世界のにわとり図鑑 Vol.3

目安時間:約 5分

世界には、様々なにわとりがいます。

そんな世界のにわとりを紹介します。

イクスワース(Ixworth)

イクワースは、白い鶏のイギリスの品種です。

1932年にホワイトサセックス 、ホワイトメノルカ 、ホワイトオーピントン 、ジュビリー、インディアンゲーム 、ホワイトインディアンゲームの鶏から作成され、サフォークのイクワース村にちなんで命名されています。

それは、育てやすい高品質の肉用として飼育されました。

卵肉兼用の品種、(急成長する高品質な肉、合理的な産卵能力)

イクワース バンタムは1938年に創設された。

1970年代、イクワースはほとんど消えましが、現在は徐々に回復しています。

希少品種で、2008年に、Rare Breeds Survival Trustによって「Category 2:絶滅危惧種」と分類され、2014年には、Rare Breeds Survival Trustの危険にさらされている家禽の品種の一覧に載っていました。

イクスワースの羽は純粋な白です。

それと顔、耳たぶと肉垂は明るい赤です。

目は明るいオレンジ色または赤色です。

くちばし、すね、足、肌、肉はすべて白です。

イクスワース雌鶏は55週間で体重が4.03kgに達し、平均卵重量は63.6gで、1日平均0.74卵が産卵することが判明しました。

肉は希少種のため高価です。

 

インディアンゲーム(Indian Game)

 

インディアンゲームは、イギリスのニワトリの品種です。

アメリカでは、コーンウォールと呼ばれています。

インディアンゲームは、オールドイングリッシュゲーム、マレー 、アシール鶏の品種から開発された大型の鶏です。

最初は、雄鶏は闘鶏になるように開発されましたが、肉用になりました。

インディアンゲームの雌鶏は、薄い茶色の卵(60〜90卵/年)を産みます、卵用としては産卵が少ないので肉用になりました。

インディアンゲームには、キジのトサカ、赤い耳たぶ、明るい黄色の脚があります。

彼らは色の品種は多様化してます。

 

原産地:イギリス

重量

標準  :雄鶏 3.6 kg、 雌鶏 2.7 kg

バンタム:雄鶏 1.25 kg、 雌鶏 1 kg

肌の色:黄
卵の色:薄い茶色

 

ウエルスマー(Welsummer)

WelsummerまたはWelsumerはオランダの鶏種です。

それはオランダ東部の小さな村のウェルスムに由来しています。

20世紀初めには、ロードアイランドレッド 、バーネベールズ 、パートリッジレッグホーンズ 、コキンズ 、ウィアンドッテスなどの地元の鶏から作成されました。

卵はもともと商業的な卵の貿易のために輸出されました。

一部の鶏は英国に輸出され、1930年に英国標準に追加された。

 

ウエルバー(Welbar)

 

ウェルバーは今では希少な品種です。

1940年代に開発されました。

イギリスで「オートセクシング・ブレス」と呼ばれる一連の品種のひとつです。

 

ウェルバはヒナのオスとメスの判別が容易な品種です。

1日齢でオスかメスかを簡単に知ることができます。

オスは黄色、メスは暗い縞模様です。

標準重量 : 

          雄鶏:2.95㎏~3.4㎏

          雌鶏:2.27㎏~2.72㎏

 

ウーダン(Houdan)

 

ウーダンまたはPoule de Houdanは、フランスの古い鶏種です。

それは、パリの西にあるイブリーヌ 地方の起源である。

ウーダンには珍しい蝶形のトサカがあり、通常の4つよりも5つの先端を持つ数少ない品種の1つです。

ウーダンのトサカはアメリカ標準ではV字型で、イギリス、オーストラリア、フランスの標準では蝶形です。

羽毛の面では、ウーダンはほとんどの国で斑入りの色彩の品種で認識されています。

 

雄鶏は体重が2.5~3kg 、雌鶏は2~2.5kgです。

ウーダンバンタム(Houdan Bantam)は1940年代に英国で作成され、さらにドイツで発展した。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ