかな牛肉を提供することで高く評価されました。
1972年までに1つの群れだけが残りました、そして、その品種は絶滅の危機に瀕していました。
グロスター牛協会は1973年に復活し、その品種は未だに絶滅の危機に瀕しているが、登録された繁殖雌は750頭に満たないため、「希少種生存サバイバルトラスト」によって「危険にさらされている」と評価された。
グロスターのミルクは、タンパク質が多く、バター脂肪が多いチーズ作りに非常に適しています。
シングルグロスターチーズとビショップチーズは、グロスター牛乳のみで作られています。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。

ページの先頭へ