世界のにわとり図鑑 Vol.17

目安時間:約 8分

世界には、様々なにわとりがいます。
そんな世界のにわとりを紹介します。

Plymouth Rock
(プリマスロック)

 

原産国:アメリカ

プリマスロック(Plymouth Rock)はアメリカ原産の卵肉兼用種の品種です。

アメリカのマサチューセッツ州で品種改良されたニワトリである。

日本で飼育されるプリマスロックは「横斑プリマスロック」種が一般的で成鳥は白と黒の横縞(しま)模様をしている。

ひよこの時には黒い羽毛であるが成長すると横縞(しま)模様になる。

この横斑プリマスロックから突然変異で生まれた「白色プリマスロック」種の雌と「白色コーニッシュ」種の雄と掛け合わされた交配種は肉用鶏のブロイラーの主流となっている。

横斑プリマスロックと白色レグホーンの交配種は「ロックホーン」種と呼ばれる。
ロードアイランドレッドの雄と横斑プリマスロックの雌との交配種の雌は「ゴールデンネック」と呼ばれる。

このひよこも黒い羽毛だが顔の一部などがこげ茶色になる。

成鳥は全体的には黒色で頸部や胸部の一部が黄褐色となる。

 

Pekin Bantam
(ペキンバンタム)

 

ペキンは鶏の品種で、バンタムは中国に拠点を置いています。

ペキンは、足の羽を豊かにして、足をほとんど隠しています。

品種は著しく普及しており、鶏の色の範囲をほぼ包含しているようです。

最初のペキンは、1860年頃の第2次アヘン戦争の終わりに向けて、英国の兵士による北京の北京での中国皇帝の私的コレクションから略奪されたと主張されている。

しかし、 ビクトリア女王には「Shanghais」という名前が付けられ、これらの鳥はさらなる輸入によって繁殖し、今日我々がペキンとして知られている品種に発展したという1835年頃の中国からのものである。

英国に最初にもたらされたペキンは、後に到着する黒とバフであったと言われています。

彼らはコーチンバンタムとして米国とカナダで知られている。

ペキンは真のバンタムであり、大型鶏のない小型鶏の品種です。

彼らはむしろ丸い形をしており、彼らの姿勢は前方に傾いており、尾の羽よりも頭が地面に少し近づいています。

この「傾き」は、ペキンの重要な特徴です。

特に尾は羽ばたくが、全体的に豊富に羽ばたき、丸くならなければならない。

若い雄鶏はしばしば足から外側に突出した長い羽を持っています。

ペキンの色の範囲は広範囲であり、そのリストは絶えず増加しています。

色はBarred, Birchen, Black, Black Tailed Red, Blue, Brown Red, Buff Columbian, Columbian, Golden Laced, Lemon Blue, Mottled, Partrige, Red, Silver Laced, Silver Penciled, White。

ちぢれた羽のペキンは一般的です。

 

Holland
(ホーランド)

 

原産国:アメリカ

ホーランドは、かなり珍しい大型の品種であり、卵肉兼用であり、アメリカ発のものです。

この品種は、ニュージャージー州の Rutgers Breeding Farmsで開発されたもので、オランダから輸入された鳥は白色レグホーン、ロードアイランドレッド、ニューハンプシャー、Lamonasと交配しています。

White Leghorns、Barred Plymouth Rocks 、Australorps 、Brown Leghornsを含むもう1つの交配種は、斑模様の様々なホーランドを生産しました。

両者は1949年にアメリカ家禽協会(American Poultry Association)によって受け入れられた

 

Poland
(ポーランド)

 

用途:展示会

卵:100〜120個 色:ホワイト
原産国:ヨーロッパ
体重

雄鶏: 2~3㎏

雌鶏: 2~2.5㎏

バンタム

雄鶏: 680-790g

雌鶏: 510 - 680g

色:セルフブラック、セルフブルー、セルフホワイト、スプラッシュ、カッコウ、ホワイトクレステッドブラック、ホワイトクレステッドブルー、ホワイトクレステッドカッコウ、シャモア、ゴールドとシルバーレース。
ポーランドは、実際にはポーランドからのものではありません。

彼らは家禽の最も古い品種の1つであり、その起源はヨーロッパのどこからかであると考えられています。

いくつかはイングランド、一部はオランダとフランスにいます。

ポーランドは親しみやすい小さな鳥で、面白い外観を持ち、小さな庭に最適で、子どもにはとてもなつきます。

ポーランドはとても飼いやすい。

ポーランド人は、彼らの頭の羽のために視界が制限される傾向があります。

 

Marans
(マラン)

 

原産国:フランス


年間産卵数:160~210個
卵の色  :Dark Brown
重量

標準

雄鶏:3.6㎏

雌鶏:3.2㎏

バンタム

雄鶏:500~550g

雌鶏:400~450g

 

色:

ブラック、ダークカッコウ、ゴールデンカッコウ、シルバーカッコウ(標準化)、ブラックテールバフ、ブラウンレッド(銅ブラック)、銅ブルー、シルバーブラック(バーチェン)、ホワイト、コムテン、コロンビアン(非標準化)

 

マランは1920年代にフランスのPoitou CharenteにあるLa Rochelleの北部、Maransの町の近くで開発されました。

元のマランは軽い羽がはえた足を持っていましたが、フランスではまだ見られることがあります。

カッパーブラックマラン(イギリスでは標準ではない)の多くの種類は依然として脚に妥当な量の羽をつけており、これにより「フランスカッパーブラックマラン」と呼ばれることがよくあります。

英国家禽規格(British Poultry Standards)は、羽のある脚を深刻な欠陥として挙げている。

元の鳥は標準タイプから多くのバリエーションを生み出していましたが、1929年にイギリスに持ち込まれたときにそのタイプが修正され、1930年代半ばまでに最初のカッコウ・マランが英国家禽規格に参入しました。

英国には4色、フランスには9色、ドイツには4色があります。

 

最後に

この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)したものが含まれています。

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ