世界の馬肉事情 西ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

西ヨーロッパ各国の馬肉について

Belgium(ベルギー)

面積:30,528平方キロメートル(日本の約12分の1)

人口:1,132.2万人

首都:ブリュッセル

 

ベルギーでは、馬肉(オランダ語でpaardenvlees、フランス語でviande chevaline)が人気があります。
赤身、スモーク、スライスした馬肉の切り身(paardenrookvleesまたはpaardengerookt、フランス語のフィレchevalin)は、サンドイッチと一緒にコールドカットとして、または冷たいサラダの一部として提供されています。
馬肉ステーキはほとんどの肉屋で見つけることができ、様々な料理で使用されています。
Vilvoordeの街には、馬肉を使った料理を専門とするレストランがいくつかあります。
馬肉ソーセージはヨーロッパで認められているロケーレンの有名な地元の名物です。
サラミと同様に、燻製または乾燥した馬/豚肉のソーセージは、豚肉や牛肉のソーセージと区別するために正方形で販売されています。
ルペル川周辺のフランドル地方では、「シェップ」と呼ばれる馬のシチューが有名です。
シェップは通常、フライドポテト、マヨネーズ、生のベルギー風サラダを添えています。

 

France(フランス)

面積:54万4,000平方キロメートル

人口:約6,718万人

首都:パリ

 

馬肉は、第二次フランス帝国の後期にフランス料理で広く受け入れられました。
パリでの生活費が高いため、多くの労働者階級の市民は豚肉や牛肉などの肉を買うことができず、1866年にフランス政府は馬肉の摂取を合法化し、馬肉専門の肉屋はパリ東部にオープンしました。
パリの包囲戦(1870年~1871年)の間、馬肉は、ロバやラバからの肉と共に、封鎖された都市では新鮮な肉が不足していたことも理由で、それを買う余裕のある人によって食べられました。
パリにはたくさんの馬がいましたが(包囲の間に推定6万5千人から7万人が屠殺され、食べられたと推計されています)、供給は最終的には限られていました。

多くのパリの人々は包囲の間に馬肉の味を得ました、そして、戦争が終わった後、馬肉は人気があり続けました。

通常の精肉店は長い間禁止されていたため、専門の精肉店(ブーシェリー・シュヴァリン)が馬肉を販売しています。
しかし、1990年代以降、スーパーマーケットの精肉店やその他の店舗で見つけることができます。

 

Netherlandsオランダ)

面積:41,864平方キロメートル(九州とほぼ同じ)

人口:1,718.4万人

首都:アムステルダム

 

オランダでは、燻製馬肉(paardenrookvlees)がスライス肉として販売され、サンドイッチで食べられています。

南部のオランダのシチューであるZuurvleesは、馬肉を主成分として作られています。

馬肉はソーセージ(paardenworstとfrikandel)、揚げファストフードスナック、即席スープにも使われています。

 

United Kingdom(イギリス)

面積:24.3万平方キロメートル(日本の約3分の2)

人口:6,565万人

首都:ロンドン

 

食料用の馬の屠殺、飼育、および消費は法律に違反していませんが、1930年代以来まれであり、一般には利用できません。
馬肉を消費することに対して文化的なタブーがありますが、戦争時代のように他の肉が不足していたときに食べられました。
スーパーや肉屋で馬肉と表示された肉の販売はごくわずかであり、英国で消費される適切に記載された馬肉の大部分はヨーロッパから輸入されています。
2003年の食品規格局(FSA)の調査によると、特定のソーセージ、サラミ、およびチョリソやパストラミなどの類似製品には、掲載されていない馬の肉が含まれていることがあります。
2013年の馬肉スキャンダルでは、ラベルが貼られていない馬肉が原因で、最大100%の食肉量が棚から回収されました。
2013年1月15日、アイルランドとイギリスのスーパーで販売されている冷凍ビーフバーガーから馬DNAが発見されたとの報告があったため、この問題は明らかになりました。
肉は牛肉に似た風味を持つが、鳥インフルエンザや狂牛病についての心配の時には、脂肪が少なく、オメガ3脂肪酸が高濃度で安全な代替品であると提示された。

 

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。

この内容は、海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ