世界の馬肉事情 南ヨーロッパ編

目安時間:約 8分

馬肉は多くの国、特にヨーロッパ、南アメリカ、アジアの料理の伝統の重要な部分を占めています。
上位8カ国は年間約470万頭の馬を消費しています。

倫理的な反対意見と肉への不慣れさのために、馬肉はいくつかの文化では禁止されている。
馬は西部の世界のいくつかの地域、特にアメリカ、イギリス、アイルランドでもペットとしての地位を与えられています。

 

馬肉の歴史・概要

旧石器時代では、野生の馬はタンパク質の供給源として狩猟されていました。
ヨーロッパの多くの地域で、馬肉の消費は732年の馬肉の教皇の禁止にもかかわらず、近代まで中世を通して続いた。
北ヨーロッパのゲルマン異教の宗教的儀式、特にオーディンの崇拝に関連する儀式の一部として食べられました。
イギリス、オーストラリア、アイルランド、アメリカ、イギリス・カナダなど、英語圏では一般に入手できない食品です。
それはブラジル、イスラエル、そして世界中のロマニ族の人々とユダヤ人の人々の間でもタブーです。
馬は奇蹄類で、反芻動物ではないので、馬肉はユダヤ人の食事法で禁じられています。
世界の他の地域では、馬肉は貧しい人々が食べるものであるという汚名を持っており、豚肉や牛肉などの他の肉の代用品と見られています。
人間が消費するために馬を殺すことは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの国々では反対されています。
馬は一般にはペットやスポーツの動物であると考えられています。
ほとんどすべての医薬品および治療法は、人間が消費することを意図していないと表示されています。
欧州連合では、馬肉にする馬は、米国の馬に一般的に使用されている多くの薬で治療することはできません。

 

世界の馬肉生産量

ダントツで中国が1位である、国内で消費すると言うより輸出が主である。(加工品などに使用)

 

南ヨーロッパ各国の馬肉について

Italy(イタリア)

面積:30.1万平方キロメートル(日本の約5分の4)
人口:60.6百万人(2018年1月推計値。日本の約半分)
首都:ローマ
馬肉生産量:世界第12位

 

馬肉は、ロンバルディア州、ベネト州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州/ズードチロール州、パルマ州、プーリア州、サルデーニャ島とシチリア島で特に人気があります。
さまざまなレシピで使用されています。
pastissada(ヴェローナの典型的なもの)と呼ばれるシチューとして、ステーキとして、カルパッチョとして、またはブレサオーラとして作られています。
スフィラッチと呼ばれる細い馬肉が人気です。
脂肪はpezzetti di cavalloのようなレシピに使われています。
馬肉ソーセージとサラミは様々な場所で伝統的に作られています。
シェフと消費者は、可能な限りまれにそれを提供することによってその独自性を賞賛する傾向があります。
パルマの料理には、ペストディカバロと呼ばれる馬肉のタルタルと様々な調理済みの料理があります。
ベネトでは、馬の肉の消費量は紀元前1000年頃からアドリア海のヴェネッティまで遡り、その馬の繁殖の高い技術で有名です。
軍用および農業用に馬を飼育するのと同様に、ヴェネティクスはローマ時代を通して馬を消費するためにも使用していました。
これは馬肉の消費をベネチア料理の伝統として確立した慣習です。
現代では、馬肉は高級品と見なされ、スーパーマーケットや精肉店で幅広く利用できます。
一部の専門肉屋では、厳選された馬肉のみを提供しています。
パドヴァ県では、馬肉は郷土料理の重要な要素であり、特に街から南東に伸びる地域では歴史的にサッチシカと呼ばれていました。
いくつかの伝統的な料理は以下のとおりです。

 

Sfilacci di cavallo:

馬肉のほつれ、乾燥、味付け。 生で消費されるためには、軽くて軽いおやつになることができ、他の料理のトッピングとしてより人気があります。 パスタ、リゾット、ピザ、サラダなど

 

Cavàeo in Umido:

ウミドのカヴァオ(パドヴァの伝統的な馬肉シチュー)とポレンタのグリル

 

Straéca:

横隔膜から切り取った、薄く柔らかい馬のステーキ。
グリル、鍋、またはホットプレートでさまざまに調理され、そして装飾が施されている。

 

Bistecca di puledro colt steak:

straécaに似ていますBistecca di puledroコルトステーキ

 

Prosciutto di cavallo:

馬肉の生ハム

 

Salame di cavalloまたはsalsiccia di cavallo:

さまざまな種類のサラミ、さまざまに製造されたまたは味付けされた、時には純粋な馬肉で作られ、時には他の肉と混合された(牛肉または豚肉)

 

Bigoli al sugo di cavallo:

ボロネーゼソースのようなソースでドレッシングされた、生のパスタの典型的な形。

 

Pezzetti di cavallo al sugo:

サレントで広く使用されているソース、野菜およびさまざまなpeperocinoで味付けした馬のシチュー

 

Chunks (pezzetti) of horse stew:

馬のシチュー

 

イタリア南部では、馬肉は一般的にいたるところで食べられています。
特にプーリア地方で食べられています。
質素な農業集落では、すべての動物がタンパク質の供給源として見なされていました。

 

Malta(マルタ)

面積:316平方キロメートル(淡路島の半分)
人口:約43万人
首都:バレッタ

 

マルタでは、馬肉(マルタ語:Laħamtaż-żiemel)がたたき出され、トマトまたは赤ワインソースのいずれかでゆっくりと数時間調理されています。
いくつかの馬肉店がまだ存在し、いくつかのレストランで提供されています。

 

Spain(スペイン)

面積:50.6万平方キロメートル(日本の約1.3倍)
人口:約4,666万人
首都:マドリード

 

スペインでは、北部以外では一般的に馬肉は食べられませんが、フランスとイタリアの市場向けに輸出されています。
チェーチナは牛肉や馬肉から作られた硬化肉です。
大人の馬肉よりも子馬肉(carne de potro)が好ましく、スーパーマーケットで見つけるのは簡単で、通常シチューやステーキ用として販売されています。
貧血の子供にそれを与えることは一般的なやり方です。
スペインには一般的なタブーはありませんが、その消費量は豚肉、牛肉、および子羊と比較してわずかです。

最後に

世界的に見ると、食べている国、宗教上タブーにしている国、法律で禁止している国と色々な国があります。
この内容は、海外の情報(Wikipediaなど)を翻訳した内容が含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ