肉はダイエットに向いてるの?肉レシピの紹介

目安時間:約 4分

ダイエットというと、炭水化物を抜いたり
野菜中心の食事をイメージしませんか?
ですが、偏った食生活だと長続きしなかったり、
健康にも良くないです。
肉を食べると太りそうなイメージですが、
本当のところどうなのでしょう。

 

肉はダイエットに向いてるの?

実は、肉には脂肪の燃焼を促す「L-カルニチン」という成分が含まれています。

人のエネルギー源となるのは、ご飯やパン、芋類などの

炭水化物に多く含まれる糖質ですが、

糖質は摂取しすぎると脂肪となり、蓄積していきます。

 

ダイエットで肉と野菜中心では体にどんな変化があるの?

肉や炭水化物を我慢して野菜ばかりの食事になると、

筋肉が落ちて、基礎代謝が悪くなり、瘦せにくい体質になります。

その点、肉の主成分であるタンパク質は、筋肉や骨、血液などの

源となっているため、代謝が落ちず、ダイエットには適しているのです。

 

1日どのくらい摂取していいの?

1日に最適な肉の摂取量は、手のひら1枚分程度の赤身。
ステーキ肉だと、約2枚分の大きさです。

 

ダイエットに適したお肉は?

・牛ロース
・牛モモ
・豚ヒレ
・豚モモ
・鶏ささみ
・鶏むね肉

 

牛や豚は赤身の多い部分、鶏肉は脂肪の少ない部位が適しています。
また、鶏肉の皮は脂質が多いのでなるべく控えましょう。

 

肉レシピの紹介

【ささみのホイル焼き】

 

<材料>(2人分)
・ささみ…2本
・玉ねぎ1/2個
・人参…1/3本
・ピーマン…1個
・しめじ…1/2房
・酒…小さじ1
・塩…小さじ1/2
・ブラックペッパー…少々

 

<作り方>
1.ささみの筋をとる。玉ねぎは薄切り、
      人参とピーマンは千切りにし、
      しめじは石づきを切り手でほぐす。

 

2.アルミホイルに(1)のささみを置いて、
      残りの野菜を乗せる。

 

3.(2)に酒と塩とブラックペッパーを振りかけて
      アルミホイルを包み、魚焼きグリルで
      強火で約15分焼いたらできあがり。

 

肉食ダイエットの注意点

●食べる順番やご飯の量を気をつける
野菜を最初に摂ることで、食物繊維が消化されて血糖値が
上がりにくくなり脂肪の吸収も抑えられます。
野菜→肉の順に食べ、もしご飯を食べるなら、ご飯の量を
普段より少なめにして、食べるといいでしょう。

 

●調理法や調味料に注意しよう
揚げ物など油を使った調理法は避ける。
特にフライ類は、パン粉や小麦粉で糖質が高くなるので注意しましょう。
調理法はシンプルに焼く・煮る・蒸す・茹でるといった油が落ちる調理法にし、
調味料も塩コショウやブラックペッパーなどシンプルな味付けするといいでしょう。
大根おろし・生姜・にんにくなどの薬味と一緒に食べると、
消化が促され、瘦せやすくなります。

タグ: 

カテゴリ:肉全般 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ