世界のにわとり図鑑 Vol.6

目安時間:約 6分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

カーリスルオールドイングリッシュゲーム(Carlisle Old English Game)

 

カーリスルオールドイングリッシュゲームはイギリス発祥の鶏の品種。

1849年に闘鶏が禁止されたとき、多くの鶏は闘鶏のために使用するのではなく、展示するために飼育するようになった。

カーリスルオールドイングリッシュゲームは人気のある鶏になりましたが、Old Englishの見た目について異なる意見を持つ2つの異なるグループがありました。

これにより意見が分かれ、1930年までにOld English Game Clubに分割されました。

Carlisle Old English Game Clubが結成されました。

 

ガドンタオ(Ga Dong Tao)

 

ドラゴンチキンとも呼ばれるガドンタオチキン( ベトナム語 :gàĐôngTảo)は、ベトナムの鶏の品種で、ハノイ近郊のホアイチャイ地区にある村を起源としています。 

ガドンタオ鶏はベトナムの珍味として高く評価されています。

大きな足では孵化が困難になり高価な鶏の品種になった。

非常に不気味な姿をしているが、この「ガドンタオ鶏」、非常に高価で「世界で最も高価な家畜」の一つに挙げられるほどで、オス・メスのペアで価格はなんと1600ポンド(31万円)もしたことがあった。

その価格の原因は、飼育や繁殖が非常に困難な点にある。

まず、温度変化などに非常に弱く、通常のニワトリが飼育される鶏舎のような狭いスペースで飼育することができないという。

さらに、成長が遅く、通常のニワトリが食用にされるまでの生育期間は食肉品種のブロイラーの場合、孵化後わずか2ヶ月程で出荷できる大きさに成長するのだが、「ガドンタオ鶏」の場合、出荷まで1年8ヶ月もかかるのである。

また、繁殖が困難な点もあり通常のニワトリよりも卵を産む数が少ない傾向にあるという。

ドンタオ鶏の原産地はフンイエン省のドンタオ区だが、今日では最大の純血種養鶏場はドンナイ省のドンホア区にある。

ここでは400羽の種鶏が飼われており、日々ホーチミンのレストランにガドンタオ鶏を卸している。

 

ガホー(Ga Ho)

ベトナムの バク・ニン省に由来する鶏の品種です。

それはベトナムで最も人気のある鶏の品種の一つです。

ガホーは形態学的特徴は大きな羽を示す。

ニワトリの羽毛色の多様性は、このニワトリ種の個体群における遺伝的変異を示唆している。

長い歴史の間、ベトナムの農村地域では、家畜の飼育が多く、同じ地域で多くの品種が飼育されています。

したがって、これらの個体は、家から垣根まで自由に移動することができ、鶏の品種間の交配は制御されなかった。

 

クライエンコッペ(Kraienkoppe)

 

オランダ のKraienkopp : 「Twents Hoen」は、ドイツとオランダの国境地域に由来する鶏種です。

後者はオランダ語版で、前者はドイツ語版です。

クライエンコッペは、ブラックブレッドレッドとシルバーの2種類のカラーバリエーションです。

雄鶏の体重は2.75㎏、雌鶏の体重は1.8㎏です。

黄色の肌と小さなクルミ冠のトサカを持っています。

クライエンコッペの品種は、マレーとの地方型の交配から、そして後にシルバー・ダッキング・レグホンズとの交配から、19世紀後期に開発されました。

1920年にオランダで最初に示され、1925年にドイツで展示されました。

現在では希少品種で、ペットとショーの鶏として最もよく知られています。

雌鶏はかなりの数のオフホワイトの卵を産みます。

クライエンコッペは優れた飼育能力を持つ活発な鳥です。

 

クレベケール(Crevecoeur)

 

クレベケールは、フランス北西部のノルマンディーのカルヴァドス地区にあるペイズ・ド・アージュからの絶滅危惧種です。

クレベールは、フランス最古の鶏種の一種です。

その起源は不明である。

その名前はペルシュ・ド・オージュの歴史地区、リジュー近く、ノルマンディーの カルヴァドス地区にあるクレベケール・アン・アン・フルのコミューンからの名前です。

この種の人口は、 第一次世界大戦と第二次世界大戦の両方で苦しみました。

第二次世界大戦後は事実上消滅したと考えられていた。

回復は1976年に始まりました。

1995年の数字は100〜1000羽であると報告されている。

2007年にその品種はFAOによって「絶滅危惧種」と分類された。

クレベケールは1874年にアメリカ家禽協会の 完全基準に加えられました。

クレベケールは、ウーダンの品種に似た紋章を持っています。

ウーダンとは違って、クレベケールは4本指で、V字型のトサカをしています。

クレベールは一般的には黒色です。

 

最後に

この内容は、海外のWikipediaを引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ