世界のにわとり図鑑 Vol.4

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

エメイヘイ(Emei Black)

 

 

原産国:中国

体形 :大きくて丸いボディ形状

肌の色:白

トサカ:主に赤い単冠とエンドウ冠または、紫の単冠またはエンドウ冠です。

体重 :雄鶏 2.643㎏

 :雌鶏 1.880㎏

 

卵の色  :ブラウンまたはバフ

年間産卵数:120個

卵の重さ :53.84g

 

成長は遅い。

 

オックスフォードオールドイングリシュゲーム(Oxford Old English Game)

 

オックスフォードオールドイングリシュゲームは英国の古代の鶏種です。

The Old English Game Clubが分割され、Old English Game鶏の 2つの品種が作られたとき、彼らは正式に認められました。

彼らは主に肉のために飼育されていますが、闘鶏や採卵のためにも飼育されています。

この品種は、英国の貴族が闘鶏のために飼育されました。

オックスフォードオールドイングリシュゲームは、19世紀以来イギリスで認められております。

彼らは闘鶏目的のために英国で最初に飼育した鶏の品種であった可能性が高い。

1849年以来、英国では闘鶏は禁止されていますが、その品種はまだ装飾用の家禽として人気があります。 

オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームは、地面に向かって45°の角度をなしており、約30種類の色があります。

それは羽の上にたくさんの羽を持つ小さな鳥です。

頭部は小さく、大きくて強いくちばし、単一のトサカ、小さい細い耳たぶ、大きな目を持っています。

翼は広い表面積を持ち、鶏の脚は短い。

四分の一のバンタムが存在する。

このバンタムの品種は、存在する最小のバンタムです。

同様の他の鶏と比較して、たくさん卵を産みます。

伝統的に、闘鶏に使われましたが、これはもはやイギリスでは禁止しています。

しかし、他の多くの国では闘鶏が続けられており、オックスフォード・オールド・イングリッシュ・ゲームが一般的に使用されています。

 

オルロフ(Orloff)

 

オルロフはロシア人のアレクセイ・グリゴーヴェヴィチ・オルロフの名前を冠した鶏の 品種です。

近代的な研究では、ペルシャに初めて出現し、17世紀にかけてヨーロッパとアジアに分布していた。

オルロフは、1920年代に初めてイギリスに紹介され、ドイツでもよく飼育されました。

ドイツでは1925年に最初の小型化されたバンタムオルロフを作りました。

この品種はかつてアメリカ家禽連合の品種標準であるスタンダードオブパーフェクションに含まれていましたが、ブリーダーからの関心がなかったため削除されました。

21世紀には、オルロフは西洋では希少品種になった。

オルロフは、やや闘鶏的な外観で背が高い、丈夫で羽毛のある鶏です。

頭と首は非常に厚く羽織っています。

彼らはいくつかの認識されている色の品種に表示されます:ブラック、ホワイト、スパンコール、ブラックテールレッド、マホガニー、そしてカッコウ。

彼らの羽毛は、小さなクルミのトサカ 、小さな耳たぶ、小さなワットルと組み合わさって、オルロフを非常に寒い丈夫な品種にします。

雄鶏の体重は一般に3.6㎏、雌鶏は約3㎏です。

オルロフは主に肉生産に適していますが、雌鶏は明るい茶色の卵を産みます。

一般的な気質では、彼らは比較的静かな鶏であることが知られています。

 

オーストラロープ(Australorp)

 

オーストラロープは、1890年代から1900年代はじめにかけて、卵肉兼用種の黒色オーピントンがオーストラリアで多産に改良されたもので、体重はオーピントンより小さい。

本種の名前は、当初オーストラリアン・ブラック・オーピントン(Australian Black Orpington)とよばれていました。

もともとは卵肉兼用であるが、卵用としての改良が進められた結果、卵用種としての性能も高い。

羽色は黒色。

トサカは単冠で、耳朶は赤い。

肉髯(垂)も鮮やかな赤色である。

皮膚は白色。

脚色は黒い。

卵は淡褐色。就巣性はもともとは持っていたが、オーストラロープ(東京系)は除去されている。

産卵率は白色レグホーンに比べてやや劣る。

卵は60g前後のやや小さな卵で、卵殻は淡褐色である。

 

オーピントン(Orpington)

 

オーピントンは、イギリス南東部のオーピントンの町にちなんで名付けられた鶏の 品種です。

それは肉質を保ちながら優れた卵の生産のために飼育されました。

豊かな色彩と穏やかな輪郭を持つ大きなサイズと柔らかい外観は、それが魅力的な外観を与え、それは実用的な品種ではなくショーの鶏として頻繁に飼育される。

かなり重いですが、オーピントンは短い距離を飛ぶことができます。

1895年にマディソン・スクエア・ガーデンにその品種が展示されたとき、その人気は急上昇した。

元の色は黒、白、バフ、青、スプラッシュです。

世界各地で多くの品種が認められていますが、アメリカンスタンダードではオリジナルの色のみが認識されています。(Buffは最も一般的な色です。)

ドイツでは、20世紀初頭にバンタムの品種を開発しました。

バンタムは、フルサイズの鶏の姿を保持しますが、より小さなサイズです。

バンタム版には、黒、青、白、バフ、赤、バフブラック、レース、バリウム、コロンビアン、バーセンなど色々な種類があります。

バンタムはスタンダードな品種の性格を保持しており、まれにしか飛ばない。

オーピントンには2つの類似した異なる基準があります。

最初は英国の家禽クラブによって出版され、雄鶏の場合は3.60〜4.55㎏、雌鶏の場合は2.70〜3.60㎏の体重が求められます。

身体からの羽毛はほとんど脚をカバーします。

オーピントンの他の特性は、短い背中とU字型の下線を持つ湾曲した形状と、中型の単一のトサカを持つ小さな頭です。

 

最後に

この内容は、海外のWikipediaを引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ