世界のにわとり図鑑 Vol.8

目安時間:約 6分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Sultan
(サルタン)

 

原産国:トルコ

サルタンは、トルコ原産の鶏種です。

その英語の名前は、元のトルコ語のSerai-Tavukという名前からつけられました。

Serai-Tavukは 、「 サルタンの 鳥 」と解釈されます。

サルタンは、主に装飾用であります。

西洋では、家禽の豪華さの一部として競争力のある展示品として飼育されており、一般的にはまれです。

1874年にアメリカで正式に認められた。

サルタンには大きな、ふわふわした紋、ひげ、長い尾、豊かな足の羽を含む装飾的な羽毛があります。

彼らの小さなV字型のトサカは、フェザリングの下にほとんど隠されています。

サルタンはまた、各足に5つのつま先を持つ少数の品種の1つです。

体重は雄鶏が約2.7㎏、雌鶏が2㎏で、鶏の大型品種の中では最も小さい。

サルタンは、またバンタムバージョンを持っています。

サルタンは、黒、青、白の3種類があり、白が最もよく知られています。

気質では、サルタンはかなり従順で親しみやすい鶏であり、閉じ込められた状態になれています。

 

Sulmtaler
(サルムトラー)

 

原産国:オーストリア

サルムトラーはオーストリアの鶏の品種です。

それはオーストリア南東部のスティリア南部のスルム川の谷Sulmtalに起源を持ち 、その谷から名前が由来しています。

19世紀の後半には、コーチン 、ドーキング 、ホーダンの輸入した鶏との大規模な交配が行われ、飼育用の鶏が作られた。

約1900年にいくつかの養鶏家は、元のタイプのニワトリの小さな残った鶏を集め、元の品種は再構成された。

サルムトラーは、卵肉兼用の品種です。

雄鶏は体重が3〜4kg 、雌鶏が2.5〜3.5kgです。

サルムトラーは、年に重さが約55gの卵を130~180個産みます。

サルムトラーはほぼ金の色彩の品種で生産されています。

これは1958年に標準化された唯一の色です。

第二次世界大戦後、ドイツ民主共和国で白い品種が作られました。

銀色の小麦と青色の小麦の品種は、2013年にオーストリアで作られた。

 

Sicilian Buttercup
(シシリアン・バターカップ)

 

シシリアンバターカップは、シチリアの島に由来する鶏の品種です。

この品種は19世紀に米国に輸出され、20世紀初めに英国とオーストラリアに輸出されました。

シチリア原産のシチリアナ品種から派生したものですが、元の鶏との距離が離れているため、両者の差異が顕著になりました。

ローマの バチカン美術館とボルゲーゼ美術館の16世紀の絵画には同様の鶏が描かれている。

アメリカのバターカップクラブは1912年に米国で形成された。

1913年に英国で同様の連合が結成された。

シシリアンバターカップは、1918年にアメリカ家禽協会の完全基準に含まれていた。

アメリカ家畜保全誌によって "脅され"英国の希少品種サバイバルトラストの「希少種とネイティブ品種」リストに記載されています。

 

Xiayan
(シャアン)

 

原産国:中国

重量は、雄鶏:2.1~3.1 kg、雌鶏:1.6~2.0 kg。

(13週間 - 雄鶏は1.5kg、雌鶏は1.2kg)
130〜150日間で産卵、卵生産150〜160個、卵の重さは36〜48g、色はブラウン、ライトブラウン
内部脂肪の含有量が高い。

地理的エリア :広西チワン族自治区Rongxian行政区
製品の特異性:夏鶏はほとんど黄色で、短く丸い体のものです。
腹部、直立した、明るい赤い王冠。

肉は柔らかく香りがあります。
骨は柔らかい。

 

Xiaoshan
(シャオシャン)

 

原産国 :中国

原産地 :浙江省蕭山郡

体形  :丸型、四角形の大きなボディサイズ

表面の羽毛全体には2つのタイプがあります:雄鶏は赤と黄、 雌鶏は黄色

トサカ:単冠

体重 :雄鶏 2.758kg、雌鶏 1.940kg

最初の卵年齢 :185.4日

卵殻の色 :ブラウン

年間卵生産量:132.5個

卵の重さ :56g

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ